闇速

けいおん!系SSを中心に、2ちゃんねるからSSスレを独断と偏見でまとめてます。
最新ニュース

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




この記事をリンクする?:


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | このエントリーを含むはてなブックマーク

澪「梓ってどんなパンツ履いてるの?」 その1 

7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/02(土) 20:32:05.33 ID:odU0nVJP0
梓「はいっ!?」

澪「いや、だからパンツだよ」

梓「ななな何言ってるんですか///」

律「そーだぞ、澪!全く・・・梓はノーパンだもんな?」

梓「違います!」

唯「じゃあ履いてるんだ?」

梓「そ、そりゃ履いてますけど・・・」

澪「じゃあ教えてくれ、どんなパンツだ」

梓「ふふ普通のですよ!っていうかそれ聞いてなんだっていうんですかっ」

澪「参考にしようと思って・・・」

梓「はい?」

澪「だから、ライブのときの衣装の参考に、な」

梓「パンツの心配するよりも先に、シールドに足引っ掛けないように工夫した方がいいですよ」

澪「いや、あれはファンサービスだから」

律「澪の中で何かが吹っ切れたんだな?」


8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/02(土) 20:40:34.50 ID:odU0nVJP0
澪「ああ、この際だからライブの度に転んでパンツ見せようと思ってね」

律「澪・・・お前の将来が心配だ・・・」

梓「私も律先輩に同感です」

唯「でも面白そうだね~」

紬「駄目よ!!!!」

一同「!?!?!?」

紬「何考えてるのあなた達!」

唯「ほ、ほえ?」

紬「よく考えて!」

律「・・・いや、私だって賛成してないぞ?」

梓「わわ私も!」

澪「・・・そうだな、うら若き乙女がパンツを見せ付けるなんて、よくないよな・・・」

紬「そんなことはどうだっていいのよ!」

一同「いいのかよ!」

紬「だからよく考えて!このままの話の流れだと梓ちゃんがどんなパンツ履いてるのか有耶無耶になっちゃう可能性が高いわ!
だから、梓ちゃんがどんなパンツ履いているか確認してから次の話題に進むべきだと思うの!」




9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/02(土) 20:42:32.16 ID:odU0nVJP0
澪「ああ、そうだった!梓、梓は結局どんなパンツを履いてるんだ?」

梓「だからそんなの言えませんって」

律「言えないのかーじゃあ仕方がないな?」

唯「うん、そうだね」

紬「取るべき手段は一つ」

澪律唯紬「脱がしちゃえ」





梓「」




10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/02(土) 20:43:43.99 ID:9sleZawVP
あずにゃんは澪のパンチラ見て鼻血出す変態




11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/02(土) 20:46:14.89 ID:odU0nVJP0
律「抵抗しなければすぐだからな」

唯「あずにゃーん、おとなしくしててね?」

紬「REC●」

澪「痛くしないからな、安心しろ」

梓「いや、4対1って時点でかなり不安なんですけど」

律「う゛」

梓「っていうか、これはなんですか?イジメですか?イジメですね?」

唯「ちち違うよ!あずにゃん!みんなあずにゃんが大好きだよ!」

梓「じゃあどうしてこんなことするんですか」

澪「ごめん、確かに梓の言うとおりだ」

梓「澪先輩・・・!」

澪「ああ、わかったよ梓」

梓「よかった・・・!」

澪「4対1じゃ怖いよな、やっぱり1対1の方がいいよな」

梓「わかってない。お前は何一つ理解していない」




12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/02(土) 20:50:57.72 ID:odU0nVJP0
澪「うーん、じゃあ誰からいく?」

梓「待て人の話を聞けコラ」

律「やっぱここは澪からだろ」

梓「勝手言うなデコ」

唯「うんうん、やっぱり澪ちゃんからの方がいいよ!」

紬「もし澪ちゃんがやられちゃったら私達が頑張るわ!負けないで!」

梓「私はラスボスか」




13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/02(土) 20:54:21.67 ID:odU0nVJP0
澪「わかった・・・!私、行って来る!」

梓「だからなんでそっちが勇者側なんだよ」

律「梓のこんな淡々としたつっこみも珍しいな!」

唯「うんうん、いい感じだよ!あずにゃん!」

紬「澪ちゃん!GOよ!」

澪「よし、行くぞ梓」

梓「よし、来い!・・・ってなるわけないじゃないですか!」ダッ

唯「あ!逃げた!」

律「澪!追え!追うんだ!」

澪「待てー!」ダッ





14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/02(土) 20:59:35.40 ID:odU0nVJP0

梓(何考えてるんですか、あの人達は!!)タッタッタッ

梓(なんでよりによってノーパンの日にこんな・・・!)

梓「はぁっ・・・はぁっ・・・」

澪「待てー!梓ー!」

梓「誰が待ちますかっ!」

澪「愛してるから待ってくれ!」

梓「なんですかそれ!」

澪「なんとなく!止まってくれるかと思って!」

梓「おい!・・・それ、本当ですか!?」

澪「嘘に決まってるだろ!」

梓「最低だアンタ!」




17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/02(土) 21:10:28.16 ID:bPplCySQ0
>梓(なんでよりによってノーパンの日にこんな・・・!)

はいてないのかよw





16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/02(土) 21:07:09.47 ID:odU0nVJP0

澪「梓ー!ちょっとでいいんだ!パンツを!」

女子1「え、今・・・澪さんがパンツって言いながら走ってなかった?」

女子2「つくならもっとまともな嘘つきなさい」

女子1「本当だって!」

梓「澪先輩!」

澪「なんだ!止まってくれる気になったか!?」

梓「愛してるって言う相手・・・間違ってません?(こうなりゃヤケクソだ!)」

澪「なななななんのことだ!///」

梓「ほら、今からでも遅くないです!音楽室に戻ってあの人に言ってあげてくださいよ!(苦し紛れ過ぎる、私・・・)」

澪「ばかっ!そんなこと、律に言えるわけないだろ!」

梓「そこを頑張ってくださいよ!(って、律先輩のこと好きなのかよ!)」

澪「で、でも・・・」

梓「いいから早く!今頃律先輩と唯先輩がイチャイチャしてるかもしれませんよ!?(どうにでもなれ!)」

澪「なんだってー!」クルッ

澪「律ー!」タッタッタッ




18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/02(土) 21:12:01.38 ID:odU0nVJP0
梓「ぜぇ・・・はぁ・・・」

梓「澪先輩が・・・はぁっ・・・馬鹿で、よかった・・・」

梓「さて、と・・・」

梓(これからどうしよう・・・)

梓(家に帰ってパンツを履いてきて、それをみんなに見せる)

梓「ふふふ、完璧だ!」

梓「あ・・・家の鍵・・・部室だ」

梓(どーしよう!)

梓(こうなったら・・・!)ダッ




22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/02(土) 21:16:41.31 ID:odU0nVJP0
梓(ケータイは・・・)タッタッタッ

梓「よしっあった!」タッタッタッ

ピッピッピ

・・・

梓(お願い、出て!)タッタッタッ

憂「はいもしもし?」

梓(キター!)

梓「憂!今どこにいるの!?」

憂「私?私は家に」

梓「家にいるの!?」

憂「ううん、家に帰ろうと思ってたところ」

梓「じゃあ教室にいる!?」

憂「うん、いるよー」

梓「今から行く!待ってて!」ピッ

ツーツー




24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/02(土) 21:22:32.05 ID:odU0nVJP0

憂「あれ、切れちゃった・・・」

唯「どうしたの?」

憂「あのね、梓ちゃんから電話があったんだけど・・・」

唯「え!?あずにゃんから!?」

憂「うん、今からここに来るから待っててって」

唯「そうなんだ!ってことは・・・澪ちゃん、しくじったな?」

憂「黒い、今お姉ちゃんちょっと黒かったよ」




25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/02(土) 21:25:30.98 ID:odU0nVJP0

唯「あ、ごめんごめん!」

憂「で、どうしたらいい?」

唯「私教卓の下に隠れてるから、憂は教卓に鞄を置いて黒板に対峙するように立って!」

憂「うん?わ、わかったよ。でもなんで?」

唯「そうしたらあずにゃんは黒板を背に教卓に立つと思わない?」

憂「ああ、確かに!それで、どうするの?」

唯「それは見てからのお楽しみ!ほらっ、持ち場につこう!」

憂「うん、わかった!」


梓「憂!」ガラッ

唯(ギリギリセーフ!)

憂「梓ちゃん、どうしたの?」

梓「説明はあと!とりあえずパンツ貸して!」

憂「何言ってんの!?」




27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/02(土) 21:30:36.37 ID:odU0nVJP0

梓「いいから!先輩達が私のパンツを見ようと追い掛け回してるんだよ!」

憂「どういうこと!?」

梓「だからパンツ貸して!」

憂「いやいや、軽音部何してんの!?っていうか、なんで私にパンツ借りようと?」

梓「う゛、それは・・・(ノーパンだからなんて言えない)」

梓「今日のパンツ気に入らないんだよ!だからあまり見られたくないんだ!」

憂「いや、うん。そりゃどんなパンツだろうとあまり人には見られたくないよね」

梓「だから憂!パンツ貸して!お願い!」

憂「うーん(梓ちゃん、なかなか教卓に立たないなぁ・・・これは、立たせた方がお姉ちゃんのため、なんだよね?)」

梓「憂~・・・!」

憂「まあまあ、入り口に立ってないでこっちに来たら?そこに立ってたら先輩達に見つかりやすいでしょ?」

梓「言われてみればっ・・・!」

憂「そうそう、こっちにおいで」

梓「う、うん」トテトテ




30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/02(土) 21:35:30.46 ID:bPplCySQ0
流石憂、口が巧い




31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/02(土) 21:40:24.48 ID:odU0nVJP0

憂「ちょっと汗かいてるね?ずっと走ってきたの?」

梓「そうそう。・・・わぁ、ここに立つと先生になった気分だね」

憂「あははは」

梓「それで、憂?パンツをね」

唯「憂ナーイス!あずにゃんゲットー!」ガバッ

梓「うわぁぁぁぁぁ!??!?!」ゲシッ

唯「痛い!鳩尾にキックは痛い!!」

梓「なんで先輩がここにいるんですか!」

唯「痛い、痛いようあずにゃん・・・」

憂「梓ちゃん?今、お姉ちゃんに何をした?」ニコッ

梓「・・・(ヤバいっ!)」

憂「まさか、ビックリして反射的にお姉ちゃんの鳩尾に蹴りきめたりしてない、よね?」ニコッ

梓「まっまさか!私そんなことしてませんよね、先輩・・・!(殺される・・・!)」

唯「」チーン

梓「やべっ」




32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/02(土) 21:43:11.44 ID:odU0nVJP0
憂「あはははは、お姉ちゃん気絶してるねぇ?」ニコッ

梓「ちょ、違うよ、寝てるだけだよ、ね?」ガクガク

憂「それは苦しいんじゃない?」ユラッ

梓(こ、殺される!!)ダッ

憂「待て」ダッ




34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/02(土) 21:47:56.96 ID:odU0nVJP0
梓(なんでこんなことにー!!)

梓「やばいやばいやばい!」

梓(憂にだけは捕まっちゃ駄目だ!)

梓(誰にパンツ借りれば・・・!)

梓「・・・純!」

純「へ?ああ、梓。走りこみ?精が出るね」

梓「いいからこっち!」グイッ

純「へ!?」

梓「いいから!」

純「ちょっと!なんで私まで走らされてるの!」

梓「後ろ見て!」

純「後ろ・・・って、憂!?」

憂「あははは~♪・・・待てお前ら」

純「怖っ!」




36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/02(土) 21:53:03.09 ID:odU0nVJP0

梓「殺されたくないなら走って!」

純「私は無関係なんですけど!?」

梓「無問題(モーマンタイ)」

純「いや、意味わかんないって!」

梓「私と一緒にいるんだから純もついでにミンチにされるよ、既に手遅れだよ」

純「いや、今からでも遅くない!この先にある突き当たり、私は右に行くから梓は左に行って!」

憂「純ちゃんも同罪だよぉ~?」

純「思いっきり巻き込まれたぁぁぁぁ!」

梓「だから言ったじゃん、手遅れだって」

純「私何もしてないのに!」

梓「いいから逃げるよ!私が守ってあげる!」

純「都合のいい女だなぁおい!」




38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/02(土) 21:54:30.98 ID:z3WtEqRUO
憂ww




39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/02(土) 21:57:56.28 ID:odU0nVJP0
梓「純、いくよ!」

純「ああもう、こうなりゃヤケクソだよ!この突き当たり、どっちに行くの!?」

梓「真っ直ぐ!」

純「はぁ!?」

梓「行くよ!」

純「ちょちょちょ、嘘でしょー!?」

梓「歯食いしばってー!」

純「あああああ!」

バリーン!

憂「窓を割って逃げた、だと・・・!」

憂「・・・それにしても・・・梓ちゃん、パンツ貸してって・・・そういう意味だったんだね」

憂「そりゃ履いてなけりゃあんだけ焦るのも納得できるわ」




45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/02(土) 22:04:46.77 ID:odU0nVJP0

梓「いたたた・・・」

純「・・・梓、無茶しすぎだよ・・・」

梓「窓、思いっきり割っちゃったね・・・」

純「これ、弁償なのかなぁ・・・?」

梓「まあ、命にはかえられないよ」

純「そだね」

梓「ところで、純」

純「なに?」

梓「純をここまで引っ張ってきたのにはそれなりの理由があるんだ」

純「うん。逆に意味なく巻き込まれたとか私報われなさ過ぎでしょ」

梓「あのね・・・」

純「うん、どうしたの?」

梓「パンツ貸して!」

純「」




46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/02(土) 22:06:23.75 ID:odU0nVJP0
純「えーと、はい?」

梓「だからパンツ貸して!」

純「・・・」

梓「聞こえなかったかな、パンツを」

純「いや聞こえてる!聞こえてるよ!?」

梓「じゃあ返事して」

純「世の中には返答に困る問いかけってもんがあるんだよ」

ads by ドコイク?  戸建  マンション  賃貸  不動産




48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/02(土) 22:06:58.17 ID:z3WtEqRUO
純のパンツとか誰得…




49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/02(土) 22:08:53.21 ID:l/v9Iv3yP
>>48
ちょっとジャズ研行こうか





52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/02(土) 22:11:06.35 ID:odU0nVJP0

梓「純の意地悪」

純「いや、全然意地悪くないし!だいたい、なんでパンツ!?」

梓「軽音部の先輩がパンツ見せろって追い掛け回してくるんだ・・・」

純「それは・・・どうしてそうなった?」

梓「澪先輩がいきなりパンツどんなの履いてる?って」

純「こんなことになるくらいなら、こんなのですってそのときに見せればよかったじゃん」

梓「こんなことになると思わなかったもん!」

純「・・・とりあえず、今からでも遅くないから部室に戻ってパンツ見せれば?」

梓「それが・・・今日のパンツは微妙だから見せたくないんだ・・・」

純「そうなの?」

梓「うん・・・(言えない、ノーパンだなんて言えない)」

純「梓はかわいいから何履いても可愛いと思うよ?」

梓「いやいや、今日のは本当にキモいパンツなんだって」




53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/02(土) 22:16:15.35 ID:odU0nVJP0

純「キモいパンツって何」

梓「とにかく人様には見せられないようなパンツなの!」

純「うーん・・・じゃあさ」

梓「うん」

純「見せてみ?」

梓「・・・は?」

純「だから、どんなパンツ履いてるのか見せてみなって」

梓「いや、なんで」

純「私が自信を持って『可愛いよ!』って言ってあげるって。大丈夫」

梓「いや、ないない。だって絶対キモいもん」

純「強情だなー」

梓「いいから、だから、純のパンツ貸してよ!」

純「えー、無理だよ」

梓「なんで?」

純「だって私、今日ノーパンだし(無茶苦茶な嘘だけど、流石にパンツ貸すのは嫌だからしょうがない、よね?)」




55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/02(土) 22:21:30.06 ID:odU0nVJP0

梓「・・・へ?」

純「う゛・・・(やっぱこの嘘は無理あったか・・・)」

梓「純、ノーパンなの?」

純「えっと・・・(でも今更嘘でしたなんて言えない)」

梓「よかったぁー!!」

純「うん・・・って、はいぃ?」

梓「ノーパンなのって私だけじゃなかったんだぁ!」

純「そうそう、梓だけじゃって何ぃぃぃぃぃ!?」

梓「私ね、実は今日ノーパンなんだ!それで先輩達から逃げてきたんだけど・・・」

純「(こいつ・・・馬鹿じゃねぇの!?)」

梓「ノーパン人口って結構多いんだね!本当によかった!」

純「いや、ノーパン人口って何」

梓「いやぁ、それなら貸せないよね!だってパンツ履いてないんだもんね!」ウキウキ

純「あ、うん・・・(仲間を見つけたからか、嬉しそうな顔してるなー梓)」




59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/02(土) 22:28:18.39 ID:odU0nVJP0

