闇速

けいおん!系SSを中心に、2ちゃんねるからSSスレを独断と偏見でまとめてます。
最新ニュース

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




この記事をリンクする?:


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | このエントリーを含むはてなブックマーク

唯・憂「しかっけい!」 

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/29(火) 00:35:11.98 ID:jwdY4YjAQ
こんにちは!平沢憂です

今日は私と梓ちゃんが付き合い始めて初めてのお出掛け、いやデートです


3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/29(火) 00:37:49.12 ID:jwdY4YjAQ
―――日曜日

憂「待ちきれなくて、1時間も前に来ちゃった」



――30分経過

憂「梓ちゃん可愛いよぉー///」ニヤニヤ

(梓の写真を見てニヤニヤしながら梓を待つ憂)



――45分経過

憂「もう写真の梓ちゃんに飽きちゃった……」

憂「早く梓ちゃんに会いたいよ」



4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/29(火) 00:38:49.25 ID:jwdY4YjAQ
――待ち合わせ時間

憂「もう時間なのに……初めてのデートで遅刻するなんて……」

憂「……!!!」ハッ

憂「でもこれを口実に梓ちゃんに遅刻した罰という名目であんなことやこんなことを……///」ハァハァ

憂「いい……遅刻した梓ちゃんに感謝しないと……」

少年「ママー、あのお姉ちゃん一人で何か言ってるよー」

少年の母「見たら駄目よ」



5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/29(火) 00:39:37.59 ID:jwdY4YjAQ
――――

梓「ごめーん」

憂「もう、遅いよ」ニコニコ

梓「準備に時間かかっちゃって……」(なんでニコニコしてるんだろう?)

憂「そっかぁ」ニコニコ

梓「憂、怒ってないの?」

憂「怒ってるよ、だって私は梓ちゃんとのデートが楽しみで1時間も前に来てたんだから」

梓「憂、ごめん……憂がそんなに私とのデートを楽しみにしてたなんて……」



6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/29(火) 00:40:25.62 ID:jwdY4YjAQ
憂「うん、だって梓ちゃんとの初めてのデートだもん」ニコッ

梓「憂……」(駄目だ、憂が可愛いすぎて遅れてきてよかったなんて考えちゃうよ)

憂「だからね、こんな記念の日に遅れてきた梓ちゃんをただで許すわけにはいかないの」ニコッ

梓「……うん、わかってる」(憂、可愛いよ、憂、可愛いよぉ)

憂「だから梓ちゃんは今日1日私の命令に絶対に従うこと、それで許してあげる」

梓「わかった、約束する」(そんなのなくても憂の言うことだったら何でも聞いちゃうよ)

梓(でも、憂の命令って……)



7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/29(火) 00:41:11.13 ID:jwdY4YjAQ
―――梓の妄想

梓「憂、顔にアイスついてるよ」

憂「えっ、本当!?」

梓「うん」

憂「……」

梓「どうしたの、拭かないの?」

憂「梓ちゃんになめてほしいな」

梓「そ、そんなの無理だよ、周りに人いるし恥ずかしいよ///」

憂「約束は?」ニコッ

梓「もう、憂ってば……」ドキドキ

―ペロッ

憂「ありがとう、梓ちゃん」ニコッ

梓「えへへ///」



8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/29(火) 00:41:25.28 ID:yZXOVNZ8O
けしからんもっとやれ



10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/29(火) 00:42:12.84 ID:jwdY4YjAQ
――――

憂「じゃあ、行こう」

梓「……」ニヤニヤ

憂「梓ちゃん!!」

梓「にゃっ!?」

憂(可愛い……///)

憂「どうしたの、ニヤニヤして」

梓「な、何でもないよ」アセッ

憂「もう、はやく行こう」ニギッ

梓「う、憂……///」

憂「えへへ///」

梓(はぅっ、幸せです///)



11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/29(火) 00:42:58.77 ID:jwdY4YjAQ
――――

憂「買い物楽しかったね」

梓「うん、でも憂が色々私の写真撮るから恥ずかしかったよぉ///」

憂「ごめんね、好きな人の可愛い姿見るとつい……」

梓「はぅぅっ」カァァ

梓(やっぱり付き合うっていいな、純に感謝しないと)

憂「じゃあ、そろそろ昼御飯食べに行こっか」

梓「うん」



12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/29(火) 00:43:45.48 ID:jwdY4YjAQ
―――マックスバーガー

憂「じゃあ、梓ちゃんに初めての命令をします」

梓「えっ、ここで!?」

憂「うん、私の分も注文してきて」ニコッ

梓「そんなことでいいの?」

憂「ただし、語尾ににゃん、にゃあとかの猫を思わせるような言葉をつけてね」ニコッ

梓「えぇっ!?」

梓「で、できないよ、そんなの!」

憂「梓ちゃん、約束は?」

梓「……う、憂の意地悪」ムー

―カシャッ



14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/29(火) 00:44:42.65 ID:jwdY4YjAQ
梓「ちょ、ちょっと、憂……」

憂「膨れっ面の梓ちゃんの写真撮っちゃった」ニコッ

梓「もう、憂ってば……///」

梓「わかった、やってやるです」

憂「あっ!!これを付けてもらうの忘れてた」

梓「……猫耳は無理!!」

憂「や・く・そ・く」ニコッ

梓「うぅっ……」ウルウル

―カシャッ



15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/29(火) 00:45:35.89 ID:jwdY4YjAQ
憂「えへへ、梓ちゃんの可愛いさなら大丈夫、店員もイチコロだよ」

梓「……」カァァ

梓「わかったよ、憂、やってやる、やってやるです!!」

憂「その意気だよ、梓ちゃん」

梓「よーし」スチャ

憂(私ははやく写真を撮れるポジションに移動しないと)



19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/29(火) 00:47:32.11 ID:jwdY4YjAQ
店員「いらっしゃいませ……!?」

(梓の猫耳に気づく)

梓「チーズバーガー2つとコーラのMサイズ2つだにゃん」

店員「………」ヒクヒク

梓「………」(やっぱり恥ずかしい///)カァァ

―カシャッ

憂(梓ちゃん可愛い……)



21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/29(火) 00:48:21.32 ID:jwdY4YjAQ
店員「ご、ご注文をく、繰り返させてい…ただきますチーズバーガー2つとMサイズのコーラ2つでございますね」プルプル

梓「にゃん!(はい)」

店員「はい、ってことでよろしいですか?」

梓「にゃあ!」コク

―カシャッ

憂(可愛い、可愛すぎるよ)

店員(変な人かと思ったけど可愛いかも)



22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/29(火) 00:49:17.15 ID:jwdY4YjAQ
店員「ご一緒にポテトもいかがですか?」ドキドキ

梓「にゃあ(じゃあ)ポテトも1つだにゃん」

店員「は、はい、全部で○○○円になります」

梓「にゃ!」

―カシャッ

店員「それではちょっとお待ちください」

梓「みゃあ!」

―カシャッ

憂(なんだかんだ言って梓ちゃんノリノリなんだから……)ニコニコ



23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/29(火) 00:49:58.14 ID:jwdY4YjAQ
――――

憂「梓ちゃん、ご苦労様、可愛かったよ」ニコニコ

梓「恥ずかしかったんだから……///」

憂「そのわりにはノリノリだったじゃない」ニヤニヤ

梓「そ、それは……///」カァァ

梓「やるからには本気でやらないと……」ドキドキ

憂「そうだね」ニコッ



24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/29(火) 00:50:50.43 ID:jwdY4YjAQ
――――

梓(あっ、憂の顔にケチャップが……これはチャンスかも)

梓「う、憂、顔にケチャップついてるよ」

憂「えっ、本当!?」

梓(よし、ここで憂がためらうように……ってあれ……!?)

