闇速

けいおん!系SSを中心に、2ちゃんねるからSSスレを独断と偏見でまとめてます。
最新ニュース

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




この記事をリンクする?:


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | このエントリーを含むはてなブックマーク

唯「(^q^)オギャーwwwwwういういwwwww」 

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/14(水) 16:57:22.89 ID:s1N+6p2iO
憂「お姉ちゃんちょっと静かにしてね…」

唯「(^q^)ぐひふぐひひゅwwww静か静かwwww」

憂「も…もう!」バチンッ

唯「(^q^)ギャアアアアアアアwwwwwww憂がぶったブッタ仏陀wwwwwwww」


8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/14(水) 17:11:03.46 ID:s1N+6p2iO
唯「(^q^)オギャーwwww」

憂「お姉ちゃん、もうすぐご飯が出来るから待っててね」

唯「(^q^)ご飯ご飯wwwww」

憂「ふふっ」

唯「(^q^)献上者は我々の存在を理解しようとはしない。むしろ否定をする」

憂「えっ…お姉ちゃん?」

唯「(^q^)その理由は畏怖の念に近いものである。かの有名なリンドブロムは献上者の合理的意思決定の限界を示唆したのだ」

唯「(^q^)しかし、我々はどうだろうか?リンドブロムの間違いは合理的意思決定の主体を人間全般としたところである」

憂「お姉…ちゃん?」

唯「(^q^)しかし、我々は異なる存在である。現に献上者との差異が顕著であるからだ」

唯「(^q^)我々の日常に見られる言動は献上者には理解できないであろう。それは頭の中で献上者にはできない我々独自の合理的意思決定を行っているからだ」

憂「! お姉ちゃん!」バチンッ


唯「(^q^)ギャアアアアアアアwwwww憂がぶったブッタwwwww」



9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/14(水) 17:29:57.47 ID:s1N+6p2iO
唯「(^q^)ギャアアアアアアアwwwwww」

憂「ふう…危なかった…」

唯「(^q^)暴力の行使は比較的可視的な形として見せつけることが可能な権力であり、かつ献上者の安直な行為である」

憂「!!」

唯「(^q^)しかし、暴力の行使に権力としての効果の限界はかの戦争で実証されたのである。ここからも献上者の合理的意思決定の能力に限界があることが示されるのではないか?」

憂「お…お姉ちゃん…し、静かにしてよ!」

唯「(^q^)権力の様相は多様である。かのダールも権力の様相を暴力の行使以外に挙げていたのだ。しかし、それら権力はやはり、献上者の産物ゆえ、合理性に欠けている」

唯「(^q^)しかし、我々はどうだろうか?我々は一度たりとも権力なぞを歴史上見ても使うことはない」

唯「(^q^)その理由は容易である。我々が脳内で合理的意思決定を献上者にはわからない形で行われているからだ」

憂「黙れ黙れ黙れ!」バチンッ

唯「(^q^)ギャアアアアアアアwwwww痛い遺体異体wwwww」

憂「ふう…危なかった…」



14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/14(水) 18:07:06.37 ID:s1N+6p2iO
憂「ほら、お姉ちゃん、ご飯できたよ!た~んと召し上がれ!」

唯「(^q^)おいひぃwwwwwwwぶもぎゃぁwwwwww」

憂「ふふっ」

唯「(^q^)献上者と我々の違いは何なのか?それは合理的意思決定のできない弱い献上者が勝手に線引きをしたからであろうか?」

憂「ま、また…」

唯「(^q^)献上者が作り上げてきた規範に反すれば献上者は排除するのである」

唯「(^q^)我々の言動を未だに理解しない、いや理解しようとしない献上者のせいにより我々の尊い人材が失われた。これは人災である」

憂「お姉ちゃん…静かにしないとぶつよ?」

唯「(^q^)自分とは異質であるがゆえに逸脱のレッテルを貼るのは献上者の弱さの現れである。かのベッカーの示唆は間違いではないのである」

憂「……ぶ、ぶつよ!」プルプル

唯「(^q^)しかしながら、献上者はまだ気づいていないようだ。献上者にとっての逸脱はそれを是認する社会及び文化によって安定するのである。かのレマートの指摘は犯罪や非行に固執したがために狭義的である」

