闇速

けいおん!系SSを中心に、2ちゃんねるからSSスレを独断と偏見でまとめてます。
最新ニュース

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




この記事をリンクする?:


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | このエントリーを含むはてなブックマーク

唯「サイカノ」 

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/11(木) 15:44:11.71 ID:1taSmAqx0
ごめんね りっちゃん

たぶん衛星で捉えられてる

もうどこにも逃げ場所はないんだ


2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/11(木) 15:46:28.00 ID:1taSmAqx0
律「ゆいー 早くしろよー」

唯「ちょっと待ってー りっちゃん」

唯「このカバン重いんだよー」

律「まったくしょうがねぇなぁ」


一昨日から私たちは付き合うようになった
唯が私に告白してきたのだ





5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/11(木) 15:48:59.81 ID:1taSmAqx0
唯「りっちゃん、私とつきあってくれないかなぁ?」

律「は!?何言ってるんだお前は?」

唯「本気なんだよ」

律「つきあうって私たちは…」





7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/11(木) 15:53:51.43 ID:1taSmAqx0
唯「でも好きなんだもん」

律「簡単に言うなよ」

唯「私が嫌い?」

律「嫌いじゃないけど」

唯「じゃあつきあってください」

律「うーん…」





9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/11(木) 15:56:27.70 ID:1taSmAqx0
律「まぁいいけどさ」

唯「ほんと!?」

唯「バンザーイ!」

律「(でも、つきあうってどうするんだよ?)」

何気なくOKしてしまった。



澪「唯とつきあってるんだって?」

律「あぁ」





10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/11(木) 15:59:20.35 ID:1taSmAqx0
澪「優しくしてやんなよ」

律「澪が唯にそそのかしたんだろうが」

澪「かわいいし、いいじゃん」

律「そういう問題じゃねーだろ?」

律「まぁ、なんとかつきあってみるか」

律「澪も協力しろよ」

澪「自分で努力しろ!」


澪「(馬鹿律…)」





11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/11(木) 16:01:44.44 ID:1taSmAqx0
律「デートって何すればいいんだ?」

唯「こうやってブラブラしてるだけでいいよ」

律「金無いしな」

唯「りっちゃんといるだけで楽しいよ」

律「う、うん…」

唯「りっちゃん」

律「ん?」

唯「ありがとうね」





12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/11(木) 16:04:54.58 ID:1taSmAqx0
それから私たちは何度か遊びに行ったりした
少し慣れてきたような気がする
唯は相変わらずポーっとした所があってドジだ


今日学校に唯がいなかった
休みの届けも無いらしい

メールしたけど電源が切れてるみたいだ

放課後家に行ってみよう



家に行ったが誰も出て来ない
どうしようかと迷ってた時メールが来た





13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/11(木) 16:07:08.62 ID:1taSmAqx0
「公園で待ってます」

律「唯からだ…」

とにかく行ってみよう



律「ハァハァ… しんどい」

あれは唯?

律「おい、唯?」

唯「りっちゃん…」

律「どうしたんだよ、学校休んでこんな所で」





14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/11(木) 16:10:24.52 ID:1taSmAqx0
唯「りっちゃん」

唯「ごめんねりっちゃん、私こんな身体になっちゃった」

律「え?」



え…?機械?
なんだこれ
まるでロボットじゃないか
ぶよぶよしてる所もあるし

律「唯… これ、、どうしたんだよ?」

唯「ごめんね」






16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/11(木) 16:14:51.57 ID:1taSmAqx0
律「どうしたんだよ!?」

唯「ごめんね、ごめんね…」


不意に抱きしめてしまった


唯は昨日気づいたら車に乗っていたらしい
事情を説明され(唯も良く理解出来てない)
それから家まで送ってもらい数人の男に携帯電話を渡されて「では、お願いします。」と言われたそうだ


落ち着け…
とりあえず考えよう

これからの事を





17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/11(木) 16:17:41.55 ID:1taSmAqx0
次の日私たちは学校を休んで公園で話した


唯「なんだか、落ち着かないんだぁー」

唯「自分の身体じゃないみたいで」


外見は昨日と変わっていつもの唯だった


唯「あの人達、公務員みたい」

その時、唯の携帯が鳴った





18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/11(木) 16:22:15.33 ID:1taSmAqx0
唯「あ、あの人達だ… お迎えに参ります…」

数分もしないうちにおかしなナンバーの車が数台来た


男が数人出て来た
「お迎えに参りました、お乗り下さい。」

唯「り、りっちゃん…」

律「ちょっと!あんたたちなんなんですか?」

律「唯に何をしたんですか!」

「それはお答え出来ません。」

律「ふざけん」

男に取り押さえられた





19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/11(木) 16:28:18.38 ID:1taSmAqx0
唯「りっちゃん!」

唯「行きますから、りっちゃんを離して!」

律「唯!」


唯「大丈夫… 大丈夫だよ、りっちゃん」

唯「すぐ帰ってくるから、、ね 待っててね」

律「唯!馬鹿!行くな」


唯はどこか見当も付かない所へ連れて行かれた


律「ちくしょう…」





20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/11(木) 16:32:17.97 ID:1taSmAqx0
その後、何度電話しても出なかった
次の日の学校にも来ていなかった

その日はあるニュースでみんなが騒いでいた
日本に潜伏していたテロリストが70人以上変死体で見つかったらしい

その時の私はそんなニュース気にもかけなかった


澪「律、唯はどうしたんだ?」

律「分からない」

澪「分からないって、お前らつきあってんだろ?」

律「分からないんだよ!」





21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/11(木) 16:37:05.44 ID:1taSmAqx0
澪「…なんかあったのか?」

律「いや、ごめん、、大した事じゃないんだ」

澪「そうか…」


夕方新しいニュースが入ってきた
宗教団体の総本部で幹部30人が皆殺しにされた



ブーブー
メール!唯だ!