―フキフキ

憂「あっ、本当だ、ありがとう、梓ちゃん」ニコッ

梓「う、うん」(そうだよね、普通自分で拭くよね)ショボーン



26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/29(火) 00:53:02.12 ID:jwdY4YjAQ
憂「あっ……梓ちゃんも人のこと言えないね」

梓「何が?」

憂「ケチャップついてるよ」ニコニコ

梓「えっ、本当!?」

憂「うん」

―ペロッ

憂「えへへ、おいしい」

梓「はぅぅっ」ボンッ

憂「あ、梓ちゃん!?」






27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/29(火) 00:53:51.87 ID:jwdY4YjAQ
――――

憂「今日は楽しかったね」

梓「うん、憂に色々変な命令されたけど……」

憂「えへへ、梓ちゃん可愛かったよ」

憂「やっぱり私は梓ちゃんのこと好きなんだなって思った……///」ドキドキ

梓「……わ、私も」カァァ

憂「梓ちゃん、最後のお願い、いい?」ドキドキ

梓「な、何?」ドキドキ



29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/29(火) 00:54:43.16 ID:jwdY4YjAQ
憂「キスしてほしいな……///」ドキドキ

梓「う、うん、わかった……///」(可愛すぎるよぉ)ドキドキ

―チュッ

憂梓「えへへ……///」

憂「ねぇ、梓ちゃん、もう一回」

梓「もう……しょうがないな……」

―チュッ



30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/29(火) 00:55:31.33 ID:jwdY4YjAQ
――――

梓「じゃあね、憂」

憂「うん、バイバイ、梓ちゃん」

―チュッ

梓「う、憂……///」

憂「えへへ、また明日学校で」



―バタン

憂「ただいま、お姉ちゃん」ニコッ

唯「あっ、憂、おかえりー」ニコッ



31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/29(火) 00:56:27.56 ID:jwdY4YjAQ
――――

―――晩御飯

唯「……」モグ

憂「どうしたのお姉ちゃん?何かあった?」

唯「べ、別になんにもないよ、私なんかおかしい?」

憂「うん、いつもだったらおいしいって言いながらモグモグ食べるのに、今日は無言でモグ食べだよ」

唯「そっかぁ……憂の目はごまかせないね」

憂「何かあったの?」

唯「うん……憂、あずにゃんとのデート楽しかった?」



32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/29(火) 00:57:23.49 ID:jwdY4YjAQ
憂「……うん、楽しかったよ」

唯「そっかぁ……」

憂「それがどうしたの?」

唯「……憂はあずにゃんのことが好きなんだよね」

憂「うん、大好きだよ」

唯「……そうだよね」

憂(ひょっとしてお姉ちゃん梓ちゃんまたは私に嫉妬してるのかな?)

憂(梓ちゃんに嫉妬してるんだとしたらそれはそれで嬉しいけど、私に嫉妬してるとしたら複雑だな)

憂(でもお姉ちゃんは嫉妬なんかする人じゃないし、私達のことも祝福してたし……)

憂(でもとりあえずここは……)



34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/29(火) 00:58:24.96 ID:jwdY4YjAQ
憂「私はお姉ちゃんのことも大好きだよ」

唯「私も憂が大好きだよ……」

憂「……」(この言い方はどう考えても妹としてだよね)

唯「憂、私は別に憂やあずにゃんに嫉妬してるわけじゃないよ」

憂「!?」

唯「そう考えたんでしょ」

憂「う、うん」(お姉ちゃんがこんなに鋭いなんて……やっぱりお姉ちゃん変だ)



35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/29(火) 00:59:19.17 ID:jwdY4YjAQ
唯「お姉ちゃんにはお見通しなんだから」エッヘン

憂「さすがお姉ちゃんだね」(とりあえず一安心だよ)

憂「じゃあ、さっきの質問はどういう意味なの?」

唯「それはね、好きってどんな感じなのか聞きたくて」

憂「うーん、そうだねぇ……一緒にいて楽しいとか、幸せだなって思えたり、もう可愛くてどうしようもないって思ったり、その人のことで頭がいっぱいになったりかな」

唯「友達と一緒で楽しいのとは違うの?」

憂「うん」

唯「どう違うの?」

憂「言葉では上手く説明できないけど……心が違いを感じるのかな」

唯「そっかぁ……だったらそうなのかなぁ……」ハァ



36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/29(火) 01:00:12.31 ID:jwdY4YjAQ
憂「ひょっとしてお姉ちゃん、誰かを好きになっちゃったかもって悩んでるの?」

唯「……うん」

憂「誰なのそれ?」キラキラ

唯「いや、まだ好きかどうかわかんないし……」

憂「じゃあ質問、お姉ちゃんは今その人のことを気づいたら考えてる」

唯「……うん」

憂「その人のことを見たり、考えたり、その人と話すとドキドキする」

唯「……うん」

憂「その人が他の人と仲良くしてるのを見るとちょっと悲しくなる」

唯「……うん」



38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/29(火) 01:01:07.44 ID:jwdY4YjAQ
憂「お姉ちゃん、それ完全にその人にホの字だよ」

唯「ホの字?」

憂「その人が好きだってこと」

唯「ほぇっ!?」

唯「やっぱり……?」

憂「うん」

唯「そうなんだぁ、私どうすればいいんだろー、憂、私、どうしたらいいの?」

憂「それはその人を聞いてからじゃないと」ニコッ



39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/29(火) 01:02:16.10 ID:jwdY4YjAQ
唯「言わないとだめ?」モジモジ

憂「うん」

唯「誰にも言わないって約束する……?」

憂「うん」

唯「絶対に……?」

憂「私がお姉ちゃんとの約束破るわけないじゃん」

唯「そうだよね……あのね、私が好きなのはね……」



40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/29(火) 01:03:07.67 ID:jwdY4YjAQ
唯「み、澪ちゃんなの」

憂「澪さん?」

唯「……うん」カァァ

唯「澪ちゃんカッコいいし、優しいし、背も高いし、胸も大きいし……それに恥ずかしがったり、怯えてる姿が凄く可愛くて……」ドキドキ

憂「うんうん」

唯「だからね……」

憂「お姉ちゃん、澪さんのこと大好きなんだね」

唯「ほぇっ!?」ボンッ

憂「……」ニコニコ

唯「……うん」カァァ



43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/29(火) 01:04:35.82 ID:jwdY4YjAQ
――――

唯「それで憂、私どうすればいいの?」

憂「お姉ちゃんは普段通りが一番だよ、お姉ちゃんはそのままで可愛いんだから」

唯「そうかなぁ///」テレッ

憂「うん」

憂「それで水曜日が祝日で休みだから火曜日に家にお泊まりに誘ってそのときに告白しよ」ニコッ

唯「こ、告白ぅっ!?」

憂「うん」



45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/29(火) 01:06:09.08 ID:jwdY4YjAQ
唯「そ、そんなの無理だよぉ……」