梓「仲間を見つけたのは嬉しいけど・・・これからどうしよう・・・」

純「えっと・・・他に知り合いはいないの?」

梓「うーん、あとは・・・唯先輩の友達の和さんって人が・・・」

純「まだ学校にいるかな?」

梓「生徒会の人だから、多分まだ仕事してると思うけど・・・」

純「じゃあその人に頼るしかないんじゃない?」

梓「でも・・・あまり仲良くないし・・・」

純「事情を説明すればなんとかしてくれるよ」

梓「そうかなぁ?現実的じゃない気がする・・・それなら水泳部の方が・・・」

純「水泳部?」

梓「そう、きっと今の時間はまだ泳いでるから、更衣室に着替えが置いてあると思うんだ?」

純「いや、そっちの方が現実的じゃないでしょ!?」

梓「そうかなー?」

純「とりあえず、生徒会室行ってその和さんって人と話しなよ」




60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/02(土) 22:30:29.47 ID:odU0nVJP0
梓「うん、わかった。じゃあ行こっか」

純「へ?私はジャズ研に戻るよ?」

梓「はい?」

純「いや、いやいや」

梓「乗りかかった船、でしょ?」

純「えー」



純を連れてくor連れてかない
>>62




62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/02(土) 22:32:46.67 ID:/A3mlRry0
連れてく




65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/02(土) 22:37:56.17 ID:odU0nVJP0
純まさかの人気に吹いたww




純「わかったよ、一緒に行ってあげる」

梓「うん!さすがノーパン仲間だね!」

純「大きい声で言わないで」

梓「そっか!ごめん!二人だけの秘密だったね!」

純「あ、うん・・・(梓、本当に生き生きしてるな)」

梓「えっと、じゃあどのルートからいこうかな・・・」

純「体育館の前を通るか、理科室の前を通るか、だね・・・」

梓「理科室の前の方が人いなさそうだよね?」

純「うーん」



体育館の前を通るor理科室の前を通る
>>68




68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/02(土) 22:43:04.60 ID:/A3mlRry0
体育館




69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/02(土) 22:47:11.44 ID:odU0nVJP0
純「あえての体育館で」

梓「本当にあえてのだね。でもなんで?」

純「ほら、そろそろ文化祭が近いでしょ?だから体育館でリハーサルとかしてるかもよ?」

梓「なるほど。それで、体育館にいなかったら予定通り生徒会室に行けばいいか」

純「そういうこと」

梓「純ってたまに頭いいよね」

純「梓ってたまに一言多いよね」

梓「さっ行こう!」

純「はいはい」


・・・

・・・




70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/02(土) 22:48:17.48 ID:odU0nVJP0
そのころ



紬「さっき窓が割れたような大きな音がしたけど・・・なんだったのかしら?」

律「さあ?とりあえず梓探そうぜ」

紬「ねえ、りっちゃん・・・」

律「んー?」

紬「澪ちゃんを探した方がいいんじゃない?」

律「へ?なんで?」

紬「だって・・・音楽室に入ってくるなり、泣きながら走って行っちゃったでしょ?」

律「・・・へ?澪のヤツ、泣いてたか?」

紬「え」

律「え?」




71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/02(土) 22:51:19.09 ID:odU0nVJP0

紬「気付かなかったの?」

律「ああ、ごめん。気付かなかった・・・」

紬「そのあとすぐにりっちゃんが『探しに行こうぜ』なんて言うから、私はてっきり澪ちゃんのことかと・・・」

律「いんや、『澪は戻ってきたってことは失敗したんだなー、じゃあ私達の出番か!』って思って言ったんだよ」

紬「すれ違う幼馴染・・・悪くないわ・・・!」

律「まーた始まったよー」

紬「あら、ごめんなさい」

律「ま、いいけどな。事実だし」ボソッ

紬「へ?今何か」

律「いいい言ってない!///とりあえず、澪と梓探すぞ!」

紬「りっちゃん・・・適当に歩いて、どっちか見つかればいいや、って思ってるでしょ?」

律「うーん、あたり」

紬「他に方法もないし、そうしましょうか」

律「お、体育館でなんかやってるぞ!」

紬「何かしら?」




72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/02(土) 22:53:13.01 ID:odU0nVJP0
律「うーん、文化祭の打ち合わせじゃないか?」

紬「なるほど、じゃああそこにいるのは実行委員達ね?」

律「うん、多分」

紬「あれだけ人がいれば二人を見かけた人もいるかも」

律「お!そうだな!行ってみようぜ!」


・・・

・・・




73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/02(土) 23:04:36.10 ID:odU0nVJP0

梓「で・・・とりあえず体育館に来てみたけど・・・」

純「人はいるけど・・・和さんって人、いそう?」

梓「いそうなような、いなさそうなような・・・」

純「・・・。しょうがない、聞き込みでもしようか」

梓「そうだね」

純「すみませーん」

女子1「はい?」

純「和さんって人、見かけませんでしたか?」

女子1「和さん・・・あ、真鍋さんね?」

梓「はい!そうです!」

女子1「真鍋さんだったらステージの裏にいると思うわよ」

純「そうですか、ありがとうございました!」

梓「ありがとうございます!」

純「・・・案外簡単に見つかったね!」

梓「うん!」




74 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/02(土) 23:09:56.29 ID:odU0nVJP0

ステージ裏


梓「えっと・・・暗くてよく見えないや・・・」

純「あ、あのすみません」

???「はい?」

純「真鍋さんって方、いますか?」

???「あら、真鍋は私よ」

純「和さんですか!」

和「ええ、どうしたの?」

梓「用事があるのはわたしの方なんです」

和「あなたは、梓ちゃんじゃない」

梓「あれ、私のこと覚えててくれてたんですね!」

和「ええ、唯から話は聞いてるわ。どうしたの?」

梓「あの・・・パンツを」

和「え?」




75 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/02(土) 23:12:40.66 ID:odU0nVJP0

梓「だから、その・・・」

和「わかったわ。本当にいいのね?」

梓「へ?」

和「ふんっ」ドゴォッ!

梓「ぐはぁ!?!?」

純「」

梓「な・・・なん、で・・・?」ヨロヨロ

和「え、今パンチをって言ってたから・・・」

梓「パンチじゃなくて・・・パンツ、です・・・」ゼェハァ

純「梓、生きろ」

和「あら、ごめんなさい。でも、パンツ?」

純「そうなんです、梓は和さんにパンツを借りようとここまで来たんです」

和「」

和「はい?」




76 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/02(土) 23:15:19.39 ID:SBqQ9/u00
いきなり殴るとかwww




77 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/02(土) 23:17:31.40 ID:bPplCySQ0
和「ふんっ」ドゴォッ!

wwwww





79 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/02(土) 23:18:34.73 ID:9sleZawVP
和ちゃん、あなたは本当は心の優しい子じゃなかったのかよw




81 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/02(土) 23:22:29.60 ID:odU0nVJP0

梓「だから・・・パンツを貸してほしいんです、今日1日だけでいいんで・・・!」

和「それは、なんで?」

純「軽音部のみんなにパンツを見せろって追いかけられてるらしいんです」

梓「はい、それで、今日のパンツは可愛くないからみんなに見せられなくて・・・」

和「あの子達がやりそうなことね・・・。主犯は唯?それとも律かしら?」

梓「いいえ、澪先輩です」

和「なんと」

梓「みんなかなりノリノリで、それで、私逃げてきたんです」

和「そうだったの・・・」

梓「お願いします!本当に一生のお願いです!」

和「・・・しかたがないわね」




82 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/02(土) 23:26:37.23 ID:odU0nVJP0

梓「!?あ、ありがとうございます!!」

和「こんなのでよければ、どうぞ」







梓「」

純「・・・何このババアみたいな下着」

梓「純!シャラップ!」シッ

和「ふんっ」ドゴォ!

純「ぐはぁ!!!」

梓「・・・だから言ったのに・・・」

和「梓ちゃんは純ちゃんみたいなこと、言わないわよね?」

梓「えっと・・・(どうしよう、ノーパンの方がマシだ)」

和「梓ちゃん・・・?」ユラッ

梓「(ひぃぃぃ!)もちろん!ありがとうございます!感激です!」




85 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/02(土) 23:31:06.76 ID:odU0nVJP0

梓(これは・・・この場は借りてポケットに仕舞って置こう、うん)

純「かはっ・・・おぇ・・・!」ゼェハァ

和「そう?」スルスル

和「はい、どうぞ」

梓「あ、あとがとうございました!」

和「ちょっと待って。梓ちゃんの下着は?」

梓「へ?」

和「交換しないと、私ノーパンになっちゃうわ?」

梓「えええ・・・っと・・・」

和「ほら、早く」

梓「キモいパンツだから、誰にも見られたくないです・・・」

和「そう・・・しかたがないわね。今日はノーパンで過ごすわ」

梓「あ、ありがとうございます!」

梓(ああ!これで和さんの下着がババ臭くなかったら完璧だったのに!)




86 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/02(土) 23:36:22.13 ID:odU0nVJP0

和「それじゃ、頑張ってね」

梓「ありがとうございました」

純「ぐぇ・・・がはっ・・・!」

梓「・・・」

和「純ちゃんはここでしばらく休ませることにするわ」

梓「えっと・・・」

純(梓、置いていかないで・・・!殺される!)

梓「はい、純もちょっと疲れたみたいなんで、しばらく休ませてあげてください」

和「ええ、喜んで」

純(えええええ!?私にとっては全く喜ばしくないんですけどぉぉぉ!?)

梓「それじゃ!」

梓「純、ごめん。今度アイス奢る」ボソッ

純「(割に合わねぇぇぇぇ!!)」

・・・

・・・




88 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/02(土) 23:38:51.85 ID:wEStGaPJO
これぞけいおんSSって感じがするw




89 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/02(土) 23:40:57.07 ID:odU0nVJP0

律「うーん、いそうでいないな、二人とも」

紬「一筋縄ではいかないってワケね?」

律「どうしよう、一旦部室に戻るか?」

紬「うーん、もうちょっと探しましょう?」

律「って、あれ・・・?」

紬「どうしたの?」

律「今、ステージ裏から出てきたの、梓じゃないか?」

紬「えーと・・・そうね」

律「はっはっは!梓みーっけた!」ダッ

紬「あらあら」ウフフ

梓「!?律先輩とムギ先輩!?」

律「待てこらー!!」ダッ

梓「もー!なんなのー!」ダッ




90 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/02(土) 23:48:33.52 ID:odU0nVJP0
律「こらー!待てってばー!」

梓「次から次へと・・・!」

紬「うふふふふふふふふふふふふ」

梓「ムギ先輩怖っ!」

律「パンツ見せろー!」

梓「いやなこった!」

律「パンツくらいいいだろー?」

梓「駄目です!駄目ったら駄目です!」

律「細かいことは気にスンナ☆」

梓「全っ然細かくねぇです!」

律「梓ー!私の方が足速いこと、忘れんなよー!?」

梓「げっ!」

紬「うふふふふふふふふふふふふふ!」

梓「お前は日本語喋れよ!さっきから怖ぇよ!」




92 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/02(土) 23:56:45.38 ID:odU0nVJP0

律「よっしゃ!!!」ガシッ

梓「きゃっ!?」ガクッ

律「捕まえたぜ!」

紬「りっちゃんナイス!」

梓「は、離せです!」

律「いやなこった!」

梓「いやー!いやー!」

律「なんだよ、スカートめくるだけだって!」

梓「それがイヤだって言ってるんですよ!」

紬「梓ちゃん、乙女には乗り越えなきゃいけないことがあるの!」

梓「パンツ晒されるのが乙女の務めだと言うなら今すぐ乙女なんてやめてやる!」ジタバタ




93 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 00:01:10.01 ID:+8cQRSbd0

律「いいから!観念しろ!」

梓「律先輩!」

律「なんだよ!」

梓「澪先輩とは話しましたか!?」

律「話してねぇよ!」

梓「なんですって・・・!話して!そして離して!」

律「いやなこった!」

梓「早く行かないと!」

律「なんだよ!」

梓「手遅れになります!」

律「澪とは後で話すよ!」

梓「後でじゃ駄目です!」

律「なんでだよ!」

紬「そうよ!りっちゃん!やっぱり澪ちゃんを優先しましょう!?」

律「ムギまで何言ってんだよ!」




95 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 00:07:12.57 ID:+8cQRSbd0

梓「ムギ先輩の言うとおりです!急ぐです!」

律「そんなこと言って逃げようとしてんだろ!」

梓「何言ってるんですか!今すぐ澪先輩を探してください!」

律「こ と わ る !」

梓「律先輩のわからずや!」

律「大体、なんでそんなに早く澪と話しなきゃなんないんだよ!」

梓「それは私の口からは言えません!」

紬「りっちゃんだって本当はわかってるんでしょう!」

律「なっ・・・!」

梓「そんなに私のパンツがみたいならいいですよ!私はここで待ってます!」

紬「!?」

梓「だから早く行ってあげてください!」

律「くっそ~・・・!わかったよ!///」

紬「りっちゃん、私も一緒に探すわ!」

律「おう!じゃあ見つけたらケータイに連絡してくれ!」




96 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 00:08:40.78 ID:XjSL/uXpP
この戦いに終わりはあるのかw




97 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 00:09:05.65 ID:+8cQRSbd0

梓「・・・ケータイ持ってるなら澪先輩に電話しればいいじゃないですか」

律「あ、そうか」

紬「それもそうね」

梓「ほら、早く」

律「う・・・わかったよ、あとでな」

梓「なんで」

紬「澪ちゃんとの会話、聞かれるの恥ずかしいとか?」

律「ままままさか!///」

梓「じゃあ早くかけて下さいよ」

律「わ、わかったよ!」




98 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 00:11:26.39 ID:+8cQRSbd0

律「うぅ・・・///」

プルルルル・・・

只今電話に出ることが出来ません・・・


律「なんだよ!」

梓「あちゃー」

紬「やっぱり足で探すしかなさそうね」

律「ちきしょー!」ダッ

紬「じゃあ私はこっちね」ダッ

梓「・・・」

梓「・・・」

梓「行ったか・・・?」

梓「逃げろー!」ダッ




99 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 00:16:00.31 ID:+8cQRSbd0

梓(本当に待ってるわけないでしょっ!)

梓(あの時はその場しのぎだったけど、律先輩と澪先輩、ひょっとしたら・・・)

梓(・・・まさかね)

梓「あ、あれは・・・!」

さわ子「あら、梓ちゃんじゃない、そんなに急いでどこに行くの?」

梓「そ、それは・・・」

さわ子「音楽室に行っても誰もいないし」プンプン

梓「あ、先生も音楽室行ったんですか」

さわ子「ええ、お菓子を食べて元気を出そうと思ってね」

梓「そ、そうですか・・・それじゃ、私、急いでるのでこれで」

さわ子「ちょっと待って?」

梓「はい?」

さわ子「梓ちゃんのパンツ、見せてくれる?」

梓「きゃー!!!」




102 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 00:21:25.01 ID:+8cQRSbd0

梓「先生!離してください!」

さわ子「あらやぁだ、梓ちゃんったら」クスクス

梓「なんですかっやめてくださいよ!」

さわ子「先生はお見通しよー?」

梓「何がですか?」

さわ子「あなた、ノーパンでしょう?(なーんちゃって)」ニヤニヤ

梓「わわわ、わかってるなら離してください!」

さわ子「って、え!?マジで!?!?」

梓「うわー!カマかけられたぁ!最低だぁぁぁ!!」

さわ子「あ、梓ちゃん!」

梓「な、なんですか!」

さわ子「あなたのスカートの中・・・なおさら見たいわ!」

梓「この変態!」ゲシッ!

さわ子「いたー!!脛にキックは反則じゃない!?」ドサッ

梓「ふんっ」




104 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 00:26:13.41 ID:+8cQRSbd0


さわ子「いや、マジで・・・痛い・・・」ゴロゴロ

梓「セクハラ教師に制裁です」

さわ子「このぉ・・・今度のライブで恥ずかしい格好させてやるぅ・・・!」

梓「言ってろです。それじゃ」ダッ


・・・

・・・




105 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 00:32:33.20 ID:+8cQRSbd0

そのころ


律「澪・・・!!」タッタッタッ

律(こんな時、お前がどこに行くか・・・なんとなくわかるぜ!)

