闇速

けいおん!系SSを中心に、2ちゃんねるからSSスレを独断と偏見でまとめてます。
最新ニュース

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




この記事をリンクする?:


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | このエントリーを含むはてなブックマーク

澪「・・・おまえらみんな死ね」 

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 16:19:10.83 ID:jtYhm6+s0
春 入学式
今日から私も高校生。
気を引き締めて勉強に励もう!


律「澪ー!!」
澪「っ!」




2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 16:19:51.80 ID:9F5S4THT0
裏 入学式

に見えた






4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 16:20:33.04 ID:jtYhm6+s0
     r┴= 、つ              r‐く.  /´
     |::::::::::::ノ ,.ィ,三三ミ.、    |:::::::::::`7
     |:::::::::::{/:ム、_,、/--ミ¨ヽ.  /:::::::::: /
     |::::::: / : |  ,  、_ヽ: :\{::::::::::::}
     |:::::: ′: { ̄´     ト: :ヽ}:::::/::/
     ∨: | : : :|,.≦   r=ミ }、: :!:::/::::!
      {::::从: : !つ __ (こハ: :|:/::::::{
      ヽ:: ∧ :|  {ー '}   爪:}:ノ::::::::/
        } :::: ヽト .  ー_' .ィ:ヽ:/ .:::::::/
         V:::::: {ト、:下、_/|:/:::{::::::::{


律「澪ー!!おんなじクラスだぞ!!また1年間よろしくなぁー!」

澪「・・・あぁ」

この女は田井中律。小、中、と悩まされてきたのに高校まで
一緒になってしまうとは最悪だ
こいつは自己中心的な女で本当にウザイ
なんなんだこの女
早く死んでくれ




7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 16:24:46.36 ID:jtYhm6+s0
          /: : : : : : : :,/ : /:,厶= ドヽ、 : i}: >ヽ: ヽ.
            / : : : : : : : / : ://       ^V彡ァ : : {: ハ
          / : : : : : /: :/ : :〃             ⌒ヽ| : : '.
        ′:/ : : .:' : :′:斗 ¨ ̄ヽ           |: : : i
       i : :′: .:.:′ : : /   、       r‐ 、  |: : :|
       |: :}:/ , ‐l: : :| : ′ _          _   \ .} : : :|
       }i/ }:/ f |: : :|: :|ァ==ミ            /| : :} |
        /: :ハ (1: : :i: :| ///      r=ミ、 /:.:| : ;.|
      //} : :ヘ|: : : ! :|           Y /:.:.:j :/: :!
      ノ´  | : :/ :| : :小 {       ′ /// /:/:.ノ:イ:. リ
         ノ}: ∧: i : : :|     ‘ー 、_,     从:/´:.:. : ′
        |/  }ハ: : |\          ノ|i:.:.:.:.:.://
           |: ∧:| 丶.       .. イ:{ |:.:.:.:. /{′
          ノイ| ヽ|    ` ーァ ´ヽ:.:N 1:.:.: /



律「澪はクラブもう決めたのかー?」

澪「・・・文芸部に入ろうと思ってる」

律「なに!?」

しまった・・・なぜこいつに教えてしまったのだろう・・・
こいつのことだからきっと何かするに違いない・・・




8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 16:29:19.30 ID:jtYhm6+s0

          l : : : : :l: :「,`Y
         ノ: :}: :r‐|: :| =(
         ィ厶:.:ゝj:.:.ト゛, ノ
            /⌒ヽYヽ「厂
.        /     〉 __  ビリッ
        /    `ヽY 》フx、
.       /   `ヽ  |/`ヽヘ.
     /      ハ j  / /
      / l       ∧_,/∨
    ′|   ___  「


律「うりゃー」

そう言ってこの女は私の鞄を荒らし
文芸部へ渡すはずの入部届けを奪った・・・
こいつ・・・まさか!

律「ビリッ」

!!このくそアマっ!!
私の入部届けは無残にも二つに分裂してしまった




9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 16:33:31.13 ID:jtYhm6+s0
.               /: : : '  ⌒    '⌒   : i: : :|: : : :|
             ,′: : {  ,._ヽ     xニ,..}: j: : :|: : : :|\
              | : : : ハ〃ラ心    ん心∨ : : !: :\|  ヽ
              | : : /: : 弋::リ    Vi::ソ│ : : |)i: : :ヽ
              | :i: | : : } '"  '     ""/ / : :|: : :j: : i
.       (\    |八:| : 八    、 _ノ   /イ : : ハ ∨\|
.         ヽ/^>‐┐   |: : :.i > _       /)|: : 人j:/_
        〈  ーヘ.   )、: N-=ニ>ャ-<//|/:::::::::::::::::`ヽ
.               ´〉 /::::ヽ|::::::/:::| ヽ/  |::::::ヽ:::::::::::::::::::::::.
         ∧   } {:::::::::::::::〈::::::l /{}\ |:::::::/:::::::::-:::─=ヘ


律「軽音部みようぜ!軽音部」

・・・怒りで言葉も出なかった。なんなんだこの女は。
今すぐにでも抹殺したい・・・殺すか・・・?
右ポケットの中にはペンが入ってる。
私は右手を気づかれないようにポケットに忍ばせた




11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 16:37:20.05 ID:/QFYgWp70
律の笑顔見てると眼球にペン刺したくなるよね




12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 16:39:22.98 ID:JRYSpe4b0
期待ww

AASSやっぱイイww





13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 16:40:07.42 ID:jtYhm6+s0
                    / 厶ヘ、 ̄ ̄`ヽ,,i \
                 /   /^´ ``´´´ ^ |  ヽ
                  /   / \、  , / | /
              / . : i ァ=ミ     ィ=ミ、l / i  !
               i  : : |〈 r':::}    r':::} 〉′i !|
              /  : :| ゞ゚′ '  ゞ゚'' / i ! 八
                / . : : : ハ ""      "" ,′ i |): :.\
                ,′{: : V八   `  ´  从 i | : .\一
            {  乂: :〉 /`ト 、      .イハ | く⌒ヽ
               X´ ̄`¬≠\ ー  i´: :{⌒ヽi⌒


律「ほら!早く職員室いくぞ!」

そう言って私の手をつかんで走り出す

「あっ」

ペンが落っこちてしまった

律「ほらほらぁ!ダーッシュ!」

・・・くそ
本当に自己中は嫌いだ




14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 16:45:34.54 ID:jtYhm6+s0
・・・・・・・・・・・・
       ,.': :!: : !__ムvヽjヽ!,ル'ヘ/ムィ,`!: : l:ハ
      ,' : :l: : :!           `キ : :|: :l
     ,イ: : :l: : :|    ,,. ノ ヾ、      |: : |: :.!
      / !:.!: :! : :.! ‐--‐'′   ` ー-- !: : |: :ヘ
    { !:.l: :|: : :.!  ‐- 、   ,. -‐   |: : :!: : :',
    | !ノ: :|: : : !ィテ千ミ     ,ィ云示ォl: : :|: : :iハ
    ! /: : f| : i :| 弋::ツ     弋::ツ !: : :|): :.ト}
     ムィ: ソ!: ハ:|  ,,    .::.     ム: : l: : : |
        |/|.:l: : :i|             ,|.: : :l: :iヘ!
       レ'!: : |ヘ、             ノ:|: : 八リ
          ,.へ :!:.:l> .. ' ̄ ` ,. イ:.:.:.|: ∧


律「ほえ~、誰もこねぇな」

軽音部は人数が足りなくて廃部寸前だそうだ
だから部員を待っているらしいのだが

部員を待つなら一人で待ってろよ
私はお前と一緒の空間にいる事事態が嫌なんだ

「私、帰るから」

そう言って部室のドアを開ける




18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 16:51:06.59 ID:jtYhm6+s0
        .′/::::::::::::::∧:::::::::::::::::::::::::!::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::ハ:  '.
.        / ::! :::::::::::::/ ト 、::::::::::::::::::ト、::::::::::::::::::::::::: !::::::i!::::.   '
      .′::::!::::::::::::/  j :::ト::::::::::::::::::(__、::::::::::::::::::::: !::::::i!:::::::  |
       l  ::::|:::::::::::Y⌒ノ! : | \ ::::::: | \:::::::::::::::::!::::::i!:::::::  |
       |  ::::!::::::::::厂   ヾ|  \::::: |  __. \:::|::::::ハ:::::::::::: |
       | ::::::!:::::::/  ,ィニミ:`    \:| ´ ィ=ミヽ|:::/::::::::|::::::::!: |
         ::从::::: !  〃うハ       \'イ::::しヾV:::::::::::|::::::::!: |
       ! ::::::ヽ∧ V代:::::!         ト::::::j从:::::::::::::ト::::::   |
       ! :::::::::::::::i  込つ       弋. う |::::::::::::::|ノ::: |  |
       ハ :::::::::::::ハ                 |::|::::::::: |:::::: !  !
       !::ヘ ::::::::::l::!      ′        i:::!::::::::: !:::::: ! リ
       !  ! ::::::::从                 i;ノ::::::::: i::::::: !::/
       !  !  ::::::ヽ::ヘ     `  ´      .イ:::::::::::::: |::::::: !′
       ’. !  :::::::::Y:::::>        . ´ j/:::::::!:::: |::::::: '.
        Vヘ  ..::::::: !::/::::::::::`   __   ´   .':::::::::ハ::: ト、:::::::ヽ


・・・目の前には沢庵があった
だれだこいつは

紬「あの~合唱部の見学にきたんですけど・・・」

律「おお!!わが軽音部へようこそ!!」

紬「・・・あれ?」




19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 16:55:58.89 ID:jtYhm6+s0
   :l       / : :/    : ,′   /  │               ::,
   l      :/ : :/     : ,′  / ̄¨`フ |   :     :}          i
  :l    :/ : :/    : ,゙  / ̄ ̄~´  | :{   :    ∧        i
  l      __ /    : ,゙ /          |ハ  :  :},ハ l         i
  :l    / ./      j/ z=≠=ミ、    :|l '. :   八 ヽ|     }    :
  j    /  /     : レ゙/,.:'し心ヾ    :|:  '.  /  \|    ,'   j
. /    /{ (/      : ト( ん::::.:,。j         ', /_   |    ,′   ,′
/: .  /八 /      |  弋:::.:.;,ン         ∨ぅv、 リ   :/   /
: : :  / : : /       |    `¨~        ,:'し心 ':} ,′/     '
: : : :/ . : ./         |  、、、            !;.:.::::メ 丿//  //
: : :/ : : ,゙          |             ヾン ゙/   l//
: :/ . : : !        |          '   、、  /   //
: {    :|        |                   / '   /
八   :|          \      c           ′,′ /
_ノ\   |: .      l  \             _, イ /  /
 ̄ ̄\ |: :      |      、__,.   -‐ァ''7´ : i: /  /


紬「合唱部じゃないんですか?」

律「今日から合唱部は軽音部になりましたー!」

紬「そうなんですか・・・私キーボー・・・」

・・・私は帰った




20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 16:57:11.25 ID:JRYSpe4b0
みwwおwwww




21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 17:04:57.97 ID:jtYhm6+s0
次の日

律「おい澪!!何で昨日帰っちゃうんだよ!!」

近くで大声を出すな 騒がしい

「ああ」

律「ああってそんな・・・とりあえず部員はあと一人集めればいいからさ
  あ!あと今日部室でチラシ作るからちゃんと来いよ!!」

そう言ってどっかに行ってしまった




23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 17:09:56.16 ID:jtYhm6+s0
放課後
やっと学校が終わったか・・・
私は
1部室へ向かった
2家に帰った
>>26




26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 17:13:36.83 ID:RORAFork0





28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 17:16:40.61 ID:jtYhm6+s0
家に帰った。
あの女の顔見るくらいなら家で勉強したほうがましだ
そう思い私は勉強を始めた。




29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 17:19:07.52 ID:jtYhm6+s0
次の日

律「おい澪!!なんで昨日も来なかったんだよ!!」

・・・口が臭い、しゃべるな

「悪いな、昨日は用事があった」

律「せっかくチラシ作ったのに。ほら!」

そう言って私の前で紙を広げている




30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 17:23:00.28 ID:jtYhm6+s0
.  /. i〃. : ;厶イ'  \: :\ : .ヽー--‐ '′
 r┴:.:| 、>'゙       j \: :ヽ :i: :ー-‐ァ
 |: : : :レ゙        /   __\ ',:|: :┌――――――――――――――┐
 |: : : :| 、 __     '/んハ` ヾ|: :|        ☆   _    ____   |
 |: : : :l     __     弋iり  |: :| ☆  __  __r‐' ロロ}    弥㏍ア   |
 |: : : :|  /'云ミ      ''  |: :| r‐v‐'ロロ`′/〉「L「   ☆ ////    |
 |: : : :ト、 { 弋iり   '   へ. |: :| |「| 「l r┐[l// iL「|     ////  ☆ :|
 |i : : :|: .\   ''   イ  '゙ノ |: :| ||:| l」 |〈   |L.: :」: : { r`    ゝ-   ∧ /!  |l」 r:┘`¨¨´      //// :.   |
 |: : i : : : : ー‐'^  . ___,//´ ̄ }  ̄  ☆ /ク'  ` //// 、 \  ,L)
 レル|: :「 ̄/´ ̄ ̄`ヽ\  r'  ┴く  __   {{/ んハ. //// ,..、  }( _,. }
 /'从 」  { '´ ̄ ¨ア⌒ヽ|  ー- ヽ   `ヽマ 乂り//// んィ}  (´ ̄ `ヽ
           /    ,{   -― )elcome!} }Xx //// <<>,.イ | (´ ̄ Y
        ',  /    〃{   ィ:!´ ー----‐ x\  ////<ヽ へ Ll (⌒ ,ノ
       ‘,       {{ !   丿| ☆  /  ` __' rク‐くx く>く. ロ   `!
.         \  0 O゙マ_乏'゙,ノ|    /  <'v‐┐L〈/^} } ヽ/    |


律「じゃーん」

・・・汚い字だ

律「これで軽音部の宣伝ばっちしだな!!今日にでも部員が
  100人ぐらいくるんじゃないかなー!」

100人も来るわけないだろう。その小さい脳みそでよく考えろよ

律「じゃ!私これ貼ってくるからさ!今日は部室で待機だから!ちゃんと来いよ」

そう言って女は外へ走って行った




31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 17:29:21.33 ID:jtYhm6+s0
さて
放課後だ
あの女が部室にこいって言ってたがどうするか・・・
1部室に行く
2帰る
>>35




35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 17:36:57.13 ID:q5a5Xof00





36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 17:38:35.47 ID:jtYhm6+s0

部室にいくか・・・
あの沢庵もどうせいるだろうし。
私はいやいや部室に足を運んだ




38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 17:41:22.23 ID:jtYhm6+s0
          /: : : : .   . . . . . 、: :|
       / : : : : : : : : : : : : : : : \|
      / : :ヽ、: : ト 、: : : : : : : : : : :|
      .: : : : : : >: :ヽ  >ー-ミ_:_:__|
      i: ム─-/  \ヽ   \,ィ=x. |
    i: :|―-イ/   丶、  {!___!}  |
    !: :lー--|           ̄  |
    |: !ー-| \,ィ=x        |
    l: ::|ヽ: : !  {!___i}           |
      !.::|: :|\!    ̄    厂 ̄   |
     l: :|: :|::::::}           / |
      '、|.: :!::::ト、______,......ィl´  |


階段を上るとそこには部室をのぞきこむ女の子がいた
だれだこいつ
そう思い私は彼女に話しかけた

1軽音部に何か用事?
2邪魔だから消えてくれない?
>>41




41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 17:43:17.36 ID:T0MBz5TD0





42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 17:46:12.86 ID:jtYhm6+s0
             / : .:|: : /---ヘ: : : ト、:ヽ : : :\
           / : : : : |=/ ___,  ヽ: :} `ー‐、: : :トヽ
.          / : :.: : : :V ((____))  V  __,.ヽ: :ト:} ',
          ′.::イ :|{ /`丁´    ((___))l: ハ!:.i
        } : :/ l : :{ :|/  |//    //「 l }小:.:. |
         /:  {ハ: : : l′ ノ ___ | ∨ {: V }
       / : ィ: 弋} : : {   {/´ ̄n、 ̄`} }  } 八: V
      }`く } : .:.:| : : / } jー/Y  ト ._ノ |  レ:.:.: : :|
      | { ∨ .:/:∧ ′lノ / ノ / }   ノイ :.:.:: :|
      |  }:. 三三. | {!ミ {   ' /-<} V:.:.:. ,ィ|
      }  | ̄ ̄`Y:l | \|    ハ:.:ノ:ノ  }:.:. / }ノ
       /|   |::. 三三|ノ 三}    }. トく__{:.:/ /


「邪魔だから消えてくれない?」

私がそういうと

唯「あわわわわわ」

と変な声を出してどこかに走り去ってしまった
・・・なんなんだあいつ。




46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 17:50:19.42 ID:jtYhm6+s0
     l i /  / ! l   ||   l ハ i
     | |   /ィ≠N   |八   |  } |
     l N   |  l   \|  }  j /
     |  |   |x≠ミ    rxミハ′ |
     |  |   |"""     """/  /
     l  |   |    __'    /   ∧
     }  l  人    ー'    /  / ∧
    ′ 八  Vト ..__,,..≦{  ′{ ∧
   / / ∧  V  久_人 l  |  / !
.  / -──∧  ∨ ニ}  〉l  ├ 、|


扉を開けると目の前には沢庵が2つ
またか・・・

紬「あ、あなたが澪さんですね。私琴吹紬と言います」

「ああ、よろしく」

そう言って私は椅子に座った




47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 17:58:54.93 ID:jtYhm6+s0
私が座ると沢庵が紅茶を入れてきた
この沢庵、なかなか気が利くらしい
するとあの女がぶつぶつと話し始めた
律「おっかしいなー。そろそろ平沢さんが来るはずなんだけどなぁ」

だれだ?

紬「今日入部届け出した子が来る予定なんですよ」

心の中を読むな沢庵




49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 18:06:29.22 ID:jtYhm6+s0
平沢さん?
知らないな・・・どうせロクでもないやつなんだろう
そう思い私は紅茶を飲んで席を立った

律「あ、っ澪!」

なんだくそアマ

律「部活・・・明日もちゃんと来いよな!」

私は聞こえないふりをしてその場を後にした




51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 18:12:38.70 ID:jtYhm6+s0
               |  |   -'/‐一'’        ハ` |    |
                  ,|  |   ノ             iハ    / |
               〃  |   |,..==ミ       ,ォ≠/、|   /: |
              |! | ハ   イ! んハ      ん'ハ i!  ヘ  |
              |! |〈f :|  !c込リ       V:以っ   ト }/i!
              |! | :`::|  ト            | ! |ノ' /
                ヽ从::::|  |丶.           | !||'′
                ゝハ|  人     r_==っ    / :!||
                      ヽ! !:ゝ.          イ:  i!:从
                    ヾ|':⌒:> . __  ィ!:::/:|′/′ 


次の日

律「澪!!大変だ!!入部するはずだった平沢さんが
  入部取り消した・・・」

そうなのか。大した問題でもないな

律「どうしよう・・・軽音部が廃部になっちゃうよ・・・」

泣きそうな顔が普段の倍のキモさを出している

紬「律っちゃん・・・」




52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 18:17:13.49 ID:jtYhm6+s0

       |  |    | /  _ _\ |   | _\        |
       i  |    / < _ ノ ヽ   iヽ__ヽ       |
       .| |    |      _   ヘ  | _   ヘ      ヘ
       l |    | ィ==≧`   ヽ |´≦,==ミヽ    ト  ヽ
     / i     | 〃 う:::ハ     ` イう:::ハ ヽi/   lノ  \
    /  / |  | .i `ゝ ヒ:ソ       辷:つノ 〉   :|     ヽ
    / . ー‐-|  ヽ|                i   :|‐ー‐- 、ノ
    ´:::::::::::::::|   ∧ 〃〃〃   ′ 〃〃〃 |   l::::::::::::::::::ヽ
   i::::::::::::::::::::|    .ヘ               ,|   i::::::::::::::::::::::i
   l::::::::::::::::::::::i    |::: 、    f‐_つ     イ |   |::::::::::::::::::::::::|
   l::::::::::::::::::::::l     :|::::, >        イ / |  : i::::::::::::::::::::::::l


沢庵がいつの間にか私の横にいた
なんなんだこいつらは。ウザすぎる

紬「律っちゃん!今からでも遅くないわ!平沢さんを説得しに行きましょ!」

律「・・・そうだな!!澪!おまえも行くぞ!!」

そう言って私の腕をとり走り出す




56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 18:23:55.36 ID:jtYhm6+s0
         /:/: : : :/: : : : : \: : : : : : : : : : : : : :.ヽ
      /: :/: : : : :/|: : : : :.|:、: : 、: : : : : :、: : : : : : : :',
      /: :/:≫≪' |: : : : :.|:|ヽ: :.ヽ: : : : :ヽ: : : : : : :.l
       ; :/*/:./   |: |: : : :|| ヽ: :.ヽ: : : : :.V: |: : : : :!
     |: |: : /:./ー- _|: |: : : :||_ -‐、: :',: : : : : |: :|: : : : :{
     }: |: : : / __ミ、∨、: : : レ ェ _ヽ:!: : : : :.|: |: : : : :.'
     ,': ハ: : / 〃,テハ リ \: :| /ィテヌ、}: : :.|: :|:.|: : : : : :',
     ; : :.ヽノ! ゙ {r'ノ:l   ヾ' {v_,ソ))|: : ∧:ト、!: : : : : :ハ
      !: :.: : }:ハ  ゝ-"      ゞ- ' !:.:/:.:.リ }: : : l: : : : ',
.     |: :.:. :.|: :.',      ,       |:.:.:.:./:}ノ: : : }: : ∧:.:、
      !: :.:. :|: :.ハ             |:.:/: /: : : :,': :/  \',
     !:{: :.:.|: : :人    っ     ノ: : : :/: : : :/: /    `
     |:.|: :.:.|:.|: : : l> .     , <{: : : : /: : : :/: /


隣の隣のクラス
そこに平沢はいた
この女・・・昨日部室を覗いてた変な女だ・・・
私はなんでこの女が入部を取り消したのかわかった

律「平沢さん!!」

唯「!!」




58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 18:31:04.05 ID:jtYhm6+s0
: : : : : l : : ; へ ⊥ ___; : : : ト :ヾ: : : : : | i:|
: : : : : |: :/ _ 二 ̄ ´ ': : :/ | }: : : : : |/:l
:/ : : : :V| ( ___ )    ∨゙ヽ.!ハ : : : 〃/
l : : : : i: :| ` ̄ ̄人   ((⌒`ヽ∧ : /イ/
l : : : : |: |⊂ニ⊃ (0__)  ` ー=fヘ∨ノ |
: : : : : l: l               ⊂⊃ ヽ: : |
: : : : : l l       /:|      }_ノ: :|
: : : : : :||丶     ` ′     ノ: : : : :|
i: : : : : :|      、      _.. イ: : : /: :/


唯「あぁぁごめんなさいごめんなさいごめんなさい・・・」

女はすごい勢いで私に謝ってきた。

律「澪・・・おまえ平沢さんに何したんだ?」

・・・面倒なことになってしまった。

私は

1唯に謝った
2唯を殴って黙らせた
3その場から立ち去った

>>61




61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 18:32:01.76 ID:/j00j3W70
2




63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 18:36:42.98 ID:w7HRwRv60
おい




64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 18:36:45.59 ID:tgBXTF0r0
鬼畜w




65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 18:37:52.56 ID:DVMuaZrC0
さあ楽しくなって参りました




66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 18:39:06.81 ID:jtYhm6+s0
ゴスッ!!
鈍い音が響きわたり

教室が一気に静かになる

「・・・うるさいんだよ」

そう呟きまた拳を女の顔に食い込ませる


3発目をやろうとした瞬間邪魔が入った

律「澪!!!!おまえ何やってるんだよ!!!!」

そう言って私にしがみついてきた




72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 18:46:41.47 ID:jtYhm6+s0
邪魔をするな!!

私は邪魔をしてきたこの女を殴った

「いつもいつもいつもいつもいつもいつもいつもいつもいつも」

自分の手の形が崩れている。

それと同様にこの女の顔もぐちゃぐちゃだ。

私は立ち上がり怯える屑どもを見渡した

「・・・おまえらみんな死ね」




73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 18:47:51.59 ID:hRr7CiUp0
-BAD END-




76 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 18:56:32.54 ID:xTAt8MPr0
まさしくけいおん部のデンジャラスクイーン

ってかどうなればHAPPY ENDなのか・・・





77 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 18:57:27.73 ID:jtYhm6+s0

・・・
私の意識が戻ったとき
みんな血まみれで死んでいた
先生までもが死んでいる。

もう終わりかな・・・





そう思い私は右手に持っていたカッターで
自分の首を切り裂いた・・・
      
      -BAD END-




78 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 18:58:07.13 ID:hRr7CiUp0
クイックセーブしとかなきゃな




79 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 18:58:29.09 ID:4hk+ZIKM0
スレ開いて追いついたら終わってた件




81 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 19:00:31.99 ID:jtYhm6+s0
: : : : : l : : ; へ ⊥ ___; : : : ト :ヾ: : : : : | i:|
: : : : : |: :/ _ 二 ̄ ´ ': : :/ | }: : : : : |/:l
:/ : : : :V| ( ___ )    ∨゙ヽ.!ハ : : : 〃/
l : : : : i: :| ` ̄ ̄人   ((⌒`ヽ∧ : /イ/
l : : : : |: |⊂ニ⊃ (0__)  ` ー=fヘ∨ノ |
: : : : : l: l               ⊂⊃ ヽ: : |
: : : : : l l       /:|      }_ノ: :|
: : : : : :||丶     ` ′     ノ: : : : :|
i: : : : : :|      、      _.. イ: : : /: :/


唯「あぁぁごめんなさいごめんなさいごめんなさい・・・」

女はすごい勢いで私に謝ってきた。

律「澪・・・おまえ平沢さんに何したんだ?」

・・・面倒なことになってしまった。

私は
1唯に謝った
2その場から立ち去った

>>85




85 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 19:01:39.50 ID:w7HRwRv60
2




87 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 19:07:35.42 ID:jtYhm6+s0
5分ぐらいたったのだろうか
騒がしい声が聞こえてきた

律「澪!!!説得したら軽音部に入ってくれるって!!」

紬「よかったわぁ。これで廃部じゃなくなるのね!」

律「だから澪!ちゃんと唯に謝っとけよな」


声がでかい・・・早く消えてくれ

「ああ、わかったから」

そう言って私はまた机と目を合わせた




88 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 19:12:03.46 ID:jtYhm6+s0
                ,へ: : : : : : ,二ニニミ,.、 ゝ-.、
               /: : :/: : : : ∠ゝ: : : : : :.`ヾx;. : :}
              /: : : : : :l : :/`  ` `ヾ'レ,、,: : ~l: |
                ,: : : : : : : l :/ \       マ; : :l :|
         、―-.テ.: :l: :.i : : :V _   \     ,.|: : .| :ゝ,
          \::/: : :l : :l: : .Ⅳテヾ,ゝ    ' " }: : :|. : :ム
           /: : : .l| : .l: : :|弋::ソ `   ,.   ハ : |: : : :`,
          /: : : : ノ.l: : :V: | ,,,     ≦=、/ :|: :|. : :∧:.i
          ,'://ノl: :l : : :V.l  ,.、 '  ,,,  /ソ: l : |: :/  V
           '  '   V|: l: : .メゝ 弋 丶    ノ.' : : レ.:l:/
            ,.―==ゝ: :ムヽ ` ' ,. / :/|: : : : |'
            ,メ-=ヽ,:.:\:.V.{ i  `¨ i`ヽ、/ V i: : i
        , -=γ/ヽ:.丶:.:Y.:.|,.ゝ、/ |:.:.マ:`.= 、


律「澪ー!!部活行くぞぶーかーつー!」

本当にこの女は騒がしい

「わかったから、そんなにうるさくしないでくれ」

律「ほらほらー」


はぁ、また憂鬱な時間が始まる




89 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 19:15:19.31 ID:jtYhm6+s0
             ___          r 、
         ,   ´     `     |ノ
       /            \   ∠ )
       ′  /   イ  l   l   ヽ
.     /   / \/ |ハi |    l   ヽ トー─ 、
     /   / \/ー‐イ | lヽ   |   | | _
.    /   l  l/     |ノ  ヽ |   | |´     }
       r |  | x≠ミ     }ハ l / |      ′
    i l l ゝ|  | ::::::::    =ミ | l/  |    /
    | l l  |  | u    ' ::::::: /j/  |     /
    | | l  |  |、  ( `ヽ   /l l/  l |   /
    レ八l  |  |rト    .. < |/  八_|  ,
      \|\|{ \_二ア ヽ\/_/   /


部室に行くと平沢唯がいた

唯「澪ちゃんだよね。さっきはごめんね、この前のすっごく怖かったからさ・・・」

「別に、私も言い方が良くなかった」

唯「じゃあこれからよろしくね」

よろしくもなにも私はやる気がないのだがな

律「よーっし!」




92 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 19:20:18.20 ID:jtYhm6+s0
                       | /: : : |              |: : : : : |: : :八
                      ノ/: : !: :|   _ ノ   `ー--- | : : : : j : : ∨\
                      ∨ : : | : |     ヽ    '´_   l: {: : : ハ : : {  `ー
                      |: : : :| :│弌テ≧    弌テ圷∨: : :| }: :│
                      |: : : :| :│  ゝ:ソ       ゝ:ソ |: : : |人: : ヽ、
                      |: :∧|: 小  ''   ,       '''  |: : : |: :/\ : \
                       ___/|:./´`| : l:∧       _ 、     |: :.:/∨    ̄´
                      //  |/  | :│ ゝ-、   マ  ノ    イj: :∧:_\
        __,r-―=ニ二¨ ̄ ̄           | :│  \ 丶、  _ <//|:./^⌒´ ̄`ヽ
     (xヘ |                     八.:│   ( ヽ  ̄^ _ノ/  |/      〈
       ヽ、\__              ヽ|  rく     ∧/           '.


律「やっと選ばれし4人がそろったな!
  とりあえず私がドラム。ムギがキーボード。
  唯がギターで、澪!ベースたのんだぞ!」

唯「了解しやしたー」

紬「はい」

なんでこいつが私のパートを決めるんだ・・・
まぁベースは好きだから構わないが




94 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 19:25:56.32 ID:jtYhm6+s0
    ハ::::: |==/´  ヽ:| ヽ::::::|  ヽi:::::::::l:::::::i、
    l:::::::::|:::::::i   、    ヽl ,   l:::::::|:::::::lヘ
    |:::::::::i:::::::l ,ィチミ     ィチミx |:::::/::l::::| ヽ
   /::::::::ヽ::::| 〃んィ:}`   ´んィ:}リ |:/::::::l:::::i
   イ:::::l:::::::ヘ::l ヽcヒ::ソ     弋::ソノ レ:::::::|::::::|
   |::::::::|:::::::::ヽxxx     '   xx ∧::::::|::::::|
   i:::::::::|:::::::::::::i               ,:::::::::::|::::::|
   l::::::::::l::::::::::::i       rっ     ハ::::::::::l::::::i
   レヽ:::i::::::::::::|>        イ:::::::::::∧::/
    \::ヽ:i::::::| ./、`≧‐  <::::::::::::::::/l/ /
      ヽイ ヽ:|/  へ  , イ l\ レ
       イ´ ∧   , -`-  |  i ヽ、_


唯「じゃあちょっとお茶しよー」

律「そうだな。澪も早くこっち来いよ」

紬「ケーキもあるわよ」

なんだこいつら。決めたのにやる気ないのか?
私は

1ひとりで練習する
2帰る
3一緒にくつろぐ




97 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 19:27:36.63 ID:jtYhm6+s0
>>99で頼む




99 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 19:27:53.21 ID:/j00j3W70





101 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 19:32:14.92 ID:jtYhm6+s0

\'\/,_\7   {::::::::::::::::::::::::::::.Vハ\//\゙v | ヽv'/ハj:::::',:::::::::}
.  \r'´/フ\ / :::::::::::::::::::::::::::::::Vハ:: \//`i ト、.ハ}/:::::::::',::::::::ヽ
.   } ,' / >'7\ : :::::::::::::::::::::::::::::::Vハ :::',`<l |___/ :::::::::::::::',:::::::::ハ
   ヽ `´r'//X\:::::::::::/::::::::::::::::::V:ト、::ヽ::::{_} : :::::::::::::::::::::::::.::::/:::{
    ト、__〈 \X \::/ ::::::::::::::::::::j/::::i:::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::l:::::::::ハ
.    ハ\==彡..\\X \::::::::`ー : :::::::::>=-::::::::::::::::::::::::::::::::::,':::::::::::::',
    /: j≧==≦x:::::\\X \::::::::::::::::::::( ( ヽ :::::::::::::::::::::::::,':::::::::::::::::',
   {:::::{:::::::::::::::::::}:::::::/\\X \:::::::::::::::::ヽ ヽ  ヽ:::::::::::::::::::/ ::::::::::::::::ハ
.   }::::i::::::::::::::::: {:  ′ .\//\ : ::::::::::} }   ', :::::::::::::::ト、:::::::::::::/ ::::',
   \`ー──'/     l.ヽ\/X \ :::〃ノY´ ̄ヽ:::::::::::::| V:::::::::::::::::::',
     `¨¨¨¨¨´       | : ヘ \//\{r' ハ    \ :::::|   ',:::::::::::::::::::',
                | :::::::ハ  \/X \   >、    ヽ _, ',:::::::::::::::::::.


私はひとりで練習することにした

律「澪・・・」

唯「・・・・・よし!私も練習!!って思ったけどギターがないや・・・」

律「ないのかよwwじゃあ明日学校休みだしみんなで買いに行こう!!」

紬「はい!楽しみです」

律「澪も当然行くんだからなー。明日ちゃんと来いよ!」

・・・




103 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 19:35:43.06 ID:jtYhm6+s0

次の日 朝

今日は買い物か・・・どうしようか
めんどくさい気もするけど・・・

1行く
2行かない

>>106




106 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 19:36:49.21 ID:PYmmojCK0





108 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 19:41:19.91 ID:jtYhm6+s0
暇だし、行くか・・・

                     r‐‐/./, ' ,\
                _,ヘ_,..===j/./__/,.゜。
              //:.,.====/ /r、ゝ:::O〈_く./`',
                  /: : : /≠ ̄て/ ,|:::::::::c。:<_/ ノ
             /: : ::!:|‐''`メ=、 ヒァ', '´フ:::::::::::::::ル' j!
                /: : : ::|:|    ゝ=、/\_,、__,.././
           /: : : : ::!:L_、    ̄j__}///t_ノノ
           /:!: : : : :|、|≧=.   rァ=、__r'`ー': \__,、
           /: :| : : :.:.Krtsoj   tsoソ'|:/: |:r、: : l:ャ=-'
          ノ/|: : : : | ゝ‥  ,  ¨  .!': : レソ: :∧リ
         '   |: : : : !         /: : /7: :/ ノ
              |、: : : ト、    _    |: : : r': :.|
               ゝ\: ∨ゝ、   '   .ィ|: : /|:/`ヽ
            >─\V`!リ丶.. < ソ|: //リ
           /´    `ー' 、    レ∨'
             /       |::|     i\
         /       r'-'-、 r‐‐‐、〉゙ト、


律「遅い!!!」

なんつう格好してるんだこいつは

唯「よし!みんなそろったしレッツゴー!!」

紬「ゴー 」




109 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 19:44:54.66 ID:jtYhm6+s0
楽器屋は駅から歩いて5分という近さにあった

唯「ほおおお!ギターがいっぱいだね!律っちゃん!!」

律「そうだなー!てか唯お金いくらあんの?」

唯「おかあさんから前借で5万円かな」

5万か・・・まあ普通のギターなら買えるな




110 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 19:47:50.02 ID:jtYhm6+s0
       ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:. \.:.:| :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: イ::::::::::‰::::::::: ^/.X./.X.//    /
        |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:Ⅵ :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ /:::::::::::::::::: _ ::/ X./X./:ハ.    /
        | :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\==─=彳:::::::::::  //.X./X /.:.:.:.\\/jj
.         、 .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:::::::::::::: : : .  < X.%/.X./.:.:.:.:.:.:。゚:.ゝ、彡′
.        \ :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\      /X X.%/> |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ノ
       /〃\ :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽへ  ///X X/ 人.:.:.:.:.:.:.:.:/
      /lil∥::: : :\ :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`< X.X.///^"   /`ゝ=ヽ
       |liliマ:::::: : : : :\ .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\.X.X./     ./:::::::: : : /
       |lili||::::::: : : :.  \:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ,>ハ.      / ,zzzィ/
        lili||:::::::. : : :     ヽ、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./〆    //彡'′
       マム::::::::. : : .      \.:o:.:.:.:.:.:.:.:.//\ ゚  ハ:}
       マム::::::::. : : : .       \:.:.:.:.:.:.:/   ヽ  /`Y
        マム::::::::. : : : .      ゝ,:.:.:/    、ヽ/  |
          マjム::::::::. : : : .        `´ハ     \l  ′
         \ \:::::::. : : : .     _    ゝ‐-ゝ、_ノ. /
              \ \::::::. : : : .  ((:)  ((:)    /


唯「あ!このギターかわいい!!」

おいおいギブソンかよ・・・素人のくせに・・・

律「でもこれ25万もするぜ」

紬(たった25万・・・)

唯「え~でも、これがい~な~」




111 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 19:57:17.33 ID:jtYhm6+s0

律「そうだ!!みんなでバイトすればいいんだ!!」

!?このデコは何を言い出すんだ・・・
みんなでバイト?こいつのために?

紬「そうですね!私やってみたいです」

おいおいおい沢庵まで・・・

唯「え!でもそんな・・・悪いよ・・・」

私は唯を呼んだ

「おい唯」

唯「ほえ?」

1みんなを巻き込むな!一人でバイトしろ
2私も協力するよ
3盗んだほうが早いんじゃないか?

>>115




115 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 20:00:19.11 ID:PYmmojCK0





118 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 20:01:24.89 ID:trENZozl0
ほう・・・澪ちゃんがいい子になってるな




122 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 20:05:51.14 ID:jtYhm6+s0

「唯、私もバイト手伝よ・・・」

なぜかそう口にしてしまった

律「!!」

唯「澪ちゃん・・・ありがとね。でもやっぱりみんなを巻き込むわけには
  いかないよ」

紬「・・・そうだ!ちょっと待ってて」

そういって沢庵はレジのほうに行った




129 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 20:12:40.86 ID:jtYhm6+s0
     | |   /ィ≠N   |八   |  } |
     l N   |  l   \|  }  j /
     |  |   |x≠ミ    rxミハ′ |
     |  |   |"""     """/  /
     l  |   |    __'    /   ∧
     }  l  人    ー'    /  / ∧
    ′ 八  Vト ..__,,..≦{  ′{ ∧
   / / ∧  V  久_人 l  |  / !
.  / -──∧  ∨ ニ}  〉l  ├ 、|
  /    | ∧ {   r}l / |   |  ∨
. / .|      \ヘ|   リ / l|   |   l\
/  |      /Y^\ノ / r'|  }   |  }
   }     〈 |   \| /ノ   ′ / /


紬「ふふふ。このギター5万円で売ってくれるって」

!!?

何が起こったのだろう
たぶんこの沢庵がすごいのだろうと確信したとき
私はこう口走っていた

「ムギ、このフェンダーもやすくならないかな?」



1万で買えた




131 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 20:14:51.13 ID:gk/lwcDP0
澪wwwwwwww




133 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 20:15:31.82 ID:trENZozl0
ちゃっかりしすぎろろwwww




132 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 20:15:18.94 ID:jtYhm6+s0

沢庵は仲良くなったほうがいいな・・・
そう思いながら新品のベースを家に持って帰った。


明日の練習が楽しみだ




142 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 20:40:58.44 ID:jtYhm6+s0
次の日
私は授業が終わるとすぐに部室へ向かった
新品のベースを弾くためだ。

ベーン・・・

!これだ!!

わたしは久しぶりに感動した

ベンベン弾いてたらみんなが入ってきた

唯「あ!澪ちゃん!今日は早いね」

「あ・・・うん」




143 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 20:48:15.56 ID:jtYhm6+s0

律「よし!じゃあみんな!さっそく練習だな!」

唯「そうだね!!」

紬「どんとこいです」

・・・

今日は休憩しないでみんな練習していた。

少しこの場所の居心地がいいと思ってしまう




144 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 20:52:25.87 ID:jtYhm6+s0
・・・・・・・・・
      /イ  ::/:::::::|  :::::|\        `      /::  ,!. l
.       /  /|  :::::::l   ::i       , 、- , 、     ,':::   ハ i
      / /.  i / :::::i:ヽ  lヽ    {   ̄ !ノ      ':::  /  ', l
      ´    レ ヽ ::::|、:`、 |/ \   `ー       /::  /   V
            \i.ヽレ、iヽ  > 、   , <| }:::  /
             / ̄\  \   `/´},ヘ::{ {:::  /
   / ̄ ̄ ̄ヽ´ ̄::\::::::::::\   \ / `ヽ,___| /
  /::::::::::::::::::::::::::`丶:::::::::ヽ:::::::::ヽ   ノヽ/| 、  ヽ_
 |:::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::::::i:::::::::::::、 /フ─{ ̄ノ    i ─、
 |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::、:::::::::::::|:::::::::::::∨/ 人 >      Y:::::ヽ
 |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::l:::::::::::::::V//| | j_         |::|:::::|
 j::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、i:::::::::::\:::::::/ レ //:::::ヽ      /:/:::::|
/ ̄:::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::ト:::::::::::|:::::`j::{_ ./:::::::::::::ヽ   /::/ i:::::|


唯「律っちゃん。話って何??」

紬「なんでしょーか?」

律「あ、おう。澪のことなんだけどな。
  最近いい方向に向かってるっていうかなんていうか」

唯「へ?なんのこと?」




146 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 21:00:01.64 ID:jtYhm6+s0
         /:::::::::::/:::',.     /⌒ヽ      /::/: ::,'ノ:::::::::i
.        /:::::::::::/::::::ハ      .i    i       i::/:::::/::!:: ::::::::i
.          /::::::::::::,' ヽ:::::::\    ヽ _ ノ     /:::::/:::ハ::::::::::|
       .:::::::::::::::i . i:::::::::::>         イ./:/⌒i : `´ ̄ ̄ `ヽ、
        i:::::::::::::::| -‐.' 、::::::::/ハ` ー < / V::/  .! : : : : : : : /.i:..:.
       |:::::::::::::::| : : : :  ̄/: :.l(.j     イ   /::::!  ,': : : : : : /  / :.:l
.         |:::::::::::::::l : : : : : :,' : : | \ /     /::::::j  i : : : : /  / : : :ヽ
.       !::::::::::::::::. : : : :..:i :/´ ̄`ヽ   /::::::::,!   ! 、: /  / : : : : : :.:
.        l':::::::::::::::::', : : : //´/!7 lヾ\ /::::::::/     .´ イ: : : : : : : :_i
.        i:.ヽ::::::::::::::', :..:.\ヽ// !./ j .l ,'::: ::::/          ` ̄ ̄ ̄´ ノ
.       i:..:.:ヽ::::::::::::', : : : :ヽイ | l_/ / !_ /    ヘ     T. ̄ ̄´/
        ',: : :..:ヽ:::::::::'., : : : | |', .lヽ_( ̄  __           ヽ__: : /
        ',: : :..:.:\::::::::' , : | |:.',.! |  `7:i´::::::` ー  ^ヽ、   ,\_ノ
.           ',: : : :..:..:\:::::::ヽ!ノ: :.| |  /: :|::::::::::::|:\: ヽ   ̄ /: : /i


律「澪は昔な、すごいいじめにあってそれ以来
  あまり人と関わらないようにしきたんだよ。」

唯「そうなんだ・・・」

律「だからな、澪が唯にバイト協力するって言ったり
  ムギにベース頼んだのはびっくりしたんだ」

紬「澪ちゃん」

律「まぁ今はいい感じだし!これからも澪のことよろしく頼むよ!」




152 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 21:11:44.22 ID:jtYhm6+s0
!!!

あれ・・・私のベースがない・・・

朝ここに置いておいたのに・・・

なんでなんでなんでなんで

なんで無いの?

何でみんな来ないの?

私は次の日までずっと部室にいた




153 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 21:13:36.15 ID:9T86pD+F0
あれ?




154 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 21:17:45.85 ID:jtYhm6+s0
部室には誰も来ない・・・またいじめかな・・・

土日も部室に閉じこもりベースを探した

見つかる気配はない・・・



いじめいじめいじめいじめ
頭がおかしくなりそうだ




そして月曜日




156 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 21:23:35.89 ID:jtYhm6+s0

・・・・・・
いつの間に寝ていたのだろう。
目が覚めると目の前に顔があった

   /: :./=/ |: : i: : :ト、 :\: : : : : : : : : : ヽ
.  / : /=/  i: :.|ヽ: :! \:.ィ: : ヽ : : : : : : : ',
  /: : :i: :ト 、 ト、:.! ヽ!/ \ : : !: : : : : : : : !
 ,': : : ハ: | `T ヾ   ィf心ヽ: | : : : : : : : :|
 |: !: :!: :N. /fてi       トじ} 〉リ:: : : : :!: : : !
 !: !: :!: :ハ ヽVxリ       ゞ  | : : : : :|: : : :!
 | |: : !: : ハ     '       ハ : : : :.i: : : :!
 | |: : |: : : !            ,' : :/: : :,': : : :|
  !: :ハ: : 人         ,:.!: / : : / : : : :i
  |: ! ',: : : :.>.、    ,. イ/:|/: : ::/: : /: :リ
  ヾ!  Vi : :.八: `T ´ __,/: : :.! :./仏イレイ
     从: : |>イ^! / 从ハ|/ / ⌒>‐‐、


唯「澪ちゃんへーき?」

私は勢いよく飛び上がった

「私のベースどこ!?ベースベースベースベース!!!!!」

唯「ちょっちょっと。澪ちゃん落ち着いて!」

紬「ベースの場所はちょっと分からないわ・・・」

たくあんの顔が少しニヤついたのを私は見逃さなかった

お前か沢庵!!!




157 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 21:27:39.31 ID:jtYhm6+s0
私は沢庵の首を絞めた

「ベースはどこ?ベースベースベース」

紬「澪ちゃん・・・やめ・・・」


沢庵は息をしなくなった。

そして平沢唯を睨む

唯「ひいいっ」




159 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 21:30:46.31 ID:9T86pD+F0
どうしてこうなった




160 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 21:31:04.73 ID:jtYhm6+s0
平沢唯

お前も私をいじめるのか・・・

「おまえらがぁ・・・・・・」

首を力いっぱい絞める

律「澪!!!」

あのデコが主犯か!

私は平沢唯を投げ飛ばしデコを捕まえた




162 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 21:34:08.13 ID:jtYhm6+s0
律「まて・・・澪・・・はなしを・・・・・・」

話?

私のことをいじめてまだなんか言うのか?

私は首を思いっきり締め上げた。

「・・・おまえらぁぁぁ!!みんな死ねぇぇええ!!!」




163 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 21:34:11.13 ID:trENZozl0
澪ってなんでSSではめっちゃ戦闘力高いの




165 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 21:38:22.47 ID:jtYhm6+s0

目を閉じそして開いた。
3人とも死んでる。

私が殺したんだ・・・
さっきまで狂っていた私が冷静になってる・・・

ふと目をギターケースに向けると

そこに私のベースがあった。

「ややっややっぱりここここいつらららか・・・」

口がうまく回らない

私のベース

ケースから取り出そうとする・・・




169 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 21:46:21.48 ID:jtYhm6+s0
ん?

ベースになにか貼ってある・・・

『放課後ティータイム』

シールだ・・・よく見ると丁寧にメンテナンスもされている・・・

弦には紙が挟まっていた。

『澪!誕生日おめでとう!!!』

『これからライブとかいろいろがんばろうぜ!律』

『澪ちゃん!これからもギター教えてね。早くライブやろう!唯』

『澪ちゃん。バースデーケーキおいしかった?みんなで作ったのよ?ふふ紬』

ムギの紙袋を見ると私が食べる予定だったケーキが入っていた・・・



そうだ。今日私誕生日だったんだ・・・・・・




170 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 21:48:03.54 ID:n+JQy+hQ0
うわあああああ




171 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 21:48:14.42 ID:yirrnVZIO
ガチで泣いた




173 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 21:48:26.90 ID:m3bGblJs0
woo...




177 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 21:52:41.79 ID:jtYhm6+s0
「あははははははははは
 ほら。何で3人とも寝てんの?
 今日は私の誕生日でしょ」

そう言って私は3人を椅子に座らせた

真中にケーキを置く

そして私は4人でケーキを食べた。

    THE END




186 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 21:55:46.73 ID:D/b7gX7z0
くっ…別のけいおんスレ読んでくる…




189 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/11(月) 21:57:24.50 ID:jtYhm6+s0
すまん
>>152あたりでミスってデストロイモードに突入してしまった
後悔はしてるが反省はしていない

こんな鬱スレをみてくれてトンクス







この記事をリンクする?:


[ 2010/01/29 12:00 ] けいおん!SS | TB(0) | CM(11) | このエントリーを含むはてなブックマーク


酷すぎワロタ
[ 2010/01/29 13:36 ] [ 編集 ]


何てこった

何てこった…
[ 2010/01/29 13:56 ] [ 編集 ]


おいやめろ
やめて
[ 2010/01/29 14:50 ] [ 編集 ]


なんか最近、ゴールデン速報が闇速が取り上げたけいおんスレばかり取り上げてるから、おかしいなと思ってコメント書こうとしたら、『闇速』が禁止ワードになってたんですが。。。
[ 2010/01/29 16:26 ] [ 編集 ]



「闇速」って言葉入れても書き込めたけど。
なんか他の単語が引っかかったんじゃない?

――
と思ってたらゴールデンに書いたコメントが削除されてた
これは……
[ 2010/01/29 18:32 ] [ 編集 ]


こういう話は大好きだ
[ 2010/01/29 20:33 ] [ 編集 ]


素晴らしいね
[ 2010/01/29 22:30 ] [ 編集 ]


ゴールデンが闇速と同じの取り上げるのはだめで
闇速が戯言ニュースと同じの取り上げるのはいいんだ
[ 2010/01/30 02:54 ] [ 編集 ]


↑戯言が闇速のスレを取り上げる時もあるしいいんじゃね。っていうか戯言と闇速って仲良いしな。お互にサイト出来た当初から相互リンクして一緒に頑張ってたし。ゴールデンは知らん
[ 2010/01/30 10:17 ] [ 編集 ]


いくらなんでも他ブログの名前が書いてあっても、コメント消さないだろ?
[ 2010/01/30 21:33 ] [ 編集 ]


やはりけいおんSSはBADENDに限る
[ 2010/03/01 01:29 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

yamisoku

Author:yamisoku
けいおん系SSばっかりです。


ひさびさに左上更新してみましたw


とはいえ特に書く事もありませんが(笑)


このブログも開設から1年以上経過するんですね…


とりあえず「けいおん!!」のアニメが終わるまでは頑張って更新し続けたいと思います
2010年7月24日


TOP絵、リンク&RSS、まとめ依頼、募集中!↓


このブログについて

アクセスランキング
お世話になっているサイト様
SS
戯言ニュース
ニュー速VIPコレクション
はみ出者が見てたm9(^Д^)
糞虫の館
エレファント速報WLVS
世界一かわいいよ!
SSちゃんねる
SS速報

VIP
犬速VIP@わんわんおwww
ぐる速
ヒロイモノ中毒
フライドチキンは空をとぶ
ねとねた
hyukkyyyが見る2ちゃんねる
なんでも(=´∇`=)ちゃんねる
あじゃじゃしたー
じー速

ニュース
世界って広くね(;゚Д゚)
未定なブログ
とりのまるやき
Hyper News 2ch
デジタルニューススレッド
仰天ニュース( ;゚Д゚)
危ないニュース<キ`Д´>
日本語でおk
アゲハント最高!!
心ニュース
痛ニュー速報!
そら速
事故物件.com

まとめ
やる夫.jp
ニュースレ倉庫
New discovery
Newgle

日記
侮ログ
幸か不幸か家族計画
笑ってほのぼのとして軽く泣けるはなし(と不思議話と怖い話)
ムズ痒いブログ
出逢い系ちゃんねる

アニメ・ゲーム
To LOVEる -とらぶる- 考察
ゲハ速
てるぽんFLASH!
萌えるニュース
も・え・つー☆
あみみ

動画
YouTubeニコニコ日和

画像
ヴィブロ
気まぐれブログ
ナナ速
クマ速報

18禁画像
zipでやるお( ^ω^)
がぞー速報
画像スレとらのあな
エロの向こうがわ
セクシーニュース24
エロ画像速報
萌画VIP
ピーチ速報
zipからきました
AV女優おっぱいこれくしょん

18禁動画
えろどうが~無料エロ動画~
有料アダルトサイト比較


アンテナサイト
ショボンあんてな(´・ω・`)
2chnavi
2chまとめ
ブーンあんてな
まとめアンティーナ
もきゆ(´ω`*)あんてな


にほんブログ村 ネットブログ 2ちゃんねるへ

相互RSSサイト様
【SS宝庫】みんなの暇つぶし
たん速
ドルジ速報
マジキチ速報
ニュース2ちゃんねる
茶速
テラワロスVIP
音楽業界を目指す学生

相互リンク申請中


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アクセスランキング ブログパーツ