憂「お姉ちゃん、気持ちは言わなきゃ伝わらないよ」

唯「で、でもフラれたら私……」

憂「お姉ちゃん勇気出して、私、応援するよ」

唯「……わかったよ、私、頑張るよ」

憂「うん、その意気だよ、お姉ちゃん」

唯「よーし、やるぞー」



46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/29(火) 01:06:55.05 ID:jwdY4YjAQ
――月曜日――

―――昼休み

憂「どうしたんですか律さん、私と2人きりで話がしたいなんて」

律「その……憂ちゃんに聞きたいことがあって」

憂「私にですか?」

律「うん……梓をメロメロにした憂ちゃんに」

憂「えっ!?ひょっとして恋の相談ですか!?」



47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/29(火) 01:07:39.72 ID:jwdY4YjAQ
律「なんだよー、そんなに驚かなくてもいいだろ」

憂「ごめんなさい、でも律さんらしくないなって」

律「どういう意味?」

憂「その……人に相談なんかしないで思ったらすぐに行動するってイメージがあったから」

律「私だって女の子らしく悩んだりするんだぞ」

憂「そうですよね」クスッ



48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/29(火) 01:08:24.26 ID:jwdY4YjAQ
――――

憂「それでまず相手は誰なんですか?」

律「その……ムギなんだ」

憂「紬さん!?」

律「あぁ」

憂「そうなんですか……でもならなんで私に?」

律「それは……憂ちゃんは梓に告白させたからだよ」

憂「……?」



49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/29(火) 01:09:13.74 ID:jwdY4YjAQ
律「そのなんというか、実は以前ムギの前で女の子を好きになるなんてあり得ない的なことを言っちゃって……」

憂「えぇっ!?じゃあ、なんで紬さんが好きなんですか?」

律「そ、それは……そのときにムギに『人を好きになるのに年齢や国籍、そして性別なんて問題じゃないの、人を好きになるの決められた枷なんてないの、本能に従順、忠実よ』って言われてからムギが妙に気になって……」

律「そしたら、優しくて、あのほんわかした感じにやられちゃって……///」



50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/29(火) 01:10:02.19 ID:jwdY4YjAQ
憂「そうなんですか……」

律「とにかく、ってわけで私から告白するわけにはいかないんだよ」

憂「はぁ……」

律「なんか私が負けを認めたみたいになるだろ」

憂「まぁ、そうですね……」

律「だから私に惚れさせて、ムギに告白させる必要がある」

律「そこで梓を惚れさせた憂ちゃんに相談したわけだ」



51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/29(火) 01:10:55.46 ID:jwdY4YjAQ
憂「頼りにしてもらえるのは嬉しいんですけど、梓ちゃんを惚れさせようと思って行動してたわけじゃないんで……」

憂「アドバイスはできないです」

律「そっかぁ、そうだよな……」

憂「でも応援はします、紬さんが律さんを好きになるように」

律「本当に?」

憂「はい!」

律「ありがとー」



52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/29(火) 01:11:39.49 ID:jwdY4YjAQ
――――

律「それでどうしたらいいと思う?」

憂「そうですねぇ……いつもと違う一面を見せるとか」

律「違う一面……た、例えば?」

憂「髪をおろしてみるとか」

律「それは……変だし」

憂「えいっ」パシッ

律「あっ!?」

―パサッ



53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/29(火) 01:12:32.65 ID:jwdY4YjAQ
憂「律さん、全然変じゃないですよ、凄く可愛いです」

律「うぅっ……憂ちゃん無理しなくていいよ」

憂「本当ですよ、これなら紬さんもキュンときますよ」

律「ほ、本当に!?」

憂「はい!」

律「そっかぁ……なら頑張ってみようかな」



55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/29(火) 01:13:47.63 ID:jwdY4YjAQ
――――

律「憂ちゃんありがとう」

憂「はい、頑張ってください、私、応援してます」

律「任しとけ、私自信ついたよ」

憂「よかった、またいつでも相談のりますよ」

律「ありがとー」

憂「じゃあ、また」

律「憂ちゃん、本当によくできた子だな、梓と唯が羨ましいぜ」

律「よし、やってやるぜ」

律「おぉー」

―キーンコーンカーンコーン

律「やっばい、授業始まる」アセッ



56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/29(火) 01:14:48.11 ID:jwdY4YjAQ
―憂と律が2人で話しているのと時を同じくして……

――――

梓「どうしたんですか澪先輩?音楽室で2人で話したいことがあるって」

澪「その……梓に相談したいことがあって……」モジモジ

梓「私にですか……?」

澪「あぁ……迷惑だったか?」ウルウル



57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/29(火) 01:15:53.85 ID:jwdY4YjAQ
梓「そんなことないです!むしろ嬉しいです、いつもお世話になってる澪先輩に相談されて」

澪「そうか……よかった」

梓「それで相談って?」

澪「その……」ゴニョゴニョ

梓「あの、澪先輩、何て言ってるか聞こえないんですけど……」

澪「ごめん、その……」モジモジ

梓「……」



58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/29(火) 01:16:40.45 ID:jwdY4YjAQ
梓「言いにくいことなんですか?」

澪「そ、そういうわけじゃないんだけど……」

澪「なんて言うか……恥ずかしい///」

梓「はぁ……」(それを言いにくいって言うんじゃないかな)

梓「でも言ってもらわないと相談にのれないですよ」

澪「……そうだな、よし、私言うよ」スゥ

澪「好きな人の落とし方を教えてくれ!」



59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/29(火) 01:17:34.04 ID:jwdY4YjAQ
梓「えぇっ!?」

澪「……だめ?」ウルウル

梓「そ、そういうわけじゃないんですけど……恋の相談ですか……」

澪「意外か?」

梓「……はい、それで何で私に?」

澪「憂ちゃんを落とした梓ならいいアドバイスをくれると思って……」

梓「あぁ、そういうことですか」



60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/29(火) 01:18:28.30 ID:jwdY4YjAQ
澪「あぁ、だからそういうわけで頼む」

梓「と言われましても……そんな特別なことをしたわけでもないし……」

澪「そこをなんとか」

梓「うーん……ってその前に澪先輩の好きな人を教えてもらわないと答えようがないんですけど」

澪「……そうだな、驚かないで聞いてくれよ」

梓「はい」



61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/29(火) 01:20:35.40 ID:jwdY4YjAQ
澪「わ、私が好きなのはり、律なんだ」

梓「律先輩ですか……」

澪「驚かないのか?」

梓「だって澪先輩が驚かずに聞いてくれって……」(だって意外性がないんだもん)

澪「それは……そうだな……」(驚いてくれって意味だろ、ったく梓は)

梓「まぁ、それはどうでもいいじゃないですか」

澪「そうだな」



63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/29(火) 01:21:31.65 ID:jwdY4YjAQ
――――

梓「でも律先輩なら告白すればOKしてくれるんじゃないですか?」

澪「それは無理だよ……」

梓「どうしてですか?」

澪「だって律は私のことを親友だとしか思ってない、恋愛対象としてなんか見てないんだよ」

梓「そうなんですか……」

澪「だからどうしたらいいかなって……」



64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/29(火) 01:22:31.32 ID:jwdY4YjAQ
梓「うーん、そうですね、律先輩をいじめてみるっていうのはどうですか」

