闇速

けいおん!系SSを中心に、2ちゃんねるからSSスレを独断と偏見でまとめてます。
最新ニュース

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




この記事をリンクする?:


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | このエントリーを含むはてなブックマーク

律「うわ、ベタな話」 

2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 02:02:54.82 ID:5gRU9qMq0


澪「何してるんだ?」

律「プラモ作ってる」

澪「ここはいつから模型部になった」

律「いいじゃんいいじゃん」

唯「りっちゃん頑張れ!」

律「おう!・・・ペンチ、誰かペンチ貸してくれ」

澪「そんなものはない」

梓「ありますけど・・・」

唯「って、あるの!?」

梓「ギターの弦を張り替えるときに使ってます」

澪「なるほど」



3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 02:06:33.86 ID:5gRU9qMq0

梓「でも、なんだか貸したくないです」

澪「そうだ、それがいい」

律「ひでぇ」

紬「今すぐ用意させるわ」

澪「おい、甘やかすな」

ピッ

紬「もしもし?私だけど、今すぐ最高級のペンチを」

澪「最高級のペンチって何」

紬「よくわからないから、プラモデル作るときに必要そうなもの一式揃えて今すぐ持ってきて」

紬「塗装用のエアブラシ一式?よくわからないわ。一応それも持ってきて」




4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 02:10:01.20 ID:5gRU9qMq0

澪「おい、明らかに必要ないだろ」

律「そりゃ塗装してあるヤツだからな」

唯「むしろ、これ以上どこに色塗るの?ってくらいカラフルだよね」

紬「あら、そう?まあいいわ」

澪「いいのかよ・・・」

律「ちょっとそれ取ってくれ」

澪「え、どれ?」

律「その青いヤツ」

梓「あ、これですか?」

律「そうそう」




6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 02:25:03.90 ID:5gRU9qMq0


梓「これって・・・?」

律「接着剤だよ」

梓「へー、プラモデルって接着剤使うんですね。はい、どうぞ」

律「おう、サンキュ」

律「」

梓「」

紬「きたっ」

律「おい、梓。手、離せよ」

梓「いや、先輩こそ」

唯「えっと、どうしたの?」




7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 02:32:58.75 ID:5gRU9qMq0

澪「まさか・・・」

律「いやいや、そんなまさかまさか」

梓「ないない。それはない」

グッ・・・

唯「・・・もしかして、取れないの?」

律「・・・」

梓「・・・えっと」

律「嘘だろ・・・?」

澪「どうしてこうなった」

紬「私だけが得をするシステム」



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 02:40:27.10 ID:5gRU9qMq0


律「んで、どうする?」

梓「どうするって・・・」

律「これじゃまともにドラムも叩けねえぜ」

梓「私だってまともにギターも弾けないですよ」

紬「私、知り合いのお医者さんに相談してみるわ。だからしばらくはこのままで我慢してて?」

律「お、おう。頼んだぜ、ムギ」

紬「ええ、任せて!(3日くらい放置してじっくり堪能してからがいいかしら。うふふ)」

梓「よりによってなんで律先輩と・・・」

律「なんだってー?」

梓「なんでもないです」




11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 02:51:15.83 ID:5gRU9qMq0


澪「・・・で、今日はどっちの家に帰るんだ?」

律梓「あ」

律「梓、うちに来いよ」

梓「せ、先輩こそうちに遊びに来ません?」

澪「・・・(二人とも自分の家に帰りたいんだな)」

唯「ケンカはいけませんっ!」

一同「!?」ビクッ




12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 02:52:12.29 ID:5gRU9qMq0


唯「今日はりっちゃん家に行きなさいっ、明日はあずにゃんの家に行きなさいっ」フンスッ

律「明日はって・・・これは一体いつになったら取れるんだろうな?」

梓「一刻も早く取れるといいですね」

律「ああ、同感だな」

澪「とりあえず、取れるまでは交互に行き来する感じでいいんじゃないか?」

律「そうか・・・そうだよな・・・」

梓「じゃあ今日は・・・」

唯「りっちゃんの家!私が決めましたっ」フンスッ

律「へへっ、んじゃそういうことだな」

梓「うー・・・わかりました・・・」



~~~~~~~~~~~~~




13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 03:03:40.78 ID:5gRU9qMq0

律「なあ、いつまでも脹れてるなよ」

梓「だって・・・律先輩の部屋ですよ?」

律「んな!どーゆーことだコラ」

梓「べ、別に・・・先輩、何かゲームとかないんですか?」

律「え?あるけど・・・」

梓「じゃあそれやりましょうよ、正直暇です」

律「まあ、それもそうだな」

律「でもさ、私は左手が使えないし、梓は右手が使えないだろ?」

梓「あ」

律「それとも二人三脚みたいな感じでアクションゲームとかやるか?」

梓「あ、それ面白そうですね」




14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 03:04:36.97 ID:b8uA9T6tO
ゆいのフンスてモトネタ何?




15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 03:15:40.18 ID:pJbSTqj5P
原作版で唯が気合入れたとき




16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 03:16:31.13 ID:5gRU9qMq0

律「よし、わかった。ゲーム機は聡の部屋にあるから取ってくるな」

梓「はい、いってらっしゃい」



・・・


律「梓、離せよ」

梓「私だって離したいですし、離せたら今律先輩の家にはいません」

律「ですよねー。よし、梓も一緒に来いっ」

梓「え、あ、ちょ・・・!」


律「おーい、聡ーいるのかー?・・・別にいなくてもいいけど」

聡「あ、姉ちゃん。どうしたんだよ。・・・って、は?」

律「なんだよ」

聡「そそそその子誰だよ・・・///」




17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 03:34:02.82 ID:5gRU9qMq0

律「ん?ああ、後輩の梓だ」

梓「どうも、始めまして」

聡「そ、そうじゃなくて、何で手繋いでるんだよ・・・///」

律「なんでって・・・えーと」

梓「ちょっとした手違いがあって、しょうがなくこうなってるんです。決してそういう関係では」

聡「前から俺は怪しいと思ってたぜ・・・姉ちゃんはそっちの気があるんじゃないかって」

梓「おい聞け」

律「っていうかお前は姉貴をなんて目で見てんだよ」




19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 03:54:39.27 ID:5gRU9qMq0

聡「畜生、俺より先に姉ちゃんに彼女が出来るなんて・・・!」

律「こら」

聡「俺、時間かかるかもしれないけど、受け入れていこうと思う」

律「だから違うっての」

聡「(このまま付き合う→結婚→日本ではできない→どこで挙式を上げようかって話になる)」

聡「オランダがいいと思う!」

梓「この人もうヤダ」


・・・

・・・




20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 03:55:19.72 ID:5gRU9qMq0

律「はー聡のヤツ、なんか変な誤解してるなー・・・」

梓「なかなか話も聞いてもらえなかったですね・・・」

律「『オランダがいいと思う!』って、アイツ急にどうしちまったんだろうな?」

梓「さあ?それよりほら、せっかく借りたんだから早くやりましょうよ」

律「あ、ああ。そうだな」


カチッ


律「それじゃあ私が○とか×押すから」

梓「私が十字キーですね」

律「このゲームはLとRもよく使うからなー」

梓「どういうゲームなんですか?」




21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 03:56:00.30 ID:5gRU9qMq0

律「工場から逃げ出すゲーム」

梓「はい?」

律「そんで仲間を99人助けるんだ!」

梓「(なんか、変なゲームだな・・・)」


テレビ「トマレ!・・・ワカンナイ・・・ドガガガガガ!アー!」


律「ほらー、梓が逃げないからまた死んだじゃないか」

梓「すみません(マジでこのゲーム何)」

律「ラプチャーファームすらクリアできなかったらこの先大変だぞ!」

梓「えーと、はい、すみません?」

律「よし!今だ!転がれ!」




22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 03:56:41.98 ID:5gRU9qMq0

梓「こうですか?」


テレビ「ゴロゴロゴロゴロゴロ・・・グチャ!」


律「転がりすぎでミンチになったじゃないか!」

梓「私だって止まろうとしましたよ!」

律「全く、ゲーム音痴め!」

梓「うるさいです、ほら先輩。仲間が床掃除してますよ」

律「あ、ホントだ」

梓「光の輪まで連れって行ってあげましょう」

律「おう、目指せ全員救出だな!」

梓「はい。まず、あの敵をどうするか、ですね・・・」

律「くっ、アイツは銃持ってるからな。迂闊に動くとまた撃たれるぞ」

梓「じゃあどうするんですか」




23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 03:57:24.57 ID:5gRU9qMq0

律「梓、Lボタン押すんだ」

梓「こうですか?」ポチ

律「そうそう、そんで、こうだ!」ポチ


テレビ「ミヨンミヨンミヨン・・・!」


梓「緑色の主人公から緑色の光が・・・!!」

律「見てろっ!」

梓「光が・・・敵にまとわりついて・・・」


テレビ「ゲッヘッヘッヘ・・・ハーイ♪」


律「よっしゃ成功!梓、ちょっと動いてみろ」




24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 03:58:03.44 ID:5gRU9qMq0

梓「へ?」ポチ


テレビ「シャカシャカシャカシャカ・・・」


梓「すごい!操れるんだ!」


テレビ「アー・・・」


律「動かしすぎだー!落ちたー!」

梓「せっかく操ったのに・・・」

律「誰のせいだ、誰の」

梓「あ。あんなところにもう一匹いますよ」ポチ

律「ホントだ、よし、もういっちょ!」ポチ




25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 03:58:44.47 ID:5gRU9qMq0

テレビ「ミヨンミヨンミヨン・・・!ゲッヘッヘッヘ・・・ハーイ♪」


律「よし、成功!」

梓「こいつはどうするんですか?」

律「どうって言ってもなー、適当に殺せばいいかな。そうしたら目の前の仲間を助けられるぜ!」

梓「そういえば、さっきからこの人(?)達、喋ってますけど・・・」

律「あー、そうそう。L1とL2を押しながら○、×、△、□を押すと喋られるんだよ」

梓「へー。これ、一人でやると操作覚えるまでにすごい時間かかりそうですね」

律「慣れれば平気だよ」

梓「そんなもんですか?」

律「試しにコイツでなんか喋ってみようぜ!梓、L1を押してくれ」

梓「あ、はい(L1ってどっちだったっけ?)」




28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 03:59:27.33 ID:5gRU9qMq0

律「L1を押した状態で○を押すと」


テレビ「バババババババッ!!・・・シュウウウ・・・」


梓「ああ!助ける直前の仲間が打たれた!」

律「L1押してって言ったじゃんか!」

梓「私が迷ってる間に律先輩が○ボタン押すから発砲したんじゃないですか!?」

律「そうだよ!だって押してるもんだとばっかり思ってたもんよ!」

梓「・・・あーあ、仲間かわいそう。腐って黒くなって溶けて地面に吸収されちゃった・・・」

律「言うな・・・あいつのことは言うな・・・」



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 04:00:07.37 ID:5gRU9qMq0

梓「結局・・・99人中10人しか助けられなかったですね・・・」

律「さすがエイブ、難易度高いぜ」

梓「もう疲れました・・・」

律「じゃあ別のゲームやろうぜ!じゃーん!聡の部屋からかっぱらってきたぜ!」

梓「・・・女二人でときメモ・・・」

律「ん?梓このゲーム知ってるのか?」

梓「なんだか、聡君がかわいそうになってきました」

律「ん?お?そうか?」

梓「いいえ、なんでもないです」

律「じゃあ何のゲームやる?」

梓「さっきの緑色の主人公のゲームでちょっと疲れました・・・」

律「確かに、っていうかこの状態でよくクリアできたよな」




31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 04:00:47.97 ID:5gRU9qMq0

梓「でもあれはバッドエンドなんですよね?」

律「まあそうだけど・・・それにしても頑張ったよ、うん」

梓「あー、いいこと考えた!」

律「何々?」

梓「律先輩、ドラム教えてくださいよ」

律「・・・この手で?」

梓「忘れて下さい」

律「あー、いいこと考えた!」

梓「なんですか」




32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 04:01:33.21 ID:5gRU9qMq0

律「律先輩、ドラム教えてくださいよ」

梓「マネすんな!」

律「ドラム教えてくださいよ!」

梓「うっさい!てい!!」ブオン

律「おっと!」サッ

梓「わっ!」

ドサッ

律「・・・いててて」

梓「手が繋がってるの忘れてかわすからこうなるんですよ・・・いたた」

律「梓に上に乗られる日が来るとはなー」

梓「乗りたくて乗ったわけじゃないんで」

律「なんでー、つれねーの」


ガチャ




33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 04:02:19.29 ID:5gRU9qMq0

聡「姉ちゃん、ご飯できたy」

律梓「!!!!」

聡「」

律「待て!誤解だ!」

聡「ご飯、出来たよ?」

梓「そのレイプ目はなんですか!」

聡「ご飯」

律「待て聡、お前のそれはどちらかと言うと誤判だ、わかるな?」

聡「・・・ち、ち、ちきしょー!いくら高校生だからってすすみ過ぎだろ!なんだよ!このエロ姉貴!」

律「わわわけわかんねーよ!」

聡「大体、なんでねーちゃんが受けなんだよ!攻めじゃないのかよ!」

梓「あ、そこなんだ」




34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 04:03:02.82 ID:5gRU9qMq0

聡「ねーちゃんがネコなんて・・・認めない」

律「お前、ネコってなー・・・」

梓「ねえ、聡君?」

聡「なんですか?」

梓「どっちかっていうと私の方が猫です(なんでいきなり動物の話になったんだろう)」

律「梓ー!お前はちょっと黙ってろー!///」

梓「えー?だって私、よくみんなに猫って言われるじゃないですか」

律「いいから黙っててくれ!」

梓「私、自分でも猫だなーと思うときがあります」

律「お前はなんでこんなときに限って饒舌なんだ!」

聡「ねーちゃん・・・ネコに襲われるなんて・・・・」




35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 04:03:43.38 ID:5gRU9qMq0

律「安心しろー梓はそういう意味で猫って言ってるんじゃねーって!」

聡「なあねーちゃん。頼むから主導権握ってくれ。梓さんに負けるな」

律「うるさい、本当にお前らうるさい」

聡「とりあえず、もうご飯だから。父さんと母さん下で待ってるから。な?」

律「その諭すような喋り方やめろマジで」

聡「じゃあ俺下で待ってるな」

律「いや待て。とりあえずここに座れ」

聡「なんだよ」

律「いいか、私と梓は本当にそういう関係じゃないんだ」

聡「ハイソーデスネ」

律「こら、棒読みだぞ」

梓「っていうか、説明しても無駄じゃないですか?」




37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 04:04:40.82 ID:5gRU9qMq0

律「諦めるな、梓」

聡「じゃあなんでずっと手繋いでるんだよ」

律「それはな、」カクカクシカジカ


・・・

・・・


聡「そんなことって、ホントにあるんだな」

律「おう。みたいだぞ」