憂「黙れ黙れ黙れ!」バチンッバチンッ

唯「(^q^)ギャアアアアアアアwwwwww憂がブッタ仏陀wwwwww」

憂「ふうふう…危ない危ない…」



24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/14(水) 19:04:40.27 ID:s1N+6p2iO
憂「ごちそうさま~」

唯「(^q^)ごちそっさまwwwwごちそっさまwwww」

憂「さてと…片づけないと…」カチャカチャ

唯「(^q^)オギャーwwwww」バンッバンッ

憂「お姉ちゃん!テーブル叩かないの!もう…隣の人からまた何言われるか…」

唯「(^q^)……社会的事実をよく献上者は個人に負わせるのである。これは非合理的である」

憂「…また……」プルプル

唯「社会は個人と比較すれば極めて大きいものであり、個人の力では社会は些少の程である」

唯「(^q^)しかし、社会はその弱い存在である献上者個人の集合によって作り上げられたものであり、自動的に増大化したのである」

憂「お姉ちゃん…お願いだから…黙って…お願い…」

唯「(^q^)その増大化した社会に支配されていることを知らない愚かな献上者は事実を固有のものと捉えることができず、個人のものとして形而上の中で納めてしまう」

唯「(^q^)しかし、事実を合理的意思によって判断も出来ない献上者が個人のレベルで留めることが出来うるだろうか?否、社会を固有の実在として認識なしで対応できるはずかない」

憂「もう、いい加減にしてよ!お姉ちゃん!またぶつよ?いいの?」



26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/14(水) 19:11:55.19 ID:s1N+6p2iO
唯「(^q^)この社会を我々に置き換えても同様である。我々という実在を献上者は形而下で認識しない限り献上者はインクリメンタリズム的な進歩しか出来ず、一生我々に及ばないのである。デュルケムの指摘に献上者は傾聴すべきである」

憂「うるさいうるさいうるさいうるさい!」ボガシッ

唯「(^q^)ギャアアアアアアアwwwwwういがぶったwwwwww」

憂「ハァハァ…もう嫌だ…こんな危ない生活…」



39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/14(水) 20:00:25.73 ID:s1N+6p2iO
こんにちは!平沢憂です。
今日は梓ちゃんとお出かけです。


憂「あっ!梓ちゃ~ん!」

梓「憂~!」

憂「あれ?傘持って来ているんだ…」

梓「うん。今日は雨降るみたいらしいし…」

憂「それはどこから得た情報なの?」

梓「え?テレビの天気予報からだけど?」

憂「それは他人からの情報でしょ?自分で調べたの?」

梓「え…?そんなの調べられないし…」

憂「そうやって人任せするのは良くないよ。そんなんだから、お姉ちゃんのことをいつまでたっても理解出来ないの!」

梓「……憂……?」

憂「他人指向型は社会に支配されちゃうの!リースマンが…あっ……ごめんね…さっきのを忘れて…」

梓「うん…」



40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/14(水) 20:06:20.83 ID:s1N+6p2iO
梓「唯先輩がそんなことを…」

憂「うん。もう、私どうしたら…」

梓「施設とかは?」

憂「それはダメ!お姉ちゃんがかわいそう…」

梓「でも、このままじゃ、憂が持たないよ」

憂「でも…グスッ…それだけは…」

梓「………」



41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/14(水) 20:06:59.69 ID:420m5EKoO
あれ、ういいー地味に洗脳されてね?



