闇速

けいおん!系SSを中心に、2ちゃんねるからSSスレを独断と偏見でまとめてます。
最新ニュース

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




この記事をリンクする?:


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | このエントリーを含むはてなブックマーク

梓「はぁはぁ…唯先輩の体操着…」 

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/10(木) 15:44:02.69 ID:thPKT7uW0
梓「はぁ…はぁ…」

クンカクンカ

梓「唯先輩の汗の匂い…」

シュッシュッ

梓「はぁはぁ…うぅっ…出ちゃう!!」

ドピュッ

梓「はぁっ…はぁっ……私…何やってんだろ…」

ガラガラッ

梓「!!!」


7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/10(木) 15:50:21.57 ID:thPKT7uW0
憂「あっれー?梓ちゃんこんなとこで何してるのかなー?」

梓「う…憂…なっなんでここに?」

憂「なにって私はお姉ちゃんが忘れた体操着取りに来ただけだよ?梓ちゃんこそどうしたのかな?放課後に、誰もいない教室で」

梓「わっ私は…その……」

憂「おやー?どうやらそこにあるのはお姉ちゃんの体操着みたいだけど…梓ちゃんは下半身丸だしで何やってたのかな?」

梓「あっ…うぁ…あぅぅ…」



9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/10(木) 15:57:41.34 ID:thPKT7uW0
憂「それに…そのお股にあるのは何だろね?梓ちゃん男の子だったんだ」

梓「ちがっ…私は女の子だよ!でも…その…生まれつきで…」

憂「ふーん、まぁどっちでもいいや」
憂「…ねぇもし私がこのこと皆にバラしたら梓ちゃんは困る?」

梓「やっやめて!!お願い…誰にもバラさないでぇ…」

憂「ふぅん、困るんだ、じゃぁ今ここで何してたか話してよ、バラされたくなかったら」



10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/10(木) 16:02:17.66 ID:thPKT7uW0
梓「えっ…それはっ…」

憂「バラされたくないんでしょ?」

梓「うう…そっその…唯先輩の…体操着で…オナニーしてました…」

憂「聞こえないなぁ~もっと大きな声で言ってよ」

梓「唯先輩の体操着でオナニーしてました!!」

憂「そうなんだ~、梓ちゃんは変態さんだったんだね」



13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/10(木) 16:08:26.52 ID:thPKT7uW0
梓「そっ…そんな…私は変態なんかじゃ…」

憂「お姉ちゃんの汗くさーい体操着の臭いかいでハァハァしながらオナニーしてたんでしょ?」

梓「うっ…」

憂「あぁー、それに体操着に精液かけてるー、まったくもー洗う側の身にもなってよ」

梓「あぅぅ…ごめんなさ…ぃ…」

憂「まぁ仕方ないよね梓ちゃんは変態さんだもん」



14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/10(木) 16:13:06.52 ID:thPKT7uW0
梓「うぅ…わたっ…し…」
ポロポロ

憂「あぁーもう泣いちゃだめだよー、大丈夫だよ誰にも話さないよ」

梓「ほっ…ほんと…?」

憂「ほんとだよ、梓ちゃんが変態オチンチン女だなんて誰にも話さないよー」

梓「」

憂「ただし…口止め料は必要だよねー」

梓「!?わっ私お金はあんまり…」

憂「大丈夫だよー、お金なんて請求しないよ」



16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/10(木) 16:17:27.23 ID:thPKT7uW0
憂「ただ…ちょっと私の言うことを聞いてもらえればいいから」

梓「なっ…なに…」

憂「あっはっはっ、大丈夫だよ酷いことなんてしないよ」
憂「そうだなー…とりあえず明日の放課後また同じ時間にここに来てね、来なかったらバラすから」

梓「わっわかった…」



19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/10(木) 16:26:44.20 ID:thPKT7uW0
憂「もぉ梓ちゃんったらビクビクしちゃって、可愛いんだから」
憂「大丈夫だよ…梓ちゃんは気持ちよくなって…私も楽しくなる…そういうことをするんだよ…」
スリスリ

梓「あっ…!」
梓(憂が…私のオチンチンを…)
ムクムクッ

憂「梓ちゃんまたオッキしちゃってるよ?ちょっと触っただけなのにねー…変態さんなんだからっ!!」
ペチンッ!

梓「あうっ!!」
ドピュッ!

憂「あははは!!あそこ叩かれた衝撃でイッちゃったの?どうしようもない変態さんだね」
憂「さてと…それじゃぁまた明日ね梓ちゃん、体操着に付いた精液はちゃんと洗っといてあげるから」
憂「ばいばい」

ガラガラッ バタンッ

梓「」
梓「……うぅ…うぇっ…ひっく…」
ポロポロ



24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/10(木) 16:43:34.69 ID:thPKT7uW0
【次の日・早朝】

梓(ほんとに黙っててくれてるのかな…)
梓(もしあれが嘘だったら…)

唯「あー!あずにゃーん!!おっはよー!!」

憂「梓ちゃんおはよう」

梓(ひっ!)ビクッ
梓「あっ…えっと、おはようございます唯先輩…憂も…おはよう」

唯「んー?あずにゃん何か今変じゃなかった?」

梓「きっ気のせいです!!ささっ、早くいきましょう!」

唯「そっかなー…まぁいっか」



25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/10(木) 16:48:51.48 ID:thPKT7uW0
梓(普通だ…黙っててくれてるんだ…)