梓「ほら、見てくださいよ」

律「いたっ、いきなり引っ張るなよ」

梓「いいから」




38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 04:05:23.87 ID:5gRU9qMq0

聡「えーと?」

聡「あ、本当だ。よく見たら接着剤でくっついてる」

梓「これでわかってくれましたか?」

聡「ああ。でも、これは母さんには言えないだろう」

律「う・・・」

梓「なんでですか、事情を説明すればきっとわかってくれますよ」

聡「わかってくれるとは思うよ。でも・・・」

律「ああ、私達の母さんだからなー・・・」

梓「どういうことです?」

聡「多分、『じゃあ取ってあげる!』なんて言ってカッターで接着面を強引に剥がされると思う」

梓「怖っ」

律「いや、母さんならやりかねない」

聡「というか間違いなくそうするだろうな」




39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 04:06:03.46 ID:5gRU9qMq0

律「ずっとこのままは困るけど・・・手を怪我するリスクは背負いたくないな」

聡「ああ。きっと母さんのことだからノリノリで皮膚切ると思う」

律「『大丈夫大丈夫!』なんて言ってな」

聡「そうそう」

梓「それは・・・。うーん、本当に困ります。第一、手を怪我したらギターが治るまで弾けなくなります」

梓「このままでもギターが弾けないことには変わりありませんが、明日になればムギ先輩が
なんとかしてくれるハズですから。この場は隠し通しましょう」

律「って言ってもなー、どうしようかな」

梓「確かに・・・」

聡「方法がないわけでもないけど・・・やるか?」

律「なんだよ、聡のくせに頭が回るじゃん!」

聡「教えてやんないぞ!」




41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 04:06:44.27 ID:5gRU9qMq0

律「このとーりでごぜーます」ヘヘー

聡「ゴホンッ、簡単に言うとだな。さっき俺がした勘違いをそのままさせればいいんだよ」

律「えーと?」

聡「だから、『接着剤でついちゃってます』じゃなくて『手を繋ぎたいから繋いでるんです』って振舞えばいいんだよ」

梓「それは・・・律先輩と恋人同士のように振舞うって意味ですか?」

聡「そうそう」

律「いや、それは別の意味でまずいだろう。父さんと母さん倒れるって」

聡「手をカッターでズタズタにされるのと、父さんと母さんが倒れるの、どっちがいい?」

律「よし、父さんと母さんには倒れてもらおう」

梓「決断早っ」

律「腹も減ったし、行こうぜ!」

梓「大丈夫かなー・・・」


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 04:11:56.93 ID:k+OcdE9XO
たまには律梓もいいな




43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 04:12:09.96 ID:5gRU9qMq0

バタン


律「うぃーす」

律ママ「遅かったじゃない、梓ちゃんも今日はお泊りでしょ?遠慮しないでくつろいでいってね」

梓「はい、ありがとうございます」

律パパ「って、お前ら仲いいなー」アハハ

律「そうそう、仲いいんだよ」

梓「ええ、大の仲良しです」

律ママ「それ、澪ちゃん聞いたら嫉妬しちゃうわよ?」

律「へ?大丈夫大丈夫」




44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 04:12:50.37 ID:5gRU9qMq0


律ママ「澪ちゃんと梓ちゃんは別腹っていうこと?あんた女泣かせねー」アハハ

律「ま、そんなとこかな(女泣かせって、どう考えても娘に言う台詞じゃないだろ)」

梓「(まぁまぁ)」

聡「そんなことより早くご飯食べようぜ!」

律パパ「そうだな」

一同「いただきまーす」


・・・

・・・


律ママ「・・・ねえ」

律「ん?」

律ママ「梓ちゃん、食べにくそうよ?その手離してあげたら?」




45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 04:13:31.78 ID:5gRU9qMq0

律「えー、梓。このままだとご飯食べにくいか?」

梓「へ!?え、えーと・・・このまま、手繋いで食べたいです・・・///」

律「だってさ」

律ママ「え・・・でも・・・」

律「いや、大丈夫大丈夫。梓が食べにくいなら私が食べさせてあげるし」

梓「ええ!?」

律「ほら、あーん」

梓「うー・・・///」パクッモグモグ

律パパ「本当に仲がいいなー」アハハ

律ママ「やーね、あんた達ちょっと怪しいわよ?」クスクス

律「いやいや全然怪しくないし!な?」




46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 04:14:43.62 ID:C0YmYLjSO
寛容な親だなw




47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 04:17:47.60 ID:5gRU9qMq0

梓「はい!全く怪しくありません!」

律ママ「ホント、恋人同士みたいね?」

律「え、えっと・・・///」

聡「母さん、この二人はそういう関係だよ、うん」

律パパ「え?」

聡「だから、本当にそういう関係なんだよ」

律ママ「・・・マジ?」

律「うん、マジ(これでいいんだよな?)」

梓「えっと、その・・・///(なんか私、急に恥ずかしくなってきたんですけど)」

律ママ「でも・・・そんな、いきなりね・・・」

律「ビックリさせてごめん(我慢しろ梓!)」




48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 04:18:32.63 ID:5gRU9qMq0

梓「すみません(で、でもやっぱり嘘をつくのは気が引けますし・・・)」

律ママ「お父さん、どうしましょう?」

律パパ「うーん・・・」

律「ごめん、でも本気なんだよ(手がズタズタになってもいいんだな?)」

梓「私達、心の底から愛し合っています」

律「(変わり身早っ!)」

律ママ「えーと」

律パパ「ま、いいんじゃないか?」

律ママ「そうかしら?」

律パパ「律が本当に好きならいいじゃないか、うん」

律「(いいのかよ!)」




49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 04:19:11.92 ID:5gRU9qMq0

律パパ「律、梓ちゃんを大切にするんだぞ」

律「あ、はい(私の家族順応早すぎだろ)」

梓「ふつつか者ですが、これからよろしくお願いします(逆にまずくないですか?この状況)」

律「(私もそんな気がしてきたぞ)」

梓「(どうするんですか)」

律「(かくなる上は・・・)というわけでご馳走様!行くぞ梓!」ダッ

梓「あ!痛っ!?ちょっと、・・・ご馳走様でした!(逃げるのかよ!)」ダッ



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 04:20:03.55 ID:5gRU9qMq0

律の部屋


律「ふー、危なかったな。でもセーフだ」

梓「ある意味アウトですって」

律「どうしよう・・・」

梓「あんなすんなり受け入れられるとは・・・」

律「もうこれから彼女持ちの女として生きていかなきゃいけないのか・・・」

梓「全てが終わったらご両親に謝罪しましょうよ」

律「そうだな・・・手をズタズタにされるわけにはいかない・・・」

梓「どうせなら律先輩の彼女よりも澪先輩の彼女に」

律「なんか言ったか?」ニコッ

梓「ゲフンゲフン」

律ママ「律ー?お風呂沸いてるからねー!」




51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 04:20:49.99 ID:5gRU9qMq0

律「はーい!」

律「というわけで、風呂入るか」

梓「・・・律先輩と一緒に?」

律「それ以外どうするんだよ」

梓「まあ、仕方ないですね」

律「私だって風呂くらいゆっくりくつろいで入りたいってのー」

梓「先輩、エッチなことしないでくださいね」

律「ちょっと待てそれどういう意味だコラ」

梓「律先輩が女泣かせだの彼女持ちだの言われてるの見てると、本当にそう思えてきました」

律「その彼女役が自分だってこと、忘れるなよ?」

梓「うっ」


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 04:24:49.50 ID:5gRU9qMq0

脱衣所


律「」

梓「」

律「なあ、私はどうやって服を脱げばいいんだ?」

梓「奇遇ですね、私も全く同じ疑問を抱いたところです」

律「手繋いだままだとブラウス脱げないじゃん!」

梓「じゃあ、お風呂入るのやめます?」

律「そうするか?」

梓「嫌です。不潔です」

律「どっちだよ」




56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 04:26:31.22 ID:5gRU9qMq0

梓「先輩、とりあえず脱げるもの脱いでください」

律「脱げるものっていうか、ブラウス以外全部脱げるけど・・・」

梓「じゃあ早く」

律「わ、わかったよ」ヌギヌギ

律「・・・」

律「ごめん、なんか恥ずかしい」

梓「何言ってるんですか、裸なら合宿のとき見ましたよ」

律「そうじゃない、ブラウスだけ着てるのってすごい恥ずかしい」

梓「何馬鹿なこと言って」

律「そう思うなら梓やってみろよ」

梓「・・・」ヌギヌギ

梓「」

梓「不思議ですね、羞恥心でいっぱいです」




58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 04:27:20.78 ID:5gRU9qMq0

律「だろ?もういいんじゃね?風呂なんて一日入らなくても」

梓「本気で言ってるなら人格疑います」

律「いや、冗談だよ(やべぇ人格疑われた)」

梓「ですよね。いっせーのでで脱ぎましょう」

律「ああ、わかった」

梓「いっせーの・・・」

律「で!」

律梓「」

律「なんでお前脱がないんだよ!」

梓「それはこっちのセリフです!」

律ママ「早く入っちゃってねー?」

梓「う、お母さんにせかされたです」




59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 04:28:19.19 ID:5gRU9qMq0

律「・・・しょうがない。脱ぐぞ。っていうかさり気なく母さんのこと『お母さん』って呼ぶな」

梓「・・・それは言葉のあやです。田井中梓になりたいとは思っていません。それと、服脱ぐの恥ずかしいです」

律「なっ・・・。だー!もう!」

梓「きゃー!」

律「脱げないなら脱がしてやるよ!」ガバッ

梓「ちょっと!」

律「なんだよ!」

梓「痛い。するなら優しくしてくださいよ!」

律「ご、ごめん」ヤサシサヤサシサ

梓「(うわ、これもなんか恥ずかしい///)」




61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 04:29:11.11 ID:5gRU9qMq0

律「(何が悲しくて後輩のパンツ下ろさなきゃいけないんだ・・・)」スルスル

律「ほい、オッケー」ポイッ

梓「ありがとうございます///・・・でも、人の下着ポイってスンナ☆」

律「んじゃ私も脱ぐ」

梓「ちょっと待った」

律「なんだよ」

梓「先輩は私が脱がせてあげますよ」

律「いやいいって」

梓「遠慮しないでください」

律「いやマジで大丈夫だって」




62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 04:29:52.88 ID:5gRU9qMq0

梓「あっそーですか。じゃあ早く脱いでください」

律「おう」

律「」

律「・・・ごめん、やっぱ恥ずかしいから脱がせて」

梓「だから言ったじゃないですか」スルスル

律「(やべー超恥ずかしい///)」

梓「はい、できましたよ」ポイッ

律「お、おう・・・///こら、ポイってすんな」

梓「で」

律「ん?」

梓「ブラウスどうしましょう?」




63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 04:30:35.29 ID:5gRU9qMq0

律「こうなったらブラウス着たまま入って、あとで乾かせばいいんじゃないか?」

梓「もうそうするしかないですよね・・・」

律「っていうか、そうすると今日はこれ着て寝るのか・・・」

梓「うわー・・・」

律「なんか暗くなってきた。もうどうでもいい、入ろうぜ」

梓「はい、そうしましょう」


・・・

・・・



律「なー」

梓「はい?」




66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 04:31:38.50 ID:5gRU9qMq0

律「お風呂入りながら手を繋いでるこの状況、どう思う?」

梓「頭の悪いカップルみたいですね」

律「私もそう思った。しかもブラウスだけ羽織ってるしな」

梓「体洗うのは無理っぽいですから、気合で頭だけ洗って出ましょうか」

律「ああ、そうしよう」

梓「(それにしても・・・カチューシャを外した律先輩、普段とちょっと違う?)」

律「(なんていうか、髪を下ろしたら梓も年相応に見えなくもない、か?)」

梓「(・・・あ。今の横顔、なんかいいかも)」




67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 04:32:18.86 ID:5gRU9qMq0

律「(え、なんで上目遣いでこっち見てるんだよ、やめろって)」

梓「・・・先輩、顔赤いですよ?」

律「へ!?あ、いや、ちょっとのぼせたかも(お前のせいだっつの!)」

梓「ええー」

律「ごめんごめん、早めに出ようか」

梓「頭洗うのは譲れません」

律「あ、うん。全然いいぜ(っていうかのぼせたって嘘だし)」


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 04:33:07.77 ID:5gRU9qMq0

律「」

ブオー

梓「」

ブオー

律「」

ブオー

梓「」

ブオー

律「なんか、ブラウス着たまま乾かすって、すごいシュールだな」

梓「私もそう思いました」

律「しかも今日はコレ着たまま寝るんだぞ?」

梓「本当に嫌になりますね」

律「しかも私達付き合ってることになってるんだぞ?」




69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 04:33:48.48 ID:5gRU9qMq0

梓「・・・」ハァ

律「その溜息、なんか心に刺さったぜ」

梓「で、これは本当に明日には取れるんでしょうか?」

律「さあ?」

梓「さあって・・・」

律「だって私がそんなこと言っても気休めじゃんか」

梓「ま、まあそうですけど・・・」

律「ムギがなんとかしてくれるって!これ乾いたら今日はもう寝ようぜ?」

梓「・・・そうですねっ」


・・・

・・・


律「よし、寝るか」




71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 04:34:28.69 ID:5gRU9qMq0

梓「寝るってことは、やっぱり・・・」

律「当たり前だろ、一緒に寝るんだよ」

梓「うぅ~///」

律「仕方ないだろ、もう諦めろよ」

梓「はい、観念します・・・」

律「なんか傷つくな、その言い方・・・」ヨット

梓「ちょ、引っ張らないで下さいよ」ワタタ

律「いいからいいから。早く寝ようぜ」ボフッ

梓「は、はい・・・」ボフッ

律「よし、寝るぞーおやすみー」

梓「・・・あ、あの!」

律「ん?」




72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 04:35:09.23 ID:5gRU9qMq0

梓「律先輩は、いいんですか?」

律「へ?」

梓「澪先輩に、怒られないんですか?」

律「私が?澪に?なんで?」

梓「いや、だって、二人は・・・」

律「あー、なんか変な勘違いしてるな?」

梓「へ?」

律「いや、だから私達はそんなんじゃないんだってば」

梓「またまた」

律「いや、マジで。言っておくけど、澪だって別に私のこと好きじゃないからな?」

梓「ふーん?そうなんですか?」




74 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 04:36:55.21 ID:5gRU9qMq0

律「うんと、多分」

梓「ほら、やっぱり自信ないんじゃないですか」

律「確かに私が他の子と楽しそうに話してるとムッとしてるけどさ」

梓「なんだ、ちゃんと気付いてるんじゃないですか」

律「でもそれは友達として嫉妬しているワケで、そういうんじゃない」

梓「本当に?」

律「ああ、私から言わせれば澪→唯って感じだな、うん」

梓「えー!」

律「大好きな先輩が大好きな先輩に取られるなんて梓ちゃんかわいそー」

梓「うっさいです、寝ますよ」

律「へいへい」



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




75 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 04:37:35.44 ID:5gRU9qMq0




律「ん・・・あれ?」