47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/14(水) 20:22:10.23 ID:s1N+6p2iO
梓「唯先輩はどうしたいのかな…?」

憂「えっ…?」グスッ

梓「だって、唯先輩は今の生活についてどう思っているか分からないんだよね?」

憂「うん…」

梓「憂のそんな顔を毎日見て楽しいかな?」

憂「そ、そんな…」ポロポロ

梓「あ、違うの!これは唯先輩のためになるけど、憂のためにもなるんだよ!」アセアセ

憂「うっ…うっ…」



48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/14(水) 20:37:30.06 ID:s1N+6p2iO
憂「ただ今~お姉ちゃん!」

梓「お邪魔します」

シーン…

梓「あれ?唯先輩は?」

憂「! まさかっ!」ダッ トトトトト

ガチャッ

憂「お姉ちゃん!」

唯「(^q^)ぶぎもひぎmwwwwwwギャッハァwwwwww」ジャー

憂「ほっ、良かった…お姉ちゃん、風邪引いちゃうよ…」キュッキュッ

唯「(^q^)ぴげもwwwww…………」

梓「もう~憂~って、唯先輩水浸し!?」

唯「(^q^)ギャアアアアアアアwwwwwwwwwみずでないでないwwwwww」

憂「…静かにしてよ!お姉ちゃん!」バンッ

梓「憂……」



52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/14(水) 20:44:28.33 ID:s1N+6p2iO
梓「やっぱり、唯先輩を施設に生活させようよ」

憂「! 梓ちゃん何言っているの?」

梓「今の憂は苦しんでいる顔をした…唯先輩はそんな顔を見続けたいと思わないよ!」

憂「……」

唯「(^q^)……」

唯「(^q^)献上者の非合理的な意思決定の原因は感情にあ―」

梓「てめぇは黙ってろ」

唯「(^q^)おぎゃぎゃwwww」



55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/14(水) 21:16:22.47 ID:s1N+6p2iO
憂「……私に我慢が足りないってこと?」

梓「それは違…」

憂「梓ちゃんには分からないよね…お姉ちゃんは私のたった一人のお姉ちゃんなの…」

憂「それに今は大変でも、いつか笑顔になれる日が来るはずだもん!」

梓「憂…分かるけど、その日が来る前に憂が倒れたらもともこもないよ」

憂「それでもいい…私は…お姉ちゃんは家族なんだから」

唯「(^q^)現代の家族はバージェスによれば制度家族から友愛家族となったというが、その友愛は関係に留まるまでであり我々は対象外である」

梓(うぜぇ…)



59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/14(水) 21:35:03.58 ID:s1N+6p2iO
梓「平沢家だけならいい。でも、憂は平沢家だけのものかな?私や純とかどうするの?これまで関わってきた人達については考えないの?」

憂「…いや、嫌だ…梓ちゃん達のためにお姉ちゃん一人を仲間外れにするなんて嫌だよ…」

唯「(^q^)社会的排除の一つである村八分は日本の村社会の閉鎖性の一つとされるが、これは普遍的な現象であり、我々の存在は言わずもがな理解されることなく排除されてきたのだ。ゲマインシャフト・ゲゼルシャフト関係なしに行われてきたのだ」

梓(無視無視)「憂にとって唯先輩は唯一無二の存在だけど、私にとって憂は唯一無二の存在だよ!憂が反対しても唯先輩を施設に送るしかないんだよ!」



61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/14(水) 21:52:42.84 ID:s1N+6p2iO
梓「憂!自分をもって!これじゃあ、憂は唯先輩のおまけだよ?そんな人生で良いの?」ガシッ

憂「そんな…自分だなんて…」

唯「(^q^)自分の存在を他者の存在なしに認識できないのは弱い存在である献上者の常套句である。ミードの指摘はそうした献上者の浅はかさが垣間見えるのである」

唯「(^q^)しかし、ながら他者についてはいつも恣意的である献上者は我々はいつも対象外である。献上者は自らの知らない存在に対して理解しようとしない限り、自らの進歩の可能性を自らで塞いでいるようなものである」