公園へ走った





22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/11(木) 16:44:05.16 ID:1taSmAqx0
律「唯!」

唯「りっちゃん!」

唯「ごめんね、連絡しなくて」

律「それよりどうしてた?何をされてたんだ?」

唯「え、んーとアルバイトみたいな感じ」

律「なんの?」

唯「ん、よくわかんないや」

唯「それよりバイト代もらったんだ~ これで何か食べに行こうよ、りっちゃん!」


なんかいつもの唯じゃないみたいだ





23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/11(木) 16:53:09.14 ID:1taSmAqx0
唯「まだやるんですか?」

「はい、しばらくお仕事をして頂きます」

唯「なんで私なんですか?」

「それはお答え出来ません」

「次のお仕事です」



「彼女の能力は既に当初の目標を遙かに超えてます、異常です」

「これ以上進化させたら危険ですよ、我々の命どころか国自体が危うくなる」

「それをなんとかするのが君の役目だろう?」

「(…俺は知らないぞ、馬鹿共が)」






25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/11(木) 16:58:46.54 ID:1taSmAqx0
毎日のように大量殺人のニュースが流れる

人間ではできない芸当らしい
人間には出来ない…

そういえば唯がだんだんと以前の唯でなくなってる気がする

人間と思えない感覚を感じる事がある
あの姿を見たんだから当たり前か

私もそこまで馬鹿ではない






27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/11(木) 17:04:38.98 ID:1taSmAqx0
唯に連絡が取れないようになった
私はどうしたらいいか分からない

そう思ってるうちに唯から連絡してきた
数日ぶりに唯と会った


唯「りっちゃん、久しぶりだね!元気にしてた?」

律「あぁ」

唯「今日は何を食べに行こうか?」

唯「お金は私に任せてね!」

律「唯」

唯「え?」

律「あのさ、唯」





28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/11(木) 17:12:37.33 ID:1taSmAqx0
律「人、沢山殺してるの唯だろ?」

唯「!」


唯「…うん」


あぁ、もう駄目だ…


律「なんでだよ…」

律「無理矢理やらされてるのか?」

唯「身体がそうなっちゃって…」





29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/11(木) 17:21:17.35 ID:1taSmAqx0
律「もうやめろ」

唯「わ、わたし…」

律「やめろって!」

唯「…やめる」

唯「けど、、あの人達がやめさせないと思う」

律「唯がやらなきゃいいだけだ」

唯「りっちゃんが、りっちゃんが殺されちゃう!」





31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/11(木) 17:30:37.52 ID:1taSmAqx0
律「何者なんだあいつら?」

唯「たぶん、、国の偉い人達の、、」

律「偉くなんかねぇだろ」


これ以上唯に人殺しなんてさせられない


律「…唯、逃げるぞ…」

唯「…捕まっちゃうよ」

律「捕まらないために逃げるんだよ!」





32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/11(木) 17:38:50.72 ID:1taSmAqx0
律「唯、金いくら持ってる?」

唯「200万円、くらい…もらった」

律「(そのくらいの金で唯に人殺させやがって)」

律「私が15万円ほど」

律「それでどっかに逃げよう」

唯「どっかって?」





33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/11(木) 17:46:53.83 ID:1taSmAqx0
律「親戚がいるような所は駄目だ」

律「行った事の無いどこか」

律「とりあえず電車で遠い所に」

唯「…」

律「唯!」

唯「う、うん 分かった…」


駄目なの りっちゃん
今だって監視されてるんだ

わたしが守るしかない





36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/11(木) 17:54:32.73 ID:1taSmAqx0
律「支度しよう、もう離れちゃ駄目だ」

律「2人でお互いの家に行こう」

私はカバンにお金と服とドラムのスティックだけ入れて家を出た
もう戻って来れないのかな…
ごめん、父さん母さん聡


律「お待たせ、行こう」



唯「ただいま…」

憂「おかえりーお姉ちゃん、ご飯もうすぐできるからね」

唯「あ、憂、、私これからまた出かけなきゃいけないんだ」

憂「え?そうなの、何時頃に帰るの?」

唯「まだちょっと分からないんだ…」





37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/11(木) 18:02:03.83 ID:1taSmAqx0


憂「そんなに荷物持ってどこ行くの?」

唯「ちょっと、、えへへ」


唯「憂、いつもご飯作ってくれてありがとうね」

憂「?」

唯「じゃあ行ってくるね」

憂「お姉ちゃん、今日帰ってくるよね…?」

唯「うん…」

唯「行ってきます」





38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/11(木) 18:08:41.47 ID:1taSmAqx0
律「じゃ行こうか」

唯「うん」

律「大丈夫だ、またいつか戻ってこれるって」

唯「うん、、そうだよね」

律「早く駅に行かないと、今日行けるだけ遠くに行くぞ」

唯「うん」

唯「りっちゃん」

律「?」

唯「こんな彼女でごめんね、迷惑かけてごめんねぇ」グスッ

律「なに言ってんだ、彼氏だったら当たり前だろ」

唯「クスッ りっちゃん彼氏なんだ」

律「はは、どう見てもそのポジションだろ」





39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/11(木) 18:14:31.91 ID:1taSmAqx0
唯「うん、そうだねぇ」グスッ