梓「」スースー

律「(なんで隣に梓が!?)」

梓「」スースー

律「あ、そうか」

律「おーい、梓起きろー?」

梓「うるさい、死ね」

律「・・・」

律「二度寝しよっと」グースカ

梓「」スースー


・・・

・・・




77 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 04:38:18.90 ID:5gRU9qMq0

梓「ん・・・んー?」

律「」スースー

梓「!?(なんで律先輩が!?)」

梓「(あ、そうか・・・そうだった)」

梓「先輩、朝ですy」

梓「・・・」

梓「(律先輩って、こんなに可愛かったっけ?)」

梓「(っていうかこの人、黙ってればかっこいいかも。やっぱり前髪下ろすと印象変わるなー・・・)」

梓「(ま、澪先輩一筋の私には関係ありませんけど)」




78 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 04:39:04.87 ID:5gRU9qMq0

梓「(・・・澪先輩、一筋だもん)」

梓「(なんでこんなに自分に言い聞かせてるんだろ、意味わかんない)」

梓「律先輩!起きてください!」

律「うー・・・ん?」

梓「起きました?」

律「・・・あれ?梓、どうしたんだ?」

梓「忘れたんですか」

律「えーと、今日は合宿だったな。そうだった」

梓「いや、違うから」

律「・・・?」




80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 04:40:40.16 ID:5gRU9qMq0

梓「この手のせいですよ」スッ

律「!!そうだった・・・。えーと、おはよう」

梓「はい、おはようございます」

律「なー梓?」

梓「はい?」

律「おはようのキスは?」

梓「おはようの鳩尾パンチとおはようの顔面肘打ち、どっちがいいですか?」

律「それどっちかっていうと、おやすみだよな?」

梓「ええ、眠って下さい。永久に」

律「ごめんなさい」




81 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 04:41:20.52 ID:5gRU9qMq0

梓「全く、いつまで寝ぼけてるんですか?」

律「あ、ああ。えっと、支度するか」

梓「はい。とりあえず服着ましょう」

律「このままで着れるか?」

梓「脱げたんだから着れますよ」

律「それもそうだな」

梓「そういうことです」

律「でも、着る方が難しそうだな・・・」

梓「じゃあ律先輩はその格好で学校行ってください」

律「そんなヤツと手繋いで登校するのはお前だからなコノヤロー」




83 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 04:42:43.00 ID:5gRU9qMq0

梓「恥です。一生の恥です」

律「恥と聡って似てるよな」

梓「いいから」

律「よし、二人で協力して服を着よう」

梓「そうですね」


・・・


・・・


梓「律先輩・・・///」

律「んー?」

梓「ブラのホック、留めてください///」

律「ブラって、あのブラ?」

梓「だからブラジャーですよ。乳当てですよ」




84 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 04:43:38.57 ID:5gRU9qMq0

律「あーそっか。片手塞がってたら自分じゃ付けれないよなー」

梓「そうですよ、だから早く///」

律「へいへーい」スッ

梓「ありがとうございます」

律「えーい」パチン

梓「なんで付けた傍から外すですか!」ゲシッ

律「痛い!脛にキックは痛いって!」

梓「いいから早く留めるです!」プンスカ

律「ちょっとした戯れじゃんかー」サスサス

梓「次戯れたらおやすみの鳩尾パンチですからね!」

律「おおーう、それは勘弁」



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




85 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 04:44:18.76 ID:5gRU9qMq0

律「行って来まーす」

梓「お邪魔しました!」

律ママ「はい、また遊びに来てね~」


バタンッ


律「んで、これどうするよ」テクテク

梓「知りませんよ」テクテク

律「ばっかお前、こんなの誰かに見られてみろ?ただでさえ女子高なのに・・・」

梓「私・・・律先輩の彼女なんて思われたら、死ねます」

律「あー、じゃあ多分今日はお前の命日だな」

梓「嫌過ぎる・・・」




86 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 04:45:04.16 ID:5gRU9qMq0

律「とりあえず、とっとと学校行こうぜ」

梓「はい、そうしましょう」

律「と、言ってる傍から・・・」

梓「あ゛・・・」

律「うわー、あの子達、こっちガン見してるよ」

梓「っていうか・・・」

律「ん?」

梓「あの子達、クラスメートなんですけど・・・」

律「はい梓死んだー」

梓「」チーン

律「冗談は置いておいて、どうするよ?」

梓「釈明、弁明」

律「しかし言い訳にしか聴こえないってヤツだな」




89 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 04:45:49.63 ID:5gRU9qMq0

梓「うるさいです」ハァ

クラスメート1「おはよう///」

梓「お、おはよう・・・」

クラスメート2「田井中先輩も、おはようございます」

律「へ?ああ、うん。おはよう」

クラスメート1「(梓って田井中先輩と付き合ってるの!?)」

梓「(いや、ないから)」

クラスメート2「嘘だ!だって普通手なんか繋ぐ?っていうか梓の家ってこっちじゃないじゃん!」

クラスメート1「そうなの?ってことは・・・わざわざ迎えに来たの!?」

梓「違うってば!なんで私が律先輩のためにそんなことしなきゃいけないの、迎えに来たりしてないよ!」

律「いや、さり気に傷つくから、その言い方」




93 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 04:53:27.62 ID:5gRU9qMq0

クラスメート1「じゃあなんで一緒にいるのよ」

梓「先輩の家に泊まっただけだし!」

クラスメート12「!?」

律「おーい梓ー?お前、状況悪化させたのわかってるかー?」

梓「え!?」

律「えーと、別に私達付き合ってるわけじゃないんだ、本当に」

クラスメート2「でも・・・」

律「いやマジマジ。ちょっと事情があってこうなってるんだよ」

梓「どうしよう、事実なのに苦しい」

律ママ「律ー!」

律「へ!?」




94 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 04:54:10.48 ID:5gRU9qMq0

律ママ「ちょっと、お弁当忘れてるわよ!」

梓「先輩、忘れ物ないか確認したらないって言ったじゃないですか!」

律「その時はないと思ったんだって」

律ママ「はい、これ。梓ちゃんの分もね」

梓「へ!?私の分もですか!?」

律ママ「そうなのよー、バタバタしてたから渡しそびれちゃって」エヘヘ

梓「え、えっと、ありがとうございます」

律ママ「いいのよ、これから律のこと、よろしくね?」

梓「えっと///」

律ママ「あんたも可愛い彼女大切にしなさいよー?」




95 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 04:54:50.99 ID:5gRU9qMq0

律「母さん、タイミングが悪すぎだ。そして色々と受け入れすぎだ」

律ママ「何言ってんのよ、元はと言えばあんたが忘れ物するからでしょ!」

律「う゛・・・」

律ママ「それじゃね。遅刻しないでよー?」バイバーイ

律「」

梓「」

クラスメート1「えっと、やっぱり?」

梓「もういいよ。それでいいよ・・・」

律「梓、なんか、ごめん・・・」


・・・

・・・


梓「クラスメート達には遠慮して先行かれちゃうし、勘違いされるし・・・」




96 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 04:55:31.57 ID:5gRU9qMq0

律「もうこれ、神様が私達に付き合えって言ってるんじゃん?」

梓「神は死んだ」

律「どっちかっていうとさっき死んだのはお前だろ」

梓「・・・で、どうしましょうか?」

律「へ?何が」

梓「ここがどこだかわかります?」

律「えーと、校門の前」

梓「上履き、1年と2年じゃ履く場所ちょっと違うじゃないですか?」

律「ああ、うん」




97 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 04:56:13.35 ID:5gRU9qMq0

梓「こんな状態でどっちかの下駄箱の前に行ったら、それこそ・・・」ゾクッ

律「あー、なんていうか、諦めろ」

梓「」

律「っていうかここでたっくさんの生徒の視線集めてるぜ?私達。もう今更だろ」

梓「なん、だと・・・!」

律「気付け」

梓「もういいや、行きましょう」

律「おう」


・・・


・・・


律「んで、どうしようか?」




98 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 04:56:53.63 ID:5gRU9qMq0

梓「何がですか?」

唯「おーい!あずにゃーん!りっちゃーん!」

律「おお、唯か。おはよう」

唯「うん、おはよう!その手、まだくっついたままなんだ?」

梓「そうなんですよ、困ったもんです」

唯「うーん、えーと」

律「どうしたんだよ」

唯「あのさ、二人は授業どうやって受けるの?」

律梓「あ゛・・・」

唯「このままだと、二人とも教室に行けないね?」




100 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 05:01:38.34 ID:5gRU9qMq0

律「えーと、それはだな」

梓「律先輩が1年の教室に来ればいいんですよ」

律「なんでそうなる」

梓「だって私2年生の授業なんて受けてもわかりませんし」

唯「そうだね、それがいいよ」

律「待てって。私だってちゃんと授業に出ないと勉強に遅れが出るぞ」

唯「既に出遅れてるから大丈夫だよ、りっちゃん」

律「唯、今日のお前はなんか酷い」

唯「だって、あずにゃんと授業受けたら復習が出来るよ?」

梓「そうですよ」

律「いや、流石に2回も同じ授業受けたくないし・・・」




101 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 05:08:17.13 ID:5gRU9qMq0

澪「おい、何やってるんだ?」

律「お、澪か。おはよう」

澪「おはよう。って、それ、まだ治らないのか」

律「病気みたいに言うなっての」

澪「ムギは?なんとかしてくれるみたいなこと言ってたじゃないか」

律「まだ会ってないんだよなー。とりあえず教室に行けば会えるよな?」

唯「うん、ムギちゃんは基本早いし、もういると思うよー?」

律「よし、そうと決まれば私達の教室に」

梓「待った。このまま律先輩達の教室に行ったら、そのまま授業受けることになりそうで怖いんですけど」

律「まあ、いいじゃん?」

梓「いくないです」




102 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 05:08:57.51 ID:5gRU9qMq0

紬「あ!いた!」

澪「あ、ムギ!おはよう!」

紬「うん、おはよう。それ、やっぱりまだ取れてないみたいね?」

律「そうなんだよー。今からどうにかならないか?」

紬「今からは流石に・・・」

律「だよなー」

梓「このままじゃ教室に行けないんで困ってたところなんですよ」

紬「あら、そうなの・・・(そうか、二人の百合が拝めれば・・・と思っていたけど、予想外の弊害ね)」

澪「ムギ、なんとかならないか?」

紬「とりあえずこのままどちらかの教室に行っても騒ぎが大きくなるだけだし、保健室に行くとかは?」

律「あ、その手があったか」




103 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 05:09:37.56 ID:5gRU9qMq0

唯「ちぇーつまんなーい」

律「殴るぞ」

梓「私もちょっと殴ります」

澪「まあまあ。そろそろ行った方がいいんじゃないか?予鈴がなる頃だぞ?」

律「う、わかったよ。それじゃ、また後でなー」テクテク

梓「ちょっと先輩、急に歩き出さないで下さいよ!」テクテク


・・・

・・・


澪「うーん、後ろから見るとただのカップルだな」

唯「なんだかりっちゃんに男装させたくなってきた」

紬「ひゃっほう!」




104 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 05:14:12.04 ID:5gRU9qMq0

唯「え?」

紬「あ、いいえ。あの二人の後ろ姿、いつまでも眺めていたいわ・・・」ホワホワ

唯「ムギちゃんさー」

紬「うん?」

唯「本当は昨日の内になんとかすること出来たんでしょ?」

紬「あれ、バレてた?」

澪「バレバレだって」

紬「どうしてもあの二人のカップリングが・・・」

唯「いや、面白いから全然いいんだけどね」




105 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 05:14:51.00 ID:5gRU9qMq0

澪「同感。元はと言えば部室でプラモ作ってたあいつが悪い」

唯「あの二人がくっついちゃったら・・・澪ちゃんもらっちゃおうかなー?」

澪「へ!?///」

唯「なーんてね」エヘヘ

紬「唯ちゃんったら♪(これは思わぬ副産物だわ、百合的な意味で)」

唯「さ、時間ないし、私たちも教室戻ろうか?」

澪「そうだな」

紬「それにしてもあの二人、放課後まで保健室にいるつもりかしら?」

唯澪「あ゛・・・」



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


保健室!




107 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 05:22:40.94 ID:lbs0pBgB0
これからの展開が気になる




108 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 05:24:21.09 ID:5gRU9qMq0


保健室!



ガラガラッ

律「失礼しまーす」

梓「失礼しまーす」

保険医「あら、おはよう。朝からどうしたの?」

律「えっと、その・・・(なんて言ったらいいんだ)」

保険医「朝からどうしたの?」

梓「どうして二回言った」

保険医「その手よ」




110 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 05:25:01.74 ID:5gRU9qMq0

律「おおう!つっこんでくれるとは・・・!そうなんだよ、先生に聞いて欲しい話があって!」

保険医「あなた達、仲いいのねー」

梓「当然のリアクションなのは分っていますが、なんだか飽きてきました」

保険医「えー」

律「先生、聞いてくれ。接着剤でくっついちゃったんだよ、この手」

保険医「」

保険医「あなた達、まだ若いのに・・・」

保険医「そんな危険なプレイに走っちゃ駄目じゃない!」

律「いや違うから、っていうかどんなプレイだ」

梓「読めない、この人の頭の中が読めない」




112 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 05:28:49.66 ID:5gRU9qMq0

保険医「片時も離れたくない気持ちは分るわ、でもね」

律「だから違うって」

梓「先生、あのね」

保険医「じゃあ親に反対されたのね?だから強行手段として離れられないように」

梓「なんで私達の周りの人ってこんなのばっかなんですか」

保険医「・・・わかる。私はあなた達の理解者よ。安心して」

律「いや、あなたは何一つ理解していない」

保険医「でも、お馬鹿さんね。そんなことしたら授業受けられなくなるじゃない」

律「いや、これは自分達の意志でやったわけじゃないんだけど・・・」

梓「確かに、授業に出られなくて困ってるのは事実です」




113 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 05:29:30.26 ID:5gRU9qMq0

保険医「えーと、二人はどうしたいの?」

律「へ?」

保険医「だから、その手を離したくないからこうやって保健室に逃げて来たの?
それとも、プレイに飽きたから外したくなったの?」

梓「さっきプレイじゃないって言って理解した素振りみせたのにコレだよ」

保険医「どっち?」

律「外したいです」

保険医「そう?じゃあ、ちょっと待っててね」ゴソゴソ

律「(なんか勘違いされてるけど、取れそうじゃん!やったな!)」

梓「(ええ!これが取れればもうどうでもいいですね)」

保険医「ちょっと痛いと思うけど我慢してねー?」カチカチ

律「って、カ ッ タ ー か よ !」

梓「この人と先輩のお母さんって、絶対血縁者ですよ」




114 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 05:30:10.76 ID:5gRU9qMq0