憂「梓ちゃん」

梓「えっ?」

憂「放課後…楽しみだね」ボソッ

梓「…!!!」

唯「?あずにゃーん?立ち止まってどしたのー?置いてっちゃうぞー!!」

梓「あっ…ごめんなさい待ってくださいー!!」

唯「えっへっへ待たないよー」

憂「あはははは」



27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/10(木) 16:54:40.03 ID:thPKT7uW0




梓(あれから…憂はいつも通りに接してくれてる…)
梓(…この授業で学校も終わる…)
梓(…私…なにされるんだろう…)
ピクッ
梓(げっ!すこし立ってきちゃった!!)
梓(そんな…期待してるの?…私…)
梓(これじゃホントに変態だよ…)



30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/10(木) 17:05:26.65 ID:thPKT7uW0
【放課後・部室】

律「あー…今日も澪とムギがインフルで休んでるし…部活は無し!何か締まらないしな!」
律「澪からの伝言で各自できる範囲の練習に自宅で励むよう!以上!解散!」

唯「私とりっちゃんはこれからムギちゃんと澪ちゃんのお見舞いに行くんだよー」

律「今日は梓もくるだろ?」

梓「ごめんなさい…わたしちょっと今日も用事が…」

唯「えぇー?」

律「まっならしょうが無いわな、ただ見舞い行かないと後で澪がうるさくてもしらねーぞー?」

梓「あははは…肝に命じておきます」

唯「それじゃあずにゃん、またねー!」

律「じゃな」

梓「はい、お二人によろしく言っておいてください!」

バタンッ



32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/10(木) 17:11:27.35 ID:thPKT7uW0
梓(そろそろ時間だ…行かなきゃ)


ガラガラッ

梓「いない…まだ来てないのかな…」


梓(なにされるのかな…)
梓(気持ちいいことって言ってたけど…それって…)
ムクムクッ

梓(あぁー!もうまた立ってきた!!)
梓(…でも…気持ちいいこと…)

梓「はぁ…はぁ…」
梓(だめだ…すっごい興奮して来ちゃった…)




36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/10(木) 17:16:04.04 ID:thPKT7uW0
梓「はぁ…はぁ…憂…」

梓(憂が…私に…気持ちいいこと…)

梓「はぁ…苦しいっ…!出したい…!出したいよぉ…!!」
シュッシュッ

シュッシュッ
梓「憂…!憂…!!」

憂「なーに?」



44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/10(木) 17:22:25.60 ID:thPKT7uW0
梓「ひっ!?」
ピュルッ!

憂「きゃっ!!…もぉー…ちょっとかかった…」

梓「あっ!えっと…ごめっ……いつからいたの?」

憂「梓ちゃんがはぁはぁしながらパンツ下ろしたあたりからだよ」

梓(ということは…ほぼ全部…見られた…)

憂「私が入ってきても全然気が付かないんだもん」
憂「そんなに熱中しちゃって、梓ちゃんの頭の中の私はどんな目にあってんだろうなー」

梓「あぅ…」



49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/10(木) 17:28:37.77 ID:thPKT7uW0
憂「ふふーそんなに期待しちゃってるの?」

梓「…」

憂「待ちきれなくてオナニーしちゃうくらい?」

梓「…」コクリ

憂「うんうん、梓ちゃんは素直ないい子だねー、はいじゃあご褒美」
チュッ

梓「あっ…!」///
梓(憂が…私に…キス!?)



54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/10(木) 17:34:30.35 ID:thPKT7uW0
憂「顔真っ赤にして梓ちゃんは可愛いなもぉー」
憂「でもね…これから梓ちゃんはもっと凄いことするんだよ」

梓「もっと…」ドクンッ

憂「ふふふ…梓ちゃんが興奮してるの…すっごいわかるよ…私もドキドキしてるもん」
憂「それじゃぁね、まずはパンツ…はもう下ろしてるからスカート外してもらおうかな」

梓「うっ…うん…わかった…」
ゴソゴソ



58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/10(木) 17:39:50.20 ID:thPKT7uW0
憂「スカート外さないのもいいけど…大事な部分が丸見えなのもいいよねー」

梓「///」

憂「上はブレザーまで着てるのにねー、とっても変態チックで可愛いよ梓ちゃん」
憂「…ねぇ梓ちゃん…これから私たちはどんなことすると思う?」

梓「えっ…?それは…」



64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/10(木) 17:45:39.41 ID:thPKT7uW0
憂「梓ちゃんは私とエッチがしたくてしょうがないんだよね?」

梓「それは…」

憂「否定しても無理だよー、私のことオナネタにシコシコしちゃうぐらいだもん」
憂「それに…梓ちゃんのオチンチンが全部物語ってるよ…」

ビクッビクッ
梓「あぅ///」

憂「こんなにバキバキにしちゃって…出したい出したいって脈打っちゃってるし」
シュッシュッ



68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/10(木) 17:51:39.51 ID:thPKT7uW0
シュッシュッ
梓「あぅぁ!!だめだよ憂ぃ!!」