律「否定しないのかよー しょうがねぇなぁ、ほれ拭け」

唯「ありがと…」


私たちは自転車に二人乗りして一緒に駅に向かった


もうすぐ暗くなる
駅はまばらに人がいる

律「唯、ごめんちょっとトイレ」

唯「りっちゃん生理?」

律「うん、ちょっと待ってて、そこから離れるなよ」

唯「うん」





40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/11(木) 18:20:17.42 ID:1taSmAqx0

唯「1、2、…4人」

ヒュッ

男「うお!」

ズ
ズシュ

唯「2人…」


フッ

ギュッ

唯「後はあなただけ」

男「あ…」

唯「伝言、これ以上私たちを追ってきたらみんな殺します」

男「くっ…」チャッ

銃を持った腕が飛ぶ

男「ぐあ!」





42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/11(木) 18:29:10.44 ID:1taSmAqx0
唯「知ってますよね、あなたも上の人達も私を」

唯「馬鹿ですね、あなた達は殺されないとか思ってます?」

唯「消えて、もう二度とついて来ないで」



律「ゆい~!!」

唯「ハァハァ りっちゃん」

律「どこ行ってたんだよ!」

唯「ごめんねりっちゃん、これ、」

律「アイス…」

律「もう、びっくりさせんなよ!」

唯「うん、ごめんなさい」





43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/11(木) 18:34:14.15 ID:1taSmAqx0
私と唯は電車に乗り、今日行けるギリギリの所で降りる事にした

律「唯、寒くないか?」

唯「うん、大丈夫だよ」

唯「澪ちゃん達に何も言わず出ちゃったね」

律「仕方ないよ、落ち着いたら連絡しよう」

唯「そうだね」


電車に乗った途端時間が経つにつれて私の不安も大きくなっていった
逃げようと決めたもののこれからどうなるんだろう…
ただの高校生の私が唯を守れるんだろうか





44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/11(木) 18:37:55.68 ID:1taSmAqx0
律「結構田舎に来ちゃったなぁ」

唯「泊まれる所あるかな?」

律「んー普通のホテルは身分証明書とかいるだろうしなぁ」

律「あのホテルなら大丈夫かな」

唯「あのって?」

律「あー唯は知らなくていいよ」


私たちはホテルに入りお風呂に入って食事をとった





45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/11(木) 18:41:28.50 ID:1taSmAqx0
律「どこかで落ち着けてバイトでもしないとな」

律「いつまでも泊まり歩くわけにはいかないし」

唯「うん、そうだね 私なにしようかな?」

唯「うーん、思いつかないや ねぇりっちゃ…」


りっちゃんは眠っていました
今まで見てきた中で一番疲れた顔をして眠っていました

りっちゃん…





46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/11(木) 18:45:30.39 ID:1taSmAqx0
早朝から私たちはホテルを出て、さらに遠くに行くために駅に向かった

律「あんまり田舎に行っても働く所も住む所も無いだろうしなぁ」

律「少し街な所を探すかぁ」

唯「そうだね」

律「本屋探して地図見て決めようか?」

唯「うん」






48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/11(木) 18:50:25.68 ID:1taSmAqx0
律「んー、この辺店とか多いな、ここから結構離れてるし」

律「ここにするか?」

唯「うん、そうしよう」


私たちはいつまでも落ち着ける場所を探すために電車に乗った


唯「りっちゃんとこんなに遠くまで旅行するの初めてだねぇ」

律「そうだな、って旅行か…」

唯「えへへ」

唯「誰も知らない所で、りっちゃんと生きて行くんだぁ」

律「…あぁ」





49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/11(木) 18:56:34.19 ID:1taSmAqx0
目的の地に着いた、そこは都会でもなく田舎でもない
私たちにはちょうどいいくらいの街だった


律「まず探さなきゃいけないのは、住む所だな」

唯「不動産屋さんに行く?」

律「そうだな、とりあえず探して行ってみるか」


「いらっしゃいませー」

律「あの、部屋を探してるんですけど…」

「どのようなお部屋ですか?」

律「狭くてもいいんでなるべく安い所は…」





50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/11(木) 19:02:22.40 ID:1taSmAqx0
「失礼ですがご年齢は?」

律「…20です」

「身分証明証等はお持ちでしょうか?」

律「…無いんですが、お金ならありますから!」

「身分証明証が無いと…、あと保証人様はいらっしゃいますか?」

律「え?」

律「いません」

「申し訳無いのですがそれではお部屋を提供出来ません」

律「わかりました…」


唯「駄目だったね…」

律「…」





51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/11(木) 19:08:11.74 ID:1taSmAqx0
律「住む所が無いとやっていけないぞ、、」

唯「うん…」


律「…そうだ、住み込みの仕事を探すんだ!」

律「それなら一石二鳥だぞ!」

唯「高校生でもいいのかなぁ?」

律「とりあえず探して行ってみるんだよ!」


就職情報雑誌で住み込みの仕事を2件見つけた
だけど、どっちも未成年という事で断られた





52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/11(木) 19:13:18.16 ID:1taSmAqx0
律「駄目だな…」

唯「うん…」

律「ホテルじゃ金かかるしなー」

律「まいったな」

唯「りっちゃん、ごめんね、、」

律「謝るなって」

唯「うん…」

律「なんか食べるか」

唯「うん」

律「なに食おうかな」

唯「りっちゃん!」





53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/11(木) 19:17:14.15 ID:1taSmAqx0
律「え?食いたいもんあったか?」