保険医「愛の強行手段もこれまでね?」

梓「いやどっちかっていうと先生の方が強行手段ですから!」

保険医「いいからいいから。行くわよー」

律「待ったー!」

保険医「何?」

律「私達、やっぱりもうちょっとこのままでいたいなーなんて」

保険医「あら、そう?」

梓「そうそう、こういうプレイは滅多に出来ないのでもっと楽しみたいです(私は何を言っているんだろう)」

保険医「うーん、わかったわ」

律「ほっ・・・」

保険医「今日だけだからね?」

梓「へ?」




115 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 05:30:50.98 ID:5gRU9qMq0

保険医「今日だけ、この保健室貸し切っちゃう」

律「いや、なんで」

保険医「実は私、これから出張に行くところだったのよ」

梓「またまた」

保険医「本当よ。それで、今日は保健室に鍵かけていこうと思ったんだけど・・・」

律「えーと?」

保険医「私は知らないフリしてこのまま出てくから。後は上手くやって頂戴」

梓「嬉しいような、誤解されたままで悲しいような、複雑な気持ちですね・・・」

保険医「若い二人の恋愛、応援したくなっちゃった♪それじゃ、またね」ガラガラ

バタン

律「マジかよ」


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




124 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 06:31:59.88 ID:5gRU9qMq0


律「というわけで、今日は一日中二人っきりですね、梓さんや」

梓「ええ、大変嘆かわしいことです」

律「なんでだよ!」

梓「じゃあ律先輩は嬉しいんですか」

律「うんにゃ、全く」

梓「・・・」ハァ・・・

律梓「あの」

律「な、なんだよ」

梓「先輩からどうぞ」




125 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 06:32:45.26 ID:5gRU9qMq0

律「そ、そうか?じゃあ」

梓「なーんて言うわけないじゃないですか。私から言いますね」

律「お前は素晴らしいマナーの持ち主だな、オイ」

梓「だって切羽詰ってるんですもん」

律「おいどうした」

梓「トイレ行きたいです」

律「」

梓「どうしたんですか」

律「いや、私も全く同じこと言おうとしたなーと思って」

梓「奇遇ですね」

律「っていうかマジで早くトイレ行こうぜ」




127 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 06:33:29.43 ID:5gRU9qMq0

梓「ええ、先生に見つからないように。尚且つ速やかに目的地に」

律「なんか昨日のゲームみたいだな」

梓「やめてください、若干トラウマなんですから」




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




律「よし、先生達には見つからなかった」

梓「問題はどうやってするか、ですね」

律「私、先にしたい」

梓「普段の私ならその提案に喜んで賛同しますが、今回ばかりはそうはいきません」

律「なんでだよ、賛同しろよ。私はな、膀胱破裂寸前なんだよ」

梓「じゃあ私は膀胱炸裂寸前です」

律「炸裂って、爆発してる勢いじゃん」




130 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 06:34:50.50 ID:5gRU9qMq0

梓「それくらいやばいんです、察してください」

律「あーもー、わかったよ。じゃあ、早くしろよ」

梓「・・・もしかして、二人で個室に入るんですか?」

律「そうするしかないだろ」

梓「いやいや無理ですって」

律「他に方法なんてないだろ」

梓「先輩、あんまり変態なことばっかりしてると訴えますよ?」

律「私だってしたくてしてるわけじゃねーし!」

梓「で、でも・・・」

律「個室に入るの嫌ならここですれば?」

梓「は?」




131 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 06:36:19.85 ID:5gRU9qMq0

律「だから、ここですればいいじゃん?」

梓「ここでって・・・ここで?」

律「そうそう、そんで後で雑巾で拭けば?」

梓「それ個室でするより屈辱的じゃないですか!」

律「ああ、私なら絶対嫌だ」

梓「ならそんな提案しないでください!」

律「梓、観念しろ。私だって後輩の放尿に立ち会うなんて嫌だぞ?」

梓「ほ、放尿って言うなっ」

律「ほら、頑張れよ。っていうか早くしてくれ、私も漏れそうだ」

梓「うぅ~///」

律「梓」

梓「わ、わかりましたよ」ストンッ




132 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 06:37:00.08 ID:5gRU9qMq0

律「よし」バタン

梓「その、せめてあっち向いててもらっていいですか?」

律「いいい言われなくてもそれくらいするって!」

梓「あと、出来たら目を瞑ってください」

律「ああ、分ったよ」

梓「あと、鼻もつまんでてください」

律「ああ、分ったよ」

梓「あと、耳も塞いでください」

律「ああ、分ったよ。・・・って、だー!!」

梓「なんですか!」

律「そんなに色々塞げるかよ!私は千手観音か!」

梓「えーだって恥ずかしいじゃないですか!」

律「気持ちは分るけど、耳を塞ぐのは我慢しろ!」

梓「うぅ~・・・///」




133 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 06:37:41.08 ID:5gRU9qMq0

律「わ、わかった。じゃあ、私歌ってるから」

梓「先輩にしては名案です!」

律「レッツゴー♪レッツゴーゴーゴー♪」

先生「おーい、誰かいるのかー?」

律梓「!?」

先生「おーい!」

律梓「どうしよう」

先生「こらー!授業とっくに始まってるぞー!」

律「(おい、どうするんだよ)」

梓「(先輩がいきなり歌い出すから・・・)」ハァ




134 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 06:38:23.67 ID:5gRU9qMq0

律「(お前の為だろっ)」

梓「(だからってあんな大きな声で歌わなくても)」

律「(うぅー、っていうか本当にどうするんだよ)」

梓「(あの先生は男性ですから、女子トイレに入ってくるのを躊躇ってますよね?)」

律「(ああ、声の聞こえ方からしても、恐らく中にはいないだろうな)」

梓「(私に名案があります)」

律「(うーん、しょうがない、まかせた)」

梓「にゃーん」

律「」

先生「やっぱり誰かいるんだな!?」

律「(アホかー!)」




136 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 06:39:48.46 ID:5gRU9qMq0

梓「(何故、上手くいかない・・・!?)」

律「(いくわけないだろ、学校のトイレに猫がいるわけないだろ!)」

梓「(えー、私って猫っぽいから上手く行くと思ったんですけど)」

律「(気をしっかり持て。お前は人間だ)」

梓「(あ、じゃあ律先輩が言ってくださいよ)」

律「(は?なんて?)」

梓「(にゃーんって)」

律「(なんでそうなる!)」

梓「(昨日聡君と話してたじゃないですか、先輩も猫だって)」

律「(それとこれとは違う話だ!///っていうか忘れろっ///)」

梓「(先輩のにゃーん、聞きたいな・・・?)」

律「(あとで聞かせてやるから。この場では適切な対処じゃないからソレ)」




137 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 06:41:07.51 ID:5gRU9qMq0
梓「(じゃあどうするんですか)」」

律「(もうここに誰かがいるのはバレてるからな・・・梓のせいで)」

梓「(そんな言い方しなくたっていいじゃないですかー)」

律「(うっさい!だから、そうだな・・・『気付かなかったことにしよう』ってリアクションしたくなるような何かを)」

梓「(それ難易度高いですね。で、何をするんですか?)」

律「(・・・さあ?)」

梓「(律先輩って、本当に使えないですね)」

律「(ひどっ)」




138 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 06:42:47.34 ID:5gRU9qMq0

梓「(だってー)」

先生「誰かいるのはわかってるんだからなー?」

梓「んっ・・・せんぱ・・・駄目ですよ・・・」














律「」




139 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 06:43:51.10 ID:5gRU9qMq0

先生「?」

梓「そんな・・・は、恥ずかしいです・・・」

律「」

先生「!?」

律「(梓がバグった)」

梓「(失礼なっ!これなら気付いてもスルーしたくなると思いません?)」

律「(私は今目の前で起こってることをスルーしたいんだが)」

梓「(何言ってるんですか。じゃあ他に何かあるんですか?)」




140 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 06:44:31.82 ID:5gRU9qMq0

律「(ないけどさ、下手したら不純同性交遊なんて言われて退学だろ)」

梓「(あ、そうですね。でも、これしか方法が思いつかなかったんですよ)」

律「(何その人生を左右する大きな博打)」

梓「(だから、せめて純情同性交遊に聴こえるように演技してくださいよ)」

律「(純情ってお前・・・)」

先生「お、おい?お前ら?」

律「(こうなりゃヤケだ)」

律「お前が・・・可愛いのが、いけないんだからな・・・?///」

梓「や、んっ・・・!」




141 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 06:45:43.03 ID:5gRU9qMq0

律「いや、なのか・・・?」

先生「・・・」

梓「いや、じゃ・・・んっ・・・ない、です・・・///」

律「よかった・・・(やべー恥ずかしい、もう限界///)」

先生「えーと、なんだ、その・・・」

梓「だから、続き・・・してください」

律「!?(やっべ、演技だって分ってるのにドキッとした・・・///)」

先生「あーそっかー、そうだなー。先生の勘違いだったなー」

梓律「!?」




143 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 06:46:44.01 ID:5gRU9qMq0

先生「誰もいなかった。誰もいなかったんだ、うん」

先生「・・・お前ら、次の授業までには戻れよ?」スタスタ

梓「(やった!やりましたよ!)」

律「(お、おう)」

梓「(先輩、こっち見てくださいよ)」

律「(いや、あと5分くらい待ってくれ)」

梓「(何言ってるんですか)」グイ

律「!?」

梓「せ、先輩、顔真っ赤・・・」

律「ううううるへー!お前がいきなりあんなこと言うから!」




144 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 06:47:05.79 ID:qfuvRJu8P
先生の下半身が大変なことになっています




145 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 06:47:24.78 ID:5gRU9qMq0

梓「私だって死ぬほど恥ずかしかったですよ?」

律「じゃあなんで」

梓「だってバレたら色々まずいじゃないですか・・・」

律「そりゃ変な勘違いされるだろうけど」

梓「それもそうですけど・・・。誤解してたにせよ、保健の先生が私達をかくまってくれたんですから」

律「あ、そうか・・・」

梓「私達のことがバレたら、もしかしたら先生も立場も危うくなるかもしれません・・・」

律「そっか、梓の言う通りだな」

梓「私だって、あんな声出したくて出したわけじゃないですからねっ」

律「あ、ああ」




148 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 06:48:44.46 ID:5gRU9qMq0

梓「それ聞いて律先輩は真っ赤になってるし、もうお嫁にいけないです。律先輩のエッチ」

律「だ、だって・・・その、ごめん」

梓「ここは『じゃあ私がお嫁にもらってやるよ』って言うところです」

律「じゃ、じゃあ私がお嫁にもらってやるよ」

梓「遠慮します」

律「なんだよー!」

梓「だから声が大きいですって!」

律「あ、っていうかトイレは?」

梓「あ」

律「えーと」

梓「やばいです、急にしたくなりました」




149 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 06:49:45.88 ID:5gRU9qMq0
律「うん、わかるぞ」

梓「よいしょ」スルスル

律「いや、なんの躊躇いもなくパンツ下ろすなよ」アタフタ

梓「さっきの喘ぎ声の方が恥ずかしかったです。こんなものどうってことないです」

律「強い女だなオイ」

梓「っていうか本当にやばいです。恥ずかしがってる場合じゃないです」

律「よし、とりあえずあっち向いてるな」クルッ

シャー・・・

律「・・・勢いいいな、梓の」

梓「普段はもっと恥じらいをもって出しますよ、そりゃ」

律「本当か?」




150 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 06:50:26.67 ID:5gRU9qMq0

梓「本当ですって、音姫の音量が小さいっていつも嘆いてますから」

律「あーそれわかる。あんなんじゃしっこの音、隠せないよな」

梓「よいしょ」ガラガラ

律「終わったか?」

梓「うーん」フキフキ、スルスル

梓「はい」

律「んじゃ私の番だな」

梓「先輩がしているのはカチューシャです」

律「いや、バンダナじゃなくて『番だな』って言ったんだよ」

梓「わかってます」

律「」




151 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 06:51:07.77 ID:5gRU9qMq0

律「まあいいや」スルスル


シャー


梓「先輩だって勢いいいじゃないですか」

律「うるさいなー、切羽詰ってたんだよー」

梓「はいはい」

律「ってお前ー!なんでこっち見てるんだよ!あっち向けよ!恥ずかしいだろ!」

梓「はいはい」ニヤニヤ

律「いや、『はいはい』じゃないから!ちょっとマジで!」

梓「先輩、なかなか可愛いですよ?」




152 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 06:51:48.08 ID:5gRU9qMq0

律「・・・もう、お嫁にいけない・・・」

梓「ふーん」

律「ここは『じゃあ私が貰ってるです』って言うところだろ!?」

梓「いいえ違います」

律「難しい、梓は難しいぜ・・・」ガラガラ

梓「先輩?」

律「なんだよ。っていうか拭く時くらいあっち向いててくれ、頼むから」

梓「あ、はい」クルッ

律「んで、なんだよ」フキフキ




153 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 06:52:45.57 ID:5gRU9qMq0

梓「先輩の場合、最初から貰い手なかった可能性も大いに考えられるんで然程気にしなくても大丈夫ですよ」

律「最後の最後でフォローしているようにみせかけて追い討ちかけるとか!」スルスル

梓「(だって、先輩の旦那さんなんて想像できないんだもん。奥さんの方がよっぽど自然ですよ)」

律「な、なんだよ。黙ってこっち見て」

梓「・・・なんでもないです」

律「?」

梓「私は・・・素直じゃないんですよ」ボソッ

律「ん、今なんて?」

梓「なんでもないですよ。早く保健室に戻りましょう」

律「あ、ああ。そうだな」




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




154 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 06:53:37.46 ID:5gRU9qMq0

律「よし、一日中保健室にいられるって経験もなかなかないから、満喫しようぜ?」

梓「満喫って・・・机とベッドくらいしかないじゃないですか」

律「それをどうにかして楽しもうってんだよ」

梓「無理ですよ」

律「そか」

梓「ええ、それとも、何かいい案があるんですか?」

律「待ってましたその言葉」

梓「なんですか」

律「とりあえずこっち来い」

梓「厭。無理」

律「何その難解な『イヤ』の漢字変換。心から拒絶されてるのが伝わってくるな」




155 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 06:56:38.38 ID:5gRU9qMq0

梓「だって、こっち来いって・・・ベッドで何するんですか」

律「いいから」

梓「い・や・で・す」

律「このやろー」グイグイ

梓「いや、ちょっと、痛い・・・!」ズルズル

ガラガラ

律「カーテン閉めて、と」

梓「誰も来ないんだからわざわざカーテン閉めなくてもいいじゃないですか」