憂「だめなの?ダメならやめちゃうよ?」

梓「ごめんなさいごめんなさい!!やめないでぇ!!!」

憂「うんうん素直に素直に」
シュッシュッ

梓「あっ!!あぅ!!うぅ!!出るよぉぉ!!」
ドピュルル

憂「きゃっ!…出るの早すぎだよ…」



73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/10(木) 17:54:49.73 ID:thPKT7uW0
憂「でもまだまだ元気だね」

梓「はぁ…はぁ…」

憂「梓ちゃん、気持ちよかった?」

梓「はぁ……うん…」

憂「そっか」

憂「それじゃ今度は私が楽しむ番だね」

梓「えっ?」



77 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/10(木) 17:58:36.38 ID:thPKT7uW0
憂「ちょっとこの目隠し付けて」

梓「えっ…?…うん…」
ゴソゴソ

憂「それじゃね、絶対抵抗しちゃダメだよ?」

ガソゴソ

梓「いっいたっ!」



81 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/10(木) 18:03:52.54 ID:thPKT7uW0
憂「両手両足後ろで縛ってるの、ちょっと痛いけど抵抗しちゃダメだからね」

梓「わ…わかった…」
梓(縛る…何で?)

ギュッ…ギュッ…


憂「はい出来たー、目隠し取るねー」

梓「…」

憂「あはは、梓ちゃん芋虫みたいだよ」



84 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/10(木) 18:07:39.55 ID:thPKT7uW0
憂「梓ちゃんは私とエッチ出来ると思ったんだよね?」

憂「まぁ間違ってはいないよ」

憂「でもね、それは私をいっぱいいーっぱい楽しませた後の、ご褒美」

憂「だから梓ちゃん」

憂「私を楽しませてね♪」



86 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/10(木) 18:10:38.50 ID:thPKT7uW0
梓「楽しませるって…」

憂「んふふふー、梓ちゃん、これなーんだ?」
ヒラヒラ

梓「えっ?」

憂「私の パ・ン・ツ だよ」

梓「憂の…!?」ドクンッ



90 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/10(木) 18:14:59.69 ID:thPKT7uW0
憂「これねー…梓ちゃんにあげてもいっかなー」

梓「!?」

憂「今私が脱いだばかりのホヤホヤだよ、梓ちゃんの大好物でしょ?」

梓「あ…あ…」

憂「欲しいの?ならおねだりしなきゃ」



94 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/10(木) 18:18:19.80 ID:thPKT7uW0
梓「おねだり…そんな…」

憂「いらないの?」

梓「いっ…いります!!」
梓「ください!!私に憂のパンツをください!!」

憂「よくできました♪はい」
ポイッ

梓「!?」



99 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/10(木) 18:22:28.43 ID:thPKT7uW0
憂「どうしたの?取りに行かないの?あげるよ?」

梓「あっ…足が…」

憂「そうだねーじゃあ這い蹲って取りに行かなきゃ、大丈夫だよ同じ教室の中なんだから」

梓「あ…う…」

憂「やっぱりいらない?」

梓「いっいります!取りに行きます」
ガタガタ



103 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/10(木) 18:27:17.12 ID:thPKT7uW0
ガタガタ

憂「うふふー、そんな地面這い蹲ってまで私のパンツが欲しいなんて…変態にもほどがあるよ?」

梓「はぁ…はぁ…」
ガタガタ


憂「よく頑張ったね梓ちゃん!パンツまで到達だよ!おめでとう」

梓「はぁ…はぁ…これが…憂の…」
クンクン

憂「やだなー梓ちゃんもう臭い嗅いでるの?」



107 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/10(木) 18:33:06.28 ID:thPKT7uW0
梓(これが…憂の…あそこの臭い…)
梓「はぁ!はぁ!」クンカクンカ
梓(頭がしびれるみたい…!)
ビクッビクッ!

憂「そんなに私のあそこの臭い興奮するの?…何だか苦しそうだねー…」

梓「はぁ!はぁ!あぅぅ!!手が!!苦しいよぉ!!」

憂「そうだねー、オチンチンシコシコ出来ないねー」



115 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/10(木) 18:41:43.87 ID:thPKT7uW0
梓「あぁぁぁ!!出したい!はぁ!出したいよぉ!!」

憂「苦しんでる梓ちゃん、可愛いよ…ほらもっと嗅ぎなよ私のあそこの匂い」

梓「ふごっ!!」
梓(憂の股間が…顔面に!?!?)

憂「はぁ…梓ちゃん鼻息あらーい…オチンチンバッキバキだね…出したくてしょうがないって感じだよ」

梓「フゴッ!!フガガッ!」

憂「楽しい…楽しいよ梓ちゃん!すっごい楽しい!もっと苦しんでる顔を見せて!」

梓「ぶはっ!……はぁ…憂お願い…はぁ…縄を解いて…頭がはぁ…おかしくなりそうだよ…」



141 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/10(木) 19:47:45.17 ID:thPKT7uW0
憂「うーん…どうしようかなぁー」

梓「はぁ…ふぅ…憂…お願いだから…」
ビクッビクッ

憂「んふふー今の梓ちゃん眺めてるのも面白いんだけどなー」
憂「ほらほら私のパンツいっぱいクンクンしていいんだよー?」
グリグリ

梓「あう!鼻におしつけないでぇ!!」

憂「そうだなー…じゃあね」



146 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/10(木) 19:55:03.01 ID:thPKT7uW0
憂「梓ちゃんが私のペットになるって誓うなら…解放してあげる」