澪「律をいじめる!?」

梓「はい、って言ってもいじめじゃないですよ、いつも律先輩が澪先輩にするみたいにですよ」

澪「あぁ、そういうことか……」

梓「はい、ギャップです」(まぁ、澪先輩もしてるような気もしなくはないけど)



65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/29(火) 01:23:23.03 ID:jwdY4YjAQ
澪「……それいいかもな」

澪「よし、やってみるよ」

梓「はい、頑張ってください」(逆にいじられてる澪先輩の姿しか想像できないけど……)

澪「さすが梓だな、梓に相談してよかったよ」

梓「それはよかったです……」(大丈夫なのかなこんなので)



66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/29(火) 01:24:19.86 ID:jwdY4YjAQ
―――キーンコーンカーンコーン

澪「おっ、授業が始まる」

梓「急がないといけないですね」

澪「ありがとな、梓」

梓「いえ、じゃあ、また放課後に」

澪「あぁ」

――――



67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/29(火) 01:25:14.48 ID:jwdY4YjAQ
―――放課後

梓(なんかいつものティータイムと違う雰囲気、唯先輩と律先輩が静かだし)

唯(どうやって澪ちゃんに切りだそう)

律(どのタイミングでカチューシャ外せばいいんだよ)

澪(どうやって律をいじめればいいんだよ)

紬「梓ちゃん、ちょっと……」ヒソヒソ

梓「何ですか?」ヒソヒソ



70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/29(火) 01:26:07.00 ID:jwdY4YjAQ
紬「放課後2人きりで話がしたいから残ってもらえるかしら」ヒソヒソ

梓「はい、別にいいですけど」ヒソヒソ

紬「ありがと、じゃあ、そういうことで」ヒソヒソ

――――

紬「……」

梓「……」

澪「……」

律「……」

唯「……」



72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/29(火) 01:27:03.41 ID:jwdY4YjAQ
唯(言わなくちゃ、明日私の家に泊まらないかって)

唯「あの、澪ちゃん」ドキドキ

澪「な、何?」

唯「あ、明日私の家に泊まりに来ない?」ドキドキ

澪「えっ……!?」

唯「その両親いないし、憂がご馳走つくるって言ってたから」ドキドキ



73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/29(火) 01:27:51.79 ID:jwdY4YjAQ
律「なら私も行くー!」

唯「えっ!?」

律「なんだよ、私は駄目なのか?」

唯「そういうわけじゃないけど……」

律「じゃあ、決まりだな」

澪「私も行くよ」(律が行くんなら断る理由がない)

律「じゃあ、ムギ……と梓も行こうぜ」



75 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/29(火) 01:28:48.60 ID:jwdY4YjAQ
梓「なんですか、その私はついでみたいな言い方は」ムー

律「悪い、別に深い意味はないよ……」アセッ

紬「でも梓ちゃんは当然行くわよね、憂ちゃんがいるんだもん」

梓「それは、まぁ、そうですけど……」

律「む、ムギは?」

紬「もちろん、行きますわ」



76 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/29(火) 01:29:47.56 ID:jwdY4YjAQ
律「よし、軽音部のお泊まり会の実施がここに決定」

唯(澪ちゃんに告白する計画が……)

澪(よし、律に私を意識させるいい機会だ)

律(よし、ここで絶対にムギを惚れさせてやる)

紬(うふふ、唯ちゃんの家にお泊まり……楽しみだわ)

梓(憂と一緒に寝れるってことは……って私何考えてるんだろ)



78 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/29(火) 01:30:50.58 ID:jwdY4YjAQ
――――

律「あれ、ムギと梓まだ帰らないのか?」

紬「うん、ちょっと用事があって」

梓「私もです」

律「そっか……なら先に帰るな」(一緒に残るのが梓なら安心だな)

澪「じゃあ、また明日」

唯「ばいばーい」

――――


79 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/29(火) 01:31:41.03 ID:jwdY4YjAQ
梓「それでムギ先輩話っていうのは……」

紬「妹である憂ちゃんを攻略した梓ちゃんに相談したくて」

梓「えっ……まさか唯先輩のことが好きなんですか?」

紬「そうなの、もう天然なところも何もかもが可愛くて」

梓「はぁ……」(また恋愛の相談かぁ……)

紬「だから何かアドバイスくれると助かるわ、唯ちゃんと憂ちゃんは姉妹なんだから通ずるところがあるはずよ」

梓「そう言われましても……」(アドバイスなんてできないってのに、澪先輩もムギ先輩も……困るよ)



80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/29(火) 01:32:23.51 ID:jwdY4YjAQ
紬「何かないの?」

梓「特別なことは何も……」

紬「そうなの……まぁ、いいわ」

梓「えっ……いいんですか!?」

紬「えぇ、そのかわり明日のお泊まりで唯ちゃんと私が色々とできるようにサポートしてもらえると嬉しいな」ニコッ

梓「わかりました、そのくらいなら任してください」

紬「いいの?」

梓「はい、ムギ先輩には憂のときに応援してもらいましたし」



81 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/29(火) 01:33:26.17 ID:jwdY4YjAQ
紬「じゃあ、よろしくね」

梓「はい」

紬「楽しみなお泊まり会になりそうね」ウフフ

梓「はい……」(何だろ今の笑いは何か企んでるのかな……)

紬「それじゃ、帰ろ」

梓「は、はい……」

――――



82 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/29(火) 01:34:23.74 ID:jwdY4YjAQ
―――唯の家

唯「……っていうわけで軽音部全員でお泊まりになっちゃった」

憂「そうなんだー」

唯「ちゃんと澪ちゃんに告白できるかなぁ」

憂「それはお姉ちゃんの頑張り次第だよ」

唯「そうだね、私頑張るよ」

憂「お姉ちゃん、その意気だよ」



83 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/29(火) 01:35:11.64 ID:jwdY4YjAQ
―――律の部屋

律「よし、明日のお泊まりでなんとしてもムギを……」

律「そのためには……」

(鏡で前髪を下ろしてる自分をチェックする律)

律「憂ちゃんの言う通り意外といけるかも」ニヤニヤ

律「よし、やってやるぜ」



84 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/29(火) 01:36:33.87 ID:jwdY4YjAQ
―――澪の部屋

澪「明日は頑張るぞ」

澪「でもどうやって律をいじろう……」

澪「いや、今から悩んでもしょうがないな」

澪「律の行動をどんどんいじっていこう」

澪「そして絶対に律を振り向かしてやる」

澪「私、やるよ、やってやるよ」



86 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/29(火) 01:38:07.05 ID:jwdY4YjAQ
―――唯の部屋

唯「うぅー、ちゃんと告白できるかな」

唯「ねぇ、ギー太、私ちゃんとできるかな」

ギー太「……」

唯「そっか大丈夫かぁ」

唯「よーし、ギー太今からいっぱいおしゃべりしようね」

―ジャジャーン



唯「よーし、やるぞー」

唯「ギー太も私を見守っててね」



87 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/29(火) 01:38:53.80 ID:jwdY4YjAQ
―――紬の部屋

紬「うふふ、楽しみだわ」

紬「唯ちゃんとあんなことやこんなことを……」ウフフ

紬「そしてみんな特に憂ちゃんと梓ちゃんがいちゃいちゃするのを観察できるなんて」ウフフ

紬「梓ちゃんに言い忘れてたわ」

紬「私は唯ちゃんも好きだけど、女の子同士がイチャイチャするのを見るも同じくらい好きだってことを」ウフフ



88 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/29(火) 01:39:43.35 ID:jwdY4YjAQ
―――憂の部屋