律(歌詞が上手く書けないとき、ベースの構成に悩んだとき・・・)

律(いつもあそこで一人考えてよな・・・)

律「そう、屋上で」

律「澪、今すぐ行ってやるからな。笑って、抱きしめてやる。そんで、必要なら頭も撫でてやる」

律「だから、待ってろ」タッタッタッ


プルルルルル


律「ん?電話だ」

律「もしもし?」

紬「あ、りっちゃん?澪ちゃん見つかったわよ!教室にいたわ!」


律「」




106 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 00:33:50.36 ID:XjSL/uXpP
律wwwwwwww




108 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 00:34:54.75 ID:mvqBWd2q0
りっちゃんwww




109 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 00:35:55.81 ID:bf+ctL2M0
折角いい話っぽかったのにw




110 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 00:38:28.75 ID:+8cQRSbd0
律「・・・私って、一体・・・」

律「いいや、行こう・・・」トボトボ

・・・

・・・


律「澪!」ガラッ

澪「律ぅ・・・」グスッ

律「あの、ムギは四つん這いになって何をしてるんだ?」

紬「」

澪「よくわからないけど、『私は今机なの。だから私のことは気にしないで』だってさ」

律「いや、無茶苦茶気になるっつの」

紬「」

澪「ムギはこうも言ってたよ。『完璧なる擬態よ』って」

律「いや、こいつは完璧なる変態だろ」

紬「」ハァハァ

律「息を荒げるな、息を」




113 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 00:43:54.66 ID:+8cQRSbd0

澪「ムギもそう言ってるんだ、気にしないで話をしよう」

律「え、えー・・・だってこいつ今変態って言われて喜んだんだぞ?気になるって・・・」

紬「」

澪「いいから!私は律に言いたいことがあるんだ!」

紬「怒られてやんの」プーwクスクス

律「誰のせいだ誰のー!」

澪「なあ律・・・」

律「ちっ、わかったよ。変態のことは無視っ!ここには私と澪しかいません!これでいいだろ?」

澪「ああ、変態は無視だ」

紬「」ハァハァ

律「・・・無視だ!無視しろ私!」

澪「それで・・・話っていうのはだな・・・」

律「ああ、なんだ?」




117 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 00:53:00.36 ID:+8cQRSbd0

澪「律・・・その、愛してる」

律「は、はぁ?///」

紬「」ガタガタ

澪「だから、その・・・」

律「いやいや、聞こえてたけど!///な、何言ってんだお前///」

紬「」ガタガタ

律「変態は無視!」

澪「ああ、無視だ。私な、本当に律のことが好きなんだ・・・」

律「・・・もちろん、そういう意味で、だよな?」

澪「あ、ああ・・・///」

紬「」ガタガタ

律「こら、机、うるさいぞ」

紬「」ハァハァ

澪「黙れ、キモいぞ」

律「ああ、キモい」




120 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 00:58:09.87 ID:+8cQRSbd0

紬「」シュン・・・

律「えっと、それで・・・?」

澪「それでって言われると困るんだけど・・・気持ち悪いとか・・・?」

律「思わなねぇよ、全然」

澪「本当か?」

律「ああ、むしろ嬉しいよ」

澪「ほ、本当か!?」

律「・・・ああ」

澪「じゃ、じゃあ・・・」

律「待てよ。私にも言わせてくれ」

澪「・・・?」

律「澪、好きだよ」

澪「・・・!」

律「本当に、大好きだ」

紬「」ガタガタガタガタガタガタ




123 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 01:03:22.10 ID:+8cQRSbd0

澪「り、律・・・///」

律「もう言わないからな!?///」

澪「うぅ・・・わかったよ・・・」

律「今日は、な///」

澪「へ?///」

律「どうしても聞きたくなったら、また言ってやるってば///でも、今日はもう恥ずかしいから言わない///」

紬「トゥラッタホォォォウ!」ガコンガコン!

律「机うるさいぞ!」

紬「」シュン・・・

澪「さっきな、ムギと律が仲良さそうに喋ってるの見て、怖くなって逃げ出したんだ・・・ごめん」

律「へ?私が変態机と仲よさ気にするわけないだろ?」

澪「言われてみてばそうだよな」

律「もう、澪は可愛いなぁ」ナデナデ

澪「ちょ///恥ずかしいってば・・・///」

紬「」シュン・・・




126 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 01:06:03.55 ID:JFwyetnl0
ムギから変態とったら眉毛と札束しか残らんやろ




130 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 01:08:49.89 ID:+8cQRSbd0
律「なあ、澪?」

澪「ん?」

チュッ

律「ほ、ほら行くぞ///」

澪「////////」

律「澪ってば///」

澪「あ、ああ、うん///」

紬「」バラバラ・・・

律「変態机が!!澪!」

澪「ああ!大変だ!歓喜のあまりに変態机が崩壊したぞ!」

律「・・・どうする、これ」

澪「どうするって言ってもなー・・・このままじゃバラバラ死体じゃないか」

机「思い残すことは、ない・・・」

律「だってよ」

澪「じゃあとりあえずみんなのところに戻ろうか」




131 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 01:12:49.93 ID:+8cQRSbd0

律「ああ、そうしよう。あとさ」

澪「何?」

律「ライブの度にパンツ見せるとか、嘘だよな?」

澪「さっきも言ったけど、そんなことはしないよ」

律「ならいいんだ・・・」

澪「律、もしかして」

律「私の澪だもん、他のヤツに見られたくないよ・・・///」

澪「そ、そっか///そうだよな、ごめん///」

律「いや、いいんだ。戻ろうぜ」ガラガラ

澪「ああ」バタン



紬「百合パワーで復活」シャキーン

・・・

・・・




136 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 01:16:47.83 ID:SCsjfvNN0
引き戸なのかドアなのかどっちだよwwwwwww




134 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 01:15:14.92 ID:+8cQRSbd0
そのころ


梓「これで、よし。コンビニで可愛い下着買ってきたし、完璧!」

梓「これならみんなに見せても恥ずかしくないよね・・・?」

梓「それにしても、財布取りに戻った時は緊張したな・・・」

梓「誰もいなかったけど、みんなまだ私のこと探してるのかな・・・?」

梓「まあいいや、部室に戻ろう。それで、可愛い下着をみせびらかしてやるんだ!」




137 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 01:18:57.53 ID:+8cQRSbd0

梓「戻りましたー・・・」ガラッ

律「おおー!梓か!遅かったな!」

澪「おかえり」

紬「今お茶入れるわね」

唯「もー、さっきのキック、結構効いたからねー?」

さわ子「あら、唯ちゃんも蹴られたの?私も梓ちゃんに蹴られたのよ」

唯「えーさわちゃんも!?もーあずにゃんってば、足癖悪いー」

梓「えっと、すみませんね」

律「まあいいや、とりあえずお茶だ!」

紬「はい、どうぞ」コトッ

澪「うーん、やっぱりムギの入れるお茶は美味いなー」

律「さっきまで変態机だったけどな」

さわ子「角オナニーですね、わかります」

梓(あ、れ・・・?誰もパンツの話題を振ってこない・・・?)」




142 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 01:22:54.98 ID:+8cQRSbd0

律「そうだ!」

梓(やばい!くる!)

律「みんな聞いてくれ!」

唯「どうしたのー?」

律「私達な、付き合うことになったんだ!」

梓「・・・」

さわ子「嘘!?おめでとー!」

紬「おめでとう!by机」

律「おう、ありがとう!」

澪「えへへ///」

梓「えっと、おめでとうございます」

律「おう、梓も。ありがとうな」

唯「じゃあハネムーンだ!」

澪「ちょっと///気が早いぞ、唯///」

梓「・・・」




147 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 01:29:45.43 ID:+8cQRSbd0

律「これからもよろしくなー澪」デレデレ

澪「ちょっと、くっつくなよ、はずかしいだろ」イチャイチャ

梓「・・・」

さわ子「あら、梓ちゃん、どうしたの?」

梓「ざけんなぁぁぁぁ!!!!」

一同「!?」

梓「なんなんですかっ!先輩達がしつこくパンツパンツって言うから頑張ってパンツ調達したのに!

梓「和さんのババ臭い下着借りたり大変だったんですから!それで最終的には可愛いパンツ買ってきたのに!」

梓「それが用意したら用意したでもうみんなパンツのことなんか忘れてるし!?」

梓「ざけんなっ!」

唯「待ってあずにゃん!」

梓「なんだよ!」

唯「パンツの件で言いたいことがあるんだよ!」

梓「あぁ!?言ってみやがれ!」




148 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 01:34:14.51 ID:+8cQRSbd0

唯「あずにゃんのノーパン、下から見たら大迫力だったよ!」

梓「ざけんなぁぁぁ!!////」

梓「なんでノーパンだったってばらすんだよ!お前馬鹿じゃねぇの!?」

律「え!?ノーパン!?」

澪「そりゃあれだけ逃げ回るワケだ」

紬「いや、全然ありっしょ」

唯「はぅ!?せっかく褒めたのに・・・」

梓「しかもあれで褒めてたのかよ!」

唯「うん、大絶賛のつもり」

梓「えっ・・・///」




150 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 01:35:44.45 ID:+8cQRSbd0

唯「あずにゃん、まだ生えてないんだね?」

梓「そ、それが何か?///」

唯「ううん、期待通りで嬉しかった」

梓「そんな///先輩・・・///」

律「」

澪「」

紬「」

さわ子「え?みんな四つん這いになってどうしたの?」

律「いいからさわちゃんも」

さわ子「こう?」

律「私達は」

澪「今から」

紬「机です」

さわ子「(何これ)」




151 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 01:38:30.33 ID:+8cQRSbd0

律「」

澪「」

紬「」

さわ子「」

梓「何このシュールな絵」

唯「きっと、みんな私達に気を使って机になりきってくれてるんだよ」

梓「あ、そうですか・・・」

唯「ねえあずにゃん?」

梓「なんですか」

唯「ノーパンはよくないよ」

梓「そんなの私の勝手じゃないですか!」

唯「あずにゃんは私のこと、好き?」

梓「へ、へ?///」

唯「私のことが好きなら、ノーパンはやめてほしいな?」




152 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 01:40:00.70 ID:bf+ctL2M0
紬「いや、全然ありっしょ」

ムギw





153 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 01:41:10.17 ID:QK70Yzgh0
なにこれこの変態共




155 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 01:45:14.24 ID:+8cQRSbd0

梓「な、なんでですか」

唯「私ね、あずにゃんのチョメチョメがみんなに見られるかもしれないなんて、嫌なんだ」

梓「・・・///」

律澪紬さわ子(チョメチョメって、あんた・・・)

唯「だから、それを隠すためにもパンツは履いて欲しいな?」

梓「唯先輩・・・///」

唯「駄目かな・・・?」

梓「し、しかたがないですね///」

唯「本当に!?やったぁ!あずにゃん大好きぃ!」ギュー

梓「ちょっちょっと///先輩///」

紬机「キス」ボソッ

梓「へ?」

紬机「キスしなさいっ」ボソッ

梓「お前、変態キャラだからって何言ってもまかり通ると思うなよ?」




157 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 01:49:30.84 ID:+8cQRSbd0

紬「」シュン・・・

唯「いいじゃん、しようよ」

梓「へ、へ?///」

唯「いや?」

梓「いいいいやじゃないです!」

唯「へへー、じゃあ決まり!」

梓「は、はい・・・///」

紬「」ガタガタガタガタガタ


チュッ


梓「///」

紬「」ガコン!ガコン!

梓「うるさい、机の分際で」

紬「」シュン・・・




159 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 01:55:02.57 ID:+8cQRSbd0
次の日


梓「おはようございます」

唯「おはよう!今日は?パンツ履いてきた!?」

梓「もちろん!ばっちりです!」

澪「おー二人ともおはよう!」

唯「澪ちゃんおはよう!りっちゃんも!」

律「おう、おはよ」

澪「ところで梓、パンツ履いてきたか?」

梓「ええ!今日はフリフリのレース付きですよ!」エッヘン!

唯「もー!あずにゃん可愛すぎ!」ギュー

梓「・・・あれ、ムギ先輩は?」

律「ああ、ムギなら昨日梓と唯のキス拝んでからバラバラになって、そのままだよ」

梓「」



おわり




160 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 01:55:56.56 ID:+8cQRSbd0
っつーわけでおしまい。
乗っ取りで書いたの初めてだったからか、上手く落とせなかった・・・。




161 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 01:56:31.29 ID:mvqBWd2q0
誰か忘れていませんか?




162 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 01:57:05.02 ID:BlzTtV5P0
純・・・




164 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 01:58:00.62 ID:e2TxtApB0
和…




167 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 01:59:47.82 ID:60SW+jLjP
あぁ…わ…純…




170 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 02:08:57.20 ID:JFwyetnl0
いやケチつけたみたいですまんかった
かなりの良作でしたわ
お姉ちゃん取られた憂もバラバラになってそうやな





172 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 02:16:23.80 ID:+8cQRSbd0
>>170
そっか、サンキュ。
お姉ちゃん取られた憂はバラバラになるっていうよりも、あずにゃんをバラバラにすると思う。





185 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 12:03:53.17 ID:mcUkpzrqO
唯梓は正義




190 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 14:07:05.63 ID:+8cQRSbd0
もう一本くらい書きたい。
っつーわけでタイトル(お題)Please




191 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 14:12:33.37 ID:/SsSvqG7P
律「梓ってどんなパンツ履いてるの?」




192 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 14:13:34.55 ID:+8cQRSbd0
>>191
wwwwwwwwwwwwwwww





196 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 14:22:01.69 ID:+8cQRSbd0
えっと、マジで>>191で書くのか?w




201 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 14:55:51.73 ID:+8cQRSbd0

律「なー梓?」

梓「はい?」

律「梓ってどんなパンツ履いてるの?」

梓「・・・はい?」

律「だから、どんなパンツ履いてるの?」

梓「・・・セクハラですね、わかります」

律「え!?ガールズトークの一種だろっ!?」

梓「先輩はどことなく男っぽいからガールズトークには混じれません」

律「ひでぇ・・・」

梓「そして、ここは女子高です。先輩はどちらかと言うと男役です」

律「そ、それがどうしたんだよ」

梓「教師(オッサン)が私に『どんなパンツを履いてるの?』なんて聞いたら、どう思いますか?」

律「・・・セクハラだな、確実に」

梓「そうです。それと一緒です」

律「一緒じゃねーし!」




202 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 14:57:31.94 ID:+8cQRSbd0

梓「いいえ、一緒です」

律「確かに私は男っぽいかもしれないけど、女だぞ!」

梓「・・・証拠は?」

律「え・・・えぇぇ~・・・?」

梓「証拠がないならやっぱりセクハラです」

律「ここの生徒ってことが証拠だ!さっき梓も言っただろ?ここは女子高だって!」

梓「確かに、言いましたね」

律「じゃあそれが証拠だ!」

梓「う゛・・・でも問題は他にもあります」

律「なんだよ」




203 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 15:00:59.46 ID:+8cQRSbd0

梓「ここは音楽室です、わかりますね?」

律「わかるっつーの」

梓「澪先輩は委員会、ムギ先輩と唯先輩は掃除当番です」

律「ああ、そうだな。でもそれがどうしたんだよ」

梓「二人きりの時にこんな話をする、まさにセクハラです」

律「なっ・・・!私はただ、梓がどんなパンツ履いてるか気になっただけなのに・・・」

梓「気になるのは構いません。女の子のスカートの中は男の子の夢空間ですから」

律「夢空間って何」

梓「言葉の通りです」

律「いや、っていうか私女だって。さっき説明して分ったような話しただろ・・・」




204 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 15:02:55.47 ID:+8cQRSbd0

梓「それとこれとは別の話です」

律「いや、どう考えても一緒だろ」

梓「は?」

律「え、あ、いや・・・すんません」

梓「っていうか律先輩は掃除当番じゃないんですね」

律「え?ああ、なんていったってサボりだからな」

梓「今すぐ掃除してこい」

律「えーでももうすぐ終わるって」

梓「あ?」

律「・・・行ってきます・・・」


・・・


・・・




207 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 15:06:04.43 ID:+8cQRSbd0

律「全く、なんだよー梓のやつ」テクテク

律「ちょっとくらいいいじゃん」

律「挙句の果てには男扱いするし・・・!」

律「私だって女の子だっつーのっ!」

ガラッ

律「うぃーっす」

唯「あ!りっちゃん!」

紬「あら、りっちゃんじゃない、どうしたの?」

律「梓に掃除してこいって怒られた」

唯「あずにゃんに怒られるとか、りっちゃんもまだまだだね!」

律「うううるへー!」

紬「でも、掃除はほぼ終わっちゃってるわよ?」

律「そ、そうか!じゃあ音楽室行こうぜ!」

担任「待て田井中」

律「」




208 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 15:09:00.97 ID:+8cQRSbd0

担任「お前、このまま何もしないで音楽室に戻れると思うなよ?」

律「・・・えーと?」

担任「ほら、今日はこれで勘弁してやる」

律「ゴミ箱・・・?」

担任「何か文句があるのか?」

律「・・・ないでーす」

唯「りっちゃん!サボった罰だね!」

律「うるっさーい!」

紬「待ってようか?」

律「いや、先に行っててくれ」

担任「早く行け。ゴミ置き場の鍵が閉まるぞ」

律「へいへーい」

担任「返事は一回!」

律「・・・へーい」




209 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 15:12:01.54 ID:+8cQRSbd0

・・・

・・・


律「くっそー、なんでよりにもよってこんなめんどくさい仕事・・・」テクテク

律「確かにサボってた私が悪いけど・・・」テクテク

律「結構重いな、これ」ガチャ

律「すみませーん」

おばちゃん「はぁい?」

律「ちょっと遅くなっちゃったけど、これ」

おばちゃん「はい、ご苦労さん。ちょっと待っててね」

律「へーい」

・・・

おばちゃん「はい、どうぞ」

律「どもー」

バタンッ




210 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 15:14:08.88 ID:+8cQRSbd0