梓「ペッ…ト…?」

憂「うんペット、私の言いつけを忠実に守る」
憂「梓ちゃんの顔も体もオッパイもお尻もあそこもオチンチンも、ぜぇーんぶ私の所有物」
憂「だから私は梓ちゃんに好き放題言いつけ出来るの」

梓「そんな…わたし人間だよ!そんなの…」



148 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/10(木) 20:02:23.25 ID:thPKT7uW0
憂「うふふーでもよく考えたら梓ちゃんに選択枝はないのかもねー」
憂「だって梓ちゃんは私に弱みを握られてるんだもん」

梓「そんな…ひどいよ…」

憂「でもね梓ちゃんにも悪い話じゃないはずだよ?」

憂「私は言いつけやシツケをするよ」
憂「でもそれ以上に梓ちゃんのことを可愛がってあげる、愛でてあげる、だって私のペットだもん」
憂「それにさっきも言ったように私を楽しませてくれたら…ちゃんとご褒美もあげる」

梓「ご褒美…」



155 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/10(木) 20:10:15.52 ID:thPKT7uW0
憂「ねぇ梓ちゃん…梓ちゃんを服従させるのは簡単だけど」
憂「私はあずさちゃんの口から直接言って欲しいんだ…」

梓「はぁ…はぁ…」

憂「梓ちゃんは私とエッチしたいんだよね?…」
憂「ご褒美にはきっとしてあげるよ…お口でも…お尻でも…」

梓「あっ…あぁっ…」

憂「その縄も解いてあげる…私のパンツでいっぱいゴシゴシしていいんだよ…」

梓「あっ…なっ…ますっ…」



167 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/10(木) 20:29:31.90 ID:thPKT7uW0
憂「なぁに?」

梓「なっなります!わたしを憂のペットにしてくださいぃぃぁ!!」

憂「あはは、良い子だねぇ梓ちゃんは、ホントに良い子だよ」
憂「それじゃ早速ご褒美あげなくちゃね…我慢したんだから…」

梓「憂…早く縄解いて…私…憂の言うこと守るからぁ…」

憂「慌てない慌てない」



169 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/10(木) 20:34:50.38 ID:thPKT7uW0
梓「憂…?なにして…」

憂「ふふ…梓ちゃんの…おっきぃ…」
ぐにぃぃ

梓「あぁ!!憂!!これって!!これって!!ああぁぁ!!」

憂「そうだよ…ご褒美!」
ぬっちぃ



174 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/10(木) 20:44:59.20 ID:thPKT7uW0
梓「はぁ!!あっ!!はあっ!!」

憂「うっ…はぁ…気持ちいいんだね梓ちゃん…はぁ…私もだよ…」
ぬちっぬちっ

梓「あうっ!!あうっ!!オマンマンすごいよぉぉぉ!!!」

憂「あは、さっきはあんなに出したがってたのに…今は我慢してるんだね…」

梓「あっ!!はっ!わたっ…憂の言うこと守るから!!もっと気持ちいいことしてぇぇぇ!!!」

憂「可愛い…梓ちゃん…可愛いよ梓ちゃん!!」
ぬちっぬちっ

梓「はぅっ!!出ちゃう!!もう出ちゃう!!もっと気持ちよくしてたいのにぃぃぃ!!!」

憂「ぁっ…!もう梓ちゃんったら早いんだなぁ…!」

梓「出ちゃっ…にゃあぁぁぁぁ!!!!」
ドププッ



177 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/10(木) 20:50:29.22 ID:thPKT7uW0
梓「あぅぅぅ!!!」
ビュブブプ

憂「はぁ…まだ出てる…」


梓「はぁ…はぁ…」
コテッ

憂「はぁ…可愛かったよ梓ちゃん…」
チュッ

憂「ふふふ…これで梓ちゃんは晴れて私のペットだよ…」

梓「…憂…わたっ」
バシンッ!

梓「!?」



180 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/10(木) 20:54:36.85 ID:thPKT7uW0
憂「しつけその1、私の前で話すときは許可がない時以外「にゃあ」としか言っちゃダメ、わかった?」

梓「…わかっ」
バシンッ!

憂「わかった?」

梓「うっ…にゃ…にゃあ…」

憂「よしよし」
ナデナデ

梓「にゃ…にゃあぁ…///」



184 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/10(木) 20:58:13.37 ID:thPKT7uW0
憂「しつけその2、私が呼んだら必ずすぐ来ること、わかった?」

梓「にゃあ」

憂「うんうん、梓ちゃんはよい子だねー」
ナデナデ

梓「にゃにゃぁ…///」



189 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/10(木) 21:04:14.45 ID:thPKT7uW0
憂「さってと、それじゃ今日はもう帰ろうか、もう随分日も暮れちゃったし」

梓「にゃあ」

憂「それで明日は…そうだね、手始めにノーパンで登校してもらおっかな?」

梓「!?ノーパッ」
バシンッ!