唯「ううん、あれ見て!」

唯「部屋貸します、だって」

律「ほんとだ!」

律「しかしボロい家だなぁ、どうせまた断られるだろうし」

律「まぁ駄目元で行ってみるか」

唯「そうしよう!」


ピンポーン

出て来たのは80歳くらいに見えるお婆さんだった

「なんだい?」





55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/11(木) 19:41:48.06 ID:1taSmAqx0
律「あのー、部屋貸しますって張り紙見たんですけどー」

「借りたいのかい?」

律「はい!是非、お願いします!」

唯「お願いします!」

「いつから来る?」

律「え?」

「借りるんじゃないのかい?」

律「貸してもらえるんですか!」

「あぁ」

律「やった!ありがとうございます!」

唯「あ、ありがとうございます!!」グスッ





57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/11(木) 19:45:28.77 ID:1taSmAqx0
律「今日からお願いします!」

「急な話だね、まぁいいよ」


「あそこの離れを使いな、掃除は自分でやりなさい」

律「はい!」

律「あの…私たちの事何も聞かないんですか?」

「興味ないね、家賃は月3万、いいかい?」

律「…は、はい、ありがとうございます!」

「この部屋だよ、火事だけは起こすんじゃないよ!」

律「はい、気をつけます!」





58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/11(木) 19:51:48.92 ID:1taSmAqx0
律「やったな唯!」

唯「うん、やったね!りっちゃん!」

律「これで1つ安心だ」

唯「うん!後はお仕事だね!」

律「早めに決めないとな、金も無くなっていくばかりだし」

律「とりあえずお祝いになにか食おうぜ!」

唯「うん!」


律「あー腹へったなぁ」

唯「わたしもー」


こんなに美味しく感じた食事は初めてだった
今までは甘い生活をしていたという事に初めて気づいた





60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/11(木) 19:55:49.54 ID:1taSmAqx0
律「あー美味しかったなぁ」

唯「うん!」

律「じゃあ部屋戻ろうかぁ」

唯「…」

律「唯?」

唯「え?あ、ごめん、なに?」

律「どうした?気分悪いのか?」

唯「ううん、全然!」

律「ならいいけど」


ひとつだけ心に重い物が

家出や殺人で警察がわたしたちを追わない理由は分かる

政府

でも、あいつらが追って来ない
諦めた?

そうは思えない
なぜ?





61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/11(木) 20:00:38.94 ID:1taSmAqx0
律「今日は疲れたから掃除とか明日にしよう」

唯「そうだね」

律「明日は仕事も探さないとな」

唯「うん」

律「唯は無理しなくていいぞ」

唯「駄目だよ、わたしもお仕事しなきゃ」

律「無理するなよ」

律「今日は早めに寝るか、疲れた」

唯「うん、寝よう」






63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/11(木) 20:06:04.35 ID:1taSmAqx0
唯「りっちゃん」

律「ん?」

唯「わたしたちのお家だねぇ」

律「あぁ、私と唯の家だ」

唯「ありがとう、りっちゃん」

律「よせよ…」

唯「ふふ、おやすみ」

律「おやすみー」


唯「さ、寒いよう・・」

律「ふ、布団買ってなかったな…」





64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/11(木) 20:10:38.50 ID:1taSmAqx0
新しい生活の始まりだ

いろいろ仕事を探してみたんだけどやはり正社員になるのは私たちには無理だった
それぞれアルバイトをする事になった

唯はお弁当屋さん 
私は引っ越しの作業員、辛いけど時給が良かったからだ

お互い夜の7時位まで


律「唯ー?弁当屋どうだ?」

唯「う、うん、なんとかやってるよ」

律「(苦戦してるようだな)」

唯「りっちゃんは身体大丈夫?重労働でしょ…」

律「大丈夫だよ、ドラムで鍛えてたからな」

唯「あ、そうかー りっちゃんドラムやってたんだもんね」

唯「私はギターやってたんだったなぁ…」





65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/11(木) 20:14:30.97 ID:1taSmAqx0
律「なんだかもう懐かしいな」

唯「そんなに時間経ってないのにね…」

律「唯… 辛いか?」

唯「…」

唯「…私は辛くなんてないよ」

唯「それより私のせいで、りっちゃんに辛い生活させてるのが…」

律「私は辛くなんてないぞ?唯とこういう生活できて楽しいぞ」

唯「…私も楽しい」

唯「りっちゃんと一緒だから楽しいよ」

律「それならいいんだ」

律「それにな、唯のせいとか思ってないぞ」

律「私が好きでやってるんだ、逃げようって言ったの私だしさ」

唯「うん、、」





67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/11(木) 20:21:26.35 ID:1taSmAqx0
唯は相変わらずバイトでドジやってるらしいけど前よりはマシになったみたいだ
私も少し慣れてきた、最初の頃はすぐヘバって怒られてたのに

自炊するようになり少しだけど貯金できるようになった
家賃が安いおかげだ、おばあちゃんに感謝しないと



唯「ありがとうございましたー」

「唯ちゃん、ちょっとこっち手伝ってくれる?」

唯「はーい」

唯「!」

唯「あっ」クラッ

その場にしゃがみこんでしまった





68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/11(木) 20:26:39.19 ID:1taSmAqx0
「どうしたの!?唯ちゃん!」