律「さらにゴミ箱を教室に持って行かなきゃならないとか・・・」

律「はぁ・・・めんどくせー」


・・・

・・・


律「おいーっす」ガチャ

唯「お!りっちゃん!戻ってきたね!」

律「おう」

紬「丁度お茶が入ったところなの、飲みましょう?」

澪「それにしても、律。遅かったな?」

律「ああ、掃除でちょっくらゴミ置き場まで行ってた」

澪「なるほど」

梓「ちゃんと掃除に参加したようですね、感心感心」




213 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 15:17:58.65 ID:+8cQRSbd0

律「おう、私はいい子だからな。それくらいするのさ」

梓「サボってた人の言う台詞じゃありませんね」

律「う゛・・・って、何してるんだ、お前ら!!」

唯「うん?」

紬「どうかした?」

澪「なんだ?真っ青な顔して」

律「いやいやいや!なんでお前ら梓のスカート捲ってるんだよ!」

唯「へ?なんで?」

律「なんでじゃないでしょーが!」

梓「これは、先輩達がどうしても私のパンツを見たいって言うから」

唯「えー、私はどんなパンツ履いてるのか聞いただけだよ?あずにゃん!」

梓「あれ?そうでしたっけ?すみません」

唯「『どんなの履いてるの?』って聞いたらあずにゃんが見ていいって言ってくれたんだよ!りっちゃん!」



律「」




214 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 15:21:51.15 ID:+8cQRSbd0

澪「それにしても、梓のパンツ可愛いな!」

梓「え、ええー///そうですか?///」

紬「ええ、とっても可愛いわ!」

唯「これぞあずにゃん!って感じ!あ、でも澪ちゃんのパンツも可愛かったよ!」

律「」

梓「はい、私もそう思います!しましまのは持ってないんですが、先輩の見て買おうか迷っちゃいましたもん!」

澪「ええー?///そうかな?・・・恥ずかしいな///」

紬「ええ、二人ともとっても可愛いわ!」ハァハァ

律「待てー!!!」

一同「!?」

律「おかっしいだろー!?」

澪「へ?」

律「おかしい!これは絶対おかしい!」

梓「・・・はい?」

律「いや、なんで『この人何?いきなり』みたいなリアクションしてるんだよ!おかしいだろ!」




215 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 15:25:05.49 ID:+8cQRSbd0

唯「えーと?」

律「いや、唯や澪、ムギは悪くない。悪いのはお前だ梓!」

梓「なんで!?」

律「いやなんで!?」

澪「律、ちゃんと説明しろ、わからないだろ?」

律「あ、ああ、悪い。梓の奴、さっき私がパンツどんなの履いてるの?って聞いたときはセクハラ呼ばわりしたんだぞ!?」

紬「・・・」

唯「りっちゃん、あずにゃんにどんなパンツ履いてるか聞いたの?聞いちゃったの?」

律「へ?あ、ああ!聞いたぞ!」

澪「それは・・・」

唯「セクハラ・・・」

紬「ね・・・」




律「」




216 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 15:31:13.66 ID:+8cQRSbd0

梓「唯先輩達と律先輩じゃ扱いが違うのは当たり前田のクラッカーです」

律「なんでだよ!私だって女だってーの!っていうかそのネタ古いよ!」

梓「いいですいいです、性差別をしたのは事実です。すみませんでした」

律「なんだよその『めんどくせーから謝っとけ』的な大人の対応!っていうか性差別って言うなー!!」

梓「律先輩は元気ですね」

律「・・・」

唯「りっちゃん、それはりっちゃんが悪いよ」

澪「ああ、律が悪い」

紬「私だってりっちゃんにパンツどんなの履いてるかなんて聞かれたら、梓ちゃんと同じこと言ってたと思うわ」

律「・・・ざけんなぁぁぁー!!」

律「なんでわかんないんだよっ私はな!女なんだぞ!?なのになんで性差別されなきゃならないんだ!」

澪「ああ、そうだな。律は女の子だ」チラチラ

律「目が泳いでる!」

紬「わかってるわ、りっちゃん。あなたはれっきとした女の子よ」ヒヤヒヤ

律「そして大量の汗ぇ!!」




217 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 15:32:28.11 ID:+8cQRSbd0

律「なんだよ・・・なんだよ・・・!」ダッ

唯「あ!りっちゃん!」ダッ

ガシッ

唯「ほわ!?」グラッ

梓「・・・先輩、今は・・・そっとして置きましょう?」

唯「そう、かな?」

澪「ああ、そっとしておいてやろう」

紬「それがりっちゃんのためよ」


・・・


・・・




218 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 15:34:53.59 ID:+8cQRSbd0

律「マジで意味わかんねー!」

律「なんだよ、みんなのあのリアクション」

律「・・・私・・・女、だよな・・・?」ジー

律「・・・」ジー

律「うん、鏡に映る私はやっぱ美少女だ」

律「・・・なんつってー」ボソッ

律「一人じゃボケも虚しいなっ!」


・・・

・・・




219 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 15:40:00.33 ID:+8cQRSbd0

梓「律先輩、戻ってきませんね?」

澪「ああ、遅いな・・・」

紬「やっぱりあの冗談はキツ過ぎだったんじゃ?」

唯「そうかなー?りっちゃんだったら笑って流してくれると思ったんだけど・・・」

澪「咄嗟の冗談だったのに、妙にみんなの息が合っちゃったからな・・・それも原因の一つかも」

梓「いえ、律先輩と二人のときに私がセクハラ呼ばわりしたからです・・・」

唯「りっちゃん・・・怒ってるかなぁ?」

澪「うーん、あいつのあの様子だと、怒ってるっていうより、困惑してるって感じかな」

紬「りっちゃんは誰よりも女の子なのに・・・ごめんなさい」

澪「そうだ」

唯「ん?どうしたの?」

澪「梓が律にパンツ見せればいいんじゃないか?」

梓「へ!?」

唯「それいいかも!」

梓「いや良くないでしょう!?」




221 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 15:45:29.54 ID:+8cQRSbd0

紬「いや、名案よ!」

梓「いや、迷案だよ!」

澪「よく考えてみろ、梓。律が女の子に女の子じゃないからって除け者にされたんなら・・・」

梓「されたなら?」

澪「輪に入れてやればいいじゃないか」

梓「・・・でも、そんなに上手くいきますかね?」

紬「大丈夫よ、もちろん私たちも後から謝るわ。でも、それにはきっかけが必要なの。わかるわね?」

梓「ま、まぁわからないでもないです・・・」

唯「大丈夫だって!きっとりっちゃんもあずにゃんの方からパンツ見せてくれたら嬉しいよ!」

梓「そ、そうですか?」

澪「ああ!絶対だ!」

紬「じゃあまずは・・・」

唯「りっちゃんを探そう!」ダッ

澪「唯は梓と1F!私は2Fで、ムギは3Fな!」ダッ

梓紬「了解!」ダッ




223 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 15:50:03.13 ID:+8cQRSbd0

澪ルート

澪「うーん・・・誰もいないな・・・」

澪「帰宅部はとっくに下校時間だしな・・・」

澪「あれは・・・!」

澪「和!」

和「へ!?あ、あら、澪じゃない」

澪「生徒会の仕事か?」

和「ええ、そうよ」

澪「そっか。お疲れ様。・・・ところで」

和「なによ?」

澪「律を見かけなかったか?」

和「律?律ならさっきトイレの鏡とお話してたわよ?」

澪「律・・・!そんな風になるまで思いつめてたなんて・・・!!」

和「えーと・・・?」

澪「律はどこのトイレにいたんだ!?」




224 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 15:53:07.35 ID:+8cQRSbd0

和「えっと、3Fのトイレよ」

澪「3Fか・・・!私よりもムギに頼んだ方が早いな・・・!」


プルルルル・・・・


紬「はぁい?」

澪「ムギ、私だ、澪だ」

紬「あら、どうしたの?」

澪「律が3Fのトイレにいたらしい!急いで行ってみてくれ!」

紬「あら、3Fのトイレならもう探したわよ?」

澪「!?」

澪「それで、どうだった!」

紬「・・・えへへへ~、逃げられちゃった♪」

澪「バカー!!!!」

和「・・・なんていうか、大変ね、あなたたちも」

澪「う・・・」グスッ




225 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 15:56:55.66 ID:+8cQRSbd0

プルルルルルル・・・

唯「ほいほーい!」

紬「唯ちゃん?」

唯「うん!」

紬「私だけど、りっちゃんがね・・・」

唯「うん、りっちゃんが?」

紬「恐らく1Fに逃げたわ。3Fのトイレ付近に居たんだけど、足が速くて私じゃ追いつけなかったの」

唯「ほえーさすがりっちゃん!俊足だね!」

紬「それで、2Fにいる澪ちゃんもりっちゃんは見かけてないっていうから、1Fかと・・・」

唯「うんうん!なるほど!わかった!私は足遅いけど、あずにゃんがいるからきっと大丈夫だよ!」

紬「ええ、お願いするわ」

唯「うん!ありがとうね!」

紬「じゃあ、あとは頼んだわ」

唯「がってんです!」

唯「よし!いっくよー!あずにゃん!」




226 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 15:59:58.93 ID:+8cQRSbd0

梓「はい!状況は大体わかりました!1Fに律先輩がいるんですね!」

唯「そうみたい!全力ダッシュだぁー!」ダッ

梓「はい!」ダッ

・・・

唯「あずにゃ~ん、待ってぇ~・・・」

梓「唯先輩、足遅すぎです」タッタッタッ

唯「うぅ~ごめん・・・」ゼェハァ

梓「まあ闇雲に走ってもしょうがないです。聞き込みしてみましょう」

唯「おおう!あずにゃん名探偵!」

梓「見かけは子供、頭脳も子供・・・!」

唯「それじゃただのでくのぼうだね!」

梓「」




228 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 16:04:49.45 ID:+8cQRSbd0

梓「せっかく乗ってあげたのに・・・」

唯「ごめんよー?」

梓「全く、それよりも、あまり人がいないですね・・・」

唯「うーん、誰かがいたら一発なんだけどなー」

梓「なんでですか?」

唯「ほら、『黄色いカチューシャつけてる人、見ませんでしたか?』なんて聞いたらすぐだと思わない?」

梓「確かに!あんな髪型してるの、律先輩以外にいないですもんね!」

唯「そうそう。・・・はぁ、誰かいないかなー?」

梓「うーん・・・あ!純!」

純「!?」ビクゥ!?

梓「ちょっと、なんでそんなに怯えてるの?」

純「は、ははは、なんでだろうね?梓に関わるとロクなことがないって本能的に察してるみたい」

梓「大丈夫大丈夫、もう和先輩のところに置き去りにしたりしないって」

純「・・・(こいつ、自覚あるのかよっ)」

梓「ところで、律先輩みなかった?」




229 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 16:06:36.56 ID:/SsSvqG7P
まさか繋がってるとは……




230 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 16:09:24.56 ID:+8cQRSbd0

純「律先輩って・・・あのカチューシャのイケメン先輩?」

梓「そうそう、ちょっと小さいけど割と女ウケ良さそうな先輩」

唯「あずにゃん!」ボソッ

梓「な、なんですか」ボソッ

唯「りっちゃんだよ!ほら、あそこにいるの!」ボソッ

梓「へ!?」

唯「・・・こっち、見て・・・笑ってる?」ボソッ

梓「もしかしたら、私達が来るの・・・待っててくれたのかもしれませんね」クスッ




231 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 16:11:59.21 ID:+8cQRSbd0

純「梓ー?」

梓「あ、ごめんごめん」

純「律先輩ならすぐそこにいるじゃん!」

梓「うん、そうだね、焦ってて気付かなかったよ」

純「うん、あそこが立ってる人だよね?」

梓「接続詞ぃぃぃぃぃ!!!!」

律「・・・わ、私・・・勃起してないもん!!!」ダッ






唯「」

梓「純!なんでこんなときに限って!!!」

純「ごめん!あそこに立ってる人って言おうと思ったんだよ!本当だよ!?」

唯「りっちゃんのかたきぃー!」ドゴォォ!

純「ぐぎゃぁぁ!!」




233 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 16:17:57.61 ID:bf+ctL2M0
純が不憫だw




236 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 16:33:21.98 ID:UD00IvYv0
純ちゃんに幸せになってほしいww




235 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 16:30:17.22 ID:+8cQRSbd0

梓「純、それは純が悪い」

純「ちょっと・・・しか、悪く、ないもん・・・!!」

梓「「ちょっとでも純が悪いんだよ?わかる?」

純「お前・・・かはっ・・・おえ・・・!」

唯「もうっ、りっちゃんを傷つけた罰です!」プンプン

純「いや、プンプンなんて可愛く言っても、さっきのパンチはフォローできないからな」

唯「あれは私の力じゃありませんっ!天罰です!」

純「あんたなら・・・アリスターにも、勝てそうな気が、する・・・」ガクッ

梓「あ、気絶した」

唯「いいよ、早くりっちゃんを追いかけよう」

梓「じゃあ私はこっち探すんで、唯先輩はあっちを」

唯「了解!澪ちゃんとムギちゃんには私から電話しておくね!」

梓「はい、お願いします。それじゃ」ダッ

唯「あ、澪ちゃん?あのさー、アリスターって誰?オーフレイム?知らないなぁ」

梓「って!もっと別の用事があるだろ!!」スパーン!




237 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 16:35:34.22 ID:+8cQRSbd0

唯「そうそう、それじゃ、お願いね!」ピッ

唯「よし、二人に連絡も済んだし、りっちゃんを探そう!」

唯「おーい、りっちゃん!」タッタッタッ

唯「りっちゃんってばー!」

唯「・・・りっちゃん、怒って帰っちゃったのかな?」

唯「あ、そうだ!音楽室に戻ろう!」



・・・

・・・


ガチャ


唯「誰もいない、か・・・」バタン

唯「りっちゃんの鞄は・・・あった!よし、りっちゃんはまだこの校舎内にいる!」

唯「帰れないように鞄とか隠しちゃえ」ゴソゴソ

唯「これでよし!あとは任せた!あずにゃん!」




239 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 16:47:22.27 ID:+8cQRSbd0

梓(先輩・・・どこに行っちゃったんだろう・・・)

梓(私が悪ふざけであんなこと言ったりしたから・・・!!)

梓「先輩、ごめんなさい・・・先輩は可愛い女の子ですよ・・・」

律「いってぇぇぇ!!」

梓「・・・前言撤回」

律「ちきしょー・・・!いってぇ~」

梓(女の子のリアクションじゃないですよ、あれ。っていうか、足ぶつけたのかな・・・?)

律「くっそぉ、なんでこんなところに段差があるんだよ!」

梓(それはここが階段だからです)

律「・・・なんなんだよ・・・なんでみんな・・・!」

梓(律先輩・・・)」

律「なんでだ・・・?男扱いされなきゃいけない・・・?男っぽいところって言えば、トランクス履いてるくらいじゃないか・・・」





梓「」




241 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 16:49:36.10 ID:x0n1ByVG0
さすがりっちゃん




242 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 16:50:05.75 ID:POnxeC4jO
トランクスwwww




244 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 16:52:53.93 ID:x0n1ByVG0
予想の斜め上をいったなww




243 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 16:52:15.60 ID:+8cQRSbd0

梓「・・・あの・・・」オズオズ

律「あ、梓ぁ!?」

梓「そんなにビックリしなくても・・・」

律「ああ、ごめんごめん・・・」

梓「あの、先輩?」

律「な、なんだよ」

梓「さっきは、ごめんなさい」

律「へ?」

梓「男扱いして、すみませんでした・・・」

律「あ、ああ。ううん、いいんだy」

梓「っていうつもりでしたけど、そんな気も失せました」





律「」




245 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 16:55:36.60 ID:+8cQRSbd0

梓「なんで女の子がトランクスなんて履いてるんですか!馬鹿じゃねぇの!?」

律「お前今最後馬鹿って言ったな!?このやろー!」

梓「女の子に暴力振るうなんて最低ですよ!?」

律「う゛・・・!」

梓「先輩、ちょっとこっち来て下さい!」

律「ななななんだよー!」

梓「いいから!」ガラガラ

律「こんな空き教室に連れてきて、なんだっていうんだよ!怖ぇよ!」

梓「安心してください!空き教室じゃありません!写真部の暗室です!」バタン

律「余計怖いわー!!!」

梓「怖くない怖くない」ガチャ

律「今ガチャって聞こえたんですけどー!?」

梓「いいから」

律「いや、いくねぇよ」




247 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 17:00:08.89 ID:+8cQRSbd0

梓「先輩、さっきは冗談で男男って囃し立てましたけど・・・」

律「な、なんだよ」

梓「・・・私、先輩のこと、応援してますから!」

律「はい?」

梓「恥ずかしいことじゃないんです、確かに人には理解されない悩みかもしれません・・・」

律「えーっと?」

梓「でも!私は先輩を応援します!自分が生まれ持って来るハズだったものを、
お母さんのお腹の中に落としてきてしまった。・・・ただ、それだけなんですよね?」

律「待て」

梓「わかります。国内ではまだ難しいかもしれませんが、きっと大丈夫です。モロッコにでも行けば・・・!」

律「モロッコ?」

梓「えぇ、モロッコでモッコリです」

律「馬鹿かー!!!」




梓「」




248 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 17:05:31.01 ID:+8cQRSbd0

梓「ひどい・・・私は先輩のためを思って言っているのに・・・じゃあ、タイの方がいいですか?」

律「私は手術する国に拘ってるワケじゃないっての!」

律「いいか!私は女なの!この先もずっと女のまま生きていくの!」

梓「悲観しないで下さい!」

律「してねー!!!いいか、私は女として生きていくことになんら不満を抱いていない!」

梓「・・・へ?」

律「だからぁ、性同一性障害じゃないっての!」

梓「トランスジェンダー」

律「用語で言うな!」

梓「じゃあなんでトランクスなんて履いてるんですか、乙女がそんなことしていいと思ってるんですか!」

律「・・・聡」

梓「はい?」

律「最初は私だって嫌だったよ。でも、母さんが洗濯するの忘れててさ。聡のトランクスしかなかったことがあったんだ・・・」

律「その時、ノーパンで行くかトランクスで行くか迷ったんだけど・・・流石にノーパンはマズイしってことでトランクスを履いたのが始まりだ」

律「この開放感がなんとも癖になってなー。それからは週2くらいでトランクス履いてる」




251 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 17:09:16.18 ID:+8cQRSbd0
ごめん、トランクスってどういう構造してんの?
トイレする為に股間に隙間あるんだっけ?