憂「言いつけは絶対だよ?わかった?」

梓「…にゃにゃ…あ」

憂「あははは、明日から毎日、楽しみだね梓ちゃん!」

梓「…にゃあにゃあ」



終わり



219 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/10(木) 22:53:48.10 ID:azaR541i0
~次の日、登校中~

梓「・・・はぁ」

梓「昨日はすごい事を・・・」

憂「梓ちゃーん」

梓「っ!」

憂「あれ~?ご主人様に挨拶は~?」

梓「おはよう・・・ございます」

憂「うんうん。それでいいんだよ。じゃ、見せて!」

梓「えっ・・・?」

憂「ちゃんと言う通りにしてくれてるの~?」

梓「そ、そんな・・・こんなとこで見せるのは・・・」

バシン!

憂「言いつけは?」

梓「絶対・・・です・・・」



224 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/10(木) 23:03:51.84 ID:azaR541i0
憂「ちゃんと言う通りにしてるね。えらいえらい~」

憂「でも、おちんちん勃ってるよ?こんなにしちゃってばれちゃうよ~?」

梓「憂・・・もうやめて・・・」

憂「やめて欲しいの?こんなにおちんちん硬くして?ここで精液だしたいんじゃないの?」シュッシュッ

梓「だめぇ・・・扱かないでぇ・・・」

憂「梓ちゃんは変態だもんね。こんな場所でも、おちんちん扱かれて精液どぴゅどぴゅ出しちゃいたいんだよね」

梓「あ、でるぅ・・・でりゅうぅぅううぅぅうぅ!!」

ドクン!ドクン!

憂「うわ・・・梓ちゃん早すぎだよー。そんなに気持ちよかったの?」

梓「はぁ・・・はぁ・・・」

憂「量もすっごいし・・・こんなのじゃ梓ちゃんのおちんちん、匂いでばれちゃうかもね~」

梓「やぁ・・・」



225 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/10(木) 23:08:29.42 ID:azaR541i0
憂「そんな変態な梓ちゃんには、これをあげるね」

梓「それはぁ・・・?」

憂「知らないの?ローターっていうんだよ。これを梓ちゃんのオマンコに入れるんだよ」

憂「うわぁ、オマンコもすっごい濡れてる。これなら入れやすいね」

梓「はぁ・・・ん・・・」

憂「今日はこれを入れたまま過ごすんだよ。勝手に取ったりしたらお仕置きだからね」

梓「はい・・・わかりましたぁ」



229 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/10(木) 23:15:53.54 ID:azaR541i0
~授業中~

梓(あぁ・・・ん、ローターのせいでなんか変な感じ・・・)

梓(でも、こんなの入れて過ごすなんて、どういうことなの―)

ヴヴヴヴ

梓(っ!?ローターが・・・動きだした・・・!)

梓(だめぇ・・・こんなの、気持ちよくなっちゃう・・・)

梓(授業中なのに・・・えっちな声がでちゃう・・・)

梓「・・・ぁ・・・っ・・・」

梓「だめぇ・・・」

梓(こんなのされたら、おちんちんが・・・)

梓(はぁ・・・扱きたい・・・扱きたいよぉ・・・)

梓(我慢できないよぉ・・・)

梓「はぁっ・・・!はぁっ・・・!」



233 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/10(木) 23:26:24.49 ID:azaR541i0
梓「おちんちん気持ちいい・・・もっと・・・もっと・・・」

梓「あぁ・・・いく・・・いっちゃうよぉ・・・」

梓「授業中なのに・・・!みんながいるのに・・・!変態チンポでいっちゃう・・・」

どくん!どくん!どくん!

梓「あ・・・あ・・・しゃへぇ・・・きもひい・・・」

先生「おい、中野どうした?調子が悪そうだぞ」

梓「あぁ・・・いえ・・・何でも」

憂「先生、梓ちゃん調子悪そうなので、私が保健室に連れて行きます」

先生「そうか。頼むぞ平沢」

梓「あ・・・憂・・・」

憂「それじゃ行こうか梓ちゃん。立てる・・・?」

梓「あ・・・うん・・・」

憂「・・・変態だね梓ちゃん」ボソッ

梓「あぁ・・・」



236 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/10(木) 23:35:13.38 ID:azaR541i0
~空き教室~

梓「憂、保健室には・・・」

憂「梓ちゃんは保健室に行きたかったの?保健の先生がいる前でおちんちん弄って欲しかったの?」

梓「そ・・・そんな・・・こと」

憂「梓ちゃんは変態だもんね。教室でおちんちん弄ってイっちゃうくらいだもんね」

憂「みんながいる所でして、いつもより気持ちよかったんでしょ?正直にいってごらんよ」

梓「はい・・・みんなが見てると思うと、いつもより興奮して・・・いつもよりたくさん射精しました・・・」

憂「ふふふ・・・じゃあスカートの中見せてよ」

梓「はい・・・」

憂「うわぁ・・・ぐっちゃぐっちゃですごい状況。よく精液垂れてこなかったね。あ、もしかしたら匂いでばれてるかな?」

憂「それに、もうおちんちんがバキバキに勃起してるよ?そんなにご褒美欲しいの?」

梓「ああ・・・欲しい・・・欲しいです・・・」

憂「仕方ないなぁ。じゃあ・・・」



237 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/10(木) 23:45:09.73 ID:azaR541i0
憂「あーん、んっ」

