闇速

けいおん!系SSを中心に、2ちゃんねるからSSスレを独断と偏見でまとめてます。
最新ニュース

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




この記事をリンクする?:


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | このエントリーを含むはてなブックマーク

憂「お姉ちゃんやべぇぇぇぇぇ!!」 

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/09(土) 19:36:56.91 ID:0Rlm4iQ40
憂「お姉ちゃーん、起きてー」

唯「うーん・・・あと5分・・・」

憂(あぁ・・・ヤヴァイ・・・お姉ちゃんヤヴァイ・・・)

憂「早くしないと学校遅れちゃうよー?」

唯「あと5分だけー・・・おねがーい・・・」

憂(おねだり・・・もう駄目だ、理性が・・・襲うのか?襲っちゃうのか?平沢憂)

憂「早く起きないと今夜は寝かせないぜおい」

唯「え?」

憂「あ、いや・・・」



3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/09(土) 19:40:13.40 ID:0Rlm4iQ40
唯「じゃーねー、ういー」

憂「うん、またねーお姉ちゃーん」



キーンコーンカーンコーン

きりーつ、きょーつけー、れい

憂(さて、これより第483回お姉ちゃん会議を始める)

憂(物心ついたころからどう襲い掛かろうか考えていたがその答えは未だに見つからん・・・)

憂(このままではお姉ちゃんが年寄りになってしまうかも・・・)

憂(ん・・・年をとったお姉ちゃん・・・熟姉・・・・・・ハァハァ・・・)

「おい、憂」




4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/09(土) 19:45:25.53 ID:0Rlm4iQ40
憂「・・・てめぇか」

梓「お前唯先輩のこと本気で好きなのか?やめておけ、唯先輩は私が貰う、ハハッ」

ガタン!! ガシッ

憂「もう一回言ってみろやこらぁぁぁぁ!!!!」

梓「おいおい、胸倉掴むんじゃねぇよ、私はお前とケンカがしたいんじゃない、ハハッ」

憂「だったら用件はなんだ・・・」

梓「私は宣告しにきただけだ、お前のお姉ちゃん、唯先輩は私が貰うってな、ハハッ」




6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/09(土) 19:52:25.61 ID:0Rlm4iQ40
憂「ぶっ殺す・・・!!」

梓「そんなつもりじゃないんだけどなぁ・・・そっちがその気なら相手になろうか?ハハッ」

憂「覇ッッッッッ!!!!」

バッ   ドゴオオオォォォォ・・・

憂(外した・・・!?)

梓(なんてパワーを持ってやがる・・・黒板にデカい風穴が・・・ハハッ・・・)




8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/09(土) 20:01:32.27 ID:0Rlm4iQ40
梓「今度は・・・こっちの番かな?ハハッ」

憂「クッ・・・」

先生「平沢、中野、静かにしなさい、授業中だぞ?」

憂梓「はぁい」

憂(こいつだけは・・・)

梓(私が潰す・・・!)

先生「あれ、黒板に穴開いてる」




11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/09(土) 20:46:56.36 ID:0Rlm4iQ40
部室

唯「ごめーん、遅くなっちゃったー」

澪「おそいぞー」

律「もう唯の分のお菓子食べちゃったからなー」

唯「りっちゃんひどいよー!」ウルウル

梓(今にも泣きそうな唯先輩・・・ふむ、とりあえずパンツ脱いどこう)ヌギヌギ

律「あはは冗談だって、ほら、ちゃんと唯の分もあるぞー」

唯「やったー!!」

梓(バンザイして喜ぶ唯先輩・・・ふむ、とりあえずブラ外しとこう)プチ スルッ

紬(梓ちゃん・・・なんでちょっとずつ脱いでいってるのかしら)




13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/09(土) 21:23:10.92 ID:0Rlm4iQ40
梓「もう、唯先輩は時間にルーズすぎです!」

唯「ごめんねーあずにゃーん!」ダキッ

梓(ハァハァ・・・お前にも見せてやりたいよ平沢憂・・・この決して揺らぐことのない愛の形をなぁ!!)

梓「ハッハッハッハッハッハ!!アーッハッハッハッハッハ!!!」

澪「梓・・・どうした?」

律「とりあえず病院探そう」

紬「それなら父の知り合いに評判のいいお医者さんが」

梓(しまっ・・・!私としたことが・・・)




14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/09(土) 21:25:24.34 ID:Qol2R0vOO
こいつはクレイジーだね




15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/09(土) 21:30:12.89 ID:0Rlm4iQ40
唯「あずにゃんは私に抱きつかれて嬉しいだけだよ~」

梓「そっそんなんじゃないです!!」

梓(まずい!理性が・・・このままでは・・・)

キラッ・・・・

梓(?今、窓から光が・・・はっ!!ライフルのスコープ!!?)サッッ

バアアァァァァン ・・・




17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/09(土) 21:36:20.63 ID:0Rlm4iQ40
律「うお!」

紬「きゃあっ」

澪「」

唯「え?なに?」

ツー

律「お、おい!梓!!お前・・・頬から血が・・・!」

梓「え・・・あ、本当だ・・・どうしたのかな、えへへ」

澪「」ガクガク




20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/09(土) 21:44:07.62 ID:0Rlm4iQ40
梓(精確な射撃・・・それも並みのレベルではない)

梓(面白い・・・実に面白いよ平沢憂・・・そんなにお姉ちゃんに触れさせたくないか?)

梓(楽しくなってきた・・・まず邪魔なお前を消してやろう、じっくりとな・・・)

梓「ハッハッハッハッハッハ!!アーッハッハッハッハッハ!!!」

唯律澪紬「」

梓(しまっ・・・!私としたことが・・・)




22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/09(土) 21:59:02.46 ID:0Rlm4iQ40
唯「ういー、ただいまー」

憂「お姉ちゃんおかえり!!」ダキッ

唯「わっ、憂から抱きつくなんて珍しいねー」

憂「えへへ、たまには良いかなーなんて」

憂(ペロペロ・・・ハァハァ・・・お姉ちゃんの汗・・・ハァハァ・・・姉汗・・・白川涼子・・・・ペロペロ)

唯「う・・・憂?大丈夫・・・?」

憂「ふぅ・・・ ん?大丈夫だよ?あはっ、変なお姉ちゃん」

唯「・・・」




25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/09(土) 22:07:19.86 ID:0Rlm4iQ40
憂「今日はうな重だよー」

唯「わー!豪華!どうしたの!?」

憂「えへへ、ちょっとお金に余裕ができたからね、あ、あと別に意味ないけど精力もつくんだって」

唯「へぇー、あ、なんか飲み物とってー」

憂「はい、どうぞー」ゴトッ

唯「マムシドリンク・・・?」(今パンツから出さなかった・・?)

憂「うん!おいしいかなーって、あ、あと別に意味ないけど精力もつくんだって」

唯「そうなんだ・・・」




27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/09(土) 22:12:49.84 ID:0Rlm4iQ40
唯「ごちそうさまでしたー」(なんか気持ち悪い・・・)

憂「お粗末さまでした」

憂「ちょっと用事あるから部屋に上がるねー」

唯「はーい」

トンットンットン

ガチャ  バタン

憂「さてと、お姉ちゃんに変化はあるか・・・?」

憂「お姉ちゃんの部屋には52個の監視カメラを設置している」

憂「新世界の神でない限り見つけることは難しいはずだ」




28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/09(土) 22:16:42.70 ID:fpJDYxYs0
ワロタwww




30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/09(土) 22:18:26.15 ID:0Rlm4iQ40
憂「・・・20時31分お姉ちゃん入室・・・」カタカタ

憂「・・・20時32分お姉ちゃんベッドに寝転がる・・・」カタカタ

憂「・・・20時32分お姉ちゃんベッドでゴロゴロころがる・・・可愛すぎる・・・」カタカタ

憂「・・・20時33分お姉ちゃん大きなアクビ・・・あの吐息をどうにかして手に入れたい・・・」カタカタ

憂「・・・20時34分お姉ちゃ パリィィィィィィン!!!!

憂「!!」




32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/09(土) 22:28:50.86 ID:0Rlm4iQ40
梓「お邪魔します、ハハッ」

憂「てめぇか・・・親から礼儀ってものも教わらなかったのか?」

梓「うちの家族はみんなこうなんだ、ハハッ」

憂「You are crazy(狂ってやがる)...」ボソッ

梓「Thank you.It is the best praise for me(ありがとう、最高の誉め言葉だ)...haha...」

憂「どうしたんだ?その頬の傷、可愛い顔が台無しだぜ?」

梓「・・・貴様、あの射撃は誰から教わった?」

憂「私はお姉ちゃんを守る為なら全てを犠牲にしたっていい・・・それぐらいあの人の存在は絶対なんだ」




34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/09(土) 22:36:48.34 ID:0Rlm4iQ40
憂「小さな頃からあの人を守ることだけを考えて生きてきた」

憂「『銃器さえあれば誰も敵わない』、そう考えていた時期が私にもあった」

憂「私は自己流でその銃の性能を最大限まで生かす方法を調べた。それがあの射撃法」

憂「だがそれは間違っていた。その銃の性能を最大限に生かせても破壊力には限界が必ずある」

憂「2歳の時そのことを悟った私は接近戦をマスターすることにした」

憂「そう、全てはあの人(お姉ちゃん)を守るために・・・」




36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/09(土) 22:40:37.10 ID:dml8ZFyx0
よくできた妹だ




39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/09(土) 22:44:20.34 ID:0Rlm4iQ40
梓「・・・素晴らしい、君は素晴らしいシェフだよ、ハハッ」パチパチ・・・

憂「シェフ・・・だと?どういう意味だ・・・」

梓「そんなに手間暇掛けて作った料理を無料(タダ)で戴けるのだもの、嬉しいねぇ、ハハッ」

憂「殺す・・・・・」ブチブチ

梓(気迫が変わったな・・・・・・・・・来る)

憂「噴ッッッッッッッッッッッ!!!!!!!!」

ドカァァァァ ・・・ ズザザザァァァァ




42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/09(土) 22:56:15.23 ID:0Rlm4iQ40
梓(当たったか・・・う!破壊力が・・・段違い・・・しかしこれでは私の装甲を破れまい・・・)

梓「キシャエェェェェイィィ!!!!」シャキン シャキン

憂(投げナイフ・・・っ!かわせないかッ!)

ブシュ!! ブシュ!!

梓(ハハッ、脚を貫通・・・これで少しは・・・・・・なに!!?)

憂「・・・ふぅー・・・」ブシュ・・・ ブシュ・・・

梓(効いてない・・・しかも自分でナイフを抜いて・・・)




43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/09(土) 23:06:53.00 ID:0Rlm4iQ40
憂「貫通程度じゃ私は倒せないぜ?あずにゃんよぉ・・・」

梓「これは誤算だったね、それに複数ナイフを投げたから君の大切な物に当たっちゃったよ、ハハッ」

憂「大切なもの・・・?」

梓「ほらっ、机の上を見てごらんよ、ハハッ」

憂「机の上・・・・・・まさかッ!!」

憂「・・・・・・・」

梓「ハハッ」

憂「お姉ちゃんとの・・・ツーショット写真(当時憂ノーパン)が・・・」




44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/09(土) 23:11:44.16 ID:RpebkjJu0
当時憂ノーパンワロタw




45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/09(土) 23:14:30.04 ID:0Rlm4iQ40
梓「すまないな、わざとじゃないんだよ、ハハッ」

ドドドドドドドドドド・・・・・・・・

梓(!!?憂が・・・・巨大化した・・・だと・・・!!!??)

憂「死ぬ覚悟は・・・・・出来たか・・・?」

コンコン

憂梓「!!!!!」

唯「ういー、入るよー?」

憂「ちょまッッッッッ!!!!」




46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/09(土) 23:23:37.19 ID:0Rlm4iQ40
唯「・・・・なんか凄いことになってる」

唯「まず全身アザだらけのあずにゃんがいる・・・それに憂がデカイし血まみれ・・・」

唯「部屋がボロボロ・・・っていうか憂の部屋久しぶりに入ったら壁紙が私に・・・」

唯「あうー」バタッ

憂「お姉ちゃん!」

梓「唯先輩!・・・気絶してる・・・」




48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/09(土) 23:35:23.44 ID:0Rlm4iQ40
憂「Shit!!どうすれば!」

梓「任せろ、私が自宅に運んで看病しよう、お前は部屋の掃除を」

憂「下半身ドロドロの奴が言っても説得力がねぇよ、てめぇ帰ったらウガイ手洗いの前にお姉ちゃん襲うだろ」

梓「手洗いはする、唯先輩が汚れたらどうする?」

憂「襲うことが一番お姉ちゃんを汚すスパイスだろうが!!」

梓「仕方ない・・・わかった、唯先輩はこちらで預かる」サッ

憂「まるで分かっちゃいねぇ!!てめぇ待ちやがれ!!クソッ、身の軽いやつ・・・!!」




50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/09(土) 23:47:56.34 ID:0Fyu/cjrO
なんだこれwww




………なんだこれ





51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/09(土) 23:48:09.68 ID:0Rlm4iQ40
梓宅

梓「ふむ・・・・・」カシャカシャ

梓「・・・・ふむ・・・・・」カシャカシャカシャカシャ カシャシャシャシャシャシャシャ

梓「おっと、容量オーバーか・・・さすがに8GBではきつかったかな、ハハッ」

唯「う・・・うーん・・・」

梓「あ」

唯「ここは・・・あずにゃんの家・・・?」

梓「そっそうです!唯先輩部活で倒れて大変だったです!」




52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/09(土) 23:54:30.14 ID:mM8Htw3F0
8GBwwwwwwwww




53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/09(土) 23:58:27.82 ID:0Rlm4iQ40
唯「なんであずにゃん裸なの?」

梓「いやぁ、暑いですね!唯先輩!」

唯「それにその腰に付いてる物は・・・」

梓「これはペニバンっていう物です!これを装着しながらギターの練習したら上達が早くなるです!」

梓「かの有名なエリック・クラプトンもこれを装着して練習していたです!!」




55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/10(日) 00:09:14.57 ID:3uaf1ZJ80
唯「そうなんだ・・・あれ、携帯がないや、憂に連絡したいのになぁ」

梓「う・・・憂には私がもう連絡しておきました!」

唯「そうなんだ、ありがとーあずにゃん、でも一応」

梓「いいじゃないですか!唯先輩もペニバン付けて練習しましょう!エリック目指しましょう!」

唯「携帯借りるねー」サッ

梓「!!」




57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/10(日) 00:19:17.98 ID:3uaf1ZJ80
唯「ん・・・なにこの待ち受け、私が・・・裸?」

梓「・・・それはアイコラです!かの有名なジミヘンも密かに作っていたそうです!」

唯「へぇ・・・でもなんで私なの?」

梓「この画像は唯先輩が練習をサボった時に突きつける為に作ったものです!!」

唯「あずにゃんひどいよー、えーと電話帳はっと・・・」

唯「私ド○モだからよく分からないなぁ、あれ?間違ってデータフォルダに・・・って、え?」

唯「『唯先輩フォルダ』・・・画像999、音声503・・・」




59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/10(日) 00:28:47.95 ID:3uaf1ZJ80
梓「そのSDカードにはそれしか入らなかったです!SDカードは全部で76枚あるです!!」

唯「す、すごいねー・・・でも何に使うの?」

梓「ナニに使うんです」

唯「?」

ピンポーン

梓「ハハッ、インターホンを押すなんて礼儀正しい子だ」

唯「あずにゃん・・・?」

梓「・・・あ、誰か来たみたいですね、ちょっと見てきます」タッタッタ




60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/10(日) 00:50:25.99 ID:3uaf1ZJ80
ガチャ  バキッッッッ!!

梓「・・・ペッ・・・ハハッ、いきなりご挨拶だねぇ。もし出たのが私じゃなく唯先輩だったらどうする?」

憂「匂いでわかる・・・」

梓「どこまでもお姉ちゃんLOVEチュッチュな人だ、ハハッ」

憂「それにてめぇからも匂ってくる」

梓「おっと失礼、すまなかったね、ハハッ」

憂「泥棒猫の匂いがなぁぁぁぁぁぁ!!!!!」

バキィィィッッ!!!  ズサァァァァァァ!!




62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/10(日) 00:58:37.04 ID:3uaf1ZJ80
憂「お姉ちゃんを出せ」パキッポキッ

梓「グッ・・・致し方あるまい、今日は手を引こうかな、ハハッ」

梓「唯せんぱーい、憂が迎えに来ましたよー」

唯「え、憂?わーい」

憂「お姉ちゃん!」

唯「ういー」ダキッ

梓「・・・・・・・・ハハッ」グスッ

憂(!?・・・泣いている・・・?)




64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/10(日) 01:07:14.41 ID:3uaf1ZJ80
憂「おい、てめぇ昨日泣いてたのか?」

梓「なんのことだ?頭だけでなく遂に目も腐ったかい?ハハッ」

憂「・・・まぁいい、とにかくお前に勝ち目はねぇ、もうお姉ちゃんに近づくなよ」

梓「残念だったねぇ、今日は唯先輩とギターを見に行く予定なのだよ、ハハッ」

憂「・・・!!死ねッッッ!!」パンッパンッ !

梓「シャイイィィィァァァァ!!!」シュッシュッ

キンッキンッ ブシュッ




65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/10(日) 01:10:41.00 ID:3uaf1ZJ80
憂(ナイフを投げて弾いただと・・・?なんて反射神経と動体視力・・・)

梓「接近戦で銃器を使うなんて君らしくないな、ハハッ」

先生「平沢、中野、静かにしなさい、授業中だぞ?」

憂梓「はぁい」

憂(こいつだけは・・・)

梓(私が潰す・・・!)

先生「あれ、頭にナイフ刺さってる」




66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/10(日) 01:11:58.76 ID:3uB5UyYp0
さすがゴキブリすばしっこい上にしぶといぜ




67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/10(日) 01:15:13.11 ID:3uaf1ZJ80
部室

ジャーン !!

律「今のはけっこう良かったな」

紬「えぇ、今までで一番良かったんじゃないかしら?」

澪「よし、でもここで満足したら終わりだ、もっともっと上手くなろう!」

唯「おー!!」

律「ところで梓」

梓「はい」

律「お前今日この部室入ってきた時からずっと唯見てるんだけどどうかしたか?」

梓「いえ、別に意味はないです」




69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/10(日) 01:21:23.90 ID:3uaf1ZJ80
澪「今も見てるし・・・そろそろマバタキした方がいいんじゃないか?」

梓「問題ないです」

紬「目が真っ赤よ?」

梓「それがなにか」

唯「あずにゃん、そろそろ私も恥ずかしいよぉー」

梓「私は恥ずかしくありません」

澪「っていうか私としては目真っ赤にして唯を凝視してる梓を見てるのが恥ずかしい」

梓「酷い言われ様ですね、ではそろそろ勘弁しておきます」

梓(ふむ・・・唯先輩、2mmほどのニキビが出来ている・・・何があった・・・)




71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/10(日) 01:33:52.22 ID:3uaf1ZJ80
紬「梓ちゃん?」

梓(悩み事?私がなにかしただろうか・・・)

澪「おーい梓ー」

梓(もし悩みがあるとすれば私がその悩みの根源を物理的に破壊してやる)

律「もしもーし」

梓「なんですか」

澪「梓、もしかして疲れてる・・・?」

梓「私には私なりの悩みがあるんです、ほっといてください」

澪「なっ・・・」




72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/10(日) 01:44:57.01 ID:3uaf1ZJ80
唯「ふてくされてるあずにゃんもかわいいー」ダキッ

梓(平沢憂、わかるか?貴様の根本的な弱点が・・・)

唯「かわいいなー」ナデナデ

梓「もう先輩離れてくださいよぉ」

梓(唯先輩が貴様を「愛している」といったところでそれは「妹として」ということなのだよ)

梓(貴様はそのことに気付いているのかな?いや、気付かないほうがいいのかもな・・・)

唯「あったかーい」ホカホカ

梓「ハッハッハッハッハッハ!!アーッハッハッハッハッハ!!!」

唯律澪紬「ッ!?」




75 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/10(日) 02:03:42.18 ID:3uaf1ZJ80
唯「あ、あずにゃん、今日ギター見に行くんだったよね?」

梓「はい、いいでしょうか?」

唯「もちろんだよ!皆も一緒にだよね?」

律「おぅ、皆でいこー!」

澪「梓、私たちも一緒でいいよな?私そろそろ新しいベーs 梓「嫌です」

律澪紬 (・ω・`)




77 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/10(日) 02:10:58.15 ID:3uaf1ZJ80
梓「今日は付き合って貰いますよ」

唯「うん、どこまでも付き合うよあずにゃん!」

梓「(ッッッッッ!!!!!この威力、平沢憂の正拳突きの何倍にも匹敵する・・・・!!)フゥ・・・フゥ・・・」

唯「あ・・・あずにゃん・・・?」

梓「えっ!なんでしょう!?」

唯「今日どこ行くんだっけー?」

梓「もう!ふざけないで下さい!!ホテルですよ!!」

唯「え」

梓「・・・・・・・・・・・冗談ですよ!!」

唯「あぁ、冗談だよね・・・あはは」

梓(む・・・今の反応まさか・・・期待していたというのかッッッ!?)

唯(あずにゃんこんな娘だったっけ)




79 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/10(日) 02:17:33.52 ID:3uaf1ZJ80
唯「ただいまー・・・」ヘナヘナ

憂「お姉ちゃんどうしたの!?」

唯「今日あずにゃんとギター屋さん行ったんだけどね?事あるごとに体触ってきてー・・・」

憂(明日殺す、必ずだ)

憂「へ、へぇー・・・どんな風に?」

唯「そうだなぁー」




82 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/10(日) 02:21:04.28 ID:3uaf1ZJ80
唯「マイケル・ジャクソンのギターさばきは凄いよねー」

梓「・・・・・」モミモミモミモミモミモミモミ

唯「ちょっ!あずにゃん!?なんで胸触るの!?」

梓「今のはツッコミです」



唯「とか」

憂「ッッッッッ」




85 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/10(日) 02:31:07.07 ID:3uaf1ZJ80
唯「早く武道館でライブしたいね!!」

梓「・・・・・」モミモミモミモミモミモミモミ

唯(今度はお尻っ!!?)

梓「・・・・・・・・・そうですね」

唯(何の為に触ったの!!?)

唯「とか」

憂「梓ちゃんの家行ってくる」

唯「え、あぁ分かった、いってらっしゃーい」




93 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/10(日) 03:01:48.78 ID:3uaf1ZJ80
ピンポーン

ガチャ

梓「・・・・・随分と早かったね、ハハッ」

憂「もうお前は駄目だ、私が殺してやる」

梓「その様子じゃ唯先輩から全てを明かされたようだね、ハハッ」

憂「私と勝負しろッッッッ!!!!今すぐだッッッッッ!!!!!」

梓「ハハッ、これは望んでもいない・・・だが待てよ平沢憂」

憂「命乞いか・・・?」

梓「そうじゃない、貴様も一度唯先輩をデートに誘ったらどうだ?」

憂「(挑発ッ!?)どういうことだ、そんなことをしててめぇになんのメリットがある」




95 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/10(日) 03:06:38.39 ID:3uaf1ZJ80
梓「なに、ただの好感度チェックだ。貴様が現時点で唯先輩にどれほど好かれてるかが分かる」

憂「そんなものどうやって分かるんだ!!教えろッッッ!!!今すぐだッッッッ!!!」

梓「簡単なことさ、『好き』、『楽しい』という言葉をどれだけ唯先輩が口にするか、その回数だ」

憂「はっ、簡単過ぎてアクビが出るぜ!!」

梓「ハハッ、そういってられるかな?ちなみに今日のデートで唯先輩は『ちょっと楽しい』と2回ほど言ってたなぁ、ハハッ」

憂(お姉ちゃん・・・あまり楽しくなかったんだな・・・)




97 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/10(日) 03:12:33.48 ID:3uaf1ZJ80
梓「どうだ?この勝負受けるかい・・・?ハハッ」

憂「こいつを取っときな」ポイッ

梓「・・・ハンカチ?どういう意味かな?ハハッ」

憂「どうせ勝つのは私に決まってる、そいつで涙拭くなりケツ拭くなり好きにしろや」

梓「ククッ・・・クククッ・・・・キャァァァシェェェィィィ!!!!」シュッシュッ ブシュッブシュッ

憂「っ、またナイフ・・・私には効かねぇって・・・懲りない奴だ・・・うぉ!?」ガクッ

梓「ククッ、毒を仕込んである・・・立てなくなるだろう・・・ヒャハ・・・ハッハ・・」

憂「クッ、卑劣なりッッッッ!!!!!」

梓「さぁ・・・どう料理してやろうか・・・」




99 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/10(日) 03:18:55.32 ID:3uaf1ZJ80
タッタッタ

唯「うーいー」

梓憂「!!?」

唯「はぁはぁ・・・あんまり遅いから心配しちゃったよぉ・・・って、憂なんで倒れてるの?」

憂「え!?あー、今日は梓ちゃんの家でお泊りすることになったんだよ!」

梓「そうですっ!」

唯「でもここ、外だよ?」

梓「こいつは道路で寝るのがお似合ボフォッッッッ!!  ドゴォッッ!!!

唯「ボ・・・ボディブロー!!いい角度で入ったっ!!」

憂「ごめんwww手がすべったwwww」




100 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/10(日) 03:29:25.78 ID:3uaf1ZJ80
梓「ゴホッゴホッッッッつっはぁ・・・」ドロッ・・・

唯「ちょっ!?あずにゃん!大丈夫!?普通に吐血してるよ!?」

憂「大丈夫だよ、お姉ちゃん。同じクラスだから良く知ってるんだけど梓ちゃんよく吐血するんだよ」

唯「え・・・そうだったの・・・?」

憂「うん!よく吐血するからクラスからゴミゴキブリって呼ばれてるの!ねっ、梓ちゃん」ニコッ

梓「(見ろよ、あいつの目・・・笑ってやがる・・・!!ハハッ)そうなんです唯先輩」

梓「なんか最近じゃ目覚め始めてきて吐血するのが気持ちよくなってくるほどなんです」

唯「そっか、それなら大丈夫だね!」

憂梓(私には分かる、この人はうまい棒1本でどこまでもついて行くタイプだ)




102 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/10(日) 03:38:52.07 ID:3uaf1ZJ80
唯「本当にここで寝るの?憂・・・」

憂「うーん、やっぱり今日はお姉ちゃんと一緒にねるー!」

梓「・・・くそったれ」ボソッ

唯「じゃあ帰ろっか!ほら、立って」

憂「うぇぇん、お姉ちゃん、足が痛くて立てないよぉぉ」ニヤッ

梓(見ろよ、あいつの目・・・狂気に溢れてやがる・・・!!ハハッ)

唯「しょーがないなー、お姉ちゃんがおんぶしてあげよう!」

憂「ウェッヘヘヘwwwヤベェwwwウェッヘヘヘwwwヤッタネwwww」




107 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/10(日) 03:46:57.44 ID:3uaf1ZJ80
梓「・・・くそったれッッッッ!!!!!」

唯「!?あずにゃん、どうしたの・・・?」

梓「あ、いえ、くしゃみです」

唯「じゃあ、私たち帰るねあずにゃん、またねー」

憂「ウェッヘwwww梓ちゃwwwんwwwまたwwww」ザシュッ

憂(!!?ナイフが・・・背中に・・・)

梓「うん、またねー・・・ハハッ」

憂(いつか砕く)




110 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/10(日) 03:59:12.05 ID:3uaf1ZJ80
唯の部屋

憂「お姉ちゃんと寝るの久しぶりだね」(ヤベェ・・・チンコ生えてたら絶対勃起してるこれ・・・)

唯「そうだね、ワクワクするね!」

憂「うん!」(私はムラムラしてる、それも貴方を見てるときはずっとだッッッッ!!!!!)

唯「よーし、寝ようかーzzz」

憂「はっ早い・・・速いッッ・・・しかし・・・これはチャンス・・・」

憂「フヒッ、まずは・・・パンツを私のと摩り替えておこう・・・」スルッ

憂「ハァハァ・・・いける・・・行けるぞぉぉぉぉ!!!」

「もう・・・憂・・・私のパンツ脱がしてるの~?」




111 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/10(日) 04:04:46.51 ID:3uaf1ZJ80
憂「!!?お・・お姉ちゃん!?起きてた・・・の」

梓「グッドゥイブニンッ、ハハッ」

憂「ゴキブリが・・・性懲りもなく湧き出てきやがる!」

梓「シー、静かにしたらどうだ、今唯先輩が起きたらどうなる?」

憂「いや・・・どう考えてもてめぇが怪しいだろう・・・」

梓「!!?グハッ・・・うぇ・・・」ドロッ

憂(こいつ・・・また吐血しやがった!!本当に吐きやすい体質なのかよ!?)

憂「お、おい・・・大丈夫k梓「隙あり」ドゴォォォォッッ

憂「グッ・・・オウェェェェェッッッ!!」ドロッ




113 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/10(日) 04:20:15.49 ID:3uaf1ZJ80
梓「ハハッ、これでお互い血を吐いたな、さて、試合開始と行こうか・・・?ハハッ」

唯「もー・・・憂うるさいよぉー・・・」

憂梓(!!起きたか・・・!!)

唯「あ、あずにゃん!?・・・ってどうしたの!?二人とも血まみれだよ!?」

憂「叩いて被ってジャンケンポンだよお姉ちゃん!」

梓「ちょっと叩く道具が悪かったです」




116 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/10(日) 04:45:01.05 ID:3uaf1ZJ80
唯「とっとにかく!あずにゃんはお家に帰ったほうがいいんじゃないかな?両親が心配してると思うよ?」

憂「そうだよ、梓ちゃん絶対帰ったほうが良いよ、帰れよ、むしろ帰れよ」

梓「今日はここに泊まるです」

唯「え!?あずにゃんと一緒に寝れるのは嬉しいけど・・・お家は大丈夫なの?」

憂「そうだよ、梓ちゃん絶対帰ったほうが良いよ、帰れよ」

梓「大丈夫です、もう連絡してあるんで」




126 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/10(日) 11:04:23.29 ID:3uaf1ZJ80
唯「さすがあずにゃん!しっかりしてるねー」

憂「本当だね、凄く気持ち悪いね、わたし梓ちゃんのそういうところ大嫌いだよ」ニコッ

梓「ベッドは一つですか・・・仕方ありません、私と唯先輩がベッドで寝ます」

憂「あはっ、梓ちゃん冗談は吐血だけにしてよねっ、やっぱり絶対帰ったほうが良いよ、帰れよ」

唯「それは憂が可哀相だよぉ、私が地べたで寝るから二人で」

憂梓「ならんッッッッ!!!!!」

唯「え」




127 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/10(日) 11:13:26.17 ID:3uaf1ZJ80
唯「うーん実際に寝てみたものの、さすがに3人じゃきついね・・・」

梓「狭いですね」

憂「やっぱり梓ちゃん帰ったほうがいいよ、かーえーれ、かーえーれ」

梓「唯先輩、憂がいじめてきます」

唯「zzz」

憂梓「速いッッッ!!!!」

梓「仕方あるまい・・・私たちも寝るとしよう」

憂「そうだな、今日は疲れた、お休み」




128 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/10(日) 11:24:14.88 ID:3uaf1ZJ80


唯「うーん実際に寝てみたものの、さすがに3人じゃきついね・・・」

梓「狭いですね」

憂「やっぱり梓ちゃん帰ったほうがいいよ、かーえーれ、かーえーれ」

梓「唯先輩、憂がいじめてきます」

唯「zzz」

憂梓「速いッッッ!!!!」

梓「仕方あるまい・・・私たちも寝るとしよう」

憂「そうだな、今日は疲れた、お休み」




129 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/10(日) 11:25:12.16 ID:3uaf1ZJ80

梓「・・・・・・・」

憂「・・・・・・・」

梓「」ソー

憂「」ドゴォォォォッッッ

梓「グッ・・・ボディブロー・・・ハハッ」

憂「てめぇ、今お姉ちゃんに触ろうとしたろ?やってみろよ、粉砕してやるよ」

梓「ハハッ、悪いが私は今夜寝る気ないぞ?貴様はもう眠りについたほうがいい」

憂「残念だったな、私は1ヶ月は寝なくても平気なんだ」

梓「!?・・・なん・・・だと・・・」




131 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/10(日) 11:37:15.36 ID:3uaf1ZJ80
憂「昔お姉ちゃんが組織に誘拐されそうになってなぁ、1ヶ月ほど見張ってたもんだよ」

梓「まさか・・・この間滅んだあの組織は・・・」

憂「あぁ、私が潰したんだっけな」

梓「つまり貴様は・・・・・・『ポニーテールの悪魔!?』」

憂「そう・・・呼ばれたこともあったな・・・」

梓「は・・・ハハッ・・・強いわけだ・・・」

憂「ふっ、てめぇも中々のもんだぜ?」

梓「ハハッ、あははっ」




132 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/10(日) 11:40:37.16 ID:bwtzPKpa0
何をしたら組織に誘拐されそうになるんだよ




134 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/10(日) 11:41:56.27 ID:eT9exFK70
>>132
ヒント:うんたん





136 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/10(日) 11:50:12.16 ID:3uaf1ZJ80
憂「・・・・・・・・」

梓「・・・・・・・・」

梓「」ソー

憂「」ドゴォォォォッッッ

梓「ガッ・・・ガゼルパンチ・・・ハハッ」

ドゴォォォォッッッ

梓「お返しだ、ハハッ」

憂「ぐっ・・・この近距離でこのパワー・・・やるじゃねぇか」

ドゴォォォォッッッ

梓「グオッ・・・!!」

ドゴォォォォッッッ

憂「カッッハァァァァ・・・・!」

ドゴォォォォッッッ

ドゴォォォォッッッ ・・・・・




138 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/10(日) 11:58:37.53 ID:3uaf1ZJ80
チュンチュン

憂「お姉ちゃん、朝だよー」

唯「ふぁ・・・おはよーういー・・・」

梓「おはようございます唯先輩」

唯「ん?あずにゃん・・・あ、そっかー、泊まったんだっけー」

梓「やっぱり迷惑でしたか・・・?」

憂「うん」

唯「そんなことないよ、あずにゃんと一緒で嬉しかったよー」ダキッ

梓「ぐぁぁ・・・・」

唯「!?あずにゃんどうしたの!?脇腹押さえて・・・」

梓「寝違えたみたいです」

憂「ざまぁないね、やっぱり帰ったほうが良かったね(くっ・・・ゴキブリのくせにいいボディブローだったぜ・・・)」




139 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/10(日) 12:11:31.19 ID:3uaf1ZJ80
梓「唯先輩と一緒に登校できるなんてとても嬉しいです」

唯「私もだよーあずにゃーん」

憂「私は梓ちゃんと登校してたらすごく胸糞悪いよっ」

唯「じゃあ二人ともまたねー」

憂「はーい」

梓「君のお姉ちゃんどうなってるんだ?可愛すぎるんじゃないか?」

憂「うるせぇ、話し掛けるんじゃねぇよ、今思えばお姉ちゃんがいない場面でてめぇと話し合う意味がねぇ」

梓「ハハッ、その通りだね」




140 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/10(日) 12:25:13.19 ID:3uaf1ZJ80
キーンコーンカーンコーン

憂「さて、あーだりぃな・・・」

梓「なんだ?痔か?便秘か?下痢か?」

憂「いやぁ、今日ちょっとお姉ちゃんと出掛けなきゃなんねえからさぁ」

梓「!!!」

憂「前に言ったよな?現時点の好感度チェックがどうのこうの・・・」

梓「あぁ・・・そんな話もあったね、ハハッ」

憂「私さぁ、全部知ってるんだよね、お姉ちゃんのこと」

梓「ハハッ、姉妹だからって自惚れはみっともないよ?ハハッ」

憂「そうかもな、普通どこの妹だって姉の部屋に監視カメラ52個仕掛けて2週間ぶっ通しで観察してるよな」

梓「き・・・貴様ッッッ・・・」




142 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/10(日) 12:36:29.60 ID:3uaf1ZJ80
唯「ういー、いこー!」

憂「あ、迎えに来てくれた、しゃーねぇな、うちの姉貴はよぉ?なぁ、あずにゃんwwwwww」

梓「・・・・・ック」ブルブル

憂「そんじゃ行ってくるわ、あずにゃんwwwwww」

梓「・・・・・アァ」ブルブル

憂「おっと、忘れものwwwじゃな、あずにゃんwwwwwww」

梓「早く行けよぉぉぉぉ!!おおぉぉあぁぁぁぁ!!!」




144 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/10(日) 12:42:32.92 ID:3uaf1ZJ80
唯「今日はどこ行こうかー」

憂「うん、予定ではこんな感じかな」ピラッ

唯「なに?この紙」(やっぱり今パンツから出したよね・・・?)

4時30分 濡れ場の多い映画を見に行く
      その後、6時までお姉ちゃん観察
6時00分 映画はクライマックス、泣きそうなお姉ちゃんをそっと抱きしめる
      そして、耳元で一言「今夜は寝かせないよ?お姉ちゃん・・・」
      状況によっては「抱いて、お姉ちゃん・・・」に変更
7時00分~ お姉ちゃんと私の濡れ場

唯「憂・・・これ・・・」

憂「どうかな・・・ってあれ!?ごめん!渡すの間違えた!!(終わったかッッッッ!?)」

唯「濡れ場ってなにー?」

憂「・・・降水量が凄くて足元ぐらいまで水がきてる場所だよ」




145 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/10(日) 12:51:58.89 ID:3uaf1ZJ80
映画館

4時30分

唯「あ、始まるよういー」

憂「うん」ジー

唯「どうしたの?ずっとこっち見てるけど」

憂「うん」ジー

唯「?」




147 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/10(日) 12:55:43.04 ID:3uaf1ZJ80
5時00分

唯「zzz」

憂「・・・」ジー

6時00分

唯「zzz・・・っは!ごめん憂、寝ちゃったよー」

憂「うん」ジー

唯「・・・憂?」

憂「うん」ジー

唯「憂!ういー!」

憂「うん」ジー





150 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/10(日) 13:01:46.60 ID:3uaf1ZJ80
8時00分

唯「うい・・・・・・・」

憂「うん・・・ん?映画終わった?」

唯「とっくに終わってるよ・・・」

憂「楽しかったね!じゃあ帰ろっか」

唯「はい・・・」

憂の部屋

憂「・・・20時31分お姉ちゃん入室・・・」カタカタ

憂「・・・20時32分お姉ちゃんベッドに寝転がる・・・」カタカタ

憂「・・・20時32分お姉ちゃんベッドでゴロゴロころがる・・・可愛すぎる・・・」カタカタ

憂「・・・20時33分お姉ちゃん大きなアクビ・・・あの吐息をどうにかして手に入れたい・・・」カタカタ

憂「・・・20時34分お姉ちゃ パリィィィィィィン!!!!




151 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/10(日) 13:09:47.05 ID:3uaf1ZJ80
憂「また出てきやがった・・・知ってるか?窓ガラスって高くないんだぜ?」

梓「それはすまなかったね、でももうこれが最後だよ、ハハッ」

憂「なぜそう言い切れる・・・?」

梓「私・・・明日唯先輩に告白するんだ」

憂「!?」

梓「そして見事にOKを貰い、君から邪魔されることなくカップルとして付き合う、式はハワイで挙げる」

憂「・・・・・・ふざけるな」ボソッ

梓「なにか・・・言ったかい?ハハッ」

憂「お姉ちゃんは私のものだ!!てめぇなんぞに奪われてたまるものか!!!」

梓「なら一緒にくるといい」

憂「・・・一緒に?」




152 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/10(日) 13:15:10.47 ID:3uaf1ZJ80
梓「唯先輩に本命を選んでもらうんだ、それなら文句ないだろう?ハハッ」

憂「・・・・・」

梓「怖いかい?ハハッ」

憂「やってやろうじゃねぇか!!!負けるはずねぇ!!!」

梓「そうだろうと思った、ハハッ」

梓「なら、明日の放課後、軽音部の部室にくるといい。そこが最終決戦場だ、ハハッ」

憂「わかった・・・・今日は帰れ」

梓「楽しみにしてるよ、ハハッ、ハハハッッ」スッ




153 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/10(日) 13:16:35.38 ID:eT9exFK70
ミッ○ー「ハハッ」




154 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/10(日) 13:21:09.64 ID:Rj0U2xdW0
>>153
JASRACが来るぞw





155 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/10(日) 13:21:57.35 ID:3uaf1ZJ80
キーンコーンカーンコーン

梓(私を選ぶに決まってるじゃねぇか・・・ハハッ)

憂(お姉ちゃん・・・頼む・・・)

放課後 部室前

梓「びびって来ないんじゃないかと思ったよ、ハハッ」

憂「てめぇ・・・」

梓「おっと、ここまできて格闘ゴッコはごめんだ、ハハッ」

憂「・・・分かってる、今日はただの力比べじゃねぇ・・・愛の力比べだ!!」

梓「・・・君のお姉ちゃんがいなければ、私たちは親友になれたんだろうな・・・ハハッ・・・」

憂「へっ・・・そうかもな・・・」

梓「・・・時刻からしてもう部室にはみんな居るはずだ、準備はいいか?」

憂「でなきゃここにいねぇって」

梓「ハハッ、じゃあ開けるよ!!」




157 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/10(日) 13:27:26.85 ID:3uaf1ZJ80
ガチャ!!

澪「くっ!唯の中すっごく締まってるよ!!」パンパン

唯「澪ちゃんのおちんちん、奥まで当たってるぅぅぅ!!!」パンパン

澪「も・・・もうだめ!いく!!いっくぅぅぅぅ!!!」

唯「はぁはぁ・・・いって!!私の中に出してぇぇぇぇ!!」ドビュッビュルッ

唯澪「ハァ・・・ハァ・・・」

澪「むぎー、このおちんちんどうやったら取れるんだ?」

紬「えーっと・・・この説明書によると1日で効果が切れるそうね」

澪「よっし、今日は滅茶苦茶にしてやるからな!唯!」

唯「もー澪ちゃん目が怖いよー」

憂梓「」

                     end




158 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/10(日) 13:28:45.29 ID:Rj0U2xdW0
>>157
なんて終わり方だwwwwww





160 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/10(日) 13:30:33.01 ID:eT9exFK70
ひっでぇwwwwwwwww




161 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/10(日) 13:30:50.96 ID:3uaf1ZJ80
読み返してみたらなにが面白いのかまったく分かりませんでした
短い間でしたが読んでくださった方、心のそこから御礼を申し上げます
ありがとうございました




162 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/10(日) 13:36:19.03 ID:Yi9nkPeFO
これはひどい




164 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/10(日) 13:40:38.01 ID:sDrnmQFQ0
あずにゃんの直球なヤバさもあれだが憂選手のねっとりとしたヤバさがまた良かった。




176 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/10(日) 17:11:38.17 ID:6qAhmb+u0
ミッキマウ!






この記事をリンクする?:


[ 2010/01/28 12:00 ] けいおん!SS | TB(0) | CM(7) | このエントリーを含むはてなブックマーク


このSSやべぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!!
[ 2010/01/28 14:39 ] [ 編集 ]


ミッキマウ!ミッキマウ!
[ 2010/01/28 18:35 ] [ 編集 ]


終わり方最悪www
[ 2010/01/28 20:03 ] [ 編集 ]


二人とも良い感じに壊れてるなwww
[ 2010/01/28 23:03 ] [ 編集 ]


ペニバンつけて練習するエリック・クラプトンとか嫌すぎるwwwwwwwwwwwwwwwww
[ 2010/03/01 06:18 ] [ 編集 ]


面白かったのに最後にふたなりendになるとは
[ 2010/05/16 22:14 ] [ 編集 ]


梓「」カシャカシャの部分はカサカサにしてもあんま違和感ない気がする
[ 2010/06/11 16:14 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

yamisoku

Author:yamisoku
けいおん系SSばっかりです。


ひさびさに左上更新してみましたw


とはいえ特に書く事もありませんが(笑)


このブログも開設から1年以上経過するんですね…


とりあえず「けいおん!!」のアニメが終わるまでは頑張って更新し続けたいと思います
2010年7月24日


TOP絵、リンク&RSS、まとめ依頼、募集中!↓


このブログについて

アクセスランキング
お世話になっているサイト様
SS
戯言ニュース
ニュー速VIPコレクション
はみ出者が見てたm9(^Д^)
糞虫の館
エレファント速報WLVS
世界一かわいいよ!
SSちゃんねる
SS速報

VIP
犬速VIP@わんわんおwww
ぐる速
ヒロイモノ中毒
フライドチキンは空をとぶ
ねとねた
hyukkyyyが見る2ちゃんねる
なんでも(=´∇`=)ちゃんねる
あじゃじゃしたー
じー速

ニュース
世界って広くね(;゚Д゚)
未定なブログ
とりのまるやき
Hyper News 2ch
デジタルニューススレッド
仰天ニュース( ;゚Д゚)
危ないニュース<キ`Д´>
日本語でおk
アゲハント最高!!
心ニュース
痛ニュー速報!
そら速
事故物件.com

まとめ
やる夫.jp
ニュースレ倉庫
New discovery
Newgle

日記
侮ログ
幸か不幸か家族計画
笑ってほのぼのとして軽く泣けるはなし(と不思議話と怖い話)
ムズ痒いブログ
出逢い系ちゃんねる

アニメ・ゲーム
To LOVEる -とらぶる- 考察
ゲハ速
てるぽんFLASH!
萌えるニュース
も・え・つー☆
あみみ

動画
YouTubeニコニコ日和

画像
ヴィブロ
気まぐれブログ
ナナ速
クマ速報

18禁画像
zipでやるお( ^ω^)
がぞー速報
画像スレとらのあな
エロの向こうがわ
セクシーニュース24
エロ画像速報
萌画VIP
ピーチ速報
zipからきました
AV女優おっぱいこれくしょん

18禁動画
えろどうが~無料エロ動画~
有料アダルトサイト比較


アンテナサイト
ショボンあんてな(´・ω・`)
2chnavi
2chまとめ
ブーンあんてな
まとめアンティーナ
もきゆ(´ω`*)あんてな


にほんブログ村 ネットブログ 2ちゃんねるへ

相互RSSサイト様
【SS宝庫】みんなの暇つぶし
たん速
ドルジ速報
マジキチ速報
ニュース2ちゃんねる
茶速
テラワロスVIP
音楽業界を目指す学生

相互リンク申請中


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アクセスランキング ブログパーツ