梓「憂の本心は?憂の欲求は?」ユッサユッサ

憂「……たい…」

梓「えっ?」

唯「(^q^)おぎゃぎゃふもふむwwwwwww」



62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/14(水) 21:59:17.17 ID:s1N+6p2iO
唯「(^q^)たこすはろんなすwwwwwwww」バンッバンッ

梓「な、何て言ったの憂…?」(池沼うるせぇ~)











憂「…お姉ちゃんを失いたくない!うぇっ…グスッ」

梓「そんな……」



67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/14(水) 22:12:16.32 ID:s1N+6p2iO
唯「(^q^)オギャーwwwwwwwwあずにゃあずにゃwwwwww」バンッバンッ

梓(耐えろ耐えるんだ…私…うん?)


梓「! 今の嘘だよね!さっき『…たい』と言ってたし!本心は?」

憂「……本心は……お姉ちゃんを…普通の人に…したい……」

梓「……」プルプル


憂「私がお姉ちゃんをいつか普通の人みたいな笑顔の溢れる人にしたいの…だから、梓ちゃん…ごめ…」

梓「もう、勝手にして!憂なんて知らない!」ダッ


憂「………」

唯「(^q^)wwwwwwwww」



69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/14(水) 22:18:28.72 ID:s1N+6p2iO
憂「梓ちゃん…行っちゃったね…お姉ちゃん…」

憂「お姉ちゃん…ごめんね…私間違っていたよ…お姉ちゃんのことを分かっているつもりでいたみたいだけど、全然分かってなかったみたいだね…」グスッ

唯「(^q^)………ぶもっ」

憂「お姉ちゃんを笑顔が溢れる人にするのに、私が苦しんでいる顔をしたら意味がないもんね…」



70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/14(水) 22:26:26.67 ID:s1N+6p2iO
憂「でも、私のお願いは聞いてね…私困っちゃうから…協力はして欲しい」

唯「(^q^)…………ぶもっぶもっ」

憂「でも、もっとワガママを言ったら、お姉ちゃんが普通の人になって一緒に買い物に行ったり、梓ちゃん達と一緒に…グスッ…お出かけした…かった…グスッ」

憂「でもね…グスッ…誤解しないでね…それでも、うっ…お姉ちゃんは…私の…うっうっ…自慢のお姉ちゃんなの…うぇっぐ…」

唯「(^q^)………」トトトト



72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/14(水) 22:35:09.70 ID:s1N+6p2iO
憂「?お姉ちゃん?」

唯「(^q^)ういと一緒wwwww一緒wwwww」ギュッー

憂「お姉ちゃん……///」グスンッ

唯「(^q^)アイスアイスwwwwww」

憂「はいはい!」にこっ



75 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/14(水) 22:42:02.33 ID:s1N+6p2iO
翌日、梓ちゃんは私と目を合わせてくれませんでした…

憂「あ…あの…梓ちゃん…」

梓「……」プイッ

憂「ううっ…」

純「どうしたの梓ちゃん、憂とケンカでもしたの?早く仲直りしなよー」

梓「憂が変わるまで謝らない」

純「頑固だね…」フー…

憂「………」



77 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/14(水) 22:53:39.14 ID:s1N+6p2iO
梓「憂は私たちなんかよりも唯先輩だからね!」

純「まぁ…お姉ちゃん子ってところは昔からだし…」

梓「自分を犠牲にして唯先輩は普通の人になるわけないのに…バカだよ、憂はバカだよ!」

純「! ちょっと梓ちゃん落ち着いて!憂に聞こえちゃうよ!」

憂「………」

梓「聞こえてるんでしょ、憂?唯先輩はそんな憂の姿を本当に喜んで見ているのかな?」
憂「そ、それは…」

梓「答えなくて良い。今の憂は話しになんないから」

梓ちゃんと顔を合わせることなく一日が終わりました…



80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/14(水) 23:00:46.17 ID:s1N+6p2iO
憂「ただいま…」バタンッ