梓「ひゃう!?」

憂「んむっ・・・じゅる・・・ちゅぱ・・・れろれろ」

梓「だめぇ!気持ちいい!憂の口の中気持ちよすぎるぅっ!」

憂「じゅぽ・・・ぷはぁ・・・まだ大きくなるんだぁ・・・あむっ・・・んっんっ!」

梓「だめぇ・・・こんなのすぐイっちゃう・・・憂の口でイっちゃう・・・」

憂「ちゅううう・・・じゅぼじゅぼ・・・もう、いっひゃうの・・・?」

梓「あっ!いくいくいく!憂の口の中に全部ぶちまけちゃうよぉぉおおぉ!!」

憂「ぷはぁ!だーめ・・・」

梓「あぁ・・・どうしてぇ!イきそうだったのに!イかせてぇっ!」

憂「そんなにイきたかったの?梓ちゃん」

梓「イきたいぃっ!チンポから精液ドピュドピュ出したい!憂の口にぶちまけたいよぉぉおおぉ!!」

憂「梓ちゃん、自分の立場忘れてない?イかせて欲しいのなら、ちゃんとおねだりしないとなぁ」

梓「あ・・・」



241 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/11(金) 00:12:01.70 ID:4hru4k+10
憂「ちゃあんと私に、いやらしいおねだりができたらイかせてあげるよ」

梓「ああ・・・お願いします・・・私のいやらしく勃起したチンポを憂の口でイかせてください・・・」

憂「そんな頼み方じゃだめだよ~もっといやらしく言えるでしょ~?」

梓「あぁ・・・私のいやらしく勃起したチンポを憂の口でイかせて精液どぴゅどぴゅ出させてください・・・」

憂「私帰っちゃおうかな~」

梓「私のいやらしく勃起した変態チンポを憂の喉マンコでイかせてザーメンミルクどぴゅどぴゅ出させてくださいぃぃい!!」

憂「ふふふ・・・しかたないなぁ。やっぱり梓ちゃんは変態だね」

憂「そんな言葉が出るなんて、家でもオナニーしまくってるんじゃないの?」

梓「してますぅ!家でもいっつもチンポバッキバキで、何回も射精しないと、いっつも発情しちゃうのぉっ!」

憂「それじゃ、そんな梓ちゃんをイかせてあげるね」

ヴヴヴヴ

梓「あぁあぁああぁあ!!ローター違うぅうう!!チンポ!チンポがいいのぉおお!!」

梓「チンポじゃないのにぃっ!オマンコで!オマンコでイっちゃううぅぅぅぅう!!」

ビクン!ドクドクドク!

憂「相変わらず、すっごい量だね~」



243 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/11(金) 00:23:31.08 ID:4hru4k+10
梓「ひどいよう・・・」

憂「なんで?梓ちゃんが望んだ通りイかせてあげたよ?」

梓「チンポでイきたいのぉ・・・憂の口がよかったのぉ・・・」

梓「チンポで射精しないと、いくらイっても満足できないのぉ・・・」

憂「梓ちゃん、ペットなのに口答えは感心しないよ?」

梓「あ・・・」

憂「これは罰として、おあずけだね。続きは放課後にしようか」

梓「そ、そんな・・・ごめんなさい!ごめんなさい!」

憂「あと、ローター動かしといてあげるよ。でも射精しちゃったら今日はご褒美無しね」

梓「そんなの我慢できないよぉ!もうチンポ限界なのぉ!チンポ射精させてぇ!」

憂「それじゃ私は教室に戻るね。梓ちゃんも適当に戻ってきなよ」

梓「待って!行かないでぇ!お願いします!お願いします!」

憂「じゃーねー」

梓「ああ・・・そんなぁ・・・」



245 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/11(金) 00:29:37.10 ID:4hru4k+10
~教室~

梓「すいません。ただ今戻りました」

先生「おー、中野大丈夫か?」

ヴヴヴヴヴ

梓(・・・っ!ローターが・・・)

梓「はい・・・ぁ、大丈夫です・・・」

先生「まだ調子悪そうだぞ。なんだったら早退しても」

梓「いえ・・・気にしないでくだ、さい・・・」

先生「そうか・・・まあそれじゃ席について。授業を続けるぞー」

梓「はぁ・・・ああ・・・くぅ・・・」



251 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/11(金) 00:38:07.74 ID:4hru4k+10
梓(あぁ・・・もうすっごいチンポガチガチ・・・)

梓(扱きたい・・・扱きたいよぉ・・・ザーメンどぴゅどぴゅしたい・・・)

梓(みんなの目なんか気にせず、思いっきりチンポシコリまくってちんぽみるくぶちまけたいぃっ!)

梓「はぁ・・・でも・・・我慢しなきゃ・・・」

梓「我慢したら憂に・・・ご褒美してもらえる・・・」

梓(あぁ・・・憂の喉マンコの奥の奥まで犯しまくって、ザーメン飲ませたい・・・)

梓(憂のマンコに入れて子宮まで犯したい・・・)

梓(子宮まで犯して、憂の中を私のザーメンまみれにしたいぃっ!)