憂「梓ちゃんもお泊まりかぁ……」

憂「ってことは当然夜は一緒に寝るよね、だって私達付き合ってるんだもん」

憂「ということは……」ニヤニヤ

憂「わ、私、何考えてるんだろ」

憂「でも期待していいよね……///」



89 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/29(火) 01:40:24.79 ID:jwdY4YjAQ
憂「それとお姉ちゃんと律さんの方もしっかり応援しないと」

憂「だからお姉ちゃんと澪さん、律さんと紬さんがカップルになれるように頑張らないと」

憂「それとご馳走も……」

憂「明日は頑張ろ、お姉ちゃんには幸せになってほしいし」

憂「でも楽しみだなぁ……また色んな梓ちゃんが見れるよ」ニコニコ



90 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/29(火) 01:42:23.12 ID:jwdY4YjAQ
―――梓の部屋

梓「ふふ、楽しみだなぁ……憂とお泊まりだもんね」

梓「また憂の料理が食べられるし、それにお風呂もまた一緒に……」ハァハァ

梓「だめだ、私、妄想が膨らみすぎ」

梓「でもしょうがないかな……」ニヤニヤ

梓「そういえば、先輩方の方もサポートしないとなぁ……」


91 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/29(火) 01:43:05.94 ID:jwdY4YjAQ
梓「澪先輩と律先輩、ムギ先輩と唯先輩がカップルになるようにすればいいんだよね」

梓「難しいなぁ……」

梓「でもやるからにはやってやるです」

梓「そして憂とあんなことやそんなことができるように……///」ドキドキ

梓「やってやるです!」

梓の母「梓、うるさい」



94 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/29(火) 01:47:34.28 ID:jwdY4YjAQ
――火曜日――

―――唯の家

律澪紬梓「おじゃましまーす」

憂「皆さん上がってください」

――――

律「おおー、料理すげー」

澪「本当だな」

梓(憂の料理が食べられる)ニヤニヤ

紬「全部憂ちゃんが作ったの?」



95 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/29(火) 01:49:35.46 ID:jwdY4YjAQ
唯「失礼な、私も作ったんだよこのケーキ」

律「おおっ、すげー」

唯「……の上にイチゴをのせました」

律「私の言ったすげーを返せ」

唯「だめ?」

澪「前にもこんなことあったな」クスッ

紬「そうねー」ウフフ

梓「……?」



96 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/29(火) 01:52:54.54 ID:jwdY4YjAQ
――――

律「ごちそーさん、憂ちゃんおいしかったよ」

澪「本当においしかったな」

紬「うちのシェフになってもらいたいくらいだわ」

憂「もう、褒めすぎですよ///」テレッ

梓「憂、本当においしかったよ」ニコッ

憂「もう梓ちゃん……///」

紬「唯ちゃんと梓ちゃんが羨ましいわ」

唯「そうでしょー」エッヘン

梓「えへへ///」



97 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/29(火) 01:53:43.92 ID:jwdY4YjAQ
――――

憂「じゃあお風呂にしましょうか」

唯律澪紬梓(お風呂!?)

憂「うちのお風呂結構広いから、3人くらいまでなら一緒に入れますけど、1人ずつ入りますか?」

唯律澪紬梓(1人ずつはないよな)

紬「2人ずつがいいんじゃないかしら」

唯「うん、それがいいよ」

律「はーい、私も賛成」

澪「わ、私も……」

梓「私もです」



98 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/29(火) 01:54:29.56 ID:jwdY4YjAQ
憂「じゃあ、組み合わせはどうしますか?」

紬「とりあえず梓ちゃんと憂ちゃんは決まりね」ウフフ

律「そうだな」ニヤニヤ

憂梓「……///」

唯「じゃあ、私達はどうするの?」

紬「じゃんけんで決めよ、それなら文句なしよね」

澪「そうだな」



100 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/29(火) 01:55:17.76 ID:jwdY4YjAQ
紬「じゃあ、みんな心の準備はいい?」

律「ああ」(絶対ムギと一緒に……)

澪「うん」(ここは律じゃないと意味がない)

唯「ほーい」(澪ちゃんと一緒がいいよー)

紬「うふふ」(ここは唯ちゃんと……)

唯律澪紬「最初はグー、じゃんけん」





101 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/29(火) 01:56:03.82 ID:jwdY4YjAQ
唯「パー」

律「パー」

澪「グー」

紬「グー」

唯律澪紬「………」

紬「……決まりね」

唯「……うん」(そんなぁ……)

律「あぁ……」(ムギ……)

澪「だな」(律、りつぅぅっ)

紬「うふふ」(残念、唯ちゃんとじゃないのね)



102 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/29(火) 01:56:54.01 ID:jwdY4YjAQ
――――

憂「それで順番はどうしますか」

紬「そうね、一番長くなりそうな憂ちゃんと梓ちゃんは最後がいいんじゃないかしら」ウフフ

憂梓「……///」カァァ

唯「じゃあ、私達から入る」

律「そうだな、行くぞ唯」

唯「おぉー」

澪「こら、勝手に決めるな……ってはやっ、もういない」

紬「うふふ」



103 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/29(火) 01:58:51.51 ID:jwdY4YjAQ
―――風呂

唯「あぁ……気持ちいい」

律「そうだな」

唯「……」ジー

律「なんだよ唯、私、なんか付いてるか?」

唯「りっちゃん、私より胸小さいね」ニコニコ

律「なんだとー、そんなことないぞ」ムー

唯「じゃあ、確かめてみる?」

律「どうやって?」



104 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/29(火) 01:59:38.94 ID:jwdY4YjAQ
唯「こうやってー」

―モミモミ

律「ひゃあ、な、何すんだぁ!?」

唯「やっぱり、私より小さーい」ニコニコ

律「このお返しだー」

―モミモミ

唯「ちょっと、りっちゃんくすぐったいよー」






105 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/29(火) 02:00:33.03 ID:jwdY4YjAQ
唯「……」ハァハァ

律「……」ハァハァ

唯「ほらね、私の方が大きかったでしょ」

律「ちょっとの差じゃねぇか!」

律「って私達何やってるんだ……はやく洗って上がろうぜ」

唯「ほーい」






106 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/29(火) 02:03:59.54 ID:jwdY4YjAQ
―――リビング

憂「それでね……」ニコニコ

梓「そうなんだー」ニコニコ

紬「うふふ」

澪「……」(いいなぁ梓、私もはやく律と付き合ってあんな風に……)



紬「憂ちゃん、梓ちゃん」

憂「はい、何ですか?」

紬「別に私達のことは気にしなくていいのよ」



107 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/29(火) 02:04:47.11 ID:jwdY4YjAQ
憂「どういう意味ですか?」

紬「私達に遠慮しないで思いっきりイチャイチャしていいのよ」

梓「はぁ……」

紬「例えば……キスとか」

憂「えっ……///」

梓「そ、それはこんなところですることじゃないです///」

紬「あらあら、マックスバーガーでペロッてしてたのに?」ウフフ



108 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/29(火) 02:05:36.04 ID:jwdY4YjAQ
憂「……///」カァァ