252 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 17:13:04.51 ID:x0n1ByVG0
>>251
ねーよw





258 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 17:20:25.41 ID:+8cQRSbd0
へー色々あるんだな、知らんかった。
サンキュ。




260 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 17:23:25.17 ID:+8cQRSbd0

梓「そんな・・・トランクスなんて邪道です!!」

律「なんだと!」

梓「ノーパンの方が優れています!」

律「意味わかんねぇよ!!っていうかトランクス履いたことないくせに!」

梓「履くまでもないですって」

律「なんだとー!貸してやるから履いてみろ!」

梓「はぁぁぁぁ???」

律「とことん馬鹿にしたようなその溜息・・・!!この、意地でも履かせてやる!!」

梓「やめてください!穢れます!」

律「うるせー!脱げ!」

梓「」カッチーン

律「ななな、なんだよ・・・」

梓「言われなくても脱ぎますよ!」

律「・・・へ?」




261 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 17:28:35.38 ID:+8cQRSbd0

梓「元々律先輩にパンツ見せてあげようと思って探してたんですよ」

律「・・・へ?いいのか?」

梓「いくないです。だって、律先輩、本当に男の人みたいなんだもん。トランクス履いてるし」

律「だから、それ以外は普通の女の子だっての」

梓「本当ですか・・・?」

律「ああ」

梓「じゃあパンツ見せてあげますけど、興奮しないでくださいね?」

律「安心しろ、私は変態机じゃないから」

梓「それもそうですね・・・」

律「梓のパンツ見終わった後はトランクス履かせるからな」

梓「もーこうなりゃヤケです、いいですよ」

律「よっしゃ!じゃあまずパンツ見せろよ」

梓「その高圧的な言い方が男っぽいって言ってるんですよ」

律「どーすりゃいいんだよ」

梓「黙って見てればいいんですよ。決まってるじゃないですか。・・・馬鹿?」




262 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 17:29:58.16 ID:+8cQRSbd0

律「ひでぇ!」

梓「ほら」ピラッ

律「・・・」

梓「なんですか」

律「・・・見えねぇ」

梓「あっそっか。ここ、暗室ですもんね」

律「ああ、ライト・・・ライトはどこだ」

梓「きっと懐中電灯があるハズです、探しましょう」


・・・


・・・



律「あった!」

梓「よし、今度こそ・・・」ピラッ




263 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 17:32:48.22 ID:+8cQRSbd0

律「行くぞ?」カチッ

梓「ちょっと、足照らしてどうするんですか」

律「いいじゃん、こういうのは徐々にいった方がいいだろ?」

梓「律先輩って、男の人っていうよりもオッサンですね」

律「うううるへー!」

梓「ほら、なんでもいいですから。せっかくだから楽しめばいいですよ」

律「くっそー小ばかにしやがってー」

梓「ほら、早くしたらどうです?」

律「・・・///」

梓「なんですか」

律「いや、これ、意外に恥ずかしいぞ?」

梓「いや、私の方が恥ずかしいですって」

律「そそうなんだけど・・・なんかこう、照れる・・・///」

梓「・・・ヘタレですね」




264 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 17:36:10.50 ID:+8cQRSbd0

律「うぅ・・・梓、代わりにやってくれ」

梓「・・・いいですけど、傍から見たら私、完璧に痴女ですね」

律「まあいいんじゃないか?ノーパンだったし」

梓「うっさいです。じゃあ、行きますよ?」ペカーン

律「う、わ・・・///」

梓「ちょっと、照れないで下さいよ。こっちまで恥ずかしくなります」

律「う、うん・・・」

梓「ほら、見ました?」

律「あ、ああ。もういい、もういいから」

梓「とんだヘタレ野郎ですね」

律「野郎じゃねー!レディーだ!ウーマンだ!ガールだ!ギャルだ!」

梓「はいはい」

律「よし、懐中電灯消せよ」

梓「・・・本当に履かないと駄目ですか?」

律「ああ、駄目だ」




265 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 17:42:41.33 ID:+8cQRSbd0

律「トランクスの素晴らしさを思い知れ!」

梓「えー・・・」

律「ほら、脱げよ」

梓「わかりましたよ」スルスル

律「・・・」

梓「って、先輩も脱ぐんですよ?」

律「あ、ああそっか」スルスル

梓「ノーパンですかー?」

律「ああ、ノーパンだ!」

梓「ノーパンのこの開放感、病み付きになると思いません?」

律「思いません」

梓「チッ・・・んじゃ、これ履けばいいんですね?」

律「おう!履いてみろ!」

梓「せっかくだから先輩も私のパンツ履いたらどうです?」スルスル

律「へ?・・・あ、ああ、じゃあそうするよ」スルスル




266 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 17:44:42.80 ID:+8cQRSbd0

ガチャ


律梓「!?!?!?!?」

写真部「えーと・・・すみませんでしたぁ!!!」バタン!

梓「あぁぁ!!誤解です!」

律「ちょっと待て!違うんだって!」

梓「・・・最悪のタイミングでしたね・・・」

律「どうする?」

梓「ギャラリーが沸いたら面倒です。とりあえずここを出ましょう」

律「だな」


・・・


・・・




267 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 17:48:15.87 ID:+8cQRSbd0

澪「・・・見つからないな・・・いったん音楽室に戻るか」

紬「あら、澪ちゃん!」

澪「あ、ムギ!」

紬「りっちゃん、見つかった?」

澪「いいや、全然」

紬「私もよ・・・」

澪「一旦音楽室に戻ろうと思ってたんだけど・・・」

紬「それがいいかもしれないわね」

澪「よし、そうと決まればって・・・なんだあれ」

紬「何かしらね、あの人ごみ」

澪「行ってみるか」


・・・

・・・




270 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 17:52:56.50 ID:kIKOGbH30
これ本当に即興か?w

支援





271 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 17:57:17.31 ID:+8cQRSbd0
>>270
ああ、100%即興だww



ガヤガヤ

写真部「本当だって!ここで明らかに事後の二人が着衣を・・・!」

吹奏楽部「えーだっていないじゃん?」

華道部「ん・・・ちょっと待って」

吹奏楽部「どうしたの?」

華道部「見てこれ」

写真部「・・・懐中電灯?なんでこんなところに?」

華道部「確かに、誰かが居たっていうのは間違いないみたいね」

吹奏楽部「えーでも事後ってことはないんじゃない?流石にさー」

写真部「でも、事後じゃなかったらなんだっていうのよ・・・」

ジャズ研「ちょっと待って、さっきから事後事後って言ってるけど、何を見てそう判断してるの?」

写真部「・・・丁度パンツ、履いてるところだった」

一同「なん、だと・・・!!」




272 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 18:01:33.68 ID:+8cQRSbd0

澪「・・・」

紬「えっと、澪ちゃん?」

澪「・・・まさか、あの二人じゃないだろうな?」ゴゴゴゴ

紬「・・・正直、あの二人だと思うわ」

澪「あいつら・・・」

紬「あ、あの・・・」

写真部「あら、琴吹さん、こんにちは」

紬「ええ、ごきげんよう。・・・あの、今の話だけど・・・」

写真部「はい?」

紬「写真、撮った?」

写真部「え、ううん。慌てて扉閉めちゃったから・・・」

紬「何してんだてめぇぇ!!!そういう写真こそとるべきだろーがぁ!!!」

澪「ムギ!落ち着け!」

紬「チュッチュウフフな写真撮らないで何の写真撮るんだよ!」

澪「いいから落ち着けって!!」




274 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 18:05:05.86 ID:bf+ctL2M0
むぎゅうううううううううううううううううううううううううううう!!!!!!



275 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 18:07:40.96 ID:+8cQRSbd0

紬「はっ!ご、ごめんなさい。私は写真という手がかりがあればあの二人だと特定できるんじゃないかと思って・・・」

澪(嘘だな、ムギが欲しかったのは手がかりじゃない、オカズだ)

紬「ほ、本当よ?」モジモジ

澪「・・・わかったわかった」

写真部「あれ、ちょっと待って」

合唱部「今度はなんだよー」

写真部「あの二人、軽音部の人だったような・・・」

華道部「・・・!?」

ジャズ研「うっそ・・・で、この二人じゃないんだよね?」

写真部「ええ、この二人ではないわ」

吹奏楽部・合唱部「ほっよかったぁ」

澪「へ?」

吹奏楽部「いやー私、澪ちゃんのファンだからさ、よかったーと思って」

合唱部「私も、紬さんのファンだから安心したわ」

紬「は、はぁ・・・」




276 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 18:13:59.63 ID:+8cQRSbd0

ジャズ研「いやいや、まさか・・・軽音部って5人でしょ・・・?まさか・・・」

写真部「誰かはわからなかったけど・・・一人は一年生だったわね」

ジャズ研「きゃぁぁぁぁぁ!!軽音部に一年生って一人しかいないじゃない!!!」

澪(この人、梓のファンか。わかりやすいなー)

写真部「もう一人はカチューシャしてたわ、黄色いの」

華道部「なんですってぇぇぇ!!」

紬「りっちゃんってば、罪作りな女ね。そしてここにもう一人・・・」

澪「りぃぃつぅぅぅ!!!」

紬「怒り狂った乙女が」ホゥ

澪「律の奴!梓と浮気だなんて、何考えてんだアイツ!!!」

紬「澪ちゃん落ち着いて(これはこれでおいしい展開だわ)」

合唱部「そうだよ!落ち着きなって!・・・って、へ?う、浮気?」



吹奏楽部「」




277 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 18:16:40.72 ID:+8cQRSbd0

澪「あったま来た!ムギ!行くぞ!」ゴゴゴゴゴゴゴゴ

紬「行くって、どこに?」

澪「わからない!」

紬「おい」

澪「こうなったら律に電話だ!」ピッ


プルルルル・・・


律「ん?なんだ?」

澪「律ー!!!!」

律「わ!」キーン

律「うううるっさいなー!いきなりなんだよ!」

澪「私というものがありながら!何考えてんだ!」

律「・・・っはぁ!?」

澪「お前、浮気は悪いことだって知らないのか!」

律「いや知ってるけど!それがどうしたんだよ!?」




279 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 18:19:17.44 ID:+8cQRSbd0

澪「どうしたんだよ、だと!?開き直りか!最低だな!」

紬「澪ちゃん、落ち着いて」

澪「これが落ち着いていられるか!律!お前今どこにいるんだよ!」

律「何処って・・・屋上だよ」

澪「今から行くから待ってろ!」ズンズン

紬「えっと・・・みなさん、さようなら」トテトテ



吹奏楽部「えーと・・・」

ジャズ研「なんていうか・・・」

写真部「ええ・・・」

文化系部員「・・・澪ちゃん怖っ」


・・・


・・・




282 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 18:37:45.65 ID:+8cQRSbd0

紬「ねえ澪ちゃん?りっちゃんと梓ちゃんがそういうことをしていたって、誤解よきっと」

澪「そんなの確かめてみないとわからないだろ!」プンスカ

紬「そんなことも確かめてみないとわからないの?」

澪「・・・へ?」

紬「もっとりっちゃんを信頼してあげたら?」

澪「・・・信じてるもん」

紬「じゃあそんなに怒ることないじゃない」

澪「だって、律が・・・梓と二人きりで・・・」グスッ

紬「澪ちゃんはりっちゃんの彼女でしょう?もっと大きく構えてなさいよ」

澪「うぅ・・・」グスン

紬「ほら、ね?」ギュー

澪「ありがとう、ムギ・・・」

紬「いいのよ・・・(ひゃほー!澪ちゃんにギューってしちゃったよぅ!)」




283 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 18:40:10.01 ID:+8cQRSbd0

律「なあ梓」

梓「なんですか」

律「澪がここに来るってさ」

梓「そうですか・・・」

律「あのさ」

梓「はい?」

律「トランクスの履き心地・・・どうだ?」

梓「・・・悪くないです」

律「もっと自分に正直になれよ」

梓「・・・いい、かもです。・・・すっごく」

律「だろー!?」

梓「うぅぅ・・・でもいくら履き心地が良いからって女の子がトランクス履くのは駄目です!」

律「えー」ブーブー

梓「駄目ったら駄目!」




287 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 18:43:53.83 ID:+8cQRSbd0

梓「それよりも、私のパンツはどうですか?」

律「ああ、これ?」ピラッ

梓「って、おぉぉぉい!!!なんで履いてないんだよ!」

律「ああ、履こうと思ったら写真部の子が入ってきちゃってさー結局履けず仕舞いだったんだ」

梓「ってことは・・・」

律「ああ、ノーパンだ」

梓「・・・ノーパンは、どうですか?」

律「・・悔しいが、素晴らしいな」

梓「・・・」ニヤッ

律「しかし屋上でノーパン・・・この上なく危険だ」

梓「ええ、風が吹いたら一発でしょうね・・・」

律「ふふふ・・・しかし、私は今、そのスリルすらも楽しんでいる・・・」ニヤリ

梓「・・・ノーパン初心者のくせに、なかなかやるじゃないですか・・・」ニヤリ




288 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 18:44:34.24 ID:gqXA6iBB0
だめだこいつらwwwwwwwwwwwwww




289 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 18:45:22.13 ID:JFwyetnl0
ノーパンが浸透してきたな




293 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 18:51:52.01 ID:+8cQRSbd0

律「梓、今・・・私たちはお互いに未知の世界を体感している・・・」フッ

梓「ええ、常人には理解することすら出来ない、更なる高みへ・・・」クスッ

律「そしてここは屋上・・・これがどういうことだか、わかるな?」ニヤリ

梓「もちろん・・・先輩こそ、怖気づかないで下さいね?」ニヤリ


バタン!


澪「律!」

紬「梓ちゃん!」ツヤツヤ

律「!?二人とも・・・!」

梓「っていうかなんでムギ先輩ツヤツヤしてるんですか」

紬「気にしないで!」ツヤツヤ

梓「わかりました・・・って、めっちゃ気になる!」

澪「律!梓と、梓とセックスしたなんて嘘だよな!?」

律梓「・・・はいぃぃぃ!?!?!?」




294 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 18:58:51.07 ID:+8cQRSbd0

澪「どうなんだ!答えてくれ!」

律「そんなことするわけないだろ!///なんで梓とそんなことしなきゃならないんだ!」

梓「私たちはただパンツの交換をしていただけです!」

澪「そうか、よかった・・・って、何の儀式だそれぇぇ!!」

律「儀式・・・言い得て妙だな」クックック

澪「おーい、律?」

梓「確かに、あれは一種の儀式のような意味を成しましたね」クスクス

紬「澪ちゃんっ二人の様子が変だわ!」

澪「私たちがいない間に・・・何があったんだ・・・!あの暗室で、一体何があったんだ!」

律「それはd」

ビュー

紬「きゃっ!・・・突風!?」

澪「目にゴミが・・・って、お前ら何やってんだぁぁぁ!!!」

律「・・・フッ、つまりはこういうことだよ」

澪「どういうことだ!!なんでノーパンなんだ!梓に至ってはなんでトランクスなんだ!?」




295 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 19:03:41.72 ID:+8cQRSbd0

梓「ふふっ、やはり常人には理解できないようですね・・・」ペローン

紬「スカートがトレンチコートやー!」

澪「ムギ!落ち着け!口調が彦摩呂みたいになってるぞ!」

律「いい。いますぐでなくても。・・・ただ、いつか澪なら理解してくれる日がくると信じている・・・」ペローン

澪「そんな信頼いらねぇ!っていうか・・・お前らはなんでそんなに得意げなんだぁぁぁ!!」

紬「待って澪ちゃん!!!」

澪「なんだ!」

紬「これはこれで・・・有り!!」

澪「無しだぁぁぁ!!!」


・・・


・・・




299 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 19:13:14.07 ID:+8cQRSbd0

澪「全く、お前らは何を考えてるんだ!」ガミガミ

律「ごめんってばー」ヒリヒリ

梓「でも、本当にトランクス良かったんですよ?」

澪「知るかー!」

律「あ!そうだ!澪も履いてみろよ!」

澪「は、はぁぁ?///」

律「きっと似合うぜ!」

澪「馬鹿も休み休み言え!」

律「・・・」オヤスミー

梓「・・・」オヤスミー

紬「・・・」オヤスミー

澪「」

律梓紬「似合うと思う!!!」

澪「馬鹿が増えた、だと・・・!」




303 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 19:19:28.19 ID:+8cQRSbd0

律「なーいいだろー?」

澪「いや。いやだ」

梓「えー駄目ですか?」

紬「きっと似合うわ!」

澪「なんでお前らは揃いも揃って面白いもの好きなんだ・・・」

律「なーいいだろ!?」

澪「えー・・・」

梓「お願いです!」コノトーリ!