律「んーなんとなく」

梓「そうですか」




176 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 11:43:05.42 ID:5gRU9qMq0

律「むっふっふ」

梓「何考えてるんですか。っていうかベッドで何するんですか」

律「寝るんだよ」

梓「・・・」

律「だって、1日中ずっと寝てていいとかすごくないか!?」

梓「・・・ガキ」

律「ん?」ニコッ

梓「いえ、なんでもないです」

律「早く寝ようぜ!」ワクワク

梓「はいはい」




177 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 11:47:35.67 ID:5gRU9qMq0

律「あれ、嫌がらないのか?」

梓「なんで寝るだけなのに嫌がるんですか」

律「・・・昨日は『一緒に寝るのイヤだー』って言ってたくせに」

梓「言われてみればそうですね・・・」

律「どんどん感覚が麻痺してきてるのかもなー?」

梓「確かに、それはあるのかも知れません」

律「まあいいや、とりあえず横になろうぜ」ドサッ

梓「あ、はい」バフッ

律「ふいー極楽極楽っと♪」

梓「ちょっと、先輩。枕占領しすぎです」

律「この枕小さいよなー」




178 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 11:49:25.60 ID:5gRU9qMq0

梓「そう、小さいんだから少し遠慮して頭置いてくださいよ」

律「そんな言うなら隣のベッドから枕だけ取って来いよ」

梓「律先輩も起きてくれないと、隣のベッドまで手が届きません」

律「イヤですー起きませーん」

梓「あーもーじゃあいいですよ!」ドサッ

律「おおう、顔近いな」

梓「枕小さいんだから仕方ないです」

律「だから隣のベッドから」

梓「律先輩言っても起き上がってくれないし、めんどうなのでこのままでいいですっ」

律「そ、そっか(マジで顔近いって。息かかってる・・・///)」




179 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 11:50:06.66 ID:5gRU9qMq0

梓「ほら、寝ますよ」

律「ああ、そうだな」

梓「・・・」ジー

律「んー・・・」クークー

梓「先輩」

律「ん?」

梓「ちょっとそのカチューシャ外してください」

律「やなこった」

梓「いいから」

律「パンナコッタ」

梓「パンナコッタなんて食べたことないくせに」

律「う゛・・・あ、あるもん!」




180 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 11:50:47.22 ID:5gRU9qMq0

梓「それ、外してくださいよ」

律「なんだよ、別にいいじゃん」

梓「昨日は寝るとき外してました」

律「今だって外そうと思ったけど・・・」

梓「けど、なんですか?」

律「誰かに外せと言われると外しにくくなる不思議」

梓「それはわからないでもないですが、どうしても外して欲しいんです、お願いします」

律「だからなんでだよ」

梓「・・・///」




181 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 11:51:57.55 ID:5gRU9qMq0

律「んー?理由言わないと外さないぞー?」ニヤニヤ

梓「じゃ、じゃあいいです!やっぱ外さなくていいです!」

律「なんだよー、どっちだよー」

梓「いいから!おやすみなさい!」

律「ちょっと待ったー!」バサッ

梓「ちょっと、何で外してるんですか!」

律「ふははは、言われたとおり外してやったぞ!だから理由を言え!」

梓「汚い!私が理由言えないと踏んでの行動か!」

律「その通り!さあ言うんだ、梓!」

梓「・・・その」

律「その?」




184 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 11:56:38.24 ID:5gRU9qMq0
梓「律先輩のカチューシャ取った顔、結構好きなんです」

律「は、はぁ?///」

梓「あーもー・・・!だから言いたくなかったんですよ!」

律「あーごめんって」

梓「律先輩は酷いですっ!」

律「ごめんってばー」

梓「ふん、おやすみなさい」プイ




185 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 11:57:30.44 ID:5gRU9qMq0

律「なー、梓?」

梓「な、なんですか(うわ、やばいカッコイイ・・・)」

律「怒ってるのか?」

梓「怒ってないですよ」

律「絶対怒ってるじゃん」

梓「怒ってるんじゃなくて恥ずかしくて照れてるんですよ!」

律「え!?あ、そ・・・そうか」

梓「こんなこと言わせて、律先輩は本当に嫌な人です」プイッ

律「だー、ごめんって」

梓「むー」

律「なあ梓?」




187 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 11:58:10.93 ID:5gRU9qMq0

梓「なんですか」

律「梓もさ、その・・・髪、ほどけよ」

梓「なんでですか。めんどくさいのでお断りします」

律「なー、お願い」

梓「・・・」

律「梓だって昨日は髪ほどいてただろ?」

梓「そりゃ、そうですけど・・・」

律「頼むって。お願いしますよー」コノトーリ

梓「な、なんで律先輩のお願いなんて聞かなきゃならないんですか」フンッ

律「なんでって、そりゃ梓が私の彼女だから」キリッ




188 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 12:02:26.34 ID:5gRU9qMq0

梓「~~~///・・・な、成り行きでそうなっただけですから」

律「でも彼女は彼女だろー?なーいいじゃんいいじゃん」

梓「っていうか、私が先輩の彼女なんですか?」

律「へ?」

梓「先輩が私の彼女なんだと思ってました」

律「どっちもかわんないだろ」

梓「そんなんだから聡君にネコとか言われるんですよ」

律「んな!っていうかお前、あの言葉の意味わかってたのかよ!?」

梓「さっきトイレでやっと気付きました」

律「あのなー・・・。ま、いいや。話戻すけど、梓の言い分だと、私は梓の彼女で、じゃあ私からみた梓は?彼氏?」

梓「あれ。私男じゃないし、確かに変ですね」

律「だろー?お互い彼女だろ、そこは」

梓「そっか。そうですね・・・」

律「な?というわけで、可愛い可愛い彼女のお願いだぞ、聞くべきだ!」




189 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 12:03:13.97 ID:5gRU9qMq0

梓「だから成り行きだって言ってるじゃないですか・・・もう、しょうがないですね」ホドキホドキ

律「おおう!」

梓「ほ、ほどきましたよ!」

律「うんうん、いいぞ」

梓「何がですか」

律「私、髪ほどいた梓になんかこう、ぐっとくるんだ」

梓「それって、さっきの私に気使って言ってるんでしょう?」

律「へ?」




190 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 12:03:54.01 ID:5gRU9qMq0

梓「私が律先輩に恥ずかしいこと言ったから、私だけが恥ずかしい思いしないように」

律「ううん。マジだよ」

梓「え・・・?///」

律「髪ほどいた梓、本当に可愛いよ」

梓「~~~~~!!/////」

梓「そ、そんなこと言っても何も出ませんから!」

律「へいへーい」

梓「ほら、本当に寝ますよ?」

律「あ、ああ。その前に」

梓「なんですか」




191 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 12:04:34.28 ID:5gRU9qMq0

律「リボン外そうぜ?ちょっと苦しい」シュル

梓「それもそうですね」シュル

律「そんでもってボタン開けようぜ」プチプチ

梓「これでもう苦しくないですね」プチプチ

律「よーし、準備万端!おやすみ!」

梓「はい、おやすみなさい」

律「・・・」

梓「・・・」


・・・

・・・


律「(梓、もう寝たのかな?)」




193 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 12:05:15.22 ID:5gRU9qMq0

梓「(律先輩、もう寝ちゃった。よくこんなに寝られるな、この人)」

律「(目瞑ってるからよくわかんないけど・・・)」

梓「(今先輩が目開けたら、思いっきり先輩と目合うな・・・)」

律「(きっと寝てるよな?)」

梓「(どうか、目を覚ましませんように)」

律「(それにしても、梓って髪ほどくと無茶苦茶可愛いな)」

梓「(律先輩、やっぱりカチューシャ取った方が断然カッコイイような・・・)」

律「(それに昨日なんてすっげいい匂いしたし)」

梓「(でもこれ、他の人には見せて欲しくないかも)」




194 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 12:06:08.86 ID:5gRU9qMq0

律「(やばい、なんかドキドキしてきた)」

梓「(そうしたらまたファンクラブとか作る人出てくるんだろうし・・・)」

律「(って何考えてるんだ、私)」

梓「(って・・・!別にいいじゃない、律先輩のファンクラブがあったって!)」

律「(そーいや私、梓のこと、何も知らなかったなー)」

梓「(何、これ・・・独占欲ってやつかな・・・なんで・・・)」

律「(いや、知ってはいるんだけど・・・昨日一日で今まで知らなかった梓を知ったっていうか・・・)」

梓「(ないない、絶対ない。そりゃ、いい人だっていうのは昨日一緒にいて感じたけど・・・)」

律「(うーん、私。とうとうおかしくなったのかな)」




196 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 12:07:23.19 ID:5gRU9qMq0

梓「(カチューシャを取った律先輩、澪先輩は見慣れてるのかな、やっぱり)」

律「(なんで・・・なんで私はさっきから心臓バクバクいってるんだよ)」

梓「(うわ、まただ・・・そう考えたらまた苦しくなってきた・・・)」

律「(いや、待て自分。梓はただの後輩だって!そこんとこよろしく)」

梓「(どうしよう、私・・・澪先輩に嫉妬してる・・・?)」

律「(好きじゃない、好きじゃないぞー?・・・でも・・・寝顔見るくらい、いいよな?)」パチッ


律梓「!?!?!?」


律「うわー!?ななななんでこっち見てるんだよ!!」

梓「せ、先輩こそ!なんでいきなり目開けるですか!」




197 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 12:08:15.59 ID:5gRU9qMq0
律「ちょ、ちょっと寝付けなくて目開けたんだよっ、悪いか!」

梓「わわわ私だって目開けたまま寝てただけですから!」

律「なんだそれ!?」

梓「先輩こそ、今まで狸寝入りしてたんですか!」

律「違うってばっ」

梓「むー」

律「ああもう、可愛いなぁ!」

梓「かかか可愛いってなんですか、私は疑いの眼差しをですね」

律「うんうん、それで?」

梓「なんかその態度むかつくんですけど!」




198 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 12:08:56.99 ID:5gRU9qMq0

律「ごめんごめん。それにしても、なんでこっち見てたんだよ」

梓「別に、悪いことをしないか観察してただけです!」

律「悪いことって・・・」

梓「先輩こそ、寝息まで立ててたのに起きてたんですかっ」

律「本当に寝るための努力だって!」

梓「うんうん、それで?」

律「確かに、その態度ちょっとムカつくな」

梓「でしょう?」

律「でも私は本当だぞ?梓と違って」

梓「!?///」




200 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 12:10:39.85 ID:5gRU9qMq0

律「私の顔に何かついてたか?」

梓「つ、ついてないです」

律「じゃあなんで」

梓「やっぱりついてました」

律「なんだよ」

梓「目とか鼻とか」

律「はぐらかすなー!」

梓「別に!ちょっとかっこいいなーっと思って見てたたけじゃないですか!そんなに悪いことですか!」

律「なんだとー!悪いわけないだろ!寧ろ嬉しいし!」

梓「嬉しい!?そういう態度で相手を勘違いさせるんですよ!」

律「何言ってるんだよ!そりゃ褒められてる(?)んだから誰に言われても嬉しいけど、梓に言われたら3倍嬉しいっての!」




201 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 12:11:42.77 ID:5gRU9qMq0

梓「私だって最初は『ええー?律先輩?』と思ってたけど、やっぱりどう考えてもカッコいいんだもん!私一人で馬鹿みたい!」

律「なんだよ、さっきからその一方通行みたいな言い方!私だってなー!」

梓「なんですか!」

律「私だって、『やべー梓可愛い』とか思ってたらドキドキして寝れなかったんだからな!」

梓「なんですって!?やっぱりさっきのは狸寝入りだったんじゃないですか!」

律「悪いかよ!それで『梓の寝顔見たいなー』と思って目開けたら梓がこっち見てるからすごいビックリしたんだからな!」

梓「私だってびっくりしましたよ!」

律「いーや、私の方がビックリしたな!だいたいお前は可愛すぎなんだよ!」

梓「律先輩こそ、カッコよすぎです!そもそもそのカチューシャがいやらしいんですよ!」




203 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 12:12:38.71 ID:5gRU9qMq0

律「ツインテールのお前に言われたくない!」

梓「普段カチューシャしてる姿しか見てないから、たまに取ったところ見せられたら誰だってキュンとしますよ!」

律「梓だって人のこと言えないだろ!普段と髪ほどいたときのギャップが激しすぎてドキッとするだろーが!」

梓「え///」

律「え///」

梓「いや、その・・・///」

律「・・・」

梓「え、えーと・・・え?///」

律「い、いきなり冷静さを取り戻すなー!!///恥ずかしいだろ!///」

梓「いや、だって、よく考えたら私達・・・」




205 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 12:13:29.79 ID:5gRU9qMq0

律「///」

梓「割ととんでもないこと言い合ってませんでした?今」

律「・・・ああ、私もそう思う」

梓「どうしましょう・・・///」

律「えっと・・・、とりあえず、付き合うか?///」

梓「え、どうしてそうなるんですか」

律「え、どうしてそうならないんですか」

梓「え、え・・?///」

律「だって、梓は私のこと、好きじゃないのか?」

梓「いや、その・・・///」




207 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 12:14:10.47 ID:5gRU9qMq0

律「わ、私は好きだぞ。さっき確信したぞ」

梓「いや、私だって好き、ですけど・・・///」

律「じゃあいいじゃん」

梓「こんなことってあるんですか?」

律「うーん、普通ないな」

梓「なんか、悪い気が」

律「待て、お前は誰に遠慮してるんだ」




208 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 12:14:50.96 ID:5gRU9qMq0

梓「恋が上手く行っていない全ての方々」

律「・・・」

梓「主に、寂しいクリスマスを過ごした>>1とか」

律「言うな・・・あいつのことは言うな・・・」

梓「えっと・・・じゃあ、よろしくお願いします///」

律「あ、ああ!///」



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




209 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 12:15:31.36 ID:5gRU9qMq0


放課後の音楽室!


唯「おまたせー」ガチャ

澪「おー、遅かったなー?」

紬「りっちゃんと梓ちゃんは?」

唯「へ?知らないよー?」バタン

澪「あいつら、帰ったのかな?」

唯「でも、なんの連絡もなしに休むかな?」

紬「きっと待ってれば来るわよ」


ガチャ


律「おーっす!」

梓「こんにちは」




210 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 12:16:19.50 ID:5gRU9qMq0

澪「律!梓も!」

紬「さ、みんなお茶にしましょう?」

唯「そうだね!」

律「今日のお菓子はなんだー?」

紬「今日はガトーショコラよ♪」

梓「やった!私それ大好きです!」

律「おーそっか、よかったな」ナデナデ

梓「ちょナデナデとか恥ずかしいですってば///」デレデレ

唯「なんか二人ともラブラブだねー?」

紬「トゥラッタホウ!」

澪「」ビクッ




211 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 12:16:59.94 ID:5gRU9qMq0

澪「へ、変な奇声上げるなって!」