梓「み、見てたんですか!?」

紬「あそこは私のバイト先よ」ウフフ

澪「……」(羨ましい……)

紬「2人がキスしてるところ見たいなぁ」ニコニコ

梓「む、無理です!」

紬「学校でペロッが噂になっちゃうかも」ウフフ

梓「それはだめですー」アセッ



110 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/29(火) 02:07:01.36 ID:jwdY4YjAQ
紬「じゃあ……わかるわよね」ニコッ

梓「うぅっ、ムギ先輩の意地悪」ウルウル

紬「うふふ、私は興味のあることに純粋なだけよ」

憂「梓ちゃん、やろうよ」

梓「えっ!?」

憂「だって、前もみなさんの前でしたじゃない」

梓「それはそうだけど……」

憂「それに梓ちゃんとキス……したいし///」テレッ



111 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/29(火) 02:07:50.24 ID:jwdY4YjAQ
梓「憂……///」

紬「決まりね」(2人とも可愛いわ)



憂「じゃあ、梓ちゃん……」ドキドキ

梓「うん、憂……」ドキドキ

(顔を近づけていく2人)
紬(うふふ、最高ね、あとは私も唯ちゃんとあとで……)

澪「……」ドキドキ

―バタン



113 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/29(火) 02:08:45.51 ID:jwdY4YjAQ
律「上がったぞー」

唯「ぞー」

憂梓「!!!」

(顔を離す2人)

律「どうしたんだ、顔、真っ赤にして」

憂「その……///」

梓「な、何でもないです……///」

紬「そうね、澪ちゃん、じゃあ行こっか」(りっちゃんったらタイミング悪いんだから)イライラ

澪「あっ、うん」



114 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/29(火) 02:09:30.99 ID:jwdY4YjAQ
唯「なんかムギちゃん不機嫌だったね」

律「あぁ……」(私のせいで不機嫌になったとしたら……)

律「嫌だよぉー……」

唯「えっ!?何がー?」

律「な、何でもない」アセッ

唯「変なりっちゃん」

律「……」ハァー

唯「……」(澪ちゃんとムギちゃんお風呂で仲良くやってるのかな……)ハァー



118 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/29(火) 02:11:38.63 ID:jwdY4YjAQ
憂(そうか2人とも……)

憂「4人でゲームしよ」

唯「……そうだね、やろう、やろう」

律「……そうだな、時間潰しにはちょうどいいな」

梓「そうですね」



――――



119 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/29(火) 02:12:18.61 ID:jwdY4YjAQ
―――お風呂

紬「澪ちゃん、こっちに来て」

澪「えっ……うん」

紬「体洗ってあげるわ」ウフフ

澪「いや、いいよ自分でやるよ」

紬「まぁまぁまぁまぁまぁまぁ、そう言わずに」ウフフ

澪「わ、わかったよぉ」






121 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/29(火) 02:13:08.30 ID:jwdY4YjAQ
紬「それにしても澪ちゃんいい体してるわね」

―ゴシゴシ

澪「そうかな……///」

紬「えぇ、特にこの胸とか」

―モミッ

澪「ひぃぃっ、ちょっと、ムギやめて!」

紬「まぁまぁまぁまぁまぁまぁ、ちょっとくらい、ねっ」ニコッ

澪「うぅっ……」

―モミモミ



123 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/29(火) 02:14:00.34 ID:jwdY4YjAQ
―モミモミ

澪「きゃぁぁっ……アッ、アン」

紬「まぁ、澪ちゃんったら、敏感ね」

澪「そ、そんなことない……///」カァァ

紬「まぁ、ふざけるのはここまでにしないとね」ウフフ

澪「当たり前だ!」

紬「うふふ」






124 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/29(火) 02:14:56.32 ID:jwdY4YjAQ
――――

―バタン

澪「上がったぞ」

紬「あら仲良くゲーム?」

憂「はい、あっ、変わりますね」

梓「私達はお風呂だもんね」

紬「2人ともゆっくりでいいからね」ウフフ

憂梓「……///」カァァ



126 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/29(火) 02:15:39.90 ID:jwdY4YjAQ
―――お風呂

憂「……」ドキドキ

梓「……」ドキドキ

憂梓(うぅっ、緊張して何しゃべればいいかわかんないよぉ)ドキドキ

梓(憂の体綺麗だな……///)ドキドキ

憂(梓ちゃん可愛いな……///)ドキドキ

(お互いの身体にみとれる憂と梓)



132 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/29(火) 02:19:40.36 ID:jwdY4YjAQ



憂(このままじゃのぼせちゃう)

憂「梓ちゃん身体洗う?」ドキドキ

梓「うん」

梓「ってなんで憂もあがるの」

憂「なんでって私が梓ちゃんの身体洗うんだよ」ドキドキ

梓「えっ!?」

憂「お互いに洗いっこしよ、ねっ」ニコッ

梓「うん……///」(憂、その笑顔は反則だよ)ドキドキ



134 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/29(火) 02:21:31.47 ID:jwdY4YjAQ
憂「梓ちゃんの肌すべすべしてて気持ちいいね」

梓「そうかな……///」

憂「うん、ずっと触ってたいくらい」ニコッ

梓「もう憂ってば……」ドキドキ

憂「えへへ///」

―ギュッ

梓「う、憂!?」

憂「梓ちゃん気持ちいい」



135 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/29(火) 02:22:39.85 ID:jwdY4YjAQ
梓「もう、憂、身体洗うんでしょ」ドキドキ

憂「もうちょっとだけ、ねっ」ニコッ

梓「うん……///」(憂の胸が背中に当たってるよぉ)ドキドキ



憂「じゃあ、続き洗うね」

梓「……そうだね」ドキドキ






136 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/29(火) 02:23:55.79 ID:jwdY4YjAQ
梓「じゃあ、次私が洗う番ね」

憂「うん」



梓(憂の胸綺麗な形だな……)

―モミッ

憂「きゃっ!」

梓「えへへ、つい」

憂「もう、ちゃんと洗って……///」ドキドキ

梓「うん……」ドキドキ



138 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/29(火) 02:25:20.52 ID:jwdY4YjAQ
―ゴシゴシ、サワサワ、モミモミ

憂「ちょっと梓ちゃん!?」

梓「だって憂の胸気持ちいいんだもん」

―モミモミモミモミ

憂「あぁっ、アッ、アン……」

梓「う、憂!?」

憂「もう……梓ちゃんの馬鹿///」カァァ

梓「ご、ごめん、やりすぎた」ショボーン



140 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/29(火) 02:26:08.85 ID:jwdY4YjAQ
憂「梓ちゃん、私別に怒ってないよ」

梓「そうなの?」

憂「うん、ただ変な気分になっちゃったから……」ドキドキ

梓「……///」ドキドキ

憂「……梓ちゃんキスしよっか?さっき出来なかったし」ドキドキ

梓「うん……///」ドキドキ

―チュッ



142 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/29(火) 02:27:17.19 ID:jwdY4YjAQ
憂「……///」

梓「……///」

―チュッ

憂「……///」

梓「……///」

(そしてお互いの唇を貪りあう2人)



憂「……身体流して、髪洗って上がろっか///」ドキドキ

梓「……うん///」ドキドキ・





145 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/29(火) 02:30:52.45 ID:jwdY4YjAQ
――――

―バタン

憂「あがりました」

紬「あらあらずいぶん長かったわね」ウフフ

梓「そんなことないです!」

律「いや、かなり長かったぞ」

紬「時間を忘れるくらい夢中で何をしてたの?」

憂「それは……///」ドキドキ

梓「ひ、秘密です」アセッ



146 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/29(火) 02:31:40.67 ID:jwdY4YjAQ
紬「そうねプライベートなことだもんね」ウフフ

律「だな」ニヤニヤ

唯「えぇー、何々、憂たちは何してたのー?」

澪「こら唯、空気を読め」

唯「はーい……」(澪ちゃんに怒られちゃった、でもなんか嬉しい)

憂梓「……」(助かった)ドキドキ



148 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/29(火) 02:32:23.74 ID:jwdY4YjAQ
――――

律「よーし、みんなで枕投げでもしようぜ」

唯「いいね、りっちゃん」

紬「やりましょう、ぜひ、私みんなで枕投げするのに憧れてたの」

澪「そうだな、やるか」

唯「憂とあずにゃんもやるよね?」

憂「うん」

梓「はい」



154 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/29(火) 02:38:33.97 ID:jwdY4YjAQ
――――

律「それじゃあ、じゃんけんでチーム分けしようぜ」

唯「がってんです」

―最初はグー、じゃんけん
唯「パー」

律「グー」

澪「パー」

紬「グー」

憂「パー」

梓「グー」



155 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/29(火) 02:39:20.91 ID:jwdY4YjAQ
律「えーと、ちょうどいい具合に3対3に別れたな」

澪「そうだな」

唯「私と澪ちゃんと憂、りっちゃんとムギちゃんとあずにゃんが同じチームだね」

紬「そうね」

唯(やった、澪ちゃんと同じチームだ)

律(よし、ムギと一緒のチームだ)

澪(あぁ……律とは別のチームか)

紬(唯ちゃんとは別のチームね)

憂「梓ちゃんとは別のチームか……でも梓ちゃん、手加減しないよ」ニコッ

梓「私もだよ、憂」



156 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/29(火) 02:40:09.17 ID:jwdY4YjAQ
―――寝室

―唯チーム

唯「よーし、頑張るぞー」

憂「うん、頑張ろう、お姉ちゃん」

唯「澪ちゃん、頑張ろうね」ニコッ

澪「……うん」(なんだろ唯がすごく可愛く感じる)ドキドキ

憂(澪さんちょっと顔が赤くなってる、お姉ちゃんのとびっきりの笑顔の威力はすごいな)



157 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/29(火) 02:40:52.05 ID:jwdY4YjAQ
唯「それとね澪ちゃん、これが終わったら話したいことがあるの」モジモジ

澪「えっ……!?」

唯「だめ?」

(上目遣いで澪を見る唯)

澪「……///」カァァ

唯「……」ジー

澪「……い、いいよ」ドキドキ

唯「よかったー、じゃあ、約束ね」ニコッ

澪「……うん」(唯ってこんなに可愛かったんだ……)



159 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/29(火) 02:46:49.96 ID:jwdY4YjAQ
―律チーム

律「よーし、気合い入れていくぞー」

梓「はい、やってやるです」

律「ムギ、頑張ろうぜ」ニコッ

紬「……えぇ」(唯ちゃんが一番と思ったけどりっちゃんも……)

律「こら、もっと気合いを入れろよー」ビシン

紬「いたっ、りっちゃんらしい気合いの入れ方ね」

律「まぁな」ニコッ

紬(こういうりっちゃんの男の子っぽいところもいいわね)




162 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/29(火) 02:49:12.54 ID:jwdY4YjAQ
――――

律「それじゃあ、始めるか」

唯「うん」

律「とりゃあー」

唯「甘いよりっちゃん、とりゃー」



(楽しんで枕を投げ合う)



澪(なんで今こんなに唯のことを考えてるんだろ……私は律のことが好きなはずなのに……)

唯「澪ちゃん、危ない!」

澪「えっ!?」

(澪の顔めがけて枕が飛んでくる)



163 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/29(火) 02:50:09.23 ID:jwdY4YjAQ
―バンッ

澪「……当たらなかった?」

唯「うぅー、澪ちゃん大丈夫だった?」

澪「ゆ、唯!?って私倒れてるのか?」

唯「ごめんね、とっさに押し倒しちゃった」ドキドキ

澪「いや、ありがとう、唯」ドキドキ

唯「……澪ちゃんあったかいね」ドキドキ

澪「ゆ、唯こそ……」ドキドキ

澪(もうどうしようもないくらい胸がドキドキしちゃってるよ)



166 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/29(火) 02:56:47.84 ID:jwdY4YjAQ
―バンッ

澪「いたっ!」

律「あははっ、油断大敵、何2人でいちゃついてるから当たるんだよ」

澪「このっ、やったなー」

―ピュー

律「ってはやっ、うわっ!」

―バンッ

紬「りっちゃん、大丈夫?」

律「うん、まぁ……」

紬「あれ?りっちゃんカチューシャ外れてる」



168 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/29(火) 02:58:45.68 ID:jwdY4YjAQ
律「あっ、本当だ」

紬(髪おろしたりっちゃん凄く可愛いわ……)ドキドキ

梓「律先輩、ここにありますよ、カチューシャ」

律「ありがとな、梓」

―スチャ

紬「りっちゃん!!」

律「なんだよ、ムギ、大きな声だして」

紬「そのカチューシャつけない方がいいんじゃないかしら」ドキドキ

律「えっ……!?」律(ひょっとして憂ちゃんの作戦がはまったのかな)



169 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/29(火) 03:00:28.77 ID:jwdY4YjAQ
紬「つけてない方が可愛いわ」ドキドキ

律「そ、そう!?まぁ、ムギがそう言うなら絶対にそうしないとな」ドキドキ

紬「私が言うから?」

律「あっ……!?」

紬「どういう意味?」

律(こうなったらいちかばちか……)

律「そ、それは私がムギのことを好きだからだよ!」



170 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/29(火) 03:01:24.39 ID:J/71D/CV0
キマシタワー



171 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/29(火) 03:02:03.32 ID:jwdY4YjAQ
紬「えっ!?」カァァ

律(言っちゃったよぉ……)カァァ

紬「りっちゃん、本気なの?」ドキドキ

律「……うん///」モジモジ

紬「そう……///」(いつもは男の子っぽいのに今のりっちゃんは凄く女の子っぽくて可愛いわ)

律「ムギ……?」ウルウル

紬(もう……こんな子を目の前にして断る人がいるなら私の前に来なさい)

―チュッ



172 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/29(火) 03:03:47.03 ID:jwdY4YjAQ
紬「りっちゃん、これが私の返事よ」

律「えっ……!!!」

律「ム、ムギ、今何を?」

紬「何ってキスよ」ニコッ

律「だよな……///」

律「ってことは私と付き合ってくれるのか」

紬「ええ、もちろんよ」



175 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/29(火) 03:06:06.34 ID:jwdY4YjAQ
澪「り、律……!?」

唯「なんかカップルができちゃったね」ニコッ

澪「……うん」(なんでだろう凄く悲しいことのはずなのに、なぜか悲しくない、唯が近くにいるからかな……)

唯「澪ちゃん、私もここで澪ちゃんに話したいこと話すね」

澪「えっ……あっ、うん」

唯「わ、私は澪ちゃんのことが大好きなの」



176 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/29(火) 03:07:53.88 ID:J/71D/CV0
ダブルキマシタワー



177 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/29(火) 03:07:58.33 ID:jwdY4YjAQ
澪「えぇっっ!?」

唯「うぅっ、言っちゃったぁ///」カァァ

澪「ほ、本気なのか?」ドキドキ

唯「……うん」ドキドキ

唯「だからね澪ちゃんの気持ちが聞きたい」ジー

澪「私の気持ち……」

澪(私は律のことが……違う、さっき感じた律に対する感情、そして唯に対するこのドキドキ……)

澪(答えは出てるな)



180 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/29(火) 03:10:46.37 ID:jwdY4YjAQ
澪「わ、私も唯のことが好きだ」

唯「ほ、本当!?」

澪「……うん///」カァァ

唯「やったー、澪ちゃんありがとう」

―ギュッ

澪「唯……あったかい」

唯「澪ちゃんもあったかいよ」



憂(お姉ちゃん、律さん、よかったね)

梓(あれ、澪先輩、ムギ先輩、私に言った言葉は何だったんですか……まぁ、いいか)



181 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/29(火) 03:12:28.09 ID:jwdY4YjAQ
――――

律「いやぁ、まさか2組も新たにカップルができるとはな」

紬「そうね」

唯「でも最高だよね」

澪「そうだな」

憂「みなさん積もる話もあると思いますけど、もう遅いんで寝ませんか」

唯「うん、そうしよー」



182 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/29(火) 03:13:22.00 ID:jwdY4YjAQ
憂「それじゃあ、せっかくカップルが3組いるんですし、カップルでそれぞれ寝ませんか?」

紬「そうね、それがいいわね」

唯「さんせーい」

憂「梓ちゃん、楽しみだね///」ドキドキ

梓「もう、憂ってば///」

紬「りっちゃん、今夜は寝かさないわよ」

律「ちょっ、ムギ!?」

唯「澪ちゃん楽しみだね」

澪「……うん」



184 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/29(火) 03:20:42.77 ID:jwdY4YjAQ
こんばんわ、平沢憂です!

このあとそれぞれ寝室でどのようなことが起きていたか説明するまでもないですよね

私と梓ちゃんはとっても楽しい時間を過ごせました

他の先輩方やお姉ちゃんもそうだったんじゃないかと思います

えっ!展開が急すぎる?

ラブストーリーは突然にって言うじゃないですか

あの日あの時あの場所で君に出会えなかったら……って



185 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/29(火) 03:22:34.34 ID:jwdY4YjAQ
―――数日後

―――放課後

律「幸せってこういうことを言うんだな」

紬「そうね」

律「あとは武道館でライブできたらなぁ」

澪「そうだな」

―バタン

和「あなたたちこれを見て」

唯「全国女子高生カップルコンテスト?」

和「えぇ、そして優勝特典を見て」



189 :1:2009/09/29(火) 03:37:21.11 ID:jwdY4YjAO
律「1日武道館使い放題だってよ」

澪「そんな都合のいい話があるんだな」

紬「そうね」

律「よーし、私達全員で参加して絶対優勝して武道館でライブするぞー」

唯澪紬梓「おぉー」

和「だからあなた達一人あまるじゃない、だから私を……」

梓「憂にも言っておきますね」

律「私達なら絶対優勝できるな、さっそく準備しようぜ」

―バタン

和「あの、私は、いらないの?」

―――完



191 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/29(火) 03:39:32.16 ID:WL1Cnysw0
乙!和は俺が全力でフォローするよ



193 :1:2009/09/29(火) 03:41:26.67 ID:jwdY4YjAO
すいません
なんかかなり中途半端になってしまいました
もっとイチャイチャ書きたかったんですけど、無理でした

とりあえず終わらせる直前までさるにならなかったのはパー速パー速書き込んでくれたおかげです



194 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/29(火) 03:41:38.85 ID:VOM/y0Q2O

うん良かったよかった




202 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/29(火) 04:09:38.84 ID:pon9W6Fn0
すごくよかったです^^
次回作に期待




205 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/29(火) 07:31:24.52 ID:4s3Zv8F5O
面白かった







この記事をリンクする?:


[ 2009/11/07 09:00 ] けいおん!SS | TB(0) | CM(2) | このエントリーを含むはてなブックマーク


これ確か前スレがあったはず
そっちもまとめてほしい
[ 2009/11/08 13:16 ] [ 編集 ]


前スレって確か『憂「ご飯食べてから」』と『憂「ご飯食べてから」梓「にゃあ」』だっけ
[ 2009/11/09 19:55 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

yamisoku

Author:yamisoku
けいおん系SSばっかりです。


ひさびさに左上更新してみましたw


とはいえ特に書く事もありませんが(笑)


このブログも開設から1年以上経過するんですね…


とりあえず「けいおん!!」のアニメが終わるまでは頑張って更新し続けたいと思います
2010年7月24日


TOP絵、リンク&RSS、まとめ依頼、募集中!↓


このブログについて

アクセスランキング
お世話になっているサイト様
SS
戯言ニュース
ニュー速VIPコレクション
はみ出者が見てたm9(^Д^)
糞虫の館
エレファント速報WLVS
世界一かわいいよ!
SSちゃんねる
SS速報

VIP
犬速VIP@わんわんおwww
ぐる速
ヒロイモノ中毒
フライドチキンは空をとぶ
ねとねた
hyukkyyyが見る2ちゃんねる
なんでも(=´∇`=)ちゃんねる
あじゃじゃしたー
じー速

ニュース
世界って広くね(;゚Д゚)
未定なブログ
とりのまるやき
Hyper News 2ch
デジタルニューススレッド
仰天ニュース( ;゚Д゚)
危ないニュース<キ`Д´>
日本語でおk
アゲハント最高!!
心ニュース
痛ニュー速報!
そら速
事故物件.com

まとめ
やる夫.jp
ニュースレ倉庫
New discovery
Newgle

日記
侮ログ
幸か不幸か家族計画
笑ってほのぼのとして軽く泣けるはなし(と不思議話と怖い話)
ムズ痒いブログ
出逢い系ちゃんねる

アニメ・ゲーム
To LOVEる -とらぶる- 考察
ゲハ速
てるぽんFLASH!
萌えるニュース
も・え・つー☆
あみみ

動画
YouTubeニコニコ日和

画像
ヴィブロ
気まぐれブログ
ナナ速
クマ速報

18禁画像
zipでやるお( ^ω^)
がぞー速報
画像スレとらのあな
エロの向こうがわ
セクシーニュース24
エロ画像速報
萌画VIP
ピーチ速報
zipからきました
AV女優おっぱいこれくしょん

18禁動画
えろどうが~無料エロ動画~
有料アダルトサイト比較


アンテナサイト
ショボンあんてな(´・ω・`)
2chnavi
2chまとめ
ブーンあんてな
まとめアンティーナ
もきゆ(´ω`*)あんてな


にほんブログ村 ネットブログ 2ちゃんねるへ

相互RSSサイト様
【SS宝庫】みんなの暇つぶし
たん速
ドルジ速報
マジキチ速報
ニュース2ちゃんねる
茶速
テラワロスVIP
音楽業界を目指す学生

相互リンク申請中


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アクセスランキング ブログパーツ