闇速

けいおん!系SSを中心に、2ちゃんねるからSSスレを独断と偏見でまとめてます。
最新ニュース

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




この記事をリンクする?:


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | このエントリーを含むはてなブックマーク

唯「おーい、澪ちゃ~ん」桂「澪じゃない!」 

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/10(水) 19:42:17.11 ID:hTcatJvj0
桂「サンタクロースだよ(桂裏声)」



2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/10(水) 19:42:36.74 ID:4QMxTemU0
つまんね





3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/10(水) 19:46:07.71 ID:hTcatJvj0
唯「おーい澪ちゃ~ん」

桂(高校の音楽の教科書はなぜ裏に鍵盤の絵がないのだろう?)

唯「おーい」

桂(おしりを出した子一等賞って言うけどただの変態だよね。努力賞がふさわしいのでは?)

唯「澪ちゃーん」

桂(一輪車で日本二周、というのも面白いかもしれない)

唯「わっ!!」

桂「うお!」





4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/10(水) 19:49:11.62 ID:hTcatJvj0
唯「もー、無視しないでよ」

桂「なんだお主は?その制服…いわゆる地味かわいいと言うやつか?」

唯「あれ?澪ちゃんじゃないの?」

桂「澪ちゃんじゃない桂だ」

唯「え?お兄さんカツラなの?」

桂「カツラじゃない、桂だ」

唯「え?」

桂「む?」





9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/10(水) 19:54:27.74 ID:hTcatJvj0
五分後

唯「そっかぁ~。お兄さん桂さんって言うんだ」

桂「やっと分かってもらえたか、平沢殿は天然だな。あっはっはっは!」

唯「うーん、私あんまり天然って言われたことないけどなー」

桂「平沢殿の友達も天然なのだろう。天然同士だから気付かなかったのではないか?」

唯「ムギちゃんや澪ちゃんが天然…おお、そうかも!桂さんって頭いいね~」

桂「それほどでもないさ、ハッハッハー!」

唯「はっはっはー!」






10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/10(水) 19:56:10.53 ID:hTcatJvj0
桂「ところでその背中に背負ってる物はなんだ?」

唯「これ?ギターだよ、私軽音部なんだ!」

桂「軽音部…すると平沢殿は楽器を演奏できるのか?」

唯「そうだよ。私はギター担当でね、りっちゃんて子がドラムで澪ちゃんて子がベース、
そんでムギちゃんて子がキーボード担当なんだ!」

桂「ふむ…(鍵盤について考えている時に軽音部の女子に会うとは…これも何かの縁か)」

唯「ギターの名前はギー太っていうんだ!かっこいいでしょう?」

桂「素晴らしいセンスだ!持ち主の度量が伺える…」

唯「えっへん!」フンス






11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/10(水) 19:57:40.78 ID:hTcatJvj0
桂「ところで先ほど話に出た澪ちゃんというのは…」

唯「そうそう、ベースの子なんだけど桂さんと後ろ姿がそっくりだったんだ」

桂「ほう…」

唯「あ、そうだ。桂さんも今から軽音部に来ない?おもてなしするよー」

桂「むぅ…しかし俺みたいな部外者が立ち寄ってもいいのか?」

唯「別に平気だよ!澪ちゃんも紹介するし」





12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/10(水) 20:05:36.74 ID:hTcatJvj0
おんがくしつ!
ガチャ
唯「たっだいまー!」

律「おう!遅かったな唯」

唯「ごめんねー。次からは忘れないようにするよ」

桂「一体なにを忘れていたのだ?」バタン

唯「ギー太を忘れてました!朝練習してたら学校に持っていくの忘れちゃって」テヘヘ

桂「おお!平沢殿は練習熱心なのだな、ご褒美にんまい棒をあげよう」

唯「やったー!」

律「いや、その人誰?」





13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/10(水) 20:10:17.41 ID:hTcatJvj0
唯「紹介します!さっき道端で出会った桂さんです!」

律(あ、結構カッコいい…)