憂(お姉ちゃんの気持ちはどうなんだろう…それさえわかれば、少しは考えを変えるのにな…)

憂「お姉ちゃん…ただいま…」ガチャッ

唯「(-q-)zzzzz…」

憂(寝ていたんだね…起こさないようにしないと…)

唯「(-q-)うい…うい…一緒…」

憂(お姉ちゃん…)



82 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/14(水) 23:11:17.18 ID:s1N+6p2iO
「起きて起きて憂!」

憂「ん…ん?誰?」

唯「もー憂ったら寝ぼけちゃって~晩ご飯は~?」

憂「あっ!ごめんね!急いで作るね!」

唯「ん~憂疲れているみたいだね~私がやるよ~!」

憂「えぇっ!お姉ちゃん料理なんて出来るの?」

唯「当たり前田のクラッカー!それぐらい出来るよ~!」

憂「お姉ちゃん……」





憂「はっ…夢か…」

ピーピー

憂「ご飯が炊いたみたいね…」



84 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/14(水) 23:20:48.68 ID:s1N+6p2iO
憂「……」トントン

憂(夢のせいで変な期待をもっちゃったな…もう諦めていた夢なのに…)トントン

グツグツ

憂(夢だけでも私の願いが叶えて良かったと思わないと…お姉ちゃんが幸せになれないよね…)トントン

グツグツ

憂「あっ、もういいね」カチャンッ

憂「お姉ちゃ~ん!ご飯だよー!」

唯「(^q^)オギャーwwwwwwwご飯ご飯wwwwww」



87 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/14(水) 23:42:29.05 ID:s1N+6p2iO
憂「お姉ちゃん、美味しい?」

唯「(^q^)ぶおおお、ぶおおお…」ガツガツ

憂「そう、良かった」にこっ

憂「お姉ちゃん…食べながらでも良いから聞いてくれる?」

唯「(^q^)ぶおおお、ぶおおお…」ガツガツ

憂「お姉ちゃんはこの生活好き…かな?毎日家にいて友達もあまりいないし…退屈じゃないかな…?」

唯「(^q^)ぶおおお、ぶおおお…」ガツガツ

憂「………」(そうだね。返事なんてしてくれるわけないよね…)

唯「(^q^)幸福を実感するのはいかなる基準であろうか?献上者は達成感やら家族との団欒時間の多さなどが挙げられる」

唯「(^q^)しかし、我々はどうだろうか?幸福は測ることができるのか?献上者はまた社会的事実を形而上において数値化出来ないものを無理して数値化するのである。そうした数値を比較して一喜一憂するのはおこがましいと我々は判断する」

憂「……(お姉ちゃんのこと、理解しないと…)」

唯「(^q^)形而上のものはしょせんは合理的な意思決定の出来なあ献上者達の産物に過ぎない。それを相対的に捉えて何の意味があろうか?あるがままに事実を受け入れそれに向かうべきであろう」

憂「………」

唯「(^q^)かのキルケゴールが実存主義もとして指摘したことは献上者の可能性を大きくするものである。むしろ、相対主義の絶対化は献上者をインクリメンタリズム的な進歩しかなさないどころか進歩さえも阻むのだ」

憂(あんまり真剣に聞いてなかったけど、お姉ちゃんの奇妙な語りはなんか面白い…)



97 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/15(木) 00:11:56.67 ID:DRnoldHJO
憂「お姉ちゃん、もっと教えて!」

唯「(^q^)あぎゃぎゃぎゃwwwwwwwww」

憂(強要したらダメみたいね…)

憂「お姉ちゃんは施設に行って友達を作りたいと思う?」

唯「(^q^)友達wwwwwあずにゃあずにゃwwwwww」パンッパンッ

憂「梓ちゃん?」

唯「(^q^)あずにゃwwwwwwあずにゃwwwwwww仲良しwwwwwww」

憂「仲良しか…」

唯「(^q^)献上者は二人以上存在する場合、お互いどうすべきか?発展してきたのが政治学である。献上者の作り上げてきた積み重ねの政治学は全くをもって上手く使われていない。実に非合理的なことだ」