唯「あ、だ、大丈夫です」

唯「ちょっと風邪ひいたのかもー」

「大丈夫なの?気をつけてね」

唯「はい、すみませーん」

唯「…」




律「ただいまー」

律「唯ー?」

律「どうしたんだ、唯?」

唯「あ、おかえりー りっちゃん、少し疲れただけ、布団上げるね」

律「体調悪いのか?」

唯「ううん」





70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/11(木) 20:34:25.72 ID:1taSmAqx0
律「唯!」

律「正直に言え、唯」

唯「なんでもないよー疲れちゃっただけ」

律「今から病院、」

律「(駄目だ、唯の身体見せたら大騒ぎになってしまう)」

律「あいつらの仕業か?」

唯「なんでもないよ」

律「そんなわけな・」

唯「なんでもないんだってば!!」

律「唯…」

律「なんでもないわけないだろ!」

唯「もういい!りっちゃんなんて嫌い!!」ガタッ

律「どこ行くんだよ!唯、おい!」





71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/11(木) 20:48:43.65 ID:1taSmAqx0
辺りを探したけどいない、普通の人間の私と違って走るのが速いんだあいつ
もう日が沈む頃だ


どこだ?弁当屋にもどこにもいない
あ…




唯「…」グスッ

唯「(りっちゃん…)」


律「ゆい」

唯「…りっちゃん」

やっぱりここにいた、あの家に住んで間もない時に偶然見つけた川の畔

静かで人けもあまり無い
唯がここの景色が好きだと言った川の畔





72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/11(木) 21:01:24.57 ID:1taSmAqx0
唯「りっちゃん、ごめん…」

律「いいよ」

唯「りっちゃんは私の事心配してくれたのに」

唯「私怖いんだ、、自分の身体がどうなっちゃうのか…」

唯「怖いよお、、りっちゃん…」

唯「怖いよぉお!」

律「唯、大丈夫だ唯!」

律「唯がどんな身体になろうが私がそばにいる」

唯「りっちゃん…」グスッ

唯「りっちゃんを傷つけちゃったら嫌だよお!」

律「それでもそばにいるから!!」






74 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/11(木) 21:07:17.27 ID:1taSmAqx0
唯「りっちゃん」

律「私がいるからさ…」

唯「ごめんね」

唯「ごめんね、りっちゃん、嫌いなんて言って…」

律「気にするなよ、本気じゃないだろ~」

唯「…エヘヘ」グスッ


こんなに小さく頼りない
いつどうなるか分からないふたりだけど

これが幸せなのかどうか分からないけれど
それでも一緒に生きて行くと決めた





75 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/11(木) 21:12:26.84 ID:1taSmAqx0
この町へ来て初めてイブの日に雪を見た


律「ただいまー」

唯「おかえりなさい!」

律「これ」

唯「なにー?」

唯「わ!ケーキだ、クリスマスケーキだー!」

律「へへ、買っちゃった」

律「あとこれも」


唯「ネックレス …綺麗、、高かったんじゃないの…?」

律「クリスマスくらいいいだろう」

唯「…ありがとうりっちゃん!」

唯「綺麗だなぁ・・」





77 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/11(木) 21:19:33.43 ID:1taSmAqx0
唯「あ、私も!」


律「指輪、この絵、、豚か?」

唯「犬だよー!」

律「あ、あぁ、そうだな!ありがとな!」

唯「うん!」

律「他にも食べる物買ってきたからさ、食っちゃおうぜ!」

唯「わー ありがとう、りっちゃん!」


りっちゃんがいつもどこか不安を感じてるのは鈍いわたしでも分かっています
それでも毎日明るく振舞ってくれる

でも今のわたしはそれに気づいてない振りしかできません
ごめんなさい りっちゃん





78 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/11(木) 21:23:44.50 ID:1taSmAqx0
最近わたしの体調に異変は無くて
ふたりの生活も少し落ち着いてきた頃でした


「あんたに電話だよ」

唯「あ、ありがとうございますーおばあちゃん」

唯「もしもし」

唯「……」


りっちゃんが仕事中に倒れた

病院に運ばれた

頭に冷たい物が走った
震えが呼吸が荒くなる

唯「今から行きます…」


嘘だよ、りっちゃんが…





80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/11(木) 21:30:20.90 ID:1taSmAqx0
タクシーに乗った事だけは
病院まで何を考えていたのかは覚えていない


唯「田井中、田井中律はどこでしょうか!?」

「こちらへ」



「今、眠られています」

唯「それで、なんの病気なんでしょうか!?」

「病気と言うより、過労に近い状態ですね」

「肉体的に疲れ切ってるようです、ストレスも多かったんじゃないでしょうか」

「そういう兆しに心当たり無いですか?」

唯「…はい、あります、、」

「衰弱はしていますが、明後日には退院出来るでしょう、とにかく今は自宅に帰っても休養なさる事です」

唯「はい… 分かりました…」





81 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/11(木) 21:36:51.36 ID:1taSmAqx0
唯「りっちゃん…」

唯「…」

律「ぅ・・ゆ、い?」

唯「りっちゃん!」

律「ごめんなぁ・・ 私、寝ちゃったみたいだ」

唯「ご、ごめんなさい!ごめんなさいぃー!」グスグス

律「なんで唯が、、謝るんだ、、」

唯「わたしのせいだ!りっちゃんを苦しめたのは全部わたしのせいだ!」

律「馬鹿な事言うなよ、、」

律「前にも言ったろ、、私が始めた事だ、、唯が悪いんじゃない…」





82 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/11(木) 21:42:24.03 ID:1taSmAqx0
唯「りっちゃん、りっちゃ、、ん」グス