桂「桂小太郎です。身長175cm、右投げ、左うちわ、夢は日本の夜明けを見ることです」

律「あ、どうも。軽音部部長の田井中律です・・・ってそうじゃなくて・・・!」

唯「ねぇねぇりっちゃん、桂さんて澪ちゃんに似てない?」

律「う~ん、そこまで似てないだろ?面影があるってくらいで…
っていうかお前そんな事聞くために部外者つれて来たの?」

唯「やっぱりダメだった?澪ちゃんに会わせたら面白いかなぁ~って」

律「会わせるだけならいいだろうけど、わざわざ女子高に男子入れたらやばくね?」

唯「そうかな~?」

桂(なにやら居ずらい雰囲気になってきたぞ)

ガチャ





16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/10(水) 20:12:58.90 ID:hTcatJvj0
澪「おまたせー」

紬「ごめんね遅くなって」バタン

唯「ムギちゃん澪ちゃんおーっす!」

紬「ふふ、おーっす!」

澪「唯のほうが早かったか…ってその人は?」

桂「む!この女…」





18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/10(水) 20:17:17.15 ID:hTcatJvj0
~ティータイム~

唯「――――でね、澪ちゃんと間違えて声かけてそのまま連れてきたんだ~」

紬「あらあら。せっかくだからこのお菓子もどうぞ。えーと…」

桂「あ、桂小太郎です。好物はそばです」

律「なんで好物言った?そば出せってか?そば出せってか?」

紬「私、琴吹紬と申します。よろしくお願いしますね、桂さん」ニコッ

桂「こちらこそ」モグモグ

律「結局食ってるし…」

澪「…」チラッ

桂「…」モグモグ

澪(…か、かっこいい…)





19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/10(水) 20:21:46.12 ID:hTcatJvj0
唯「で、ムギちゃんはどう思う?桂さんと澪ちゃんが似てるかどうか」

澪「…」チラッ

桂「…」ズスーッ

紬「う~んそうねぇ…」

律(これって本人たちの目の前でするには結構失礼な会話のような…)

澪「…(///)」モジモジ

紬「似てるとは思うけど、桂さんは学ランだからすぐ見分けられるわ」

唯「なるほど!ムギちゃんすっごーい!!」

律(そこ気付いてなかったのかよ!)

桂「…」モグモク

澪「…」チラッ

桂「…」イラッ☆





21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/10(水) 20:29:05.17 ID:hTcatJvj0
桂「…(なんなんだあの女は。さっきからチラッチラと…
俺が貴様の菓子を欲しがるとでも思っているのか?)」モグモグ

澪「…(///)」チラッ

唯「そういえば桂さんてどこの学校?」

桂「…(こっちのお菓子はうーまいぞと言わんばかりに見つめてくるな…
いやしかし俺の菓子もかなりの絶品…)」モグモグ

唯「お~い、桂さぁーん」

桂「…!(そうか、俺の菓子が欲しいのだな。あれ?でも菓子一緒じゃね?)」モグ

唯「桂さんっ!!」

桂「!」ムグッ





22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/10(水) 20:33:47.42 ID:hTcatJvj0
桂「ゴホッゲホッオッホッ!」

唯「ご、ごめんね桂さん、食べてる時に…」サスリサスリ

桂「いや、こちらこそすまん平沢殿。ちょっと『菓子オペアの丘で』の
展開を考えるのに夢中になってしまった」

律「なんで今小説の展開考えてんだ?」

唯「で、桂さんはどこの高校なの?」

澪「…」ドキドキ

桂「そういえば言い忘れていたな。銀魂高校、一年Z組だ」

律「おお、ウチから凄い近いな」

澪(ち、近い…やった!)

紬「それに一年ってことは、私たちと同い年…」

澪(あれ、なにがやったんだ…?)

唯「そっか、同い年だね!じゃあコタロー君て呼ぶね」

澪「な!」





25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/10(水) 20:48:18.67 ID:hTcatJvj0
唯「私のことも唯って呼んでくれていいよー」

桂「アッハッハ!唯殿は優しいのだな。俺も嬉しいぞ」

唯「ほめたってなにもでないよ~」エヘヘ

律「優しいっつーか馴れ馴れしいような…まあいいや!
この際だから私も律でいいよ。よろしくなっ!コタロー」

桂「改めてよろしくな、律殿」

紬「そ、その…もしよかったらムギと呼んでください(///)」

桂「お茶もお菓子も絶品だったぞ、ありがとうムギ殿」

紬「は、はいっ!」ニコリ

澪(皆がうらやましぃーっ!)