唯「(^q^)戦略や軍事戦術といった野蛮な内容は本来政治学に不要なもの、あるいはおまけである。政治学はそんな超人的なものではなく献上者に密接な行動学にすぎないのだ」

憂「お姉ちゃん、どういうこと?」

唯「(^q^)相手に対してどう対応したら賢明であるか、仲良くすべきか牽制すべきか介入をすべきかを合理的意思によって決めるだけである」

憂「合理的意思…?」

唯「(^q^)献上者に不可能なことである。献上者は矛盾を抱え込む非合理的な存在である。かのリンドブロムは直接言及しないもののそれを醸しだしている」



106 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/15(木) 00:21:27.79 ID:DRnoldHJO
憂「お姉ちゃんはどうしたいの?その、私たちに出来ないそれが出来るなら教えてよ…」

唯「(^q^)オギャーwwwwwwwwアイスwwwwww」

憂「………」サッ

唯「(^q^)あんむあんむwwwwwwうぎふえもwwwwww」

憂(つい、聞いてしまった…強要したら答えてくれないんだ…)



113 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/15(木) 00:32:00.29 ID:DRnoldHJO
唯「(^q^)ういwwwwwwういwwwww」

憂(でも、こんなに頼りにしているんだ…お姉ちゃんは私といたいんだよね…)

唯「(^q^)生産性はいずれかであろうか?我々は判断ついても合理的意思決定が不完全な献上者は不可能なのだ。それを伝えても献上者は感情が先行し合理的な判断が鈍ってしまう」

憂「……」ゴクリッ



119 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/15(木) 00:37:29.69 ID:DRnoldHJO
唯「(^q^)………」


憂「………」


唯「(^q^)………」

憂(あれ?続きは?)















唯「(^q^)ういwwwww大事wwwww」



128 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/15(木) 00:47:24.42 ID:DRnoldHJO

憂「お姉ちゃん…今なんて…」

唯「(^q^)トイレトイレwwwwwww」

憂「はいはい…」(確か今さっき…)

唯「(^q^)ふあんぎゃー」ブホッ

憂(無理に聞いたら答えてくれないし…どうしたら…)フキフキ

唯「(^q^)おどぷおどんむwwwwww」

憂「お姉ちゃん、明日、施設見学しようか?」

唯「(^q^)お出かけお出かけwwwwwwwww」



147 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/15(木) 01:07:37.90 ID:DRnoldHJO
~翌朝~

憂「梓ちゃん、おはよう!」

梓「………」ツーン

憂「………」(ううっ…)

憂「あ、あのね…梓ちゃん…私、お姉ちゃんを施設に入れてみようかと思うんだ…」

梓「……えっ?」ガバッ

憂「まだ決まってないけど、お姉ちゃんに施設を見学してみるの…」

梓「グスンッ…」

憂「だから今日…って、梓ちゃん!?」

梓「憂…ごめんね…私、これしか…グスッ…これしか憂のためにならないと思ったの…グスッ」

憂「梓ちゃん…」

梓「憂は…もっと…自由でいて欲しい…世界はもっと広いんだから…唯先輩に縛られて欲しくない…唯先輩もそれは望んでないはずだよ…」

憂「梓ちゃん…」トトトトト

憂「そこまで思ってくれてありがとう…」ギュッ



158 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/15(木) 01:32:50.75 ID:DRnoldHJO
憂「ここが福祉施設か~」

唯「(^q^)お出かけお出かけwwwww」

梓「ふふっ唯先輩嬉しそう…」

事務員「平沢さんですか!いらっしゃい!」

唯「(^q^)だんもだんもwwwwww」

事務員「元気な子ね~気にいってくれるといいな」

唯「(^q^)友達wwww友達wwwww」

事務員「あぁ、みんなに会ってみようか~」



163 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/15(木) 01:48:19.57 ID:DRnoldHJO
事務員「さぁ~皆さ~ん!今日は友達が来てくれましたよ~!」