唯「わたし自分の事ばかりで… りっちゃんの身体の事や苦しみも考えてなかった…」

律「ちょっとだけ疲れただけだって、、心配ないよ」

唯「ごめんなさい、ごめ…」グスッ

律「ハハ、唯はいつも謝ってばかりだなぁ…」



わたしが一番恐れてて考えないようにしていた事がいきなり伸し掛かってくる
この世で一番大切な人を失う事

りっちゃんを失う事
考えただけで手が震える、嗚咽が漏れる





83 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/11(木) 21:48:48.69 ID:1taSmAqx0
わたしはしばらくお休みをもらってりっちゃんの看病をする事に決めました


律「ごめんな唯… 入院とかでお金かかったろう?保険証も無いし…」

律「私も仕事休んでるし、唯まで…」

唯「そんなこと気にしないでいいの!」

唯「貯金まだまだ残ってるんだから大丈夫だよ!」

律「情けないなぁ…」

唯「りっちゃんはずっと頑張りすぎだよ、たまには休まないと、、いけなかったんだ…」


一週間ほど休養して大分回復してきた
りっちゃんはもう仕事に行こうとしたけど、なんとか説得してあと一週間休んでもらった


ふたり共仕事に復帰したけど、これからはりっちゃんの状態に注意しなきゃ
できればもっと楽なお仕事に変わってもらいたい





84 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/11(木) 21:56:36.00 ID:1taSmAqx0
律「唯が家事をするようになるなんてなー」

律「バンドしてた頃じゃ考えられないなぁ」

唯「わたしだってやればできるんだよー」

唯は料理も掃除も洗濯もマメにこなす
私もよく手伝うんだけど唯の方が上達してしまった




唯「りっちゃん!この服りっちゃんに似合いそうだよ!」

律「えー ちょっとヒラヒラし過ぎじゃないか?」

唯「たまにはりっちゃんもこういう服着ないとさー」

律「私服でスカートって嫌いなんだよなー」





85 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/11(木) 22:00:28.43 ID:1taSmAqx0
唯「なんでさぁー?」

律「嫌だったら嫌なんだよ」

唯「ブー」

律「すねるなよ、じゃあ唯が着たいの買っていいからさ」

唯「ほんと!?」

律「うん」

唯「ありがと!りっちゃん!」


あの日、電車に乗った時はこういう生活ができるなんて考えられなかった

ささやかな生活
あまり変化のない毎日だけど
私たちは一生懸命生きている

それだけでよかったんだ





87 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/11(木) 22:05:29.59 ID:1taSmAqx0
唯「りっちゃん、今日は外食しない?」

律「うん、たまにはいいなぁ」



唯「美味しいねーりっちゃん」

律「うまいなー」

律「唯」

唯「え?」

律「来週ふたり共休みの日があるだろ」

律「海でも見に行かないか?」

律「寒いだろうけど、みんなで行った時の事思い出してさ…」

唯「えー!行きたあい!」

律「長い事ろくに遊びにも行ってないしさ」

唯「うんうん、行こう行こうよりっちゃん!」





89 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/11(木) 22:12:33.34 ID:1taSmAqx0
律「決まりな」

唯「うれしいなぁ」

律「いろいろ買って行こうな」

唯「うん!」

あぁ、唯のこの笑顔を見たのは学校へ行っていた時以来だ


私たちはその日を楽しみに仕事に励んだ
唯はもういっぱいお菓子やなんかを買い込んでいた

「あんた最近気げんがいいねぇ」

唯「おばあちゃん!私たち来週海に行くんだぁ~」

こんなに、はしゃぐ唯も久しぶりだ





90 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/11(木) 22:17:33.19 ID:1taSmAqx0

唯「あ、りっちゃん!帰り?」

律「うん」

唯「私もー」

律「今日は早く終ってさ」

律「久しぶりにあの川に散歩しにいくか?」

唯「うん!」



唯「りっちゃん、ここに初めて来た時覚えてる?」

律「あぁ、まだ仕事見つかって無くて暗かったな~」

唯「あはは、そうだったねー」

唯「でも私はその時、りっちゃんとの生活が始まるんだなぁって」

唯「不安も少しはあったけど、それ以上に楽しい気分になって、この川がすっごく綺麗に見えたんだぁ」

律「そうか…」





91 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/11(木) 22:20:39.02 ID:1taSmAqx0
律「もうなんとかやっていけてるよなぁ~私ら」

唯「うん!」

唯「楽しいよ」

唯「りっちゃんと一緒で」

唯「りっちゃん、本当に・・」


唯「       」


唯「あぁ…」


唯「来ちゃった…」





93 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/11(木) 22:24:59.35 ID:1taSmAqx0
唯「りっちゃん!!!!!」

唯「土手の下に隠れてぇー!!!早く!!」ザッ

律「!」


パパパパン


来た・・ 
  とうとう…
数が多い 
  何人?
やらなきゃ
  
 りっちゃんを守るんだ

律「なに…あれ… 自衛隊…?」





94 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/11(木) 22:29:21.64 ID:1taSmAqx0
唯「りっちゃん!!そこから絶対動かないで!!!」