律「…」





26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/10(水) 20:49:22.61 ID:hTcatJvj0
律「ほらっ、澪も!」ドン

澪「わっ」

桂「むっ…」

澪「あ…」

桂「…」

澪(この人…)

桂(この女…)

澪(間近でみるとさらにかっこいい…!)

桂(間違いない…俺とキャラが被る!)






28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/10(水) 20:52:17.40 ID:hTcatJvj0
澪(サラサラで艶のあるキレイな黒髪…)

桂(一度は周囲からうざったいと言われたであろうアジアンビューティーな長髪…)

澪(揺らぐことない意思をそのまま秘めたかのようなまっすぐな瞳…)

桂(堅物キャラを象徴するかのような真面目くさった眼つき…)

澪(クールにみえながらも、胸のうちにある思いを体全体で表現する仕草…)

桂(ヅラ子になった時、パッド入れた俺の胸と同じくらい大きいバスト…)

澪(どうしよう…好きになりそう!)

桂(これ以上俺と被るキャラが出るのはまずい…さっさと消えてもらわねば!)





30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/10(水) 20:54:51.79 ID:hTcatJvj0
律「二人そろってなにぼーっとしてんだよ!」

澪「え…は!ぼ、ぼーっとなんてしてない!」

律「嘘つけぇ。コタローのことずっと見つめてたくせに」ニヒヒ

澪「なっ!?」

唯「え~、澪ちゃんもしかして・・・」ニヤニヤ

紬「まあ…」

澪「ちち、違うっ、そんなんじゃないからっ(///)」

桂「お、そうだ忘れるところだった」ガサゴソ

唯澪律紬「?」





32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/10(水) 21:05:36.15 ID:hTcatJvj0
桂「これ、お近づきのしるしに皆で食べてくれ。んまい棒だ」

律「いや、なんでんまい棒?嬉しいけどさ」

澪(しかも私の好きなチョコパフェ味ばかり…)

桂「実は今日、死んだ魚のような目をした銀髪の悪魔の元から救い出してきたのだ」

律「どんな悪魔だよ一体・・・っていうかそれ泥棒じゃね?」

桂「泥棒じゃない桂だ。それに向こうだって、盗まれて当然のことを俺にしでかしたのだ」

律「いやそれ泥棒じゃん。何されたのそいつに?」

桂「再三の忠告と警告にもかかわらず、忌まわしきあだ名で俺を呼び続けるのだ」

紬「なんて呼ばれているの?」

桂「ヅ…」

唯「ヅ…?」

桂「…ウイルス・ミスと呼ばれている」

律「嘘だろそれ。全く似てないもんお前とウイルス・ミス」





33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/10(水) 21:05:54.00 ID:ZGPcUyE50
中に誰もいないことを確認した方の桂さんかと思った結果がこれだった





35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/10(水) 21:19:00.87 ID:hTcatJvj0
>>34
はやて「ありがとうな(はーと)」

桂「実は担任から、ヅラという不名誉な名で呼ばれている」

律「担任からんまい棒盗んできたのかよ。っていうかヅラなの?」

桂「ヅラじゃない地毛だ。その名で呼ぶのは止めてくれ、まだバリバリ現役だから」

唯「コタロー君はコタロー君だよぉ」

桂「冗談でもありがたい」

紬「あらあら、冗談じゃないわよ」ニコ

桂「さらにありがたい!」

律「私はどーしよっかなー?な、ヅ・ラ!」

桂「ヅラじゃない桂だ」

澪「わ、私も…」

桂「ん?」





36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/10(水) 21:20:47.92 ID:hTcatJvj0
澪「その…み、澪って呼んでください…小太郎くん…(///)」

桂「…分かった、よろしくな澪殿」

澪「は、はいっ!」ニコッ

桂(む…)

律(人見知りの澪が自分から…こりゃ本当に…)

桂(笑顔がチャーミングなのも俺と同じ…やはりキャラが被る・・・)

唯「ところでこれどうしよっか?」モグモグ

律「ってもう食ってるし!」





38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/10(水) 21:22:13.79 ID:hTcatJvj0
紬「初めて見るお菓子だわ」キラキラ

律(普段ムギが持ってきてくれるお菓子の、何十分の一くらいの値段で買えるよ)

澪「良いんじゃないか?最悪買って返せばいいし(せっかく小太郎くんがくれたんだし)」

律「うーん、まいっか」





40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/10(水) 21:30:16.73 ID:hTcatJvj0
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

唯「あー食った食ったぁ」

紬「おいしかったわ小太郎くん、ごちそうさま」

桂「お口にあってなによりだ」

律「んまい棒って意外とおなかいっぱいになるよな」

澪「その前にムギのお菓子も食べてたしな」

桂「ところで先程から気になっていたのだが…」

唯澪律紬「?」

桂「練習はしなくてよいのか?」

唯澪律紬「あ…!」





44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/10(水) 21:46:50.38 ID:hTcatJvj0
澪「忘れてた…学園祭も近いのに」

律「あ、そういえば会議どうだった?」

紬「私たちの出番は、合唱部の次になったわ。」

澪「時間は一曲分な。律の方は講堂の使用届け書けたのか?」

律「バッチリだぜ!いつ和が来ても大丈・・・あぁーー!!」

唯「わ!?どしたのりっちゃん?」

律「そうだ、このあと和が来るんだった…」

唯「それがどうかしたの?」

澪「そうか、校内に部外者入れたって知られたら問題になるな」

唯「あ・・・」

澪「最悪部活動停止なんてことにも…」

紬「学園祭にも出られなくなるの?」

律「やばいぞ…とりあえず和が来る前にヅラをどっかに隠そう」

桂「ヅラじゃない桂だ」
ガチャ
唯澪律紬「!」





46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/10(水) 21:53:27.91 ID:hTcatJvj0
和「律ー、書類ちゃんと書けた?…って誰その人?」バタン

律「の、和っ!その、これはだな…」

和「なんで他校の男子生徒がうちの高校にいるの?」

唯「和ちゃん、違うんだよ…これはねぇ…(ピカーン!)
そう、コタロー君は学ラン来た澪ちゃんだよ!」

桂「僕、澪ちゃん。ヨロシクねー」(桂裏声)

和「いや、コタロー君て呼んでるし。そもそも澪隣にいるじゃない」

唯「こ、こっちの人はアレだよ…そう、ウイルス・ミスだよ」

澪「!……い、イエスウィーキャン」グッ

和「…それ違う人でしょ。ていうかなんでウイルス・ミス?」





47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/10(水) 22:00:38.37 ID:hTcatJvj0
和「部外者の男子生徒を勝手に校内に入れて…
先生に見つかったら活動停止にもなりかねないのよ」

桂「ハッハッハ、そうカッカするな新八君。ほら、んまい棒をやろう」

和「いりません。っていうかあなたが原因なんですよ?
ところで新八君って誰?私真鍋和っていうんですけど」

桂「そんなに短気では妙殿が悲しむぞ。もっとカルシウムを摂ったらどうだ、新八君?」

和「余計なお世話です!あと私は新八君じゃありません、和です。そもそも
一部のファンにはイケメンって言われてるけど、男ですらありません」

律(さりげに自慢入ったよ)

桂「そうだな、不本意な名で呼ばれるのは悲しいことこの上ないと解っていたはずなのに。
もう大丈夫だ、すまなかったな、しん…パチ恵殿」

和「大丈夫じゃないから!別人だから。新八君女verじゃないからね私!」

唯(和ちゃんがここまで怒るなんて…)





48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/10(水) 22:03:19.45 ID:hTcatJvj0
和「とにかく!こんなことしてたら本当に活動停止にされるわよ、分かってる?」ガミガミ

唯澪律紬(うぅ~)ションボリ

桂「すまなかったパチ恵殿。だが部外者でなければここへ来てもいいのだろう?」

唯澪律紬「!」

和「和です。部外者じゃないならって…じゃああなた、軽音部の関係者なんですか?」

桂「演奏力の向上とティータイムの強化を目的にコーチに任命された。桂小太郎だ」

和「ティータイムの強化ってなに?どこを強化するの?食器?」

律(おいおいコタロー…)





49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/10(水) 22:09:01.20 ID:hTcatJvj0
桂「まあ平たく言えば関係者の一人ということだ、の…パチ恵殿」

和「和って言いかけたよね今?途中でわざと呼び方変えたよね今?」

桂「だから俺がここに来ることで誰かの迷惑になることはないはずだ、の…わ殿」

和「漢字表記にしよう!もう読み方そのままでもいいから漢字に直してみよう!」





50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/10(水) 22:21:55.74 ID:hTcatJvj0
和「とにかく自分は軽音部のコーチだから、ここに来ることは問題ないと。
そう言いたいわけですね、ヅラさん」

桂「ヅラじゃない桂だ…ん?なぜ俺のあだ名を知っている?」

和「しかしあなたがコーチである証拠なんてないですよね、か…ヅラさん」

桂「ヅラじゃない桂だ!ってさっきわざと呼び方変えたよね?桂って言いかけたよね今?」

和「コーチであるというならそれにふさわしい証拠を見せてください、ヅラッ☆」

桂「ヅラッ☆じゃないキラッ☆だァァァァあ!!」

唯(立場が逆転した・・・)

紬(証拠を見せるって、なにするのかしら?)





52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/10(水) 22:29:03.45 ID:hTcatJvj0
和「コーチに値する演奏が出来ないと私が判断すれば、桜高から出ていってもらいます」

桂「望むところだ!唯殿、ギー太殿を貸してもらえるか?」

唯「う、うん」ガチャガチャ

澪(やばくないかこれ…)

唯「ほいっ」サッ

桂「うむ」スチャ

律「ちょ、ちょっとタンマ!コタロー、ちょっとこっちこい!」ガシッ





53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/10(水) 22:31:19.91 ID:hTcatJvj0
桂「どうした律殿?」

律「どうしたじゃねーよ、あんなこと言ってどうする気だよ?
今ならまだ間に合うから、和に謝って見逃してもらおう。私も謝るから」ヒソヒソ

桂「それは出来ん、これ以上皆に迷惑はかけられん」ヒソヒソ

律「でもこのままじゃ・・・」ヒソヒソ

桂「それにな・・・」ヒソ

律「?」

桂「俺自身、もっと君たちと一緒にいたいのだ」ヒソヒソ

律「な…!」カアアッ

桂(本編でもコタロー君などと呼ばれることはないのだから。もっと今を満喫していたい…)

律(こ、こいつ真顔でいきなりなんてこと言いやがるんだ…///)





55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/10(水) 22:34:38.25 ID:hTcatJvj0
桂「まあゴーイングメリー号にでも乗った気でいてくれ。じゃ」スタスタ

律「あ、オイ…」

和「相談は終わったの?ズラさん?」

桂「ズラじゃないヅラだ…間違った、桂だ!最近あだ名まで間違うやつ多いからな。
皆も気をつけろ。漢字表記はヅラ、アルファベットならZURAだからな!」

紬「誰に言ってるのかしら?」

唯「さぁ」





56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/10(水) 22:40:27.79 ID:hTcatJvj0
桂「ところでかず殿…判断はお主がするといったが、楽器の演奏経験などはあるのか?」

和「かずじゃない和よ。演奏経験とかはないから、独自の方法で判断させてもらうわキラさん」

澪「キラじゃないザラだ!アスラン・ザラだ、和」

律「なぜお前が突っ込む」

桂「…してその方法とは?」

和「あなたの演奏が終わった後、上手だったかどうかを唯に聞くわ」

澪律紬「!」 唯「え?」





57 :1:2010/02/10(水) 22:41:58.08 ID:hTcatJvj0
銀時「スレ立てといてどっかいくやつ・・・死刑!
   パソコンの前のみなさんはなー、貴重な時間使ってお前なんかのために付き合ってくれてるの
   にもかかわらず予定ができましてーとかいってスレ放置するヤツいんじゃん。マジ最低なアレ
   特にssはなー完結して初めて三流なんだよ。書き始めたら完結するまで
   ずっとPCの前に居る気で立てなきゃいけねーんだよ本来。
   それをさー大して面白くもないのに保守お願いします、とかいってどっか行くとか何様だよまじで?
   そんなヤツが書いたssなんか見る価値もねーな!ま、何が言いたいかっつーと・・・」

すみません、急用ができたのでちょっと離席させてください。なるべく早くもどります。
ほんと申し訳ないんですがその間保守お願いします。つまらなかったら落としてください

>>41ごめんよ銀さん、上手くいけばちゃんと出番あるからね





64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/11(木) 00:03:33.98 ID:hTcatJvj0
和「唯は昔から嘘が下手だから。あなたの演奏の後に感想を聞いて、
その時の唯の反応を見て判断を下すわ」

紬(なるほど…)

律(考えたな和…)

澪(唯が本当に小太郎くんの演奏を上手いと思わなくちゃダメってことか…)

桂「なるほど、頭の切れる娘だ…だが無駄だったな」

和「どういう意味?」

桂「無駄に思考を巡らせたということだ。さあ、始めるぞ!」ジャカジャーン

唯澪律紬和「!」





65 :1:2010/02/11(木) 00:15:11.66 ID:04W9uRa80
ジャカジャカジャカジャーン~♪

唯(これは…)

ジャカジャカジャジャジャーン~♪

律(意外に弾けてる…それに…)

澪(演奏自体は普通だ・・・けど…)

桂「らららららららら~ら」

紬(なんだろう…この感じ…)

ジャカジャカジャカジャカジャーン~♪

和(大切な人を想わせるような…それでいてその人にはもう会えないと思いしらされるような…)

桂「あ~い~♪それは強くぅ~~!」

和(温もりの中で、悲しみを連想させるような曲…!)

参考動画:ttp://www.nicovideo.jp/watch/sm1530427の後半





66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/11(木) 00:22:12.74 ID:04W9uRa80
桂「ララあ~い~♪それはあまくぅ~!」

ジャジャジャジャカジャカジャ~♪

桂「らららららららら~ら」

唯澪律紬和「…」ホワーン

桂「ラララララ…」ジャカジャカジャッ

澪律「ん?」

ジャカジャカジャン

唯「あれ?」

紬「曲調が…」





67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/11(木) 00:27:31.83 ID:04W9uRa80
参考動画:ttp://www.youtube.com/watch?v=6sZTX0zh-QQ&feature=related

ジャッジャッジャ 桂「ZURA!」ジャカジャン 桂「ZURA!」

唯澪律紬和「!?」

桂「やるなら今しかねー・ZURA!やるなら今しかねー・ZURA!」ジャカジャーン

和「なにこれ…?」

桂「攘夷がJOY!JOYが攘夷!ふざけたYOUに俺が天誅!」ジャカジャー

律「ってちょっと待てー!」

桂「む?」





68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/11(木) 00:29:32.53 ID:04W9uRa80
桂「どうした律殿?まだ曲の途中だぞ」

律「途中で止めたのは悪かったよ。でもなんでそこでラップに入るんだ?
前半の曲のムードぶち壊しだろ?」

桂「ラップじゃない、カツラップだYO!」

律「どっちでもいーよ、つか聞いてるのそこじゃねー!」

桂「いやな、本来ミスマッチなラップをあえて複合させることで
原曲のよい部分がさらに強調されると思ってな」

澪「!!」

桂「この曲『攘夷が☆JOY』はラップ9、その他3の割合で構成されているのだ」

和「思いっきりラップメインじゃないの…なによその他って?そっちの方がいらないじゃないの」

律「しかも10に収まりきってないし…」





69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/11(木) 00:40:31.24 ID:04W9uRa80
澪(あえてミスマッチな曲調を加えることで、良い部分をさらに強調させる…)

紬「途中で終わっちゃったけど、どうするの?」

澪(小太郎君はラップの割合を間違えただけで、発想自体は正しかったんじゃ…)

和「う~ん…(正直最初の方は感動したけど)唯、どうだった?」

澪(もしもラップをうまく曲のスパイスに使うことが出来れば…)

唯「すっごいよかったよ~。ラップも全部聴きたかったな」

澪(うん、間違いない!ふわふわ時間はもっともっと良い曲になるぞ)グッ

桂「イェー、ッパ」

律「うるさい」ビシッ





71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/11(木) 01:05:32.54 ID:04W9uRa80
和「まあ約束だからしょうがないわね、次から来る時は上手くフォローしてあげるわ。
でもなるべく目立たないように来なさいよ、柱君」

桂「柱じゃない桂だ!紛らわしい漢字を使うな」

和「それと山中先生にも言っときなさいよ、他校の生徒がコーチとして来てるってこと」

唯「分かったよ和ちゃん、色々ありがとね」

桂「他校の生徒じゃない桂だ」

和「じゃあ書類ももらったしもう行くわ。練習頑張んなさい」ガチャ バタン

桂「ふぅ、やっと帰ったか。嵐のようなやつだったな」

律「おまえもな」





72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/11(木) 01:08:21.60 ID:04W9uRa80
唯「でもすごいよコタロー君!ちゃんとギター弾けたんだね」

紬「心に響くとてもいい演奏だったわ」

律「あんまり上手くはなかったけどな。でもなんか良かったぜ」

桂「フフフ、それ程でもないさ。アッハッハッハー!」

澪(二番のサビの後に何か出来ないかな…)

唯「コタロー君はギター歴どれくらいなの?」

桂「幼少時代に学習塾の先生に一年ほど教わっただけで、それ以来全く弾いてなかったな」

紬「それであの演奏…すごい!」

律「もしかして他の楽器も弾けたりするのか?」

桂「後は三味線を少し…これも学友と共に、同じ学習塾の先生に教わった」

唯「おお、しぶい!」

律「そこもう学習塾じゃなくね?」

澪(こことここの間に…)カキカキ





73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/11(木) 01:15:03.63 ID:04W9uRa80
桂「といっても俺は三味線の方はからっきしだったがな。しかし友人はこれが得意で、
今でもよく弾いているらしい」

紬「へ~…小太郎くんはどうしてギターを止めたの?」

桂「…」

桂「…まあ色々とあってな…」

紬(あれ?私もしかして失礼なこと聞いたんじゃ…)アセッ

桂「ただその一年も含めて…」

回想:松陽「おや、小太郎は音楽に興味が御有りですか」

桂「あの塾で過ごした思い出はすべて…」

回想:松陽「それはギターという楽器で…あ、名前はギー多です。試しに弾いてみますか?」

桂「今も俺の中で生き続けているんだ…」

回想:子桂「ギュッイーン!YO!イェー」 松陽「YO!SHOW、YO!!」

澪(…も少し勇気ふるって…)カキカキ





75 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/11(木) 01:35:43.01 ID:04W9uRa80
唯律紬「…」

桂「おお、すまんすまん。しんみりさせてしまったな…そうだ!皆の演奏を聞かせてくれぬか?」

律「!おお、そうだな。」

紬「そういえばまだ練習してなかったわね」

唯「よーし、今度は私たちがコタロー君のために…」
バタン
「唯ちゃーん!」





76 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/11(木) 01:37:13.57 ID:04W9uRa80
唯「!…さわちゃん先生?」

さわ子「もうなにやってるのよ。唯ちゃんは私と一緒に個人レッスンでしょ?」

唯「はっ!すっかり忘れてた」

さわ子「ほ~。私のレッスンを忘れるなんていい度胸してるわねェ」ゴゴゴ

唯「ひえ~」ブルブル

さわ子「ほら、時間が惜しいからさっさと来なさい!あ、あなたがコーチ役をかって出てくれた人ね?さっき廊下で真鍋さんから聞いたわ、軽音部顧問の山中さわ子です」

桂「あ、どうも。桂小太郎です」

さわ子(あらやだ美形…)

桂(虚(ホロウ)化とか出来そうだな…)





77 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/11(木) 01:39:58.36 ID:04W9uRa80
さわ子「まぁ出来る範囲で軽音部をよろしくお願いします。それじゃあね」

唯「先生待ってよ~」ダダッ
バタン
律