「(^q^)うーぅっwwwwwwww」
「(^q^)ぱーうぇんwwwwwww」

梓(うわぁ…いっぱい…)

事務員「今日来てくれたのは元気いっぱいな平沢さんです!皆仲良くしてくださいね!」

唯「(^q^)うんたんうんたんwwwwwww」

「(^q^)うんたんうんたんwwwwwww」

憂「あ、早速仲良くなってる…」

事務員「あの子はね~音楽が好きな子なの。平沢さんも音楽が好きなら気が合うはず」



169 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/15(木) 02:06:24.65 ID:DRnoldHJO
憂(お姉ちゃん楽しそう…)

梓「……」

唯「(^q^)うきゃきゃきゃwwwwwww」

「(^q^)ぎょもももwwwwwwww」

梓(憂はこれで良いはずなんだ…唯先輩もここの方が良いんだ…)
憂「…決めた…」

梓「えっ…?」

憂「お姉ちゃんをここの施設に預からせて頂きます!」



171 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/15(木) 02:07:40.82 ID:Es2IiUDc0
預からせていただくは違うだろ



173 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/15(木) 02:12:22.38 ID:eNduE/tcO
>>171
宇宙的観点から見たら大したことじゃない




174 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/15(木) 02:13:56.46 ID:jFtV0NHX0
預からせていただきます→×
預けさせていただきます→○




178 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/15(木) 02:30:20.19 ID:DRnoldHJO
憂「お姉ちゃんを預かって下さい」(←これで許して)

事務員「そんなに早く!?いえ、嬉しいですね…そんなに気に入っていただけたわけですから…」

憂「あ…それと、毎日ここに訪れても良いですか?私ここで介護の勉強をしたいんです!」

事務員「何と!!介護の勉強を!!いやぁ、ありがたいですね!」

憂「よろしくお願いします!」

梓(今の憂は輝きに満ちている…私も応援しないと…)

事務員「お連れの方はどうですか?結構やりがいがありますよ~!」

梓「え?私…私は部活入っているんですが…」

事務員「それは残念ですね~たまに遊びにいらしてください!」

梓「! 分かりました!」


こうしてお姉ちゃんは施設生活を私はお姉ちゃんとは離れた新生活を始めました。



184 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/15(木) 02:54:49.65 ID:DRnoldHJO
唯「(^q^)オギャーwwwwwww」

事務員「あら、皆さん元気ですね~」

唯「(^q^)施設送りは現代の社会的排除であり、異質を嫌う献上者の驕りである」

事務員「えっ?平沢さん?」

唯「(^q^)施設の数は足りていないのが現状である。合理的意思決定の出来ない献上者は愚かなことに異質を排除するために合理的な政策形成が出来ないでいる」

唯「(^q^)しかし、献上者はその合理的意思決定が出来ないががために感情をもって接することができる。献上者の感情は非合理的な形而上のものとして片づけられるであろうか?否、我々をもってしても不可能である。

唯「(^q^)しかし、これは絶対的なことがある。私は妹の幸せを自分の幸せと感じることができるのだ、ということを」

事務員「平沢さ~ん!アイス食べる~?」

唯「(^q^)アイスアイスwwwwwww」



188 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/15(木) 03:10:17.51 ID:DRnoldHJO
~学校~
憂「さてと…」

梓「あっ、憂?今日も唯先輩の所に行くの?」

憂「うん。梓ちゃんも来る?」

梓「うん!」



こんにちは!平沢憂です。
私はただ今、高校を兼ねながら、福祉施設の方で福祉の勉強をしていおります!お姉ちゃんにもお友達ができたし、家にいた時よりも幸せそうです。
もちろん、今の私は幸せです。お姉ちゃんがよく言う合理的なんとかは私にはできませんが、今の生活を選んで正解だったと思います。
心配してくれた梓ちゃんありがとう。
そして、後押しをしてくれたお姉ちゃんありがとう。