唯「絶対出て来ちゃ駄目だよ!!!」

律「唯!!」


唯は何台も車を止めた軍服みたいな服を着た集団に向かって行った
向こうは銃を撃ってくる

それだけでも充分に足が震える位の衝撃だけど


唯だ… 唯のあんな目や姿を初めて見た…

相手の首や手足を切断しながら飛ぶようにして駆けている

辺りは叫び声と共に真っ赤に染まっていく


私は震えと吐き気が止まらなかった





96 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/11(木) 22:35:31.24 ID:1taSmAqx0
唯「邪魔しないで!」

「ぐぉ!」

唯「わたしたちの邪魔しないで!!」

ドシュ

唯「来るなって言ったのに」

唯「なんで来るの!!」

グシュ


あんなにいた男達がみんな欠片になっていく
もう残りは数人しかいなくなった


唯「わたしとりっちゃんの邪魔するならみんな殺してやる!」

「こ、降参だやめ・」ビシュ

唯「あんた達の上の奴らもみんな殺してやる!」



唯「!」





97 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/11(木) 22:41:39.17 ID:1taSmAqx0
え? めまい…


また
 身体が動か  
    これを待ってたのか…
 
  足が
あ、、倒れる、、
 
     りっちゃ・・


律「唯ぃー!」


唯「り、りっちゃん、、来ちゃだ、、」


震えで足がもつれる
でも行かなきゃ…


律「唯!」


りっちゃん…





98 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/11(木) 22:44:28.98 ID:1taSmAqx0
律「唯!ゆいぃ!?」

唯「りっちゃ、うごけない、、の」

隊員「おい!お前!動くな」

唯「りっちゃん、、逃げ、て、」

隊員2「そいつも連れて行こう」

隊員「倒れてる方を・・」


パ パン


唯「りっ、ちゃん…」





100 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/11(木) 22:48:49.17 ID:1taSmAqx0

パンパンパンパンパン! カチッ! カチッ! カチッ!

・・ガチャッ


律「あああ… や、やっちゃったよぉお」ガクガク

律「ゆ、唯ぃ こ、これで邪魔する奴はいなくなったぞ」

律「に、逃げよう、どれか動かせるだろ、ハハ…」

唯「りっちゃん…」


私は唯を車に乗せた
バイトの先輩の見様見真似で、このバーを動かし
アクセルとブレーキ位しか分からないけど夢中で走らせた

頭が真っ白だ、いや考えろ
とにかく逃げなきゃ

あの騒ぎだ
パトカーにでも止められたら終わりだ





101 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/11(木) 22:54:30.44 ID:1taSmAqx0
どこを走ってるのか分からない

唯の顔色が悪い

とにかく隠れる所を…

周りが全て敵に見える


1時間ほど走ったか
もうさっぱりだ
町外れのホテルにでも行くしかない

私は必死で泊まれる所を探した


なんとか唯をおぶってホテルの部屋に入った
自分の身体の小ささが恨めしい





102 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/11(木) 22:58:16.46 ID:1taSmAqx0
律「唯…気分はどうだ?」

唯「あぁ、りっちゃん、、ごめんねぇ・・」

律「やったぞ唯!逃げられた!ハハハ」

唯「うん、、りっちゃんすごいや」


律「動けるか?」

唯「うん、、少し、楽になった…」

律「良かった、唯が死んじゃうのかと思ったよ…」

唯「わたしは大丈夫だよ…」

唯「ありがとう、りっちゃん…」

律「少し寝た方がいいぞ」

唯「うん・・」





103 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/11(木) 23:02:27.30 ID:1taSmAqx0
唯「…りっちゃん」

律「ん?」

唯「わたしたちもうなにもいらないよね」

律「…」

律「あ、あぁ…」グスッ

律「いらないぞ、いらない、、」

唯「しあわせだね しあわせだねぇ」

律「うん、うん幸せだ、、幸せだ、、よ」



わたしとりっちゃんは手を握ったまま眠りました



りっちゃんは初めてわたしの前で泣きました
ずっと我慢してたんだね… ごめんね…





104 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/11(木) 23:04:45.92 ID:1taSmAqx0

りっちゃん ごめんなさい
わたしのせいでこんな酷い目に合わせちゃったね


言わなければ良かった?

「りっちゃん、私とつきあってくれないかなぁ?」

「でも好きなんだもん」

「じゃあつきあってください」





107 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/11(木) 23:12:41.18 ID:1taSmAqx0
ふたりとも少し寝坊をしてしまいました
昼前にここを出ました


唯「おばあちゃんに悪い事しちゃったね…」

律「そうだな…」

律「いつか謝りに行こう」

唯「うん、、」


唯「りっちゃん、運転上手くなったね」

律「あぁ、必死だったからなぁー」

唯「これでどこでも行けるね」

律「おう、行けるぞ~」

律「唯」

唯「うん?」






109 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/11(木) 23:17:17.11 ID:1taSmAqx0
律「またどこかで部屋借りて一緒に暮らそうぜ」

唯「…うん!」

唯「おばあちゃんみたいな人がいればいいね」

律「そうだなぁ」

律「部屋見つけてバイトして」

律「18になったらちゃんとした仕事するんだ」

唯「わ、わたしも頑張るよ!ドジしないように」





110 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/11(木) 23:20:22.66 ID:1taSmAqx0
律「頑張るぞー!」

律「家建てるからな!家!」

唯「りっちゃんカッコイイ!!」

律「まかせとけーい!」

唯「あはは」


あの頃のりっちゃんだ
いつも元気いっぱいだったりっちゃんだ





111 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/11(木) 23:25:51.74 ID:1taSmAqx0
律「あのな、唯が最初私とつきあいたいって言った時は正直困ったんだ」

律「どうすればいいんだろうって」

律「でも今は言ってもらえてよかったと思ってるよ」

唯「…」

律「あ、コンビニだ」

律「寄るな」

唯「うん」


律「よっと、ちょっと待っててな」バタッ

唯「…うん」

律「唯と会えてよかった」


パシュッ


・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・





113 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/11(木) 23:30:09.58 ID:1taSmAqx0
りっちゃん…

りっちゃんどうしたの?