256 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/11(金) 00:47:48.77 ID:4hru4k+10
~放課後~

梓「はぁ・・・もう我慢できないよぉ・・・早く・・・憂、早く・・・」

憂「梓ちゃーん。部活行かなくていいの?」

梓「お願いします・・・意地悪言わないでぇ・・・もう限界なんですぅ・・・」ポロポロ

憂「泣いちゃうほど辛かったの?そんな梓ちゃん見ちゃったらしかたないよね」

梓「ああ・・・憂・・・」

憂「もっと我慢してもらおうって考えても普通だよね。梓ちゃんちゃんと部活行くんだよ?」

梓「そんな・・・憂・・・嘘でしょ・・・」

憂「私も見学に行ってあげるから、ほら行こうよ」

梓「嘘だよね・・・?嘘って言ってよ憂・・・うわぁぁぁぁぁぁん!!」ポロポロ

憂「ほらほら行くよ~梓ちゃん」



258 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/11(金) 00:58:36.76 ID:4hru4k+10
憂「・・・という訳で、お姉ちゃんがどんな風にしてるのか気になったので」

律「まあ、見学くらいいいか」

唯「憂に練習みられるなんて恥ずかしいよ~」

梓(ああ・・・唯先輩がいる・・・我慢できない・・・)

梓(唯先輩に、思いっきりぶっかけて、汚したい・・・私のザーメンでドロドロにしたいよぉ・・・)

梓(唯先輩の口に突っ込んで、私のザーメン全部飲ませたいよぉ・・・)

梓「はぁ・・・はぁ・・・」

律「――さ、おい、梓!」

梓「は、はいっ!?」

律「大丈夫か?ボーっとして」

梓「はい・・・」



262 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/11(金) 01:08:30.22 ID:4hru4k+10
律「じゃ~今日はこれで終わりにするか」

唯「うい~、一緒に帰ろうよ~」

憂「あ、ちょっと私梓ちゃんとやることあるから」

梓「・・・っ!」

憂「すぐ終わるから、ん~・・・外で待っててくれる?」

唯「うん、わかった~」

梓「う、憂・・・外なんて・・・唯先輩にばれちゃう・・・」

憂「大丈夫・・・梓ちゃんが声我慢すればいいんだからさ・・・」

憂「それとも明日まで我慢する?」

梓「そんなの無理・・・」

憂「じゃ、いいよね・・・」

唯「じゃ、待ってるね~」



266 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/11(金) 01:18:22.87 ID:4hru4k+10
憂「それじゃあ、今までずっとよく我慢したね、梓ちゃん」

梓「憂・・・早く・・・はやくぅ・・・」

憂「ふふふ・・・慌てない。まず目隠ししようか・・・視覚が遮られると他の感覚が敏感になるらしいよ?」

梓「なんでもいい・・・なんでもいいから、チンポでイかせてぇ・・・」

憂「そんなにイきたいなら扱いてれば?私は止めないから好きなだけイきなよ」

梓「あぁ・・・うん・・・するぅ・・・チンポ扱くぅ!」

梓「あぁ!きもひいい!ずっと、我慢してたから!すぐいっちゃうのぉぉおぉお!!」

憂「全く・・・こうなるとすぐ周りが見えなくなる発情犬が」

憂「・・・・・・」

ガチャ、バタン



270 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/11(金) 01:28:34.98 ID:4hru4k+10
梓「またイくぅっ!ザーメンでりゅうぅっ!射精するぅぅううぅうぅう!!」

憂「そんなに射精しまくって、梓ちゃんは変態すぎるね~」

梓「らってぇ!チンポきもひいいぃ!チンポでいくのしゃいこうぅうぅうぅぅ!!」

憂「お姉ちゃんがいるのに、そんな姿見せていいのかな~」

梓「えっ・・・?」

憂「目隠し外してあげるね」

梓「・・・・・・そんな唯先輩・・・どうして・・・?」

唯「えっと・・・憂が面白いものが見れるからって・・・」

唯「あずにゃんって・・・男の子・・・だったの?」

梓「違うんです!生まれつきこんな身体で・・・」

梓「憂、ひどいよ!なんで唯先輩にばらしたの!」

憂「え~、だって梓ちゃん、お姉ちゃんのこと犯したいってずっと考えてたでしょ?」

梓「そんな・・・こと・・・」

憂「部活中ずっとお姉ちゃんのこと見てたよね?どうせ頭の中でお姉ちゃんを犯しまくることを妄想してたんじゃないの?」

唯「あずにゃん・・・ほんとなの・・・?」



272 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/11(金) 01:35:43.11 ID:4hru4k+10
梓「ごめんなさい・・・唯先輩ごめんなさい・・・」

唯「あずにゃん・・・ほんとなんだね・・・?」

梓「ごめんなさい・・・でも、唯先輩のことが好きで・・・」

唯「そんなの嬉しくないよ・・・こんなのおかしいし・・・こんな所でこんなことするあずにゃんも・・・」

唯「あずにゃん、ごめんね・・・その身体のことは言わないから・・・だから、今後一切関わらないで・・・」

梓「ま、待って!唯先輩・・・」

梓「そんな・・・そんなぁ・・・」ポロポロ

憂「あーあ、お姉ちゃんは梓ちゃんのこと受け入れてくれなかったね」

梓「うぃ・・・こうなること解ってたんじゃないの・・・?」

憂「そんなことないよ?もしかしたらお姉ちゃんが梓ちゃんのこと受け入れてくれるかもしれないって思って」

梓「でも・・・こんなのひどいよ・・・」



273 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/11(金) 01:40:07.92 ID:4hru4k+10
憂「大丈夫・・・私はどんな姿でも梓ちゃんを受け入れるよ・・・」