紬「お願いします!」ハァハァ

律「澪!頼む!」

澪「・・・お前らは・・・この必死さを音楽に生かせ、マジで」




305 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 19:21:00.27 ID:+8cQRSbd0

律「澪ぉ~!!」

澪「(う、まずい、このまま押し切られそうだ・・・)そ、そうだ!唯は?唯はどこだ?」

梓「あれ・・・そういえば、どこでしょうね?」

紬「音楽室だったりして」

澪「うーん、有り得るな。行ってみよう」

律「おうっ!」


・・・

・・・




307 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 19:23:23.42 ID:+8cQRSbd0

唯「・・・」スースー

澪「・・・寝てる」

紬「あらあら、可愛い寝顔ね」クスクス

梓「全く、唯先輩らしいですね」

律「おーい、唯!おっきろー!」

澪「こら!馬鹿!起こすなよっ、可哀想だろ!?」

律「ちぇー」

唯「う・・・ん・・・あれ?」

梓「目、覚めました?」

唯「うん、みんなおはよう?」

紬「寝ぼけてるわね?」クスクス

唯「えへへー。あ!りっちゃんだ!」

律「よっ!」

唯「よかったぁ、仲直りできたんだぁ・・・」

律「いいや、まだだ」




308 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 19:25:57.10 ID:+8cQRSbd0

澪「」

梓「」

紬「」

唯「・・・へ?」

律「唯、いいか。私たちの仲直りは唯の活躍なしでは成立しないんだ」

澪「何また、馬鹿なことを・・・」

律「唯」ガシッ

唯「りっちゃん隊員・・・!」

律「トランクス・・・履いてくれるな?」

梓「」

唯「がってん承知のすけです!」

澪「」

律「よく言ってくれたー!!」ギュー

唯「でも、トランクスなんてどこにあるの?男の人の下着でしょ?」

律「トランクスなら今私が履いてるよ」




310 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 19:30:25.10 ID:+8cQRSbd0

唯「え!?りっちゃん隊員ってやっぱり男の子だったの!?」

律「ちっがーう!違うけど、下着はたまにトランクスなのっ!」

唯「うーん?そっかぁ!」ニヘラ

律「うんうん、可愛いヤツめ」ナデナデ

澪「チッ」

梓「怖い、澪先輩はこういう時怖い」

律「というわけでー・・・」スルスル

唯「おおう!やきゅーけんだ!」

律「へっへー。ほら、これ履いてみてくれ!」

唯「うん、わかった!今履いてる下着は・・・」

律梓紬「もちろん脱いでくれ!」

澪「ハモるな!」ガツン!

律「なんで私だけ・・・」ヒリヒリ

・・・

・・・




311 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 19:32:52.27 ID:+8cQRSbd0

唯「履いたよー?」

律「・・・で、どうだ?」

唯「うーん、なんかスースーするかなぁ」

梓「えっと、それで、感想は・・・?」

唯「スースーしてて気持ち悪いね!」ニコッ

律「バッサリだー!」

唯「でもいつもと違う感じで不思議ー」

紬「ねえ唯ちゃん?」

唯「うん?なぁにムギちゃん」

紬「スカート、脱いでみない?」




梓「」

律「その発想はなかった」

澪「さすが変態・・・」




312 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 19:35:47.57 ID:+8cQRSbd0

唯「えっと、下はトランクスだけになっちゃうよ?」

紬「いいの」

唯「うーん・・・」

澪(唯、流石にそれは断れ!)

唯「いいよ!」

澪(いいのかよー!)

唯「よいしょっと・・・」スルスル

唯「どうかな?」

律「よし、ついでだからブレザーも脱げ」

唯「了解!」ビシッ

唯「・・・どうかな?」

梓「先輩、リボン取って下さい」

唯「ほい!」シュル

澪「せっかくだ、ブラウスの上、2~3個外してみろ」

律梓紬「なんだかんだでノリノリじゃん!」




314 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 19:38:44.48 ID:+8cQRSbd0

唯「できたー!どう?どう?」

律「・・・こりゃ、また・・・マニアックな格好だな、おい」

梓「誰が得するんでしょうね・・・」

紬「」ノ

澪「いや、ムギ、無言で挙手しなくていいから」

律「そうだ、いっそのこと、ブラウスのボタン全部外してみろよ!」

唯「えーりっちゃんのえっちぃー」クネクネ

澪「クネクネすんな、キショい」

梓「嫉妬って怖い」

唯「んじゃー外すからちょっと待っててねー」

紬「」ハァハァ




317 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 19:47:24.94 ID:+8cQRSbd0

唯「えーと・・・ど、どうかな・・・?///」

梓「照れてる唯先輩、ちょっと貴重ですね」

律「よーし、じゃあ今度はブラも取ってみようk」

ゴンッ

律「いっつ~~!!」

澪「調子に乗るなっ!」

紬「唯ちゃん、ブラも取ってみて。早く」

澪「って、ムギぃ!?」

唯「ほ、ほえ!?ブラも!?」

紬「・・・駄目かしら?」

唯「う、うーん・・・いいよ」

紬「トゥゥゥゥラタッタホゥゥゥ!(ええ、きっと可愛いわよ)」

律「ムギ、逆。心と発言が逆だ」




319 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 19:56:57.27 ID:JFwyetnl0
むぎゅうううううううううううううう!!!!!!!!!!!!!!!!!!!



328 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 20:19:52.84 ID:3a9FZcOE0
サンデーシエスタの

いいシェフに~なる~素質はっあるかもっ!

の「あるかもっ!」の嬉しそうな声を聞くと幸せすぎて涙がでそうになる
そして胸がキュンキュンなる
思い出しただけでドキドキする・・ハァハァ

この部分だけは1000回きいても苦痛にならないよな





333 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 20:37:29.65 ID:+8cQRSbd0

唯「ねえ、りっちゃん・・・?」

律「ん?なんだ?」

唯「こっち来て?」

律「あ、ああ」トテトテ

律「で、どうしたんだ?」

唯「私ブラ外すのにブラウス脱ぐから、りっちゃんはそのブラウス広げてみんなに見えないないようにして?」

律「裸なんていくらで見てるじゃないか、私たち」

唯「う~ん、そのハズなんだけど・・・なんか恥ずかしいんだ・・・///」

律「そっそうか、じゃ、じゃしかたがないな!(やっば、可愛い)」

唯「うん、よろしくね」ヌギヌギ

律「よし、広げたぜ」ファサー

唯「ありがとっ」

唯「・・・」

律「唯?どうした?」

唯「上手く外せない・・・りっちゃん、外して?」




335 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 20:44:00.48 ID:+8cQRSbd0

律「(ヤバい、マジで鼻血出るってぇぇ!)あああ、うん、わかったわかった」キョドキョド

唯「・・・りっちゃん、なんかいやらしいこと考えてたんでしょー?」ムー

律「いや、そんなことないって!(ヤべー・・・)」

澪「おーい律?聞こえてるかー?唯に変な事したら・・・わかってるな?」

律「わわわかってるって!!あははは、そんなことするワケないだろっ!(殺される・・・)」

唯「りっちゃん、早くー」モジモジ

律「あ、ああ。っていっても、私はブラウス持ってるからなー」

唯「あっそっかー。あ!じゃあじゃあ、りっちゃん私のブラウス肩にかけて!」

律「肩にって、私の肩にか?」

唯「うん!」

律「よし、かけたぞ」ファサ

唯「それでそのまま後ろからブラ外して!どう?名案でしょ?」

律「ん?あ、ああそうだな。えーと・・・ほいよ」プチ

唯「ありがとっ!はい、じゃあそのままブラウス着させて?」

律「へいへいっと」キセキセ




337 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 20:47:27.71 ID:+8cQRSbd0

唯「ふっふっふ・・・」

梓「グランドピアノの後ろから不敵な笑い声が・・・!!」

律「・・・」

澪「律、どうだった?唯のヤツ」

律「////」

澪「お、おい、真っ赤だぞ?」

律「あれは・・・やばい・・・///」

紬「姿を現して!唯マーン!」

梓「戦隊モノのコールのつもりですか!?」

唯「はーい!」

澪「なんか出てきたー!・・・って、ちょ///」

梓「あれは・・・///」

紬「あ、私死んでくるわ。思い残すこと何もないから死んで来るわ」

律「ムギィィ!早まるなぁ!!!」

唯「・・・どうかな?」モジモジ




342 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 20:54:46.81 ID:+8cQRSbd0

梓「・・・最高です」

澪「いや、これは・・・」ダバダバ

律「ちょ澪、お前!ムギみたいなことしてんじゃねぇよ!」

紬「」デロデロ

律「ムギはムギでとろけてるしぃぃ!!」

唯「えと・・・変、かな?」

澪「いや、変じゃない。なんかよくわからないけど、凄い可愛い!」

梓「唯先輩に全部持っていかれた感じがします・・・」

紬「デロ?デロデーロ!デロリーヌ!」

律「ムギ!頼むから!日本語じゃなくてもいいからせめて人間の言語使ってくれ!」

澪「よし!ここまできたんだから、最後まで行こう!」

唯「ほえ?どういうこと??」

澪「ブラウス脱げよ」

律「お前が一番悪乗りしてんじゃねぇかぁ!!」

澪「うるっさい!見たいもんは見たい!」




347 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 21:03:57.40 ID:+8cQRSbd0

唯「えっと・・・流石に、ブラウス脱ぐのは・・・///」モジモジ

澪「頼む!」ドゲザ!

律「澪!土下座までして見たいかこのやろー!・・・と言いつつ私も」ドゲザ!

唯「え・・・でも、恥ずかしいよぅ・・・///」

紬「みんな元気!?私の名前はスライム!仲良くしようね!」デロデロ

梓「ああ・・・ムギ先輩がワケわかんないことになってる・・・」

唯「うぅー」モジモジ

梓「コホン。先輩、ブラウス着てる方がエロいです。一刻も早く脱ぐべきです」

唯「へ?そうなの?ブラウス着てる方が恥ずかしいの?」

梓「そうですよ、当たり前です。だから恥ずかしい思いをしたくなければ早く脱いでください」

唯「そっかー・・・そうだったのか・・・わかった!私、脱ぐ!!!」

一同(おっしゃーーーーーーーー!!!!!)

唯「なんて言うと思ったかヴォケがぁぁぁぁ!!!!」



一同「」




353 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 21:10:33.76 ID:+8cQRSbd0

唯「アホかぁ!」

律「」

澪「」

梓「」

紬「デロデーロ」

唯「ちょっとみんな調子に乗りすぎだよ!ここから先は有料です!」プンスカ

律「いくらだ?払う」

澪「ちょっと待て、私も払うぞ」

梓「私は唯先輩そのものを買い占めたいです」

紬「でろりんちょ」

唯「え、えー?(どんだけぇー?)」

唯「と、とにかく・・・もうお終い!」

律「えぇー」ブーブー

唯「私もう着替えるからねっ」プンスカ




356 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 21:15:05.37 ID:+8cQRSbd0

律「ちぇーわかったよー」

澪「ま、まあしかたがないな」

梓「今度二人きりの時に続き見せてくださいね」ボソッ

唯「もーあずにゃんのお願いなら仕方がないなー」ダキッ

梓「えへへ」ホワホワ

唯「なんて言うと思ったか」メキメキ

梓「ぎゃっ・・・!苦しい・・・!」ミシミシ

紬「みんな、そろそろ帰りましょう?」

律「お、もうこんな時間かー」

澪「結局今日は楽器に指一本触れずに終了したな・・・」

律「まあ、そんな日もあるって」

澪「最近そんな日しかないような気がする・・・」

梓「まぁまぁ」

紬「細かいことは気にすんな☆ってことで」ワカチコワカチコ♪

澪「う、まあ、みんながそう言うなら・・・いっか」




358 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 21:24:14.21 ID:+8cQRSbd0

律「そーゆーこと!んじゃ、帰ろうぜ!」

澪「・・・あれ?」

梓「どうしたんですか?」

澪「・・・律、お前、鞄どこやったんだよ」

律「へ?椅子の上に置いてあるだろ?」

紬「・・・ないわよ?」

律「え!?」

唯「あーみんなでりっちゃん探してるときに私が隠したの!りっちゃんが帰っちゃわないように!」

澪「なるほど!唯にしては機転がきいたな!」

唯「えへへ~でもねー・・・」

律「ん?」

唯「どこに隠したか忘れちゃったんだー」テヘー

律「・・・こらぁー!!」



おわり




359 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 21:25:20.93 ID:+8cQRSbd0
おしまい。
ギャグは苦手だけど書いてて楽しいな。




362 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 21:30:12.01 ID:eKQBxtp40
乙ー面白かったわ
即興でここまでとかすごすぎるw




363 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 21:31:59.78 ID:Fv+PZuXK0
GJ!




373 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 21:54:13.46 ID:tnVhLXs50
せっかくだから唯律が見たいぜ




375 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 21:57:31.89 ID:+8cQRSbd0
>>368の意見を取り入れつつ、>>369で書けば良いのか?ww
・・・ちょっと待て、ムズすぎだろww




376 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 21:57:42.39 ID:JFwyetnl0
梓のムギュウ生態日誌




378 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 22:19:18.26 ID:+8cQRSbd0
>>376
それは・・・www


・・・っていうか、ちょと待て。
律梓で唯律、だと・・・!w

りっちゃん思いっきり浮気してんじゃんww
自分的に浮気モノは書きたくないぞーって、わけで。
律梓、唯律・・・さあどっち!


>>380




380 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 22:21:00.25 ID:s3RWlBc90
唯律で!




382 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 22:26:48.24 ID:+8cQRSbd0
というわけで唯律で書く。
このカップリング・・・全く書いたことないんだが、大丈夫だろうか・・・www
タイトルは>>384で




384 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 22:32:30.92 ID:c2NpMfX80
唯「りっちゃん隊員!お弁当の時間であります!」




385 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 22:33:07.88 ID:JFwyetnl0
梓も入れてファミレスで
THE3名様





386 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 22:33:47.38 ID:c2NpMfX80
ごめん>>385が良い




387 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 22:35:27.32 ID:+8cQRSbd0
おk!
よし、決定!
ちょっとご飯作ってくる。初カプだからイチャつかせ方考えながら飯食うわw


>>385
・・・個人的には物凄くありだ、そのタイトルw




388 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 22:36:26.80 ID:+8cQRSbd0
>>385
っておい!www


おkwwwわかった・・・ww
このタイトルは、唯律梓の三角関係もの・・・だよな?




389 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 22:37:07.24 ID:+8cQRSbd0
ああゴメン、>>386ね

ほんじゃちょっと待ってて。




391 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 22:43:56.60 ID:+8cQRSbd0
・・・ちょっと待て、これ元ネタ知らんわw
書く前に念のためググっといてよかった・・・


ってわけで>>384で書こうと思う。
まぁ、唯律梓の普通のファミレスネタでもいいが・・・w




395 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 22:53:24.53 ID:+8cQRSbd0
唯「りっちゃん隊員!お弁当の時間あります!」




396 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 22:58:58.73 ID:+8cQRSbd0

キーンコーンカーン


律「ういー、やっとお昼かぁー」ノビー

唯「りっちゃんってば寝てたくせによく言うよっ!」

律「なんだとー?このー」キャイキャイ

唯「やだぁ、痛いってばー」キャイキャイ

紬「寝る子は育つっていうものね、二人とも」クスクス

律「二人とも・・・ってことは、唯!お前も寝てたのか!」

唯「えへへー実はりっちゃんよりもちょっと早く起きただけなんだー」ポワ

律「なんだよー唯も私と大して変わらないじゃんか。ムギを見習おうぜ!」

紬「え?私?私も唯ちゃんが起きる5分くらい前に起きたんだけど・・・」

唯「えー!?ムギちゃんも居眠り組みかぁー」

律「うーん、ちょっと意外だったな」

紬「もちろん、先生達にはバレない様に寝てるのよ?」ウフフ

律唯(どうやって!?)




397 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 23:01:45.94 ID:+8cQRSbd0

唯「りっちゃん、りっちゃん」

律「なんだー?」

唯「今日購買に行かない?」

律「唯が購買?珍しいな」

唯「実は今日、憂の作ってくれたお弁当、お家に忘れてきちゃったんだ・・・」

律「うわぁ、もったいねー」

唯「家に帰ってから食べるもん」

律「そうかそうか。それがいいな」

紬「あの、今日からご飯は二人で食べてもらえる?」





律唯「へ?」




400 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 23:06:27.28 ID:+8cQRSbd0

律「あの・・・ムギ?」

唯「私たち、何か悪いことしちゃったかな・・・?」

紬「へ?・・・あぁ!もちろん、そういう意味じゃないわよ?」

律「・・・本当か?」

紬「これからしばらくは委員会の仕事があるから社会科教室でお昼を食べないといけないの・・・」

唯「そっか、今月は美化強化月間だもんね」

紬「えぇ・・・私も本当は二人と一緒に食べたいんだけど・・・こればっかりは仕方がないわ」

律「うーん、残念だな」

紬「えぇ、本当に。・・・それじゃ、私はそろそろ行くわね」ガタッ

律「うん、寂しくなったらいつでも戻って来いよー?」ニカッ

唯「来いよー」

律「こらー私の真似するなー」

唯「私の真似するなー」

律「こいつー」グリグリ

唯「あははは、いたい、いたいよー」キャイキャイ




402 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 23:11:32.58 ID:+8cQRSbd0

律「よし、んじゃ・・・私たちも行くか?」

唯「うん!購買って普段使わないから楽しみ~」

律「よーし、購買マスターの律様が購買の極意を教えてやろう!」

唯「教えて購買マスター!」

律「よし、第一!」

唯「うん!」ゴクッ

律「4時間目が終わったらダッシュで購買に向かうこと!」

唯「わかった!・・・って、あれ?4時間目が終わってもう10分くらい経ってる・・・」

律「うん、この時点で負け決定だな」タハハ

唯「そんな!信じてたのに!信じてたのに!」

律「まだ諦めるな!」

唯「だって聞いてよ購買マスター、もう10分も出遅れてるんだよ・・・?」

律「待て。これは数少ないコーヒー牛乳を手に入れるための極意なのである!」

唯「なのである!」




403 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 23:15:20.16 ID:+8cQRSbd0

律「つまり!10分くらいの遅れでパンが買えなくなる、なんてことはない!」

唯「本当!?やったね!」

律「ってワケで・・・ダッシュだ!唯!」

唯「あいあいさー!」


・・・

・・・


唯「うわーすごい人だねー」

律「そうそう、出遅れると人ごみに巻き込まれることもあるんだ」

唯「そっかー大変だね」

律「唯はどんなパンが好きなんだ?」

唯「うーん、なんでも好き!」

律「うーん、じゃあ適当に2~3個取ってくるけど、それでいいか?」




404 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 23:18:28.06 ID:+8cQRSbd0

唯「行ってくれるの!?さすが購買マスター!」

律「ははは、大したことではありませんよ。私にはあなたの笑顔という最高の報酬が待っているのですから」ダッ

唯「購買マスターかっこいいー!」キャー




5分後

律「ほらよ」

唯「おおー!大漁じゃ大漁じゃ!」

律「へへーん、どうだー?」

唯「購買マスター愛してる!」

律「はっはっはっ、さぁ私に報酬を・・・!」

唯「はい!購買マスター!」ニパァァ

律「ぐっ・・・なんて輝かしい微笑なんだ・・・!」

唯「わっはっはっは!私は微笑みマスターだったのさ!」

律「なんだってー!お前が伝説のあの・・・!」




406 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 23:21:22.64 ID:+8cQRSbd0

唯「・・・自分で振っといてなんだけど、そろそろ教室に戻ろうか?」

律「ああ、そうだな」


・・・

・・・


律「よっしゃ、いただきまーす!」

唯「いただきまーす!・・・あ、りっちゃんも購買のパンなんだ?」

律「おうっ、まあな」モグモグ

唯「それにしても、お昼にパンっていうのもたまにはいいね!美味しい!」モグモグモグモグ

律「あ、こらっ、唯!そんなに早食いすると喉に」

唯「ぐっ!」

律「言わんこっちゃない!ほら!」ゴトン

唯「・・・!!」ゴッキュゴッキュ

唯「ぷはー!」

律「おい、大丈夫か?」




407 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 23:25:03.11 ID:+8cQRSbd0

唯「うんっ!大丈夫!それにしても・・・」

律「うん?どうしたんだ?」

唯「コーヒー牛乳・・・なんで・・・?」

律「はっはっは、これが購買マスターの実力ってヤツさ!」ピカン

唯「おぉーおでこが光ったぁー」

律「私ほど素晴らしければおでこも自ずと輝くのだ!」

唯「へへー」オガミオガミ

律「お、おいっ拝むなっ///」

唯「えへへー」ニコニコ

律「それにしても・・・」

唯「うん?」モグモグ

律「二人でご飯食べるのって、何気に久々だなー」

唯「言われてみればそうだね。お昼はいつも3人で食べてたし、部活の後の寄り道もみんなでしてたもんね」

律「えーと、いつ振り?」

唯「・・・あれ」




409 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 23:28:23.40 ID:+8cQRSbd0

律「ん?」

唯「・・・もしかして、初めてじゃない?」

律「えぇ!?マジか!」

唯「だって、記憶にある?二人でご飯食べたって」

律「・・・ない」

唯「だよねー。やったぁ!」

律「おいどうした」

唯「今日は記念日だよ!」

律「『二人で初めて一緒にご飯食べた記念』か?」タハハ

唯「うん!やったー!りっちゃんの初めてゲットー!」

律「おい!デカい声でそういうこと言うなっ!///」

唯「えーいいじゃん、りっちゃんのケチー」ブー

律「ブーじゃない、可愛く言っても駄目なもんは駄目っ!///」

唯「私は嬉しかったんだよー?」

律「そ、そうかよっ///」




412 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 23:32:55.98 ID:+8cQRSbd0

唯「ねーりっちゃん、せっかく二人なんだし、なんか面白い話しようよ」

律「えー?面白い話ならいつもしてるだろー?」

唯「まあねー」

律「それって、どういうことだ?」

唯「だから、二人きりならではの面白い話だよ!」

律「いや、無茶振り過ぎるだろー」

唯「えー」

律「じゃあ唯、ちょっとお手本見せてくれ」

唯「え・・・っと・・・。うーん・・・」

律「・・・」

唯「そういう無茶振り、良くないと思う」

律「お前が言い出したんだろー!」

唯「確かに、難しいね」

律「ああ、かなり高度だろ?」




414 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 23:35:13.05 ID:+8cQRSbd0

唯「うーん・・・二人きり・・・ならでは・・・」

律「おい、唯。そんなに真面目に考えなくていいって!」

唯「りっちゃん!面白い話かわかんないけど・・・私りっちゃんのことが好き!」





















律「」




417 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 23:38:47.50 ID:+8cQRSbd0

律「は、はぁぁぁ?///」

唯「・・・」

律「え・・・えっと・・・マジ、なのか?///」

唯「冗談で言ってるように聞こえる?」

律「ああ、聞こえるな」

唯「むふーバレちゃしかたがない!」

律「おまっ!このー!」グリグリ

唯「きゃー」キャイキャイ

律「全く、ちょっとビックリしたぞ!」

唯「もー冗談だってばぁ」

律「そういう冗談はあまり言うなっ!心臓に悪い!」

唯「あーりっちゃんってばこの間5組の山本さんに告白されたばっかだもんね」

律「だぁー!///デカい声で言うなっての!」

唯「大丈夫だよ、誰も聞いてないって」

律「そういう問題じゃない!言っちゃ駄目だぞ!」




420 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 23:44:31.83 ID:+8cQRSbd0

唯「でも、なんで断っちゃったの?」

律「・・・なんでって、理由は明らかだろ」

唯「あー山本さんって残念な顔してるもんね」

律「こらー!あまり大きい声でそーゆーこと言わないの!!確かにちょっと居たたまれない顔してるけど!
・・・じゃなくて、顔以前の問題だっつの!」

唯「えー?顔以前の問題って何?あー!わかった!臭いだ!確かに山本さんって」

律「こらー!だから違うっての!アンモニア臭のことは言ってやるなって!」

唯「えーじゃあ本当にわからないよ・・・」

律「だって・・・女子高で生徒に告られても・・・なぁ?」

唯「・・・何か問題ある?」

律「・・・女同士じゃん」

唯「へ?」

律「・・・へ?」

唯「それって何か駄目なの?法律違反?」

律「いや、そんなことないけど・・・」




423 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 23:48:29.67 ID:+8cQRSbd0

唯「・・・?」

律「えっと、唯・・・同性愛って知ってるか?」

唯「うん、レズとホモでしょ?」

律「バッサリだー!!」

唯「でも、それがどうしたの?」

律「・・・へ?」

唯「だってさー好きならしょうがないじゃん。駄目なの?」

律「いや、駄目じゃないけど・・・」

唯「じゃあ振った理由になりません!」

律「う゛・・・」

唯「?」

律「駄目じゃないけど・・・いいことじゃないだろ?」

唯「えーと、りっちゃんは差別?してるの?」

律「そんなんじゃねぇよ・・・。ただ・・・っだー!」

唯「ほえ!?」




426 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 23:53:27.34 ID:+8cQRSbd0

律「私にも色々と事情ってもんがあるんだよ!」

唯「えー事情って何?教えてー?」

律「いやだ!はい、この話はお終い!」

唯「えー!」ブーブー

律「・・・唯は、好きなヤツとかいるのかよ」ボソッ

唯「へ?」

律「だから・・・」

唯「・・・いるよ」

律「・・・!」

唯「確かに私、ポヤポヤしてるけど・・・好きな人くらい人並みにいるよ?」

律「・・・そっか・・・」

唯「りっちゃんにも・・・好きな人がいるんだね・・・?」

律「・・・!」

唯「同性がっていうよりも・・・告白してきたのが異性でも・・・その人じゃない限り、答えは変わらなかったんだよね?」

律「うっせーよ・・・///」




427 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 23:55:53.32 ID:+8cQRSbd0

キーンコーンカーン・・・

唯「あ、予鈴だ」

律「・・・じゃあ片付けるぞー」

唯「はーい」

律「よいしょっと・・・」

唯「ねえりっちゃん・・・?」

律「なんだー?」

唯「さっきの話の続き・・・またしたいな?」

律「・・・また、明日な・・・///」



・・・


・・・




428 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/03(日) 23:59:27.03 ID:+8cQRSbd0

帰り道

澪「へー、じゃあしばらく唯と二人でご飯食べるのか」

律「あ、ああ」

澪「ははは、おい律」

律「ななななんだよ・・・」

澪「よかったじゃん」ニヤニヤ

律「うううっせー///」

澪「これはチャンスだって!」

律「・・・そうかな」

澪「ああ、なんとかこのチャンスをモノにするんだ!」

律「お前はってヤツは・・・人の恋愛に横槍入れるのが好きなのか?」

澪「そういうワケじゃないけど、やっぱり律には幸せになって欲しいし」

律「そ、そうか・・・」

澪「それに、相手が唯なら・・・結ばれたらきっと幸せになれると思うし、な・・・///」

律「・・・ありがとよっ///」




432 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/04(月) 00:03:22.17 ID:+8cQRSbd0

澪「んで、記念すべき一日目は何かいいことあったか?」

律「うーん・・・あ、そうだ」

澪「なんだ?」

律「唯って、同性愛に偏見ないみたいだな」

澪「・・・それは、そうじゃないか?唯のあの性格なら・・・」

律「そそそうなんだけど・・・、本人の口から聞くと安心するだろっ?」

澪んーまあ、確かに」

律「でもなー・・・唯、好きなヤツがいるらしいんだ・・・」

澪「」

澪「はい?」

律「びっくりだよな」

澪「今日律が元気なかった理由、わかったよ・・・」

律「ああ・・・」

澪「それじゃ、また明日な」

律「おう」




434 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/04(月) 00:07:13.15 ID:YG8aWzRy0

次の日~昼休み~

律「さて今日もやって参りました!楽しい楽しいお昼休みの時間です!」

唯「楽しいね!」キャイキャイ

律「っつーわけで!私は購買に」

唯「待って!」

律「ん?」

唯「あの、今日はお弁当食べない?」

律「いや、持ってきてない」

唯「憂に頼んでりっちゃんの分も作ってもらったんだ~」ヘッヘーン

律「な、なんだってー!」

唯「ほら、だから一緒に食べよう?」

律「おう!・・・憂ちゃんにお礼言わないと!」

唯「待ちなさいりっちゃん隊員!」

律「なんですかー!」

唯「憂に頼んであげた私にもお礼を!」




435 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/04(月) 00:12:01.91 ID:YG8aWzRy0

律「おおう!これは失礼した!唯隊員!恩に着るぞ!」

唯「うむ!では食べようではないか!」

律「おう!」

律唯「いっただっきまーす!」

律「うめー」モグモグ

唯「ねー美味しいよね」モグモグ

律「ああ、昨日の唯の気持ちがわかったぜ!」

唯「私の気持ち?」

律「ああ、たまにパンとご飯を切り替えると物凄く美味く感じる!憂ちゃん作ってくれた弁当だから尚更だけどな!」ニカッ

唯「でしょー?たまにはいいよね」

律「ああ、美味い」モグモグ

唯「でも大丈夫だった?」

律「何が?」

唯「いや、いつもと違うもの食べるのを嫌がる人もたまにいるでしょ?」

律「ああ、確かにそういう奴もいるけど、私は大歓迎だぜ」




436 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/04(月) 00:16:10.42 ID:YG8aWzRy0

唯「そっか、よかった」

律「それにパンが好きだから購買に行くわけじゃないんだ。朝、時間ないだけなんだよ」

唯「あーなんかりっちゃんらしい理由だね?」

律「うっさーい!だから本当に嬉しいよ、ありがとうな」

唯「へ?う、うん!・・・へへ///」

律「ん?」

唯「んーん、なんでもない」

律「?そっか?」

唯「そういえな、昨日飲んだコーヒー牛乳、美味しかったなー」

律「ああ、ビンに入ってるあれは反則だよなー?」

唯「そうそう!今まであのコーヒー牛乳の存在を知らずに1年ちょっと過ごしたのかと思うと・・・」ガクガク

律「大丈夫だって、買い方がわかったんだからこれからは飲みたいときに飲めるだろ?」

唯「うん!なんてったって購買マスター直伝だからね!」

律「おうよ!」




437 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/04(月) 00:22:03.80 ID:YG8aWzRy0

唯「・・・あのさ」

律「んー?」

唯「昨日の話の続き」

律「・・・あ、ああ///」

唯「いい?」

律「い、いいよ」

唯「それでさ、りっちゃんの好きな人って、どんな人なの?」

律「(お前が聞くか、それ・・・///)え、えーと・・・普通の人だよ」

唯「普通じゃわかんないよー、じゃあ趣味は?」

律「・・・ギター」

唯「へ?」

律「(うっわ!///まずい!)いいいいいやいやいや!」

唯「ギターが趣味なの?」

律「・・・あ、ああ(やっちまった・・・)」

唯「へー!じゃあ私と一緒だね!」




438 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/04(月) 00:28:36.87 ID:YG8aWzRy0

律「あ、ああ言われてみればそうだなっ!」ハハハ

唯「じゃあ、りっちゃんはその人のどういうところが好きなの?」

律「(ある意味拷問だな、こりゃ・・・)え、えーと・・・ぜ、全部///」

唯「全部じゃわかんないよー。でも、本当にその人のことが好きなんだね」クスクス

律「・・・ああ、好きだよ」

唯「そっかー・・・」タハハ

律「大好き、なんだ・・・!」

唯「ちょっちょっと///わかったよ。私まで恥ずかしくなってきちゃった」アハハ

律(面と向かって唯に好きだって言う勇気もないくせに・・・)

律(私の好きな人の話っていうフィルターを使って、伝わりもしない気持ちを吐露して・・・)

律(私は・・・情けない奴だ、本当に・・・)ガタッ

唯「・・・りっちゃん?」

律「ごめん、ちょっとトイレ行って来る」タッタッタッ




442 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/04(月) 00:37:45.31 ID:YG8aWzRy0

トイレ


律(あーもー・・・!!!)

律(友達でいいんだって、決めただろう田井中律っ!)

律(唯の話で希望を持ったり落ち込んだり一喜一憂して・・・)

律(わかってるけど・・・唯の顔を見ると・・・決意が揺らぐ)

律(唯は・・・誰のことが好きなんだ・・・?)

律(なんで・・・私じゃないんだよ・・・)

律(唯の好きな人の話なんて・・・聞きたくない・・・)

律(聞きたくないのに・・・すげー気になるよ・・・)

律(あー・・・私は・・・ほんっとに・・・)

律「カッコわりぃな・・・ちきしょー・・・」


・・・


・・・




445 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/04(月) 00:41:31.62 ID:YG8aWzRy0

教室

唯(りっちゃん・・・どうしたんだろう・・・?)

唯(私がしつこくりっちゃんの好きな人の話するから、嫌になっちゃったのかな・・・?)

唯(・・・しつこくてごめん)

唯(でも・・・気になるよ・・・)

唯「好きな人のこと、だもん・・・」

律「へ?」

唯「!?りっちゃん!?」

律「あ、ああ。ごめん、急にお腹痛くなっちゃってさー!」タハハ

唯「う、ううん!お腹大丈夫?」

律「ああ、大丈夫、出したらスッキリしたぜ!」

唯「そっか、よかった!」



律唯(私、今・・・上手く笑えてる・・・?)




447 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/04(月) 00:43:13.16 ID:YG8aWzRy0

唯「そろそろチャイム鳴っちゃうね?」

律「ああ、ホント、早いなー」

唯「それじゃ、おかたししましょー♪」

律「ほいほーい」


・・・

・・・




449 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/04(月) 00:46:30.18 ID:YG8aWzRy0

帰り道

澪「おーい?」

律「わ!?」

澪「・・・今の話、全然聞いてなかっただろ?」

律「・・・うん、ごめん」

澪「全く、どうしたんだよ?」

律「いや・・・その・・・」

澪「・・・唯のこと、だろ?」

律「・・・ああ」

澪「だから・・・もういっそのこと告白しちゃえって」

律「どうしてそうなるんだ」

澪「これ以上ウジウジした律を見たくない。以上」

律「う゛・・・」

澪「私たちのことなら気にするなよ、そんなことで壊れるようなヤワな友情じゃないだろ?」

律「・・・うん」




451 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/04(月) 00:52:02.14 ID:YG8aWzRy0

澪「ほら律!」

律「うわぁ!?」ビクゥ

澪「シャキっとする!」

律「は、はい」

澪「唯が誰のこと好きなのかは知らないけど・・・一ついいこと教えてやる」

律「・・・なんだよ」

澪「唯の好きな人、この学校の人らしいぞ」

律「・・・!?」

澪「憂ちゃんに聞いたんだ」

律「憂ちゃんは唯が誰のこと好きか知ってるのか!?」

澪「いいや、しらないと思うよ」

律「そ、そっか・・・」

澪「ただな、憂ちゃん言ってたんだ。唯が高校に入ってしばらくして・・・すごい楽しそうに学校行くようになったって」

律「そんなの、友達が出来たからじゃないのか?」

澪「憂ちゃんも気になって唯に聞いたんだってさ。『好きな人でも出来たの?』って」




452 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/04(月) 00:59:20.44 ID:YG8aWzRy0

律「!!そしたら、唯はなんて!?」

澪「わかんない・・・でも、こういう気持ち、初めてかもって言ったんだってさ」

律「・・・!」

澪「この学園に、唯の好きな人はいるみたいだぞ?」

律「そう、なんだ・・・」

澪「っていうか、憂ちゃんが唯の好きな人知ってたとして、それを憂ちゃんから聞いて・・・どうするつもりだったんだ?」

律「どうするっていうか・・・わかんねぇよ。ただ、気になるだろ・・・?」

澪「唯が律のこと好きじゃなかったら、諦めれるのか?」

律「そっそれは・・・」

澪「・・・無理だろ?」

律「うぅ・・・///」

澪「それなら、答えは一つだ、わかるな・・・?」

律「・・・ああ」

澪「よしっ!」

律「・・・澪、サンキューな」




453 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/04(月) 01:03:45.63 ID:YG8aWzRy0

澪「ああ、勇気出せよ」

律「おう!こりゃ並大抵の勇気じゃなりないからな!いっぱい勇気出さないと・・・!」

澪「そうそう、その意気だ!」アハハハ

律「おう!」

澪「律・・・」

律「ん?なんだ?」

澪「私、お前に言っておきたいことがあるんだ・・・」

律「・・・なんだよ?」

澪「・・・当たって砕けろ!・・・それじゃ気をつけて帰れよ!」

律「んなー!砕けるって決め付けんなー!」

澪「ははは、また明日なー!」

律「おうーまた明日!」


・・・


澪「好きな人の恋応援するのだって、すごい勇気いるんだからな・・・バカ律っ・・・」




457 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/04(月) 01:06:53.86 ID:YG8aWzRy0

次の日のお昼!

律「よっ!」

唯「りっちゃん!どこ行ってたの?」

律「もち購買だ!ほら、コーヒー牛乳だぞー?」

唯「あ、買ってきたんだ?」

律「へへー、1本やる」

唯「本当に!?ありがとう!」

律「ああ、いいってことよ」

唯「じゃあ早速いただきまーす!」

律「悪いなー、今日も弁当作ってきてもらっちゃって」

唯「ううん、いいんだよー」

律「・・・なあ、唯?」

唯「ん?」

律「さっき、憂ちゃんに会ったんだ・・・」

唯「憂に?へー」




458 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/04(月) 01:10:15.54 ID:YG8aWzRy0

律「そう、それでなーお弁当のお礼言ったんだ」

唯「・・・!!」

律「でもなー?憂ちゃん、『お礼はお姉ちゃんに言って下さい』って言うんだよ・・・なんでだろうな?」

唯「・・・」

律「今日は・・・屋上で食べないか?天気もいいし!」

唯「う、うん!」

律「それに・・・話したいことがあるんだ・・・」

唯「・・・わかった」


・・・


・・・




460 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/04(月) 01:16:00.02 ID:YG8aWzRy0

唯「りっちゃん、さっきの話だけど・・・ごめんね?」

律「へ?さっきの話って、お弁当の件か?」

唯「うん、昨日のも今日のも・・・本当は私が作ってたんだ」

律「そ、そうか・・・///」

唯「うん・・・」

律「唯、ありがとうな。っていうかなんで謝るんだよ?」

唯「うん・・・なんか照れくさくてね、それで私が作ったってりっちゃんに言えなくて嘘ついちゃった」

律「・・・!べ、別にいいよ、そんなこと」

唯「昨日ね、りっちゃんが美味しそうにお弁当食べてくれて、すっごい嬉しかったんだ」

律「あ、ああ。美味いもんは美味いって言うからな、私は」

唯「うん、ありがとう!」

律「唯・・・私も、唯に話があるんだ・・・」

唯「・・・何?」

律「とりあえず、この弁当食べてからでいいか?お腹すき過ぎてもう我慢できねえよ」

唯「・・・うん!」




464 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/04(月) 01:20:52.37 ID:YG8aWzRy0

律「いただきます!」

唯「えへへー美味しくなかったらごめんね?」

律「ばっか!唯が作ったものに美味くないものなんてねぇよ!」モグモグ

唯「・・・///」

律「・・・」モグモグ

唯「りっちゃん・・・?」

律「あのさ、唯」

唯「うん、何?」

律「私さ、唯のことが好きなんだ」

唯「・・・え?」

律「私はこの間の唯の冗談とは違うぞー?本気だぞー?」

唯「えっと・・・本当に?///」

律「ああ。昨日もな、ついうっかり口が滑って唯に好きだって言っちゃいそうになったんだ」

唯「へ?いつ?」

律「ほら、好きな人の趣味!・・・ギターって、馬鹿正直に答えちゃっただろ?」




466 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/04(月) 01:25:04.40 ID:YG8aWzRy0

唯「あー!本当だ!」

律「な?私は馬鹿だからなー油断するとすぐに本当のこと言っちゃうんだよ」

唯「・・・りっちゃん・・・」

律「さっきまでは当たって砕けろだ!って思ってたんだけど・・・」

唯「うん・・・」

律「憂ちゃんと話してから、ちょっと風向き変わったかな、なんて思ったんだけど・・・どう?」

唯「それはないよ、りっちゃん」

律「なっ・・・!」ガーン

唯「風向き変わるも何も・・・私はずっと前からりっちゃんのこと好きだったもん・・・///」

律「~~////」

唯「ねえ、りっちゃん?私のこの話も、本当だよ?」

律「・・・///」

唯「私たちって・・・両想いだったんだね?」

律「あ、ああ。そうみたいだな///」ヘヘッ




473 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/04(月) 01:32:24.19 ID:YG8aWzRy0
>>469
流石にこのシチュエーションで告白されたことはないなwwwww





律「なあ、唯?///」ドキドキ

唯「何・・・?」

律「あのさ、確認しておきたいんだけど・・・」

唯「うん」

律「好きって、そういう好きだよな?もちろん」

唯「それくらいの分別はつくよー」タハハ

律「そっか・・・///」

唯「りっちゃん?」

律「うん?」

唯「・・・そういう、好き・・・だよ///」

律「あー!!」




476 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/04(月) 01:35:49.79 ID:YG8aWzRy0

唯「!?どうしたの!?」

律「私、幸せ過ぎで死ぬかもしんない・・・///」

唯「えー、じゃあ私も死なないと駄目じゃん!二人で生きようよ!」

律「あ、ああ・・・そうだな・・・」

唯「うん!きっとこの先楽しいよ!」

律「唯・・・ごめん!」

唯へ?」

チュッ

唯「~~~!?//////」

律「・・・ごめん!あんまり可愛かったから・・・つい・・・」

唯「・・・りっちゃんの馬鹿ぁ!」

律「はい、私は馬鹿です」

唯「物事には段取りっていうものがあるでしょ!」

律「はい・・・(正論で唯に怒られた・・・)」

唯「もうっ・・・!」タッタッタッ




480 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/04(月) 01:39:04.69 ID:YG8aWzRy0

律「やっべ・・・唯の奴・・・怒ってたな・・・」

律(・・・そんなに怒んなくてもいいじゃんか・・・)

律(お前が可愛いのが悪いんだってーの)ブー


キーンコーンカーン・・・


律「やべ!チャイムだ!」

・・・

・・・

先生「よーし、みんな席についてるかー?」

律「・・・部活に行く前に謝ろう、うん」

先生「田井中、何か言ったか?」

律「いいえ、どうぞ授業を始めてください?」

先生「・・・?あ、ああ」

・・・

・・・




483 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/04(月) 01:42:15.35 ID:YG8aWzRy0

キーンコーンカーン・・・

律「よっしゃ!唯」

和「ちょっと律!」

律「はぃぃ!?」

和「講堂の使用申請書・・・期限はいつまでだかわかってる?」

律「・・・えっと・・・いつだっけ?」

和「2週間前」

律「マジですか・・・」

和「というわけで、はいコレ。後は律がサインするだけになってるから。明日の放課後までに提出ね!」

律「あ、はい・・・」

和「それじゃね」

律「・・・やっべー忘れてたよ・・・」

律「・・・!?って、それどころじゃない!唯!?」

紬「あら、りっちゃん。唯ちゃんなら具合悪いって帰ったわよ?」

律「うっそ・・・」




485 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/04(月) 01:46:15.63 ID:YG8aWzRy0

帰り道



澪(律の奴、何も部活の途中で帰らなくてもな・・・)

澪(結局、二人はどうなったんだろう・・・)

澪(唯も授業が終わってすぐに帰ったらしいし・・・)

澪(・・・ま、あの二人なら・・・きっと大丈夫、だよな・・・?)

澪(私としては嬉しいのか、悲しいのかわからないけど・・・律の前では喜んでやらないと)

澪(幼馴染に恋するって、本当に辛い・・・)

澪(でも、私は・・・後悔してないから)

澪(だから、律・・・私の隣じゃなくてもいい、唯の隣でもいい。・・・明日は笑っててくれよ)


・・・


・・・




487 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/04(月) 01:50:05.68 ID:b5VWWuRG0
澪…´・ω・`)




489 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/04(月) 01:53:01.24 ID:YG8aWzRy0

次の日~4時間目~

律(・・・結局朝も二人で話すタイミングなかったし・・・)

律(唯は明らかに私を避けてる・・・よな?)

律(あー!!なんて馬鹿なことしたんだ、私・・・!)

律(今日もムギは美化委員会でいないらしいけど・・・)

律(今日は一緒にご飯食べれないのかな・・・)

律「はぁ・・・」


キーンコーンカーン・・・



律「!昼だ!」

律(唯に謝らないと・・・!)クルッ

律「って、いねぇぇぇ!!」

律(やっぱり・・・明らかに避けられてる・・・)

律(ごめん・・・唯・・・私が、あんなことしなければ・・・)




490 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/04(月) 01:53:53.40 ID:YG8aWzRy0


ゴトン


律「!?コーヒー牛乳・・・?」

唯「へへー」

律「唯、お前・・・!!」

唯「りっちゃん隊員!お弁当の時間であります!」








終わり




492 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/04(月) 01:55:10.66 ID:YG8aWzRy0
っつーわけでおしまいwwwww
やっぱ自分には律唯は難しかったなー・・・ww


みんな、長い間付き合ってくれてありがとなー!




493 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/04(月) 01:57:34.39 ID:uJyEGe+u0
>>492

おい、澪はどうする

澪アンチの俺でも可哀想に思うぞ




495 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/04(月) 02:00:40.30 ID:YG8aWzRy0
>>493
そうか?自分は澪好きだけど、これはこれでありだと思う。
恋愛ってそんなもんじゃね?みんながみんな幸せにはなれないって。




500 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/04(月) 02:08:48.36 ID:YG8aWzRy0
時間があればどんなカプでも書くけど(っつかマイナーカプの方が得意だけど)
今日はもう寝る。明日会社なんだ。

それじゃ、昨日今日とありがとうな。






この記事をリンクする?:


[ 2010/01/21 09:00 ] けいおん!SS | TB(0) | CM(4) | このエントリーを含むはてなブックマーク


良いねぇ、3本とも面白かったよ
弁当食いながら告白とか新しいな
[ 2010/01/21 15:04 ] [ 編集 ]


この人のss好きだなぁ
[ 2010/01/22 02:00 ] [ 編集 ]


ふふうん うむうむ
即興だしすっごく文章上手いってわけでもないけど、けいおん大好きなんだなーってのが凄く伝わってくる
普段からけいおんのことばかり考えてないとこういう芸当は出来ないね
いいSSだった
[ 2010/02/21 01:55 ] [ 編集 ]


りっちゃんはモテモテだからなぁ。
[ 2010/06/13 01:44 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

yamisoku

Author:yamisoku
けいおん系SSばっかりです。


ひさびさに左上更新してみましたw


とはいえ特に書く事もありませんが(笑)


このブログも開設から1年以上経過するんですね…


とりあえず「けいおん!!」のアニメが終わるまでは頑張って更新し続けたいと思います
2010年7月24日


TOP絵、リンク&RSS、まとめ依頼、募集中!↓


このブログについて

アクセスランキング
お世話になっているサイト様
SS
戯言ニュース
ニュー速VIPコレクション
はみ出者が見てたm9(^Д^)
糞虫の館
エレファント速報WLVS
世界一かわいいよ!
SSちゃんねる
SS速報

VIP
犬速VIP@わんわんおwww
ぐる速
ヒロイモノ中毒
フライドチキンは空をとぶ
ねとねた
hyukkyyyが見る2ちゃんねる
なんでも(=´∇`=)ちゃんねる
あじゃじゃしたー
じー速

ニュース
世界って広くね(;゚Д゚)
未定なブログ
とりのまるやき
Hyper News 2ch
デジタルニューススレッド
仰天ニュース( ;゚Д゚)
危ないニュース<キ`Д´>
日本語でおk
アゲハント最高!!
心ニュース
痛ニュー速報!
そら速
事故物件.com

まとめ
やる夫.jp
ニュースレ倉庫
New discovery
Newgle

日記
侮ログ
幸か不幸か家族計画
笑ってほのぼのとして軽く泣けるはなし(と不思議話と怖い話)
ムズ痒いブログ
出逢い系ちゃんねる

アニメ・ゲーム
To LOVEる -とらぶる- 考察
ゲハ速
てるぽんFLASH!
萌えるニュース
も・え・つー☆
あみみ

動画
YouTubeニコニコ日和

画像
ヴィブロ
気まぐれブログ
ナナ速
クマ速報

18禁画像
zipでやるお( ^ω^)
がぞー速報
画像スレとらのあな
エロの向こうがわ
セクシーニュース24
エロ画像速報
萌画VIP
ピーチ速報
zipからきました
AV女優おっぱいこれくしょん

18禁動画
えろどうが~無料エロ動画~
有料アダルトサイト比較


アンテナサイト
ショボンあんてな(´・ω・`)
2chnavi
2chまとめ
ブーンあんてな
まとめアンティーナ
もきゆ(´ω`*)あんてな


にほんブログ村 ネットブログ 2ちゃんねるへ

相互RSSサイト様
【SS宝庫】みんなの暇つぶし
たん速
ドルジ速報
マジキチ速報
ニュース2ちゃんねる
茶速
テラワロスVIP
音楽業界を目指す学生

相互リンク申請中


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アクセスランキング ブログパーツ