もし、福祉に興味があれば福祉施設にぜひ遊びにいらしてください。





おわり



197 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/15(木) 03:19:55.97 ID:SaupduDRO
>>1乙
おもしかったです(^p^)







この記事をリンクする?:


[ 2009/10/24 14:00 ] けいおん!SS | TB(0) | CM(6) | このエントリーを含むはてなブックマーク


献上じゃなくて健常じゃね?
[ 2009/10/24 23:41 ] [ 編集 ]


闇速さん更新が適当なのはいいけどこのブログ見づらいっすよ
他と張り合いたいなら見やすくしてくださいよ
[ 2009/10/25 01:27 ] [ 編集 ]


まとめてくれるのまってたw
トンクス
[ 2009/10/26 10:59 ] [ 編集 ]


ちがうちがう
唯は池沼なんかじゃない
池沼なんかじゃ.....
あー
[ 2010/01/21 22:08 ] [ 編集 ]


池沼うぜえええええええええ
[ 2010/01/24 16:45 ] [ 編集 ]


社会学!
[ 2010/03/02 20:45 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

yamisoku

Author:yamisoku
けいおん系SSばっかりです。


ひさびさに左上更新してみましたw


とはいえ特に書く事もありませんが(笑)


このブログも開設から1年以上経過するんですね…


とりあえず「けいおん!!」のアニメが終わるまでは頑張って更新し続けたいと思います
2010年7月24日


TOP絵、リンク&RSS、まとめ依頼、募集中!↓


このブログについて

アクセスランキング
お世話になっているサイト様
SS
戯言ニュース
ニュー速VIPコレクション
はみ出者が見てたm9(^Д^)
糞虫の館
エレファント速報WLVS
世界一かわいいよ!
SSちゃんねる
SS速報

VIP
犬速VIP@わんわんおwww
ぐる速
ヒロイモノ中毒
フライドチキンは空をとぶ
ねとねた
hyukkyyyが見る2ちゃんねる
なんでも(=´∇`=)ちゃんねる
あじゃじゃしたー
じー速

ニュース
世界って広くね(;゚Д゚)
未定なブログ
とりのまるやき
Hyper News 2ch
デジタルニューススレッド
仰天ニュース( ;゚Д゚)
危ないニュース<キ`Д´>
日本語でおk
アゲハント最高!!
心ニュース
痛ニュー速報!
そら速
事故物件.com

まとめ
やる夫.jp
ニュースレ倉庫
New discovery
Newgle

日記
侮ログ
幸か不幸か家族計画
笑ってほのぼのとして軽く泣けるはなし(と不思議話と怖い話)
ムズ痒いブログ
出逢い系ちゃんねる

アニメ・ゲーム
To LOVEる -とらぶる- 考察
ゲハ速
てるぽんFLASH!
萌えるニュース
も・え・つー☆
あみみ

動画
YouTubeニコニコ日和

画像
ヴィブロ
気まぐれブログ
ナナ速
クマ速報

18禁画像
zipでやるお( ^ω^)
がぞー速報
画像スレとらのあな
エロの向こうがわ
セクシーニュース24
エロ画像速報
萌画VIP
ピーチ速報
zipからきました
AV女優おっぱいこれくしょん

18禁動画
えろどうが~無料エロ動画~
有料アダルトサイト比較


アンテナサイト
ショボンあんてな(´・ω・`)
2chnavi
2chまとめ
ブーンあんてな
まとめアンティーナ
もきゆ(´ω`*)あんてな


にほんブログ村 ネットブログ 2ちゃんねるへ

相互RSSサイト様
【SS宝庫】みんなの暇つぶし
たん速
ドルジ速報
マジキチ速報
ニュース2ちゃんねる
茶速
テラワロスVIP
音楽業界を目指す学生

相互リンク申請中


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アクセスランキング ブログパーツ