梓「え・・・っ!」

憂「梓ちゃんのことを一生可愛がってあげる」

梓「ほんとぉ・・・?」

憂「もちろん・・・梓ちゃんは、私のペットなんだよ・・・」

梓「あはは・・・はははは・・・私・・・ずっと憂のペットなんだね・・・」

憂「嬉しい・・・?梓ちゃん・・・」

梓「うん・・・嬉しい・・・ずっと私を可愛がって・・・ご主人さまぁ・・・」

憂「ふふふ・・・可愛いよ、梓ちゃん」



274 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/11(金) 01:44:36.08 ID:4hru4k+10
~数ヵ月後~

梓「おねがいしますぅ!!イかせてくださいっ!ごしゅじんさまぁ!」

憂「ふふふ・・・梓ちゃんは私の何かなぁ?」

梓「私は、ご主人様のペットですぅ!性処理専用の淫乱なペットですぅっ!!」

憂「いい子だね・・・イかせてあげるよ・・・」

梓「ありがとうございますっ!ごしゅじんさまぁっ!」

梓「あっ!いく!いきゅうぅぅぅうぅぅうぅぅううう!!」

ドクン!ドクン!ドクドク・・・

憂「一生・・・一生こうして愛してあげる・・・梓ちゃんは私のものだよ・・・」

梓「ああ・・・嬉しいです・・・ごしゅじんさまぁ・・・」

fin.



275 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/11(金) 01:45:27.29 ID:uUx9Tnwj0
>>274




298 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/11(金) 09:52:20.06 ID:883hbEpbO
面白かったよ
また読んでみたいな







この記事をリンクする?:


[ 2009/09/11 20:00 ] けいおん!SS | TB(0) | CM(5) | このエントリーを含むはてなブックマーク


チン○バキバキwwまあ俺もなりましたが
[ 2009/09/11 23:24 ] [ 編集 ]


けいおんSSで一番よかったわ
[ 2009/09/12 00:28 ] [ 編集 ]


タイトルからはもっと明るい変態を予想してた
[ 2009/09/12 02:20 ] [ 編集 ]


エロなのに面白い
[ 2009/09/12 06:25 ] [ 編集 ]


これ、続きがもっと抜けるよ
[ 2009/09/12 08:14 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

yamisoku

Author:yamisoku
けいおん系SSばっかりです。


ひさびさに左上更新してみましたw


とはいえ特に書く事もありませんが(笑)


このブログも開設から1年以上経過するんですね…


とりあえず「けいおん!!」のアニメが終わるまでは頑張って更新し続けたいと思います
2010年7月24日


TOP絵、リンク&RSS、まとめ依頼、募集中!↓


このブログについて

アクセスランキング
お世話になっているサイト様
SS
戯言ニュース
ニュー速VIPコレクション
はみ出者が見てたm9(^Д^)
糞虫の館
エレファント速報WLVS
世界一かわいいよ!
SSちゃんねる
SS速報

VIP
犬速VIP@わんわんおwww
ぐる速
ヒロイモノ中毒
フライドチキンは空をとぶ
ねとねた
hyukkyyyが見る2ちゃんねる
なんでも(=´∇`=)ちゃんねる
あじゃじゃしたー
じー速

ニュース
世界って広くね(;゚Д゚)
未定なブログ
とりのまるやき
Hyper News 2ch
デジタルニューススレッド
仰天ニュース( ;゚Д゚)
危ないニュース<キ`Д´>
日本語でおk
アゲハント最高!!
心ニュース
痛ニュー速報!
そら速
事故物件.com

まとめ
やる夫.jp
ニュースレ倉庫
New discovery
Newgle

日記
侮ログ
幸か不幸か家族計画
笑ってほのぼのとして軽く泣けるはなし(と不思議話と怖い話)
ムズ痒いブログ
出逢い系ちゃんねる

アニメ・ゲーム
To LOVEる -とらぶる- 考察
ゲハ速
てるぽんFLASH!
萌えるニュース
も・え・つー☆
あみみ

動画
YouTubeニコニコ日和

画像
ヴィブロ
気まぐれブログ
ナナ速
クマ速報

18禁画像
zipでやるお( ^ω^)
がぞー速報
画像スレとらのあな
エロの向こうがわ
セクシーニュース24
エロ画像速報
萌画VIP
ピーチ速報
zipからきました
AV女優おっぱいこれくしょん

18禁動画
えろどうが~無料エロ動画~
有料アダルトサイト比較


アンテナサイト
ショボンあんてな(´・ω・`)
2chnavi
2chまとめ
ブーンあんてな
まとめアンティーナ
もきゆ(´ω`*)あんてな


にほんブログ村 ネットブログ 2ちゃんねるへ

相互RSSサイト様
【SS宝庫】みんなの暇つぶし
たん速
ドルジ速報
マジキチ速報
ニュース2ちゃんねる
茶速
テラワロスVIP
音楽業界を目指す学生

相互リンク申請中


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アクセスランキング ブログパーツ