頭から血が出てるよ?

りっちゃん?

まかせとけって言ったでしょ

へんじして?



りっちゃんのカチューシャが割れちゃった

わたしがあげた指輪 今もしてくれてるんだね





115 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/11(木) 23:34:54.40 ID:1taSmAqx0
りっちゃんを抱きしめた

わたしの視界が真っ赤になりました

わたしの周りの物は全て燃えました

わたしの周りの全ては真っ黒になりました

灰になりました


残ってるのはりっちゃんだけ


さっきまで恋しあってた

冷たくなった りっちゃんだけ





117 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/11(木) 23:37:34.28 ID:1taSmAqx0
りっちゃん

もうこれで誰にも邪魔されないよ
逃げなくていいんだよ

ありがとう りっちゃん
りっちゃんのおかげだよ?


りっちゃんは髪を下ろしてもかっこいいね

わたしすこし眠くなっちゃった…

目が覚めたら楽しみにしていた海に行こうね

りっちゃんの声が聞こえる

おやすみ りっちゃん


「ゆいー 早くしろよー」

「ちょっと待ってー りっちゃん」

「このカバン重いんだよー」

「まったくしょうがねぇなぁ」


終わり






121 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/11(木) 23:39:49.84 ID:1taSmAqx0
ラストは変えようと思ったけど他に考えつきませんでした
見た事ある人ごめん
支援してくれた人ありがとう





118 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/11(木) 23:38:08.50 ID:/PUe+Cl40
ぅぁぁぁああああああ







この記事をリンクする?:


[ 2010/03/18 12:00 ] けいおん!SS | TB(0) | CM(5) | このエントリーを含むはてなブックマーク


うあぁ…
[ 2010/03/18 16:58 ] [ 編集 ]


「わたしがあげた指輪 今もしてくれてるんだね」のところがかなりきた

サイカノもエロより百合を持ち込んだほうがより切迫感が出て良かったのかもなあ
[ 2010/03/19 09:17 ] [ 編集 ]


うぁぁあああああ!!!!!(´;ω;`)
[ 2010/03/31 14:12 ] [ 編集 ]


このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2013/04/24 14:47 ] [ 編集 ]


このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2016/02/06 01:15 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

yamisoku

Author:yamisoku
けいおん系SSばっかりです。


ひさびさに左上更新してみましたw


とはいえ特に書く事もありませんが(笑)


このブログも開設から1年以上経過するんですね…


とりあえず「けいおん!!」のアニメが終わるまでは頑張って更新し続けたいと思います
2010年7月24日


TOP絵、リンク&RSS、まとめ依頼、募集中!↓


このブログについて

アクセスランキング
お世話になっているサイト様
SS
戯言ニュース
ニュー速VIPコレクション
はみ出者が見てたm9(^Д^)
糞虫の館
エレファント速報WLVS
世界一かわいいよ!
SSちゃんねる
SS速報

VIP
犬速VIP@わんわんおwww
ぐる速
ヒロイモノ中毒
フライドチキンは空をとぶ
ねとねた
hyukkyyyが見る2ちゃんねる
なんでも(=´∇`=)ちゃんねる
あじゃじゃしたー
じー速

ニュース
世界って広くね(;゚Д゚)
未定なブログ
とりのまるやき
Hyper News 2ch
デジタルニューススレッド
仰天ニュース( ;゚Д゚)
危ないニュース<キ`Д´>
日本語でおk
アゲハント最高!!
心ニュース
痛ニュー速報!
そら速
事故物件.com

まとめ
やる夫.jp
ニュースレ倉庫
New discovery
Newgle

日記
侮ログ
幸か不幸か家族計画
笑ってほのぼのとして軽く泣けるはなし(と不思議話と怖い話)
ムズ痒いブログ
出逢い系ちゃんねる

アニメ・ゲーム
To LOVEる -とらぶる- 考察
ゲハ速
てるぽんFLASH!
萌えるニュース
も・え・つー☆
あみみ

動画
YouTubeニコニコ日和

画像
ヴィブロ
気まぐれブログ
ナナ速
クマ速報

18禁画像
zipでやるお( ^ω^)
がぞー速報
画像スレとらのあな
エロの向こうがわ
セクシーニュース24
エロ画像速報
萌画VIP
ピーチ速報
zipからきました
AV女優おっぱいこれくしょん

18禁動画
えろどうが~無料エロ動画~
有料アダルトサイト比較


アンテナサイト
ショボンあんてな(´・ω・`)
2chnavi
2chまとめ
ブーンあんてな
まとめアンティーナ
もきゆ(´ω`*)あんてな


にほんブログ村 ネットブログ 2ちゃんねるへ

相互RSSサイト様
【SS宝庫】みんなの暇つぶし
たん速
ドルジ速報
マジキチ速報
ニュース2ちゃんねる
茶速
テラワロスVIP
音楽業界を目指す学生

相互リンク申請中


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アクセスランキング ブログパーツ