紬「ごめんなさい、激しく萌えたもので、つい☆」

澪「な、ならしかたがないな。それにしても・・・」

唯「その手、本当にどうしようか?」

律「ああ、これ?」

澪「そう、その手だよ。今日は部活休んで病院行って来たら?」

紬「先生には私からお話しておくわよ?(もっと拝んでいたけど、そろそろ潮時か・・・)」

梓「ありがとうございます。・・・でも、その必要はありません」

唯「ほえ?どういうこと?」




213 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 12:20:35.08 ID:5gRU9qMq0

梓「こういうことです」パッ

澪唯紬「へ!?」

律「保健室にマニキュアの除光液があってさー、それで取ったんだ」

梓「結構大変でしたよ」

律「まあ、今日ずっと保健室にいたから、時間はたっぷりあったんだけどな。でも、除光液なんかで本当にとれるんだな」

澪「ええええええ」

梓「私の豆知識のおかげですよ」

律「おばあちゃんの知恵袋かよっ」

梓「おばあちゃんって言うなですっ!でもそのおかげで取れたんだから感謝してください」

律「さっき思い出したくせに・・・」

梓「おばあちゃんの知恵袋にはところどころ穴が開いていて、ポロポロとそこから・・・」

唯「えっと、じゃあなんで・・・取れてたなら手繋ぐ必要なくなったんじゃ」

律「うーん、それはあれだよ、唯」

梓「ええ、繋ぎたいから繋いでたんです」

紬「・・・今なら空も飛べるはず」キマシタワー




215 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 12:21:28.19 ID:5gRU9qMq0
澪「つつ、繋ぎたいからって///お前ら///」

律「ううううるさいなー///別にいいだろっ」

唯「なんかこっちまで恥ずかしくなってきちゃったよ///」

梓「ちょっと、なんで唯先輩が照れるんですか」

律「そういうわけだから、これから梓に抱きつくときは私の許可取れよー?唯」

唯「ちぇー、いいもん。澪ちゃんもらっちゃうんだから」

澪「へ?///」

梓「澪先輩、顔真っ赤ですよ?」

澪「そそ、そんなことないって///」




216 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 12:22:10.05 ID:5gRU9qMq0

唯「あれー?澪ちゃん、まさかのウェルカム?」

澪「こら///からうな///」

紬「ああ最高。もう最高」ホワホワ

律「えーと・・・」ゴソゴソ

澪「って、律。机の中なんて探して、どうしたんだ?」

律「いや、昨日のプラモどこ?続きをやろうと思ったんだけど・・・」

梓唯澪紬「コラッ」



おしまい




218 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 12:24:19.30 ID:5gRU9qMq0
というわけで、おわり。
夜まで保守してもらうのもアレだから全部落としちゃったぜ。

・・・待ち合わせには遅刻確定したけどな・・・ww




223 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 12:28:55.60 ID:5gRU9qMq0
一応これで完結だが、もし続きというか、後日談みたいのが読みたければ悪いんだが保守してくれ。
夜には戻る。
保守してくれるなら律梓もので書くよ。初めて書いたんだけど、この二人、かなり書きやすいなwwさくさく進むwww
澪唯は・・・書かない書かない。書きにくそうだし。

それじゃ、ここまで付き合ってくれてありがとな。




228 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 12:47:20.10 ID:TVDC7LpdO
乙!
律梓もっと読ませろ!





260 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 20:39:28.11 ID:5gRU9qMq0


律の部屋

律「なんていうかさ、付き合う前から親公認ってすごいと思わないか?」

梓「通常ありえない展開ですよね」

律「なあ、私も梓のご両親に挨拶したほうがいいのか?」

梓「あ、是非やめてください」

律「『是非』って言っておいて、やめてとかっ」

梓「だって私の両親は律先輩には会わせにくいです」

律「へ?なんで?」




261 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 20:40:07.92 ID:5gRU9qMq0

梓「絶対律先輩が常識のない行動を取って印象悪くしますもん」

律「・・・」

梓「じょ、冗談ですよっ」

律「お、おう。ちょっと本気で考えたじゃないか」

梓「本当は・・・」

律「本当は・・・?」

梓「私の両親はほとんど家にいないんです」

律「旅行か」

梓「それは唯先輩でしょうが」

律「仕事か?」

梓「そうです。地方公演が多いんですよ、私の両親は」




262 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 20:41:30.54 ID:5gRU9qMq0

律「でも音楽に携わってるんだもんなー、すごいよな!」

梓「はい、そうですね」

律「なんか冷めてんなー」

梓「へ?そんなことないですよ」

律「嘘付け、じゃあなんか上の空だな?」

梓「先輩」

律「なんだよ」

梓「取って」

律「い・や・だ」




273 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 21:21:59.89 ID:5gRU9qMq0


梓「なんで」

律「なんで」

梓「ケチ。死ね」

律「ケチじゃないし死なないし」

梓「じゃあ帰ってください」

律「ここ私の家だから」

梓「じゃあ還って」

律「漢字変換がまた酷いぞ。土に還れってか」

梓「わかってるじゃないですか」




274 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 21:22:40.22 ID:5gRU9qMq0

律「だから、それはこの間約束しただろ?」

梓「交換条件ってやつですか?」

律「そうそう。な?」

梓「それは・・・お断りします」

律「え、なんで」

梓「だって・・・」

律「うん?」

梓「あの・・・私、髪ほどいたら少し澪先輩に似てません?」

律「・・・」

梓「先輩?」

律「お前ってナルシストだな!」




275 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 21:23:20.50 ID:5gRU9qMq0

梓「なんで!?」

律「だって『梓は澪が好きだった→だって澪が綺麗だから→髪ほどいたら梓は澪に似てる(?)→梓は綺麗』ってなるじゃないか」

梓「そういう意味で言ったんじゃないですっ!」

律「ほう?」

梓「だから、律先輩はどう思いますか?」

律「いや、そんな遠回しに言わなくても、梓は可愛いよ」

梓「そっちじゃねー!」

律「ひゃう」ビクッ

梓「だから、髪をほどいた私と澪先輩、似てると思いません?」

律「うーん、言われてみればちょっと似てるかもなー」




276 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 21:24:00.95 ID:5gRU9qMq0

梓「やっぱり」

律「なんだよ」

梓「律先輩って、本当に澪先輩のこと好きだったことないんですか?」

律「なんだよ、信じろよ」

梓「だって・・・」

律「え、もしかして髪をほどいた梓と澪を重ねてるとか思ってるの?」

梓「うぅ・・・」コクッ

律「アホかー!!澪と梓は全然別人だろ!それともなんだ!梓は澪の妹か何かか!?」

梓「違いますけど・・・」グスン




277 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 21:25:18.71 ID:5gRU9qMq0

律「なんだよ、泣くなよ・・・」

梓「だって、律先輩の傍にはずっとあんなに綺麗な人がいたんですよ・・・?」グスッグスッ

律「おい、梓ってば」

梓「気にするなっていう方が無理ですよ・・・」スンッスン

律「あーもう!」ギュッ

梓「!?///」

律「私は梓が好きなんだよ。梓と澪を天秤に掛ける様な真似は今までしたことないし、これからもするつもりはない!」

梓「先輩・・・!」

律「梓・・・」

梓「ってい!」ファサ

律「って、あー!私のカチューシャ!」

梓「ほっ」ポーイ

律「投げんなー!」




278 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 21:26:00.12 ID:5gRU9qMq0

梓「へっへっへ、泣き落としには相変わらず弱いですね、先輩」

律「お前・・・」

梓「やっぱり前髪下ろしたほうがいいですよ、うん」

律「騙したなー!」

梓「騙される方が悪いです」ヘヘン

律「このっ・・・!」

梓「えへへー律?」

律「なななんだよ///っていうかなんで呼び捨てなんだよ///」

梓「私、決めたんだ」




279 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 21:28:15.42 ID:5gRU9qMq0

律「なにがだよ///(何この呼び捨ての破壊力///)」

梓「律がカチューシャ外してるときは敬語使わないって」

律「へ、へ?///」

梓「あれ、駄目だった?」

律「だだだ駄目じゃないけど(やばい、普段とのギャップがすごい・・・///)」

梓「よかった」

律「なあ」

梓「ん?」




280 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 21:28:56.30 ID:5gRU9qMq0

律「(『ん?』とか言うなよ、可愛いな畜生っ!)さっきの、本音だろ?」

梓「さっきのって?」

律「澪の話」

梓「!?な、なんでですか、あんなの嘘ですよっ」

律「(敬語になってるぞー?)だって、目がマジだったもん」

梓「うぅー・・・」

律「そんで恥ずかしくなって誤魔化そうとしたんだろ?」

梓「ちょっと違います」

律「違うんですか」

梓「はずかしくなったんじゃありません。その・・・」




282 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 21:29:38.46 ID:5gRU9qMq0

律「ん?なんだ?」

梓「居たたまれなくなったっていうか、情けなくなったっていうか・・・」

律「へ?梓が?」

梓「はい・・・。なんでこんな小さなことで駄々こねて先輩を困らせてるんだろう、って思って・・・」

律「(うわやばい可愛い)」

梓「ちょっと、先輩。何か言ってくださいよ」

律「じゃあ一言言わせてもらう」

梓「あ、はい。どうぞ」

律「敬語に戻ってるぞ?」

梓「あ!」




283 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 21:30:20.00 ID:5gRU9qMq0

律「やっぱり慣れないのか?」

梓「そりゃ、慣れませんよ」

律「カチューシャ取ったときはタメ口でいくんだろー?頑張れっ」

梓「う、うん」

律「っていうか、なんでカチューシャ取ったときだよ」

梓「だって律、あんまり人前でそれ外さないじゃん」

律「まあ、基本的につけたり外したり忙しくするもんじゃないしな?」

梓「それでね、律がそれ取るときって、二人きりのときがほとんどでしょ?」

律「まあ、そうなるな」

梓「だから、他の人に聞かれてないならいいかなーって」

律「なるほど」




285 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 21:31:57.51 ID:5gRU9qMq0

梓「『二人でいるときは敬語使わない』なんて言っても、結構難しかったりするでしょ?」

律「確かになー、みんなといるときにぽろっと言っちゃったりしそうだな」

梓「だからカチューシャを目印にしたの」

律「よく考えたな」

梓「あと、もう一つ理由があってね?」

律「ん?」

梓「律ってなれなれしいでしょ?」

律「いや、のっけから酷いな」

梓「だから、人からもフレンドリーに接せられる方が好きなのかなーって思って」

律「スルーかよ。でも、それは当たってるかも。あまり他人行儀なのは嫌だな」




287 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 21:32:39.31 ID:5gRU9qMq0

梓「でしょ?だから、カチューシャを外してくれたときは律へのご褒美として敬語やめてあげるの」

律「結局そんな言い方に落ち着くんですか、あなたは」

梓「ん。だから感謝してね」

律「はいはい」

梓「もー何その言い方」

律「それはこっちのセリフだっつーの」ガシッ

梓「きゃ!?」

律「恋人に抱きつかれて『きゃ!?』はひどいなー?」スルスル

梓「ちょ、何してるの」

律「わかるだろー?」スルスル




289 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 21:34:26.80 ID:5gRU9qMq0

梓「あー・・・」

律「ほい、できた!」

梓「いきなり髪ほどかないでよー」

律「いいじゃんいいじゃん。可愛いよ」

梓「そ、そう///・・・って、あ」

律「な、なに?」

梓「律が強引に髪ほどくから・・・」

律「え、え?何?私そんなにまずいことしたか?」

梓「ほら、見て。結ってたゴムに髪の毛が」

律「へ?あ、ああ。ついてるな、2本くらい」




290 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 21:35:07.58 ID:5gRU9qMq0

梓「無理矢理取るから抜けたんだ・・・」

律「ええー!そんな乱暴にしてないぞ!?」

梓「・・・慰謝料」

律「なんでやねん」

梓「髪の毛1本につき、100万円を請求します」

律「お前の髪の毛どんだけだ」

梓「髪は女の命なのに・・・」

律「私が取る前から、抜けてた髪かもしれないだろー?」




291 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 21:35:48.78 ID:5gRU9qMq0

梓「いいえ、ブチってなりました。ヴチって」

律「いや、なんでウに濁点つけるんだよ。っていうか、それを言ったらさっき梓が私のカチューシャとった時だって髪の毛抜けたと思うんだけど」

梓「・・・」

律「なあ?」

梓「はい、この話はおしまい」

律「都合が悪くなると逃げる癖があるな?」

梓「いいから」

律「全く、私のお姫様はわがままだなー」

梓「ひ、姫///」

律「あ、そうだ」




292 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 21:36:29.12 ID:5gRU9qMq0

梓「なに?」

律「梓の真似をしよう」

梓「は?」

律「梓さん、喉渇きませんか?オレンジジュースがあるんですけど、飲みませんか?」

梓「へ?うん、ありがとう」

律「今お持ちしますね!」トントントン

・・・

・・・


律「お待たせしましたっ!」

梓「ありがとう」




293 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 21:37:09.77 ID:5gRU9qMq0

律「おいしいですか?」

梓「へ?うん、おいしいよ」ナデナデ

律「えへへーなでなでだぁー」デレー

律「って、おーい!!」

梓「ななんですか」ビク

律「つっこめ!」

梓「え、えーと、なんでやねん?」

律「そうじゃない!『なんで律が敬語使ってるの!』ってつっこめ!的確に!」

梓「ナンデリツガケイゴツカッテルノ」

律「棒読みぃぃぃ!」

梓「律は忙しそうだね」




294 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 21:38:04.93 ID:5gRU9qMq0


律「最初は『あれ?つっこまれない?』って思ったけど、『きっとノリつっこみなんだな、うん』って考えたんだよ!」

梓「あ、うん」

律「なのに梓は乗りっぱなしじゃないか!」

梓「えーと、ごめん」

律「なんで私が敬語使い出したことに対してスルーしたんだ」

梓「だって、なんか可愛かったんだもん」

律「///」

梓「律は、照れることに対しての沸点が割と低いよね」

律「うううるさい」

梓「私を見習って」




295 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 21:38:45.39 ID:5gRU9qMq0

律「梓、大好きだ」ズイッ

梓「///」

律「お前も人のこと言えないじゃん」

梓「うるさい」

律「よし、とりあえず落ち着こうぜ」

梓「そうだね」


・・・


・・・


律「なあ」

梓「んー?」

律「ちゅーしていい?」




302 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 21:58:25.69 ID:5gRU9qMq0


梓「うーん、駄目」

律「なんで!?」

梓「へ?なんで律にそんなことさせてあげなくちゃいけないの?」

律「いや、寧ろ私以外の誰とするんだよっ」

梓「そういう問題じゃないの。絶対駄目」

律「えーケチー」

梓「(言えない、恥ずかしいからだなんて言えない)」

律「私じゃ、駄目なのか?」ションボリ

梓「(律、顔近いって・・・!)」




303 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 21:59:06.51 ID:5gRU9qMq0

律「梓が嫌ならしないよ」シュン

梓「・・・」

律「・・・梓のばーか」

梓「馬鹿じゃないもん」

律「ばーかばーか」

梓「馬鹿じゃないって」

律「ばーか」

梓「馬鹿じゃないってーの!」パコン

律「いだ!?いって~・・・」サスサス




304 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 21:59:47.51 ID:5gRU9qMq0

梓「恥ずかしいから無理だって言ってんの、それくらいわかってよ!馬鹿なのは律の方じゃん!」

律「んな!そんなの言ってくれないとわかんないだろ!やっぱり梓の方が馬鹿だな!」

梓「なんですってー!」

律「このやろっ」ドン

梓「ちょ、ちょっと!」




308 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 22:09:24.84 ID:5gRU9qMq0

律「ごめん・・・本当にもう、我慢できないんだよ」チュー

梓「~~~!///」チュー

律「えっと、そのごめん・・・」プハッ

梓「馬鹿っ(恥ずかしくて死ぬかと思った・・・///)」ポカッ

律「あたっ。・・・うん、私、きっと馬鹿だと思う」

梓「へ?律?」

律「なんでかなー、梓のこと考えると、本当に頭の中がぐちゃぐちゃになっちゃうんだよ」

梓「それってどっちかっていうと付き合う前の段階で経験するものなんじゃないの?」

律「う゛・・・言うな」




312 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 22:37:45.38 ID:5gRU9qMq0

梓「だって事実だもん」

律「うー。とにかくな、私、なんでお前のことこんな好きなのか、自分でもわかんないんだよ」

梓「そんなものだよ」

律「そうなのか?」

梓「うーん、多分。きっと、そういうのって理屈じゃないよ」

律「そ、そりゃそうだけど・・・」

梓「だけど?」

律「それにしても梓は可愛すぎだろー!」ギュー

梓「ちょー!///」




313 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 22:38:30.68 ID:5gRU9qMq0

律「だいたい、なんでお前こんなに暖かいんだよー」スリスリ

梓「しし知らないよ///離して///」

律「ここで離したら怒るくせに」ニヤニヤ

梓「なんだ、わかってるんだ?」カァァ

律「生意気なー!」ギュー

梓「ちょっと、痛いよー///」

律「離して欲しくなったか?」

梓「・・・(ここで、素直にならないと・・・!)」

梓「は、離さないで・・・///」

律「!?///(予想外のリアクションだ!)」




314 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 22:39:15.55 ID:5gRU9qMq0

梓「でも、このままじゃ苦しいから、もうちょっと優しく、ね?///」

律「(うわ、やばい///////)」

梓「り、律?」

律「え、えっと///」

梓「・・・なに?」

律「お前は色々と反則なんだよー!」ギュー

梓「痛いってー!」


・・・

・・・


梓「ふー、こんなもんかな?」




315 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 22:39:55.77 ID:5gRU9qMq0

律「いや、マジでもうしません、勘弁してください」

梓「うん、そろそろ私の手が痛いもん」

律「私の頭はもっと痛い」

梓「ねえ」

律「何」

梓「あの時は勢いで付き合っちゃったけど、私・・・本当に律のこと、好きだから」

律「ななななんだよ急に///」

梓「うーん、なんとなく。伝えたくなっただけ」

律「そうか」

梓「(っていうかその横顔、本当に反則だってば・・・)」




316 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 22:40:36.22 ID:5gRU9qMq0

律「な、なんだよ」

梓「へ、へっ?」

律「視線を感じて見ると絶対梓と目が合うんだけど、なんでだろうな?」

梓「それは、私が律のことを見てるから、だよ」

律「だよなー」

梓「駄目?」

律「駄目じゃないよ」ジー

梓「って、なんでこっち見てるの?」

律「いいじゃん、見たいんだよ」

梓「いや駄目だよ」




317 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 22:41:22.99 ID:5gRU9qMq0

律「駄目なのかよ!」

梓「駄目に決まってるでしょ」ハァー

律「何その溜息!?」

梓「あんまり見られると・・・恥ずかしい///」

律「ほほう?じゃあずっと見ててやるよ」ジー

梓「見るなっつってんの」

律「なんだよ、いいだろー?」ジー

梓「いいけど駄目」

律「あーもう、このまま梓を食っちまいたいぜ」ニヤニヤ

梓「性的な意味で?」




318 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 22:42:03.40 ID:5gRU9qMq0

律「いや、カニバリズム」

梓「まさかの食人」

律「いや、嘘だよ」

梓「嘘つきは律の始まり」

律「いや、泥棒だろ」

梓「どっちも大して変わらないよ」

律「いや、変わって。そこは大して変わって」

梓「だって、私を食べたいって嘘ついた」

律「いや、食べたいって気持ちは本当だぞ?」

梓「さっき嘘って言った」




319 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 22:42:45.26 ID:5gRU9qMq0

律「それはあれだ、カニバリズムがってこと」

梓「なーんだ」

律「この気持ち・・・なんなんだろう」

梓「自分のことは自分で理解しといてよ」

律「う、ごめん」

梓「全くー」ブー

律「えっと、あのな。たまになんだけど・・・無性に、とにかく梓をどうにかしたい!って衝動にかられるんだよ・・・」

梓「律・・・それって、性欲じゃないの?」

律「え!?そうなのか?!」

梓「いや、わからないけど・・・可能性はあるよ?」

律「これ・・・そうなのかな?」




320 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 22:43:25.86 ID:5gRU9qMq0

梓「ねえ、私を見て、どう思う?」

律「可愛い」

梓「うん、知ってる///」

律「平静を装ってるけど照れてるな」

梓「いや分析しなくていいから」

律「ぶー」

梓「さっきも言ってたよね。『私のことが好き過ぎて、自分がわからなくなるときがある』って」

律「ああ、言ったな」

梓「なんていうか、どういうときにそう思う?」

律「梓が可愛いとき」

梓「///」

律「///」




321 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 22:44:08.15 ID:5gRU9qMq0

梓「えっと・・・///じゃあ、トイレのときのこと、覚えてる?」

律「えっと、私達が付き合うことになった日の、あれか?」

梓「そう、先生を遠ざけるために演技したでしょ?」

律「ああ、あれは忘れようとしても忘れられないだろうな」

梓「あの時、律の顔真っ赤だった」

律「ううううるへー!梓があんな声出すから・・・!」

梓「その時と私が可愛い時、両方比べてどう思う?」



律「」


律「あー・・・///」

梓「え、何?」




322 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 22:44:49.08 ID:5gRU9qMq0

律「ごめん、梓、今日は帰ってくれ」

梓「急になに?!」

律「いや、マジで」

梓「え、冗談じゃなくて?」

律「ああ、マジだってば」

梓「なんで、急に・・・」

律「ごめん、このままだとまずい」

梓「だから何が?」

律「・・・うー、言わないと駄目か?」

梓「決まってるだろ」




324 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 22:46:36.80 ID:5gRU9qMq0

律「・・・今な、頭の中で両方比べてみたんだけど・・・」

梓「うん」

律「同じなんだよ・・・」

梓「・・・うん?」

律「だから、感覚が全く同じなんだってば!」

梓「・・・」

律「耳がカァァっと熱くなる感じや、ドキドキする感じが!それで、なんていうか、居ても立ってもいられなくなるんだよ!」

梓「えーと、うん。知ってるよ」

律「」

梓「っていうか・・・そうだと思ったから聞いたんだけど」

律「じゃじゃあ、なおさら帰れよ!わかってるんだろ!」

梓「何が?」




325 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 22:47:17.26 ID:5gRU9qMq0

律「わ、私が梓にそういうことしたいって」

梓「えーと・・・したい気持ちはわかるけど」

律「なんだよ」

梓「できるの?」


律「」


律「・・・ううん、無理」

梓「じゃあ平気だよ。ゲームしたくてもコントローラーないと出来ないでしょ?それと一緒」

律「ぐ・・・」

梓「どうしたの?」




326 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 22:48:00.12 ID:5gRU9qMq0

律「なんか、すごい情けないぞ・・・?」

梓「だって律だもん」

律「なんだよー!」

梓「悔しかったらやってみなさいって感じだね」ニヤニヤ

律「するもん」

梓「え」

律「するぞ!」

梓「無理スンナ☆」




327 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 22:48:55.45 ID:5gRU9qMq0

律「無理じゃない!・・・梓、帰るなら今のうちだぞ?」

梓「えぇ!?え、えーと・・・その、いいよ///」カァァ

律「ほ、本当に?」

梓「うん・・・///」

律「そっか・・・///」


・・・

・・・


律「んで、ベッドに移動したわけですが」




330 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 22:54:50.54 ID:5gRU9qMq0

梓「えっと、私帰っていい?」

律「なななんで!?」

梓「だって、かれこれもう20分くらい経ってるんだもん」

律「別にいいじゃん。なんだ?見たいテレビ番組でもあるのか?」

梓「家に帰ってCD聴きたい」

律「いつでもいいじゃんそんなの!」

梓「だって・・・律がいつまでもヘタレてるから・・・」

律「はい、その通りでございます」シュン

梓「律のいくじなし」

律「う゛・・・」




331 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 22:55:39.74 ID:5gRU9qMq0

梓「もういい」

律「梓、ごめんってb」

ドサッ

律「へ?」

梓「律、忘れないでね。私にだって性欲くらいあるんだから」

律「~~~~!!//////」

梓「本当は律にしてもらいたかったんだけどな・・・」スッ

律「ひゃう!?」




337 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 23:01:36.17 ID:5gRU9qMq0

梓「ほっぺ触っただけじゃん。大げさだよ」

律「梓ぁ・・・なんか、いつもと目つきが違うぞ・・・?」

梓「うーん。なんかスイッチ入っちゃったかも・・・」

律「へ?」

梓「律のせいだからね?律があんなこと言い出すから・・・」

律「そ・・・そっか」

梓「でも、私も初めてだからちょっと不安」

律「う、うん・・・」




338 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 23:02:15.02 ID:5gRU9qMq0

梓「やめる?」

律「え・・・!?・・・続けてくれよ///」

梓「なーんだ、律も私にして欲しかったんだ?」

律「ち、ちがっ・・・!私はするつもりだったぞ・・・!」

梓「そっか、じゃあ今度ね、期待してるよ」

律「あ、ああ」

梓「ヘタレるなよ?」

律「はい・・・」

梓「じゃあ、するからね?///」

律「あ、ああ///」




339 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 23:04:45.58 ID:HLv2sjibO
あずにゃんがみおさんにみえてきた




340 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 23:05:11.40 ID:5gRU9qMq0
>>339
それは言っちゃだめだ





343 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 23:10:44.48 ID:HLv2sjibO
>>340
ごめんなさい





361 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/28(月) 00:32:09.12 ID:RzsoJvYI0

梓「こっち向いて」

律「見てるよ・・・///」

梓「目線だけじゃなくて・・・。顔も逸らしてないで、こっち向けて」グイ

律「う、うう・・・///」

梓「ちゅ・・・ちゅぱ・・・」

律「んっ・・・あず、さ・・・はぁん」

梓「りつ・・・んっ・・・」

律「ちょ・・・くるし・・・」プハッ

梓「律もエッチな顔になってるよ?」




362 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/28(月) 00:32:49.87 ID:RzsoJvYI0

律「ほえ?」

梓「たまにはこんな間の抜けた律も可愛いかも」

律「うううるへー年下に可愛いって言われる程落ちぶれちゃいn、ひゃ!?」

梓「ふふ、律って耳弱いんだ?」

律「し、知ら、ねーよ・・・///」

梓「さっきも耳で感じてたよね?」サワサワ

律「だから・・・覚えてねーよ・・・!///」

梓「ふーん?」ペロッ

律「やぁ!?」ビクン




363 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/28(月) 00:33:34.79 ID:RzsoJvYI0

梓「やっぱり弱いと思うけどな」

律「わ、わかったから・・・///」

梓「服、脱ごっか?」

律「う、うん・・・///」

梓「駄目だよ、全部脱いだら」

律「へ・・・?」

梓「はだけてる位の方が好き。あと、私が脱がしてあげるから律は自分で脱がなくていいよ?」スルスル

律「あぅ・・・うん・・・」プチプチ

梓「ブラのホックも外すね?」スッ

律「自分のことだけど、なんか・・・エロい・・・///」

梓「うん、そうだね・・・」




365 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/28(月) 00:34:17.05 ID:RzsoJvYI0

律「えい」スルスル

梓「え、ちょっと!///」

律「私ばっかり脱ぐなんて、不公平だぞ」プチプチ

梓「そ、そだね///」

律「はいできました。・・・続きどーぞ///」

梓「それじゃ、えーと」

律「ん?」

梓「こういうときなんて掛け声かけたらいいのかな?」

律「うーん?いただきますじゃないか?」

梓「あ、それすごくいい」

律「そーかよ」




366 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/28(月) 00:34:57.24 ID:RzsoJvYI0

梓「いただきます」

律「おう、おかわりしていいぞー、なんてな」

梓「ふーん、わかったよ」

律「いや、ノリだから気にしないでくれ・・・///」

梓「・・・律の胸、小さいね」クスクス

律「うわ、お前だけには言われたくねー」

梓「これじゃあ揉めないね?・・・でも、可愛いよ」クリクリ

律「ぁ・・・あずさ、そこ・・・・・らめぇ・・・///」

梓「なんで?こんなに硬くしてるのに、触ってあげないと可哀想だよ」クリクリ

律「ふぁ・・・ん・・・やぁ・・・!そんな、さわったら・・・!」

梓「そっかー、触らない方がいいのか、わかったよ」




367 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/28(月) 00:35:38.10 ID:RzsoJvYI0

律「ふぇ?」

梓「」パク

律「ふぁ!?」

梓「じゃあ、舐めて、あげるよ・・・んっ、ちゅぱ・・・」レロレロ

律「ちょ///それ・・・もっと、らめ、だって・・・///」

梓「なん、で?」チュパチュパ

律「んっ!ぁ・・・・・・くぅ・・・!か、感じ過ぎるよ・・・///」

梓「いいことだよ、うん」ハムハム

律「ちょ!か、噛まないでぇ・・・///」

梓「律って、ちょっとMっ気ありそうだね?」

律「そんな、こと・・・・・・ない・・・///」




368 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/28(月) 00:36:18.97 ID:RzsoJvYI0

梓「あるよ、ねえわかる?」ピト

律「ひゃう?!」

梓「ここ、もうグショグショだよ?」

律「~~~!!///い、言うなって・・・///」

梓「そう?じゃあもう一回言ってあげる。・・・律、濡れてるよ」

律「馬鹿野郎っ・・・//////」ハァハァ

梓「ねえ、もっと触っていい?」スルスル

律「い、言いながら、下着脱がせてんじゃん・・・///」

梓「うん、わかってると思うけど、律に拒否権はないからね?」

律「きょ、拒否なんて、しねーし///」

梓「律、可愛い・・・」キュンキュン

律「なぁ、梓・・・?」




370 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/28(月) 00:37:00.33 ID:RzsoJvYI0

梓「ん?」

律「もっと・・・して・・・///」

梓「」キュンキュンキュンキュン

律「な、なんだよぅ・・・」

梓「律、どこ触られてるかわかる?あのね、ここからおしっこ出てるんだよ?」ピトッ

律「~~~/////」

梓「指、動かすね」クチュクチュ

律「ちょ、やあ・・・ぁんっ・・・!あず、さ、待って・・・!」ゾクゾク

梓「律のここ、本当にすごいね。熱いのがいっぱい溢れてる・・・」クチュクチュ

律「ちょ・・・///」

梓「なに?」クチュクチュ




371 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/28(月) 00:37:41.07 ID:RzsoJvYI0

律「らめ・・・・・おかしく、なる・・・!そんな、触ったら・・・ぃ・・・ぁ!」

梓「律、今から言っておくね」

律「ぃ、や・・・ぁんっ・・・!」

梓「私、きっとおかわりする」

律「ほぇ・・・?んっ・・・・くぅ・・・!///」

梓「律の体全体が脈打ってるみたいだよ?」

律「あぁ・・・」ゾクゾク

梓「ねえ、もうイきそうなんでしょ?」

律「わっかん、ないって・・・そんなの・・・あぁ・・・!///」ゾクゾクゾク

梓「そう?我慢しないでね?」

律「いやあ!なんか、変っ・・・!あ、ああぁぁぁぁあ!」ビクンビクン




373 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/28(月) 00:38:22.45 ID:RzsoJvYI0

梓「・・・イっちゃった?」

律「だから・・・わかんないって・・・」

梓「嘘だよ、絶対分ってるくせに」

律「うぅ・・・うん///」

梓「おかわり、するね?」

律「へ?」

梓「だってまだ律の中、触ってないよ?」

律「だだだだ駄目だ!」

梓「えー」

律「それはまた今度!」

梓「なんだそれ」

律「こうたーい!」




380 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/28(月) 01:01:19.83 ID:RzsoJvYI0

梓「え」

律「ほら、交替だよ交替!」

梓「え、え?えー!?」

律「私ばっかりヤられてるの、やっぱ気に食わないぜ!」

梓「ちょっと待って」

律「いーや、待たない!」スッ

梓「ちょっ」

律「ブラは邪魔だけど、なんか可愛いから外さないで上にずらしておくな?」




381 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/28(月) 01:02:00.90 ID:RzsoJvYI0

梓「あう~///・・・す、好きにするです!」

律「おい、また敬語になってるぞ」

梓「そ、そんなこと言ったって、ひゃう!?」

律「梓のおっぱい美味しいな?」チュパチュパ

梓「ふわぁ・・・うる、さいです・・・///」

律「っていうか、梓の肌が美味しいのかも」

梓「へっ・・・?」

律「確かめよう、そうしよう」チュッチュ

梓「ちょ、何処舐めてるんですか・・・///」




382 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/28(月) 01:02:50.88 ID:RzsoJvYI0

律「うーん?お腹だけど?」

梓「変態、です・・・!///」

律「そうか?じゃあ、色んなところにキスされて喜んでる梓も変態ってことでいいんだな?」チュッチュッ

梓「馬鹿っ・・・///」

律「梓って本当に素直じゃないよな?・・・体はこんなに素直なのに」クチュ

梓「ふぁあ!?」

律「私にシてたときから、ずっとここ濡らしてたんだろ?」

梓「わ、悪いですかっ・・・!///」

律「まさか。全く・・・梓は本当に可愛いな?」スルスル

梓「やぁ・・・///」




383 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/28(月) 01:05:33.05 ID:RzsoJvYI0

律「梓、下着にいやらしい液体がついてるぞ?これなんだよ?」

梓「おおおしっこですよっ・・・!//////」

律「そっかー、おしっこかー。・・・なんか糸引いてるけど?」

梓「し、知るかですっ・・・!」

律「なあ梓」

梓「う・・・いいですよ、触って」

律「ううん」

梓「へ?」




384 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/28(月) 01:09:08.51 ID:RzsoJvYI0

律「触らない」レロ

梓「~~~~!!!////き、汚いよ・・・!?くぅん・・・!」

律「へへー、さっきのお返し。っていうか、汚いわけ、ないだろ?」チュパチュパ

梓「へ、変態・・・!」ハァハァ

律「変態で結構。・・・梓の体、やっぱ美味しいよ」

梓「はず、かしぃ・・・ってば・・・あぁ!・・・んっ、はぁ・・・!」

律「こっちはどうかな?」ズリュ

梓「~~~~~~!!!///」ゾクゾク

律「梓の中、温かい」

梓「そんな、ところに、舌・・・入れ・・・ないでぇ・・・本当に、おかしくなるぅ!」ゾクゾクゾク

律「おかしく?ははは。・・・なっちゃえよ」ズズズ・・・!

梓「やぁ!?吸っちゃらめぇ!」

律「なんだよ、気持ちいいくせに」




385 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/28(月) 01:10:07.38 ID:RzsoJvYI0

梓「らめらって・・・!ぅんっ・・・はん・・・!」

律「梓、そろそろ限界なんじゃないか?」

梓「先輩と一緒にすんなっ・・・///んっ・・・ああん・・・!」

律「今イかないと、もうしてやらないぞ?」

梓「ば、馬鹿っ・・・!///・・・う、あぁ・・・ああああぁぁぁぁ!!!」ビクンビクン

律「・・・梓、イったのか?」

梓「うるっさい、です・・・」

律「うーん、敬語の梓もやっぱ可愛いな」ギュッ

梓「あ、そうだ・・・敬語・・・」

律「いいよ。攻めてるときは梓の敬語聞いてたいかも」

梓「そ、そう・・・ですか?」




386 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/28(月) 01:12:22.69 ID:RzsoJvYI0

律「ああ。まあどっちも可愛いから好きだけどな。なあ、キスしていいか?」ギュー

梓「先輩・・・全く、いいに決まってますよ///」チュ

律「梓・・・」チュパ

梓「先輩、温かい・・・」ドキドキ

律「やーい」

梓「へ?」

律「梓ざまーみろ!」

梓「いや、何が!?」




388 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/28(月) 01:14:15.15 ID:RzsoJvYI0

律「私はさっきまで梓のアソコ舐めてたんだぞ?」

梓「ちょ・・・///それが何か?・・・って、あ!」

律「そう!梓は間接的に自分の愛液を味わったのだ!」ヘッヘーン

梓「・・・」プルプル

律「ささ、自分の愛液のお味は?どうでした?」インタビュー!

梓「ざけんなぁぁ!!」


・・・

・・・



律「梓、ちょっと、頭が痛いかなー?」




389 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/28(月) 01:15:05.25 ID:RzsoJvYI0

梓「自業自得だよ」

律「ひっでー」

梓「全く・・・せっかくいい雰囲気だったのに台無しだよ」

律「ま。私にはムードもへったくれもないからな」

梓「自分で言うな!」

律「でも、そんな私のことが梓さんは大好きです」

梓「言うな!」

律「あれ?私、なんか間違ってたか?」

梓「・・・合ってるよーだ」フンッ




392 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/28(月) 01:15:46.73 ID:RzsoJvYI0

律「いや、ふてくされるなよ・・・ほんっとに素直じゃないな、梓は」

梓「それでも好きなくせに」

律「ああ、好きだよ」

梓「~~~~~!///」

律「はっはっは、私は梓と違って素直だからな。そんなことじゃ照れないぜ」

梓「・・・本当に?」

律「う、ううっさい!///」

梓「で、明日休みだけど、どうしよっか?」

律「そりゃお前、セックス三昧だろ」




393 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/28(月) 01:16:28.07 ID:RzsoJvYI0

梓「だよね、私もそう思ってた」

律「いや冗談なんだけど!?」

梓「えー?」

律「あんなの一日中やってたら馬鹿になりそうで怖い・・・」

梓「いや、大丈夫だって」

律「いやだ、なんかちょっと怖いって」

梓「もー、わかったよ。じゃあ当分エッチはなし」

律「ちょっと待ったぁー!」

梓「なに?」




394 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/28(月) 01:17:10.49 ID:RzsoJvYI0

律「ちょ・・・ちょっとするっ」

梓「へ?」

律「だから、ちょっとはエッチするんだよっ!何回も言わせんな馬鹿っ///」

梓「///でも・・・ちょっとじゃ済まないかもよ?///」

律「うぅ・・・じゃあ、おかわりは2回までな!///」

梓「無理」

律「なんでだよっ」

梓「私育ち盛りだから。たくさん食べないと。ね?」

律「うー・・・///わ、わかったよ・・・」

梓「律も食べたかったらどうぞ///」

律「えー腹壊しそう」




395 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/28(月) 01:17:52.05 ID:RzsoJvYI0

梓「頭きた。もう知らん」

律「わー!ごめんなさい!照れ隠しだったんです!」

梓「あーはいはい」

律「ごめんってばー!」

梓「じゃあごめんなさいのチューしてよ」

律「いいぞ、さっきあんなことしたんだ、今更チューくらいどーってことないぜ」

梓「いいから早く」

律「・・・///」

梓「え、出来ないとか言わないよね?」




396 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/28(月) 01:18:32.71 ID:RzsoJvYI0

律「う~・・・///」

梓「まさか・・・」

律「」ギュッ

梓「へ!?///」

律「これで許して///」

梓「もう///・・・しょうがないから許してあげるよ///」

律「へへへ、梓ー?」

梓「ん?」

律「好きだぞー」ニカッ

梓「~~~!///だから、反則だってさっきから言ってるでしょーが!」

律「何が!?っていうかさっきから言ってないよな!?」

梓「ふとした表情が反則だって言ってないけど思ってたの!」

律「知るか!」




399 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/28(月) 01:26:13.26 ID:RzsoJvYI0

梓「だって本当だもん」

律「もーわかったよ。あのさ」

梓「ん?何?」

律「そろそろ寝ようぜ?ちょっと、疲れた・・・」

梓「ん、そだね・・・」

律「って、このまま寝ちゃうか?」

梓「制服、皺になるね・・・」




400 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/28(月) 01:26:53.27 ID:RzsoJvYI0

律「もう知らん。明日のことは明日考えようぜ?」

梓「うーん、賛成」

律「んじゃ、おやすみ」

梓「うん!おやすみ。・・・ねえ律?」

律「ん?」

梓「大好き」

律「馬鹿///・・・知ってるっての///」



おわり




403 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/28(月) 01:28:51.80 ID:RzsoJvYI0
っつーわけでおしまい!
お付き合いいただいてあざーした。

エロは書くまい書くまいと今までずっと避けてきたんだけど、ついに書いてしまった・・・。
エロ書くの下手だから微妙だったかも。すまん。

っていうか、自分、そんなに楽しそうか?ww
まあ、楽しくないとこんなこと何時間もやらないけどさw




410 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/28(月) 01:37:31.76 ID:r6YUM0d30

この組み合わせはなんだか新たな境地の様な気がした





433 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/28(月) 08:14:51.01 ID:BvpIgZmMP
>>1
ひゃああああああ!!ひゃひゃ!!
ひゃあああああああああああああ乙ひゃあああああああああああああああああ







この記事をリンクする?:


[ 2010/01/17 20:00 ] けいおん!SS | TB(0) | CM(7) | このエントリーを含むはてなブックマーク


律梓…革命的なSSだったな。
[ 2010/01/17 22:29 ] [ 編集 ]


リバありも良いですね
殻を破ってさらに生意気ぶりが増したあずにゃん可愛いです
[ 2010/01/17 22:56 ] [ 編集 ]


律梓最高すぎる

もっと増えてくれ
[ 2010/01/18 01:44 ] [ 編集 ]


マイナーカプいいな
[ 2010/01/18 02:11 ] [ 編集 ]


この作者には独特のセンスがあるよな。
タイトルがうろ覚えだが
澪「梓ってどんなパンツ履いてるんだ?」ってやつも好きだった。
[ 2010/01/18 16:02 ] [ 編集 ]


やっと律梓の時代が来るのか!?
あとやっぱ梓は敬語だから可愛いと思うんだ
[ 2010/01/21 03:55 ] [ 編集 ]


エイブなつかしいな
[ 2010/10/29 02:29 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

yamisoku

Author:yamisoku
けいおん系SSばっかりです。


ひさびさに左上更新してみましたw


とはいえ特に書く事もありませんが(笑)


このブログも開設から1年以上経過するんですね…


とりあえず「けいおん!!」のアニメが終わるまでは頑張って更新し続けたいと思います
2010年7月24日


TOP絵、リンク&RSS、まとめ依頼、募集中!↓


このブログについて

アクセスランキング
お世話になっているサイト様
SS
戯言ニュース
ニュー速VIPコレクション
はみ出者が見てたm9(^Д^)
糞虫の館
エレファント速報WLVS
世界一かわいいよ!
SSちゃんねる
SS速報

VIP
犬速VIP@わんわんおwww
ぐる速
ヒロイモノ中毒
フライドチキンは空をとぶ
ねとねた
hyukkyyyが見る2ちゃんねる
なんでも(=´∇`=)ちゃんねる
あじゃじゃしたー
じー速

ニュース
世界って広くね(;゚Д゚)
未定なブログ
とりのまるやき
Hyper News 2ch
デジタルニューススレッド
仰天ニュース( ;゚Д゚)
危ないニュース<キ`Д´>
日本語でおk
アゲハント最高!!
心ニュース
痛ニュー速報!
そら速
事故物件.com

まとめ
やる夫.jp
ニュースレ倉庫
New discovery
Newgle

日記
侮ログ
幸か不幸か家族計画
笑ってほのぼのとして軽く泣けるはなし(と不思議話と怖い話)
ムズ痒いブログ
出逢い系ちゃんねる

アニメ・ゲーム
To LOVEる -とらぶる- 考察
ゲハ速
てるぽんFLASH!
萌えるニュース
も・え・つー☆
あみみ

動画
YouTubeニコニコ日和

画像
ヴィブロ
気まぐれブログ
ナナ速
クマ速報

18禁画像
zipでやるお( ^ω^)
がぞー速報
画像スレとらのあな
エロの向こうがわ
セクシーニュース24
エロ画像速報
萌画VIP
ピーチ速報
zipからきました
AV女優おっぱいこれくしょん

18禁動画
えろどうが~無料エロ動画~
有料アダルトサイト比較


アンテナサイト
ショボンあんてな(´・ω・`)
2chnavi
2chまとめ
ブーンあんてな
まとめアンティーナ
もきゆ(´ω`*)あんてな


にほんブログ村 ネットブログ 2ちゃんねるへ

相互RSSサイト様
【SS宝庫】みんなの暇つぶし
たん速
ドルジ速報
マジキチ速報
ニュース2ちゃんねる
茶速
テラワロスVIP
音楽業界を目指す学生

相互リンク申請中


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アクセスランキング ブログパーツ