闇速

けいおん!系SSを中心に、2ちゃんねるからSSスレを独断と偏見でまとめてます。
最新ニュース

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




この記事をリンクする?:


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | このエントリーを含むはてなブックマーク

唯「よつばと!」 

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/01/22(金) 19:45:12.27 ID:l8DlbFF30
律「よし! 今日の練習はこれにて終了!」

唯「は~、疲れたよ~……」

紬「唯ちゃん頑張ってたわね」

澪「うん。今日はかなり集中してやることができたな」

梓「学園祭も近いですしね」

澪「週末にもまた集まって特訓するか」

律「え~……。週末くらい休ませろよ~」

澪「ダメ! まだまだ完璧じゃないんだから」

澪「特に律はやっといた方が……」

唯「ごめんね、澪ちゃん。今週末は私予定があって……」

紬「お出かけ?」

唯「うん」

澪「そっか……。なら仕方ないな」

律(この扱いの差はいったい……)



3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/01/22(金) 19:47:40.41 ID:l8DlbFF30
梓「どこに行くんですか?」

唯「私の行きつけの服屋さんで同じようなTシャツを買ってる人がいてね」

唯「なかなか私たちのセンスを理解する人がいないって話になって盛り上がっちゃってさ」

唯「よくよく話てみたら同い年の子でね」

唯「それからメアド交換して仲良くなったんだけど、たまには会おうって話になったんだ」

律「へ~(Tシャツって、あの唯の部屋着のことだよな……)」

澪「そうなんだ~(確かにあのセンスは理解し難いものがある……)」

梓(唯先輩と同調し合えるってことはその人のセンスも絶望的って事ですね……)

紬「で、どこで会うことになったの?」

唯「えっとね、風香ちゃんの家だよ」

律「風香ちゃん?」

唯「うん。その子、綾瀬風香ちゃんっていうんだ♪」





4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/01/22(金) 19:53:54.85 ID:l8DlbFF30
 ピンポ~ン

かーちゃん「はいは~い」

風香「あ、お母さん私が出る」

 ガチャ

唯「こんにちは~」

風香「ようこそ我が家へ、あがってあがって」

唯「おじゃましま~す」

風香「ささ、部屋に入って」

唯「うわぁ~♪ 素敵なTシャツがいっぱい」キラキラ

風香「へへへ、タンスの中からいっぱい引っ張り出してきちゃった」

唯「このゴーヤーTシャツすっごくいいね!!」

風香「でしょ? お姉ちゃんの沖縄土産なんだ。限定品よ限定品!」

唯「こっちのなんだかよく分からないキャラクターが描かれたのもかわいいね♪」





7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/01/22(金) 19:57:19.83 ID:l8DlbFF30
風香「ああ、お父さんTシャツね」

唯「お父さん?」

風香「なんだか分からないけど、何故かお父さんなのよ」

唯「へ、へ~……」

唯「じゃあまぁ、ここらへんで私のとっておきも披露するとしますかっ!!」

風香「いよっ! 待ってました!」

唯「じゃ~~ん!!」

風香「おお! いなかの米とはっ!? なかなかハイセンスですな!」

唯「えへへへ~」

風香「なんだかそのTシャツを着たら日本人って感じがするよね」

唯「そうそう、なでしこジャパン!」

風香「大和撫子?」

唯「あ~……まぁ、どっちでもいいんだけどさ」

風香(あっさり流された!?)





8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/01/22(金) 20:07:18.54 ID:l8DlbFF30
唯「おっ!? 16才Tシャツ発見!!」

風香「おやおや、やはりお目が高い。でもそれ着れるのもあとちょっとなんだ~」

唯「私も、11月が誕生日だから着るなら今のうち! だねっ!!」

風香「着てみる?」

唯「いいのっ!?」

風香「16才Tシャツは16歳の限られた期間にしか着れないものだからよ!」

唯「ありがとう! 風香ちゃん!!」

唯「じゃあ、私からはこの、としこしTシャツをプレゼントいたします!」

風香「えっ!! そんな貴重なもの、本当にいいの!?」

唯「うん! ぜひ今年の大晦日に年越しそばを食べながらこのTシャツを着てね」

風香「でも、そしたら唯ちゃんが……」

唯「いいの、私は去年着たから。だから今年は風香ちゃんの番だよ!!」

風香「唯ちゃん……」ジワッ

風香「ありがとう……ありがとう……!!」





9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/01/22(金) 20:14:16.63 ID:l8DlbFF30
唯「じゃあ、早速16才Tシャツを……と」ヌギヌギ

風香「じゃあ私も……。あっ! このロマンスTシャツ着てみてもいい?」

唯「うん、いいよ」





唯「ふふん! どう? 今誰が見ても私は16歳に見えるはずだよね!!」

風香「なかなかの着こなしね!」

唯「風香ちゃんは……。なんかちょっとキツそうだね……」

風香「うん、ちょっと胸の辺りがキツイかな……」

唯「……まぁ、分かってはいたんだけどさ……」

風香「ん? なんか言った?」

唯「ううん。なんでもないよ」

風香「そ、そう?」




10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/01/22(金) 20:23:26.97 ID:l8DlbFF30
風香「は~、でもこんなにTシャツで盛り上がれる仲間を見つける事ができたなんて」

風香「ほっっっんと、唯ちゃんと知り合えてよかったわ!」

唯「私もだよ、風香ちゃん。でもさすがにこのTシャツで外に出られないからね~」

風香「えっ!?」

唯「だから同じ仲間を見つけるのも一苦労だよ。普通は部屋着だしね」

風香「う、うん。そうね!(私普通に外にも着ていってるけど……)」

唯「さすがにその辺の分別はあるよね」

風香(実は私ってば、かなり恥ずかしいのかな……)

唯「どうしたの? 風香ちゃん?」

風香「ゆ、唯ちゃんは学校では何か部活してるの!?」

唯「えっ!? う、うん。してるよ(なに? いきなり)」

風香「へ~。何してるの?」

唯「えっとね、軽音楽部に入ってるんだ」





12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/01/22(金) 20:32:00.69 ID:l8DlbFF30
風香「軽音楽部!? ば、バンドとか組んでるの!?」

唯「うん、そだよ~」

風香(ほわっとしてる風に見えてかなりイケイケなんだ……)

唯「パートはギターなんだ~」

風香「ギター!? じ、じゃあこれ弾ける?」

唯「うわ~、ちっちゃいギターだね」

風香「うん、ウクレレ」

唯「あ~、でもこれベースだから私弾けないや」

風香「えっ? ウクレレだよ」

唯「ほら、弦が4本でしょ。弦が4本のはベースっていうんだよ」

唯「私知ってるんだ、なんせ軽音部員だから!」ふんすっ!

風香「へ、へ~……(よかった、イメージ通りの子だわ)」





13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/01/22(金) 20:37:36.89 ID:l8DlbFF30
 \お~い、えな~。あそびにきたぞ~!/

唯「誰かきた?」

風香「あ~。おとなりの子」

唯「なんか元気いっぱいだね」

風香「そうだ! ちょっと会ってみる?」

唯「へっ?」

風香「かなり面白い子なのよ」

唯「へ~、なんか楽しそう♪」

風香「振り回されないように気をつけてね~」

唯「大丈夫、だいじょ~ぶ」





14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/01/22(金) 20:45:15.41 ID:l8DlbFF30
よつば「こんにちはジュラルミンです」

恵那「だからジュリエッタだってば~」

風香「恵那~?」

恵那「何? お姉ちゃん」

唯「こんにちは~」

恵那「こんにちは。お姉ちゃんのお友達?」

よつば「だれだ!! てをあげろ!!」

唯「ひっ!?」

風香「こらこら、よつばちゃん。この子は私のお友達よ」

よつば「なんだ、あやうく……」

唯「(危うく何!?)別に怪しい者じゃないよ~」

よつば「そーかー。ふーかのともだちか~」

よつば「なんのおもてましもできませんが」

唯「……? うん、よろしくね。平沢唯っていいます」





16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/01/22(金) 20:53:36.35 ID:l8DlbFF30
よつば「こいわいよつば!」

唯「よつばちゃん?」

よつば「うん! あ!? しまった!!」

恵那「どうしたの?よつばちゃん」

よつば「まさかきょう、しょうだんあいてがくるとはおもってなかった」

よつば「だから、めいしをよういしてない……」

唯「商談相手?」

風香「ね、面白い子でしょ?」

唯「う、うん」

唯「よろしくね、よつばちゃん」

よつば「よろしくなー!」





19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/01/22(金) 21:03:12.93 ID:l8DlbFF30
よつば「なーなー」

唯「なに?」

よつば「ゆいはどこからきたんだ~?」

唯「私? んん~っと……。ひ、左の方?」

よつば「おお~! きぐうだな。じつはよつばもひだりのほうからきたんだ」

よつば「ばーちゃんちがひだりのほうにあってな~」

唯「へ~、じゃあ一緒だね♪」

よつば「こんなこともあるもんなんだな~」

唯「世間って意外と狭いね」

よつば「だなっ!!」

恵那「ねぇ、お姉ちゃんの友達って……」

風香「うん。そうかなとは思ってたけど、結構凄いわね……」





20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/01/22(金) 21:11:22.34 ID:l8DlbFF30
恵那「へ~、バンドやってるですか、カッコいいですね」

唯「でへへ、それほどでも」

よつば「なー、バンドってなに~?」

唯「楽器を演奏したり、歌ったりするんだよ」

よつば「あ~、うたな~。よつばもよくやってる」

唯「そうなんだ~」

よつば「こうみえてけっこうすごい。とーちゃんもよくほめてくれる」

唯「じゃあ、歌ってみて」

よつば「わかっぱ!」

唯「?」

よつば「だいめいは、ひだりからきました」





22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/01/22(金) 21:18:05.59 ID:l8DlbFF30
よつば「ひだりから~よつばはきました~♪」

よつば「ゆいも~ひだりです~♪」

よつば「おはしも~ひだりです~♪」

よつば「……ちがいました~おちゃわんでした~♪」

よつば ぺこり

唯「わ~!! すごいすごい!!」パチパチ

よつば「このすごさがわかるゆいもさすがだな」

唯「じゃあお返しに、私も!!」

唯「エアギター!! ギャッギャ~ン♪」

風香「!?」

恵那「!?」

よつば「ど、どうした!? ゆい!? だいじょうぶか!?」





23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/01/22(金) 21:26:47.85 ID:l8DlbFF30
唯「あれっ? みんなどうしたの?」

恵那「い、いきなりでビックリしちゃって」

風香「唯ちゃんってほんとうに軽音部員?」

風香(ウクレレも知らなかったし……)

唯「失敬な! これでもリードギターでボーカル任せられてるんだよ!!」

風香「ええ~……」

唯「うっ……」

よつば「いや、よつばにはわかる!!」

唯「さすが~! よつばちゃん!!」

よつば「とーちゃんもしごとがおわると、ときたまああやってあばれるときがある」

よつば「とーちゃんは、よつばがおもうにけっこうすごい」

よつば「だから、おなじようにあばれたゆいもすごいはず」

唯「ん? よく分からないけど褒めてくれてるんだよね?」





24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/01/22(金) 21:33:14.30 ID:l8DlbFF30
風香「も~、本当は軽音部っていうのはカッコつけでしたって吐いちゃいなよ~」

唯「ち、違うよ!! 本当なんだから!!」

唯「そうだ! 来週の日曜日うちの学校の学園祭だから見に来てよ」

唯「ライブするから!!」

風香「ほ、本当に!?」

唯「うん! 嘘じゃないってお見せします!!」

風香「へ~。面白そうね。行ってみようかな」

よつば「よつばもいく!!」

唯「恵那ちゃんもどう?」

恵那「ん~、その日はみうらちゃんと遊ぶ約束してるからな~」

よつば「みうらもいっしょにいけばいい」

恵那「だめなんだよ、よつばちゃん」





25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/01/22(金) 21:36:38.02 ID:l8DlbFF30
恵那「あんまり登場人物が増えると書ききれなくなるでしょ?」

よつば「?」

恵那「だから私は今回お留守番なの」

恵那「あさぎお姉ちゃんや虎子さんやしまうーさんも出る予定はないし」

よつば「???」

恵那「私はよく知らない人だけど、やんださんも出ないよ」

よつば「あ~、やんだはでなくてもいいな」

恵那「以上、業務連絡終わり」





28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/01/22(金) 21:43:57.90 ID:l8DlbFF30
よつば「でな~きょうな~ふうかのともだちがきててな~」

ジャンボ「ほぉ~。美少女だったか?」

よつば「うん! ひだりからきたっていってた!」

ジャンボ「?」

よつば「でな~……。そうだっ!? とーちゃん!!」

とーちゃん「ん~? なんだ~?」

よつば「よつばもいきたい!!」

とーちゃん「どこに?」

よつば「ゆいのがくえんさい!!」

とーちゃん「学園祭?」

よつば「こんどのにちようび!」

ジャンボ「ゆいって? 風香ちゃんの友達か?」

よつば「えっとな、ゆいがな、あばれたりするのをみにいくんだ」

ジャンボ「プロレスでもするのか?」





29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/01/22(金) 21:54:14.02 ID:l8DlbFF30
とーちゃん「でもな~……」

よつば「いいこにしますのでっ!!」

とーちゃん「いや、締切がな……」

よつば「ええ~~~っ!! はっ……そういえば!?」

よつば「ふーかがこれいったら、とーちゃんもきたくなるっていってた」

とーちゃん「なんだって?」

よつば「え~~~っと。じ、じょしこう?」

とーちゃん「!?」

ジャンボ「よし! コイ!! よつばは俺が連れてってやるからお前は安心して仕事を──」

とーちゃん「お前こそ日曜祝日は店の書き入れ時で休めないんじゃないのか!?」

ジャンボ「うぐっ!!」

とーちゃん「……仕方ない、とーちゃんその日までに今の仕事仕上げられるようがんばる!!」

よつば「おおっ!! がんばれとーちゃん!!」

とーちゃん「と、言うわけで、忙しくなるのでジャンボはもう帰れ!!」

ジャンボ「クソッ!!」





31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/01/22(金) 22:04:38.26 ID:l8DlbFF30
ジャンボ「せめて、写真。写真撮ってきてくれ!!」

とーちゃん「嫌だよ。変質者じゃねーか」

ジャンボ「隣の3姉妹だけでは飽き足らず、どこまでも貪欲な奴め!!」

とーちゃん「むしろ手を出そうって思ってるのはお前の方じゃねーかよ……」

よつば「な~、とーちゃん」

とーちゃん「ん? なんだ?」

よつば「がくえんさいってなんだ~?」

とーちゃん「お前、知らないで行きたいって言ってたのか……」

とーちゃん「ほら、この前、風香ちゃんの学校に行ってケーキ食べたろ?」

よつば「ああ~、あのだまされたやつな」

とーちゃん「(騙された?)あーゆーのが学園祭だ」

よつば「!?」

よつば「あれか!! あのよつばをふこうのずんどこにつきおとした! あれが、がくえんさいか!?」





39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/01/22(金) 22:39:13.87 ID:l8DlbFF30
とーちゃん「そこまでか……」

よつば「そっか~……じゃあ、いかなくてもいいかな……」

とーちゃん「よ、よつばさん!?」

よつば「あんなきもちは、もう2どとごめんだ」

とーちゃん「よつば! 今度の学園祭はもしかしたらとっても素晴らしいかもしれんぞ」

よつば「……とーちゃんがそこまでいきたいっていうなら、いってやらんでもない」

とーちゃん「そうか! ありがとうよつば!!」

ジャンボ「見苦しいぞ、コイ!!」

とーちゃん「う、うるせぇ!!」





40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/01/22(金) 22:42:46.08 ID:l8DlbFF30
唯「ただいま~憂」
 
憂「おかえりお姉ちゃん……って!?」

憂「お姉ちゃんその格好で帰ってきちゃったの!?」

唯「ん? ……はっ!?」

唯「16才Tシャツ着たまま帰ってきちゃった!!」

唯「どおりですれ違う人の視線が集まると思ったよ……」

憂(お姉ちゃんは何着てもかわいいよ///)





41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/01/22(金) 22:48:09.33 ID:l8DlbFF30
そして、学園祭当日

風香「あの……すみません、電車賃だしてもらっちゃって」

とーちゃん「いや、こちらこそお招きいただきありがとう」

風香「は、はぁ……」

よつば「すごい! おまつりだ!!」

とーちゃん「本当だな、風香ちゃんの学校より色々ありそうだな」

よつば「ふうかのとこのがくえんさい。あれはダメだった」

風香「なっ!? あの日は雨だったからよ!!」

よつば「よつばはあめのせいにするのはいけないとおもう!!」ドン!!

風香「ご、ごめんなさい!?」

よつば「こっちはきたいできる」





42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/01/22(金) 22:55:26.24 ID:l8DlbFF30
とーちゃん「ここまで来といてなんなんだけどさぁ……」

とーちゃん「本当に俺なんかが入って大丈夫なもんなの? 女子高って」

風香「何ですか? 怖気付いちゃったんですかぁ~」

よつば「まったく! これだからおとこは! まったく!」

とーちゃん「おまえなぁ……」

風香「普通に居ますよ、男の人」

とーちゃん「あ~、本当だ」

とーちゃん「で、どうすんの?」

風香「ちょっと友達の携帯にかけてみますね」

風香「……あ、唯ちゃん? 今ついたよ」

風香「……うん、うん。分かった」

風香「旧校舎の3階の音楽準備室が部室らしいです」

よつば「とーちゃん! はやく!!」

とーちゃん「おいコラ待て! ったく。悪いけど、風香ちゃん先行っててくんない?」

風香「わかりました」





44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/01/22(金) 23:02:57.48 ID:l8DlbFF30
軽音部 部室

唯「いらっしゃ~い」

風香「こんにちは」

澪律紬梓「こんにちは~」

風香「えっと……、綾瀬風香です。 風 香る──と書いて ふ・う・か」

唯「うわ~。いいねその紹介の仕方!!」

唯「じゃあ私も! え~っ、平沢唯です。平らな沢です」

律「そのままじゃね~かよ……」

唯「む~。りっちゃんなんか田んぼの中に井戸があったって感じじゃん」

唯「田舎くさ~い」

律「な、なんだと~!!」

唯「澪ちゃんは……秋の山みたいによく肥えるようにって親が付けてくれたんだね、きっと」

澪「こ、肥えるって……。だいたい苗字は親がつけるもんじゃないだろ」

唯「ムギちゃんは琴吹だから……」

澪「聞いちゃいねぇ……」





45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/01/22(金) 23:13:20.31 ID:l8DlbFF30
紬「私の苗字の由来はご先祖様がお琴の達人で、一度琴を弾いたら
  一帯に嵐が吹き荒れるほどの素晴らしさだったからって聞いたことがあるわ」

唯「へ~、スゴイね!! だから琴吹か」

紬「うん。今、私が作ったんだけどね」

律「嘘かよっ!!」

澪「それっぽ過ぎるだろっ!!」

唯「で、あずにゃんはね……」

梓 ドキドキ

唯「あ゛~~、なんか考えるの疲れちゃったからいいや……」

梓「そんなっ!?」ガーン!!

風香(なんだか唯ちゃんがこうなるってのもうなずける環境よね)

風香「……っていうか私の存在忘れてない!?」





47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/01/22(金) 23:22:09.74 ID:l8DlbFF30
よつば「なーなー」クイクイ

和「ん?」

よつば にたぁ~♪

和「なに? どうしたの? もしかして迷子?」

よつば「ねーちゃんけーさつか?」

和「えっ? この帽子のこと言ってるのかしら?」

よつば「メガネかしてー」

和「ち、ちょっと……」

和(3_3)「私の相当度がキツいんだけど」

よつば「お?……お?お?」フラフラ

和(3_3)「ほら、危ないわよ」

よつば「あははは! ねーちゃんにはこんなふうにみえてるのか~」

和(3_3)「早く返してもらえないかしら?」

よつば「うん。よつばがかけてあげるからしゃがんで~」

和(3_3)「ありがと」





48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2010/01/22(金) 23:24:15.96 ID:0VKXp/VG0
(3_3)





49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/01/22(金) 23:27:44.82 ID:l8DlbFF30
とーちゃん「お~い、よつば~」

よつば「そうだ!? いまよつばは、とーちゃんとおにごっこしてるんだった!!」

よつば「じゃ~な、ね~ちゃん!!」

和(3_3)「ち、ちょっと。ちゃんと眼鏡かけてくれなきゃ!!」








和(3_3)「見えない……」

和(3_3)「メガネ、メガネ……」ウロウロ……

「ま、真鍋さん? 何してるの?」





50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/01/22(金) 23:30:49.56 ID:l8DlbFF30
和(3_3)「あ、私の眼鏡その辺に落ちてたりしてない?」

「えっ? その帽子の上にかかってるやつじゃ……」

和(3_3)「……」














和 スチャッ

和「なんちゃって☆」

(真鍋さんって結構面白い人なのかな……)





52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/01/22(金) 23:37:08.38 ID:l8DlbFF30
純「憂~焼きそば追加入るよ~」

憂「任せて~!」

よつば「なにやってるの?」

憂「うわっ! ビックリした!!」

憂「ダメだよ、そんなとこに登っちゃ」

よつば「はーい」

憂(緑色の髪?)

憂「もしかしてよつばちゃん?」

よつば「!?」

よつば「なんでしってる!?」

憂「さぁ~、なんででしょ~」

よつば「おかねめあて?」

憂「なんでそうなるの?」





53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/01/22(金) 23:42:30.99 ID:l8DlbFF30
憂「唯って誰のことか分かる?」

よつば「ゆいな、しってる!!」

よつば「ゆいは、ひだりからきて、16ってかいてるへんなふくでへんなおどりをします」

憂「変な服って……。まぁそうなんだけど、すごい言われようだよお姉ちゃん……」

憂「あのね、その唯の妹が私なの」

よつば「なるほどな~。よつばのよそうどおりだ」

憂「ふふっ。お姉ちゃんの言った通り面白い子だね」

憂「平沢憂って言います。よろしくね」

よつば「こいわいよつば! ういはへんなふくきないのな」

憂「う、うん。今は制服着てるからね」

よつば「せーふくな、しってる。だいたいわるいやつがするやつな」

憂「ん?」





54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/01/22(金) 23:44:57.77 ID:l8DlbFF30
とーちゃん「おーい、よつばー」

よつば「もうここまでおってがきた!!」

よつば「じゃあなうい。わるさもほどほどにしろ。な?」

憂「う、うん? じゃあね」

純「憂~! 焼きそばまだ~?」

憂「うん、ごめんね! もうすぐ!」





55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/01/22(金) 23:53:42.91 ID:l8DlbFF30
  ワイワイ キャピキャピ

風香「ところでここって軽音部の部室なんだよね」

唯「うん。そうだよ」

風香「なんでティーセットがあるの? それに楽器も見当たらないし……」

風香「やっぱり、唯ちゃん、嘘ついてたでしょ?」

唯「ヒドイ! みんなもなんか言ってやってよ!!」

律「確かに唯を見てバンドやってるなんて思わないよな……」

唯「りっちゃんまでっ!?」

澪「楽器や機材はもう講堂の方まで運んであるからここにはもうないんだ」

梓「唯先輩も舞台に上がれば結構すごいんですよ。信じられないでしょうけど……」

唯「あずにゃんもひとこと多いよ」

紬「ティーセットは私たちの習慣、かしら」

唯「そうそう、バンド名も放課後ティータイムだし」

律「よし! せっかくだから風香にもお茶していってもらうか」

紬「じゃあ、準備するわね」





56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/01/22(金) 23:59:22.47 ID:l8DlbFF30
風香「いいの? 高そうなケーキだけど……」

紬「いいのよ、家にたくさん余らしておくのも勿体無いから」

風香(ケーキ屋さん?)

唯「そう言えば、よつばちゃんは来てないの?」

風香「ああ、今お父さんと一緒に色々回ってると思うよ」

律「だれ?」

澪「ほら、唯が話してくれてたじゃないか」

梓「たしか、緑の髪の女の子でしたよね」

唯「うん。すっごくかわいいんだ」

紬「私も会ってみたいわ」

よつば「ここからケーキのいいにおいがするっ!!」ガチャ!!

唯澪律紬梓「!?」

風香「犬っ!?」

とーちゃん「はぁはぁ……、やっと追いついた……」





58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/01/23(土) 00:05:38.37 ID:shEyumNA0
よつば「あっ!? ふーかだ!!」

とーちゃん「よつば、迷子になったら泣くのはお前だぞ」

風香「紹介するね、小岩井さんとその娘さんのよつばちゃん」

とーちゃん「ど、どうも」

よつば「こいわいよつばです! ふーかがおせわになってます」ペコリ

とーちゃん「どこでそんな言葉覚えてくるんだ?」

唯「やっほ~。よつばちゃん」

よつば「???」

唯「あれ? もう私のこと忘れちゃったの?」

唯「ほら、ギュイーン!!」

よつば「!? ゆいか!!」

よつば「あのへんなふくじゃなかったから、わからなかった」

唯「……あ、ああ。そっか」





60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/01/23(土) 00:13:21.75 ID:shEyumNA0
よつば じ~~~~~~~~っ

澪「な、何?」

よつば「な~、とーちゃん。このねーちゃんはビミョーニョだな」

澪「び、微妙!?」ガーン!!

とーちゃん「おいおい、違うだろ、美少女だ」

よつば「あ~、それな」

澪「ぼっ///」

よつば「かみもながくてきれいだな。あさぎみたいだ」

唯「あさぎ?」

風香「私のお姉ちゃん。私が言うのもなんだけど結構綺麗なんだ」

よつば「あさぎはきれいだ。でもふーかは、びしょうじょからただのしょうじょになった」

風香「なっ!?」

よつば「こればっかりは、よつばでもどうしようもない……」





61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/01/23(土) 00:20:11.23 ID:shEyumNA0
よつば「でも、ねーちゃんは、よつばがみるかぎりくつがえりそうもない」

唯「澪ちゃんっていうんだよ」

よつば「そうか。とーちゃん、みおはきれいだな」

とーちゃん「ああ、そうだな」

澪「な、な、な、な///」

よつば「どうした? みお。かおがまっかだぞ」

律「よつばちゃん? その辺にしといてやってくんない?」

律「本番が近いからこれ以上オーバーヒートしたらヤバイ」





63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/01/23(土) 00:25:00.07 ID:shEyumNA0
とーちゃん「そう言えばキミたちプロレスやるんだってね。期待してるよ」

とーちゃん「正直来る前は、どんなスゴイのが出てくるかって思ってたけど」

とーちゃん「予想が覆ってビックリしてるよ」

律「え? 私たちバンド演奏するんですけど」

とーちゃん「え? よつば?」

よつば「???」





65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/01/23(土) 00:33:14.45 ID:shEyumNA0
とーちゃん「まぁ、いっか……」

よつば じ~~~~~~っ

律「お、今度は私を美少女だって言ってくれるのかな?」

よつば「ゆい、このねーちゃんのなまえは?」

唯「りっちゃんだよ。田井中律」

よつば「りつ、ちょっとしゃがんで」

律「ん?なんだ」

よつば ベシーーーン!!

律「ふぐぁ!!」

とーちゃん「お、おい! よつば!!」

よつば「あははははは!! おでこがバチーンってなった!!」

律「こ、この~、なにすんだ~!!」

よつば「きゃあ~!! あははは!!」

律「まて~~~~!!」





67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/01/23(土) 00:42:42.74 ID:shEyumNA0
澪 ゴチン!!

律「……おかえり澪」ヒリヒリ

澪「ムキになって小さい子を追い掛け回すヤツがどこにいる!!」

よつば「あはははは!! おこられてるー!!」

紬「よつばちゃん捕まえた」ダキッ

よつば「あ~、つかまえられちゃったか~」

紬「ダメでしょ、叩いたりしちゃ。ほら、りっちゃんに謝って」

よつば「りつ、ごめんな~。きっとよつばにもわるいとこがあったんだとおもう」

律「ぷぷ、面白いヤツだな。いいよ、許す!!」

紬「よしよし、良い子ね」なでなで

よつば「えへへ///」

唯「なんだか保母さんみたい」

風香「そうね、さすがケーキ屋の娘!」

唯「ん?」





68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/01/23(土) 00:50:44.62 ID:shEyumNA0
紬「私は琴吹紬、ムギって呼んでね」

よつば「よろしくな、ムギ」

紬「うん、よろしくね、よつばちゃん」

よつば「……!?」

紬「どうしたの? よつばちゃん」

よつば「うごくな、ムギ」

紬「えっ!?」

よつば にぎっ ブチブチブチブチッ!!

紬「────ッ!!!!」

唯「む、ムギちゃん!?」

とーちゃん「コラ!! よつば、お前なにやってんだ!!」

よつば「あれ? ムギのめのうえに、けむしがいたからとってあげようと……あれ?」

とーちゃん「バカ!! あ~あこんなに毟っちまいやがって」

紬「う……う……」

とーちゃん「ごめん、だ、大丈夫?」





69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/01/23(土) 00:55:33.07 ID:shEyumNA0
紬「へ、平気です。お気になさらず……」

とーちゃん「でも……」

紬「すぐに生えてきますんで……」

とーちゃん「そ、そう?(すぐ生えてくる?)」

とーちゃん「ほら、よつば。このお姉ちゃんにさっき教わったことあるだろ」

よつば「ごめんな~ムギ。しょうじきよつばもビックリしてる」

紬「うん。大丈夫よ、よつばちゃん」





70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/01/23(土) 01:02:18.39 ID:shEyumNA0
梓「やっぱり小さい子のパワーってすごいですね……」

よつば「あれ……? なんでここにいるの?」

梓「えっ?」

よつば「よつばしってる。ここはすこしおねえさんがくるところだって」

よつば「でもよつばがみたところ、そのじょうけんをまだみたしていない」

よつば「かえろう、な? あれだったらよつばがおくってってやるから、な?」

梓「わ、私だって高校生だもん!!」





72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/01/23(土) 01:13:49.70 ID:shEyumNA0
唯「そうだよ~よつばちゃん。ちっちゃくてもあずにゃんは立派な高校生なんだよ~」

よつば「ほ、ほんとうか!? とーちゃん!?」

とーちゃん「あ、ああ。そうだな」

よつば「そっか~。じゃあよつばも、もうすぐこうこうせーだな」

風香「いやいや、まだまだでしょ」

よつば「あ~、やっぱり、ふうかみたいにあしふとくならないとムリか~」

風香「ちょっと!? 今そんなこと関係ないでしょ!!」

よつば「よくみたらこうこうせーってみんなあしふといな」

一同「!?」

よつば「よつばはまだまだだな……」

 ズ────────ン……

とーちゃん(やばい、これ以上はさすがに無邪気じゃ済まされん)

とーちゃん「じ、じゃあ、俺もう行くから。ほら、よつば」

さわ子「おい~っす。ケーキが私を呼んでいる~っと」ガチャ





73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/01/23(土) 01:22:06.46 ID:shEyumNA0
とーちゃん「あ、ども……」

さわ子「ん? どちら様?」

とーちゃん「え~っと」

さわ子(やだ、よくみたら結構いい男じゃない/// 誰かの親戚かしら)

さわ子「どうも初めまして。私軽音部顧問の山中さわ子と申します。以後お見知りおきを」

さわ子「ちなみに現在バリバリのフリーですので、そこのところよろしく」

とーちゃん「はぁ……、どうも……」





74 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/01/23(土) 01:30:02.08 ID:shEyumNA0
よつば「なぁ~、とーちゃん」

さわ子「へっ? とーちゃん?」

とーちゃん「ん? どうしたよつば」

さわ子「子持ちかよっ!!」

とーちゃん ビクッ!!

さわ子「はいはい、分かってたわよ。どうせそんなこったろうってね!!」

さわ子「ったく……。ムギちゃん私にもお茶とケーキお願いね」

よつば「よつばもケーキたべたい!!」

とーちゃん「お、おい。ご迷惑だろ」





75 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/01/23(土) 01:34:07.09 ID:shEyumNA0
紬「よろしかったら。小岩井さんとよつばちゃんもご一緒にいかがですか?」

とーちゃん「いや、でも……って!?」

紬「どうかなさいましたか?」

とーちゃん「な、なんでもないです(本当にもう生えてきてる……!!)」

唯「よつばちゃんも一緒に食べたいよね?」

よつば「うん! ね~、とーちゃん。いいでしょ~」

紬「どうぞ、もう人数分紅茶入れちゃいましたし」

とーちゃん「……じゃあ、お言葉に甘えて」

よつば「やった~!!」





76 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/01/23(土) 01:43:17.93 ID:shEyumNA0
よつば「うまい! シェフをよべ!!」

とーちゃん「本当だな、結構高いものなんじゃ……」

風香「なんか、家がケーキ屋さんだそうですよ。で、余っちゃうんですって」

とーちゃん「へ~」

よつば「これがほんとうのがくえんさいか~……」

律「風香のとこはもう終わったの?」

風香「うん。ウチ結構早いんだ」

澪「どうせならそっちの学園祭にも行ってみたかったな」

よつば「ちがう!! あれ、がくえんさいちがう!!」

風香「確かにウチのは文化祭だけど……」

よつば「あんなのはケーキちがう!! パン!!」

風香「そっちね。まだ言ってたの……」

よつば「こっちのケーキがほんもののがくえんさいだ!!」





77 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/01/23(土) 01:50:54.47 ID:shEyumNA0
唯「私たちは学園祭じゃなくても毎日食べられるんだよ~」

よつば「なんと!? すごいじだいになったもんだ……」

風香「うらやましいな~」

よつば「なぁ、とーちゃん。よつばらいねんからがっこうっていってたな」

とーちゃん「ああ、そうだぞ」

よつば「きめた! よつばこのがっこうにする!!」

とーちゃん「いや、無理だな……」

よつば「なんで~~~!?」

とーちゃん「まぁ、10歳で高校に編入したって話も聞いたことあるけど」

とーちゃん「よつばはもっとお姉さんになってからだな」

よつば「でも……」チラッ

梓「!?」

とーちゃん「だからあのおねーちゃんも高校生なんだって」

梓「シクシク……」

唯「よしよし」





78 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/01/23(土) 02:00:31.05 ID:shEyumNA0
よつば「いやだ!! このがっこうがいい!!」

とーちゃん「お前はケーキが食べたいだけだろ……」

紬「もしよかったら幾つか持って帰ってもらってもいいですよ」

とーちゃん「え? いや、いくらなんでもそこまでは……」

よつば「とーちゃんはおんをあだでかえすきか!!」

とーちゃん「おまえは知らない言葉を無理やり使うな」

風香「いいじゃないですか、貰って帰りましょう。こんなによつばちゃんが欲しがってるんですから」

とーちゃん「風香ちゃんも自分が食べたいだけだよね」

風香「まぁまぁ、小岩井さんもお返しにコンニャクをムギちゃんちに送ったらいいじゃないですか」

とーちゃん「なんでコンニャク?」

風香「えっ? 小岩井さんコンニャク屋さんですよね」

とーちゃん「えっ?」

風香「あれ? よつばちゃん?」

よつば「???」





79 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/01/23(土) 02:02:40.85 ID:JNX0bpoS0
おお?ここにきてとーちゃんの職が?





82 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/01/23(土) 02:08:15.57 ID:shEyumNA0
和「ちょっと! アンタ達まだこんなとこにいたの!?」

律「おお、和」

和「のんびりしてる場合じゃないわよ!!」

律「なんで? 私たちの出番ってまだ先だよね?」

和「昨日部長会議で順番変更になったって伝えてもらってたはずだけど……?」

澪「律?」

律「私がそんなものに出るわけない!!」

澪「威張るな!!」

紬「と、とにかく急ぎましょ!!」

梓「は、はいっ!!」

唯「風香ちゃん達も早く講堂に来てね!!」

風香「うん、分かった!」

和「急いで!!」

よつば「あ、さっきのメガネのねーちゃんだ」

和「あ、さっきのいたずらっ子」





84 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/01/23(土) 02:16:14.44 ID:shEyumNA0
とーちゃん「あの~、もしかしてこいつ何かやらかしましたか?」

和「いえ、ただ私の評判が少しお笑い方向に傾いたくらいの被害なので……」

とーちゃん「は、はぁ……」

唯「和ちゃん?」

和「気にしないで、こっちの話よ。それより早く行かなきゃ失格よ!!」

唯「うひゃ~!!」

さわ子「まったく……毎度毎度騒がしい子達ね……」

よつば「なーなー」

さわ子「ん?なぁに?」

よつば「おばちゃんはいかなくていいのか?」

さわ子「お、おばっ!?」

とーちゃん「なんか、ほんっとすみません……」





85 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/01/23(土) 02:21:36.89 ID:shEyumNA0
講堂

 ジャカジャカジャ~ン♪

風香「嘘っ!? 本当に演奏してる!!」

とーちゃん「へ~、うまいもんだな」

よつば「とーちゃんよつばもみたい~!!」

とーちゃん「ああ、すまん……っと、どうだ?」

よつば「ん。よくみえる」

唯「ふわふわ時間♪ ふわふわ時間♪」

よつば「あはははは!! な~」

風香「どうしたのよつばちゃん?」

とーちゃん「何か面白いこと見つけたか?」

よつば「いや、べつに」

とーちゃん「なぜ笑った!?」





87 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/01/23(土) 02:28:46.86 ID:shEyumNA0
唯「どうだった~? 嘘じゃなかったでしょ~」

風香「うん信じた! っいうか普通に感動しちゃった!!」

唯「えへへ……///」

風香「ウクレレをベースって言ってたのはふざけてただけなのね」

唯「えっ? 4本の弦のやつはベースだよね?」

風香「えっ?」

澪「ごめんね。唯っていつもこんな感じでさ……」

風香「ああ、完全に理解したわ」

律「また、よかったら来いよな!」

風香「うん、またね」





88 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/01/23(土) 02:35:55.49 ID:shEyumNA0
よつば「あずさ~、ごめんな~。よつばはどうやらかんちがいをしていたようだ」

梓「え?」

よつば「かっこよかった!!」

梓「あ、ありがとう!!」

唯「よかったね、あずにゃん!」

梓「はいっ!!」

律「おいおい、こんな小さな子に褒められたからって泣くことないだろ」

梓「なっ!? 泣いてなんかいません!!」

紬「よつばちゃん、私たちの演奏どうだった?」

よつば「うん! おきにいりです!!」





89 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/01/23(土) 02:44:00.23 ID:shEyumNA0
とーちゃん「なんか、いろいろとおよばれしちゃって……」

紬「いえ、いいんです。コンニャク楽しみに待ってます」

とーちゃん「あー。そのことなんだけど……」

よつば「とーちゃん! はやくかえらないと、ケーキがだめになる!!」

とーちゃん「お、おい! よつば!! 待てって!!」

とーちゃん(どこがどう間違って、俺はコンニャク職人になったんだ?)

梓「こんど会うときは大きくなってるからね~」

律「そりゃ無理だろ」

澪「水を差してやるなよ……」

紬「ふふっ。今日は楽しかったわ♪」

唯「よつばちゃ~ん! バイバ~イ!!」

よつば「またな!!」





91 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/01/23(土) 02:47:09.35 ID:shEyumNA0
帰り道

とーちゃん「よつば、よかったな」

よつば「なー、とーちゃん」

とーちゃん「どうした?」

よつば「よつばもゆいみたくギュイーンってしてみたい」

風香「私の、ウクレレあげるよ?」

よつば「そのきもちは、きもちわるいな」

風香「!?」

とーちゃん「せっかく風香ちゃんがくれるって言ってるんだから……」

よつば「よつばはもっとギャギャギャギャ~~ン!! ってやつがいいの!!」

風香「まだよつばちゃんには早いよ?」

とーちゃん「そうだな、もう少し大きくなったら買ってやるか」





93 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/01/23(土) 02:53:39.43 ID:shEyumNA0
よつば「でな~、よつばもあのがっこうでえんそうする!」

風香「でも、あの学校結構レベル高いと思いますよ」

とーちゃん「そうか~、じゃあがんばって勉強もしないとな」

よつば「あ~、べんきょうな~」

よつば「とーちゃんはけっこうげんじつてきだな~」

とーちゃん「お前は本当にどこで言葉を覚えてくるんだろうな」

よつば「さぁな~?」

 おしまい





94 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2010/01/23(土) 02:54:46.82 ID:21Mj5w/e0
乙ばと





96 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/01/23(土) 02:55:55.24 ID:shEyumNA0
夜遅くまでお付き合いいただきありがとうござんした



` ‐-; : : : : ; ィ/: : l: : : : イ: : //: : :/ヽ: :/
  /: ;.r' ´   !: : l: 、: / l: :./ l: : /  .V       よ
  ' ´    l: : イ: :./` l:、/ !:./    l    は  い
        l: /,l: /__レ_`_ レュ、   l    や  こ
.       /j'‐、l'´.l  l::::i_ j:::! l.   l      く   は
       l  f_j __ヽ、ゝ:::::ノ /   .l     ね
       ヽ/, -- 、ゞ, ー- ‐ '     l     ろ
          l l ◎ .} ll        l    
         ,.! ゝ....ノ ll           l.   
      /: :!     !l    , ---  l
   /: : : : '、 、__ ,.r'リ.、   { ____ )、
.    ̄/: : : :.ヽ --ィ l ` ‐ ,. _     , ゝ、
     '' ´`l: __ト===!ll` ー.、ノ   ̄ ̄ !   ソ ‐--...- '
       ィ´  l  ト、l / ヽ      ヾ:..、   \/`'
       /r' =、、!  ! .){  /、      リ::::::\
     l.f、   .l  l` 'ヽー' 、::::` ー‐‐ ' ァ、::::::ヽ
      ll ` ー- ニ ...イ/  ` ー - ‐ '´  ヽ::::::ヽ
        '、ヽ,, ___ , ァ'            ヽ::::::ヘ
       ヽ 、 _,, ィ                l::::::::ヘ






106 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/01/23(土) 12:26:11.75 ID:LQdYb2Z3P
乙ばと!







この記事をリンクする?:


[ 2010/02/13 20:00 ] クロスSS | TB(0) | CM(8) | このエントリーを含むはてなブックマーク


よつばとキャラの口調がイマイチつかめてない気がする
[ 2010/02/13 20:29 ] [ 編集 ]


よつばとのキャラは掴みづらいだろ
[ 2010/02/13 21:08 ] [ 編集 ]


なんかいいなこういうの
[ 2010/02/13 21:20 ] [ 編集 ]


俺は普通に感心したがな、キャラ作り
[ 2010/02/13 22:21 ] [ 編集 ]


あ、ウチの本棚よつばととけいおんが隣同士で並んでる・・・

しかし風香さんも相当な天然だなこうして見ると
そしてよつばとの世界だと唯はけっこう垢抜けてる印象に
茶髪だし
[ 2010/02/14 07:19 ] [ 編集 ]


>とーちゃん「まぁ、10歳で高校に編入したって話も聞いたことあるけど」

ちよちゃんのことですね。分かります
[ 2010/02/14 16:12 ] [ 編集 ]


なるほど・・・こういう組み合わせもあるのか・・・


煮込み雑炊。
[ 2010/03/21 22:58 ] [ 編集 ]


これでちよちゃんも出たら面白いなぁ。
けいおんとよつばと、なんか違和感無かった
[ 2010/06/09 02:14 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

yamisoku

Author:yamisoku
けいおん系SSばっかりです。


ひさびさに左上更新してみましたw


とはいえ特に書く事もありませんが(笑)


このブログも開設から1年以上経過するんですね…


とりあえず「けいおん!!」のアニメが終わるまでは頑張って更新し続けたいと思います
2010年7月24日


TOP絵、リンク&RSS、まとめ依頼、募集中!↓


このブログについて

アクセスランキング
お世話になっているサイト様
SS
戯言ニュース
ニュー速VIPコレクション
はみ出者が見てたm9(^Д^)
糞虫の館
エレファント速報WLVS
世界一かわいいよ!
SSちゃんねる
SS速報

VIP
犬速VIP@わんわんおwww
ぐる速
ヒロイモノ中毒
フライドチキンは空をとぶ
ねとねた
hyukkyyyが見る2ちゃんねる
なんでも(=´∇`=)ちゃんねる
あじゃじゃしたー
じー速

ニュース
世界って広くね(;゚Д゚)
未定なブログ
とりのまるやき
Hyper News 2ch
デジタルニューススレッド
仰天ニュース( ;゚Д゚)
危ないニュース<キ`Д´>
日本語でおk
アゲハント最高!!
心ニュース
痛ニュー速報!
そら速
事故物件.com

まとめ
やる夫.jp
ニュースレ倉庫
New discovery
Newgle

日記
侮ログ
幸か不幸か家族計画
笑ってほのぼのとして軽く泣けるはなし(と不思議話と怖い話)
ムズ痒いブログ
出逢い系ちゃんねる

アニメ・ゲーム
To LOVEる -とらぶる- 考察
ゲハ速
てるぽんFLASH!
萌えるニュース
も・え・つー☆
あみみ

動画
YouTubeニコニコ日和

画像
ヴィブロ
気まぐれブログ
ナナ速
クマ速報

18禁画像
zipでやるお( ^ω^)
がぞー速報
画像スレとらのあな
エロの向こうがわ
セクシーニュース24
エロ画像速報
萌画VIP
ピーチ速報
zipからきました
AV女優おっぱいこれくしょん

18禁動画
えろどうが~無料エロ動画~
有料アダルトサイト比較


アンテナサイト
ショボンあんてな(´・ω・`)
2chnavi
2chまとめ
ブーンあんてな
まとめアンティーナ
もきゆ(´ω`*)あんてな


にほんブログ村 ネットブログ 2ちゃんねるへ

相互RSSサイト様
【SS宝庫】みんなの暇つぶし
たん速
ドルジ速報
マジキチ速報
ニュース2ちゃんねる
茶速
テラワロスVIP
音楽業界を目指す学生

相互リンク申請中


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アクセスランキング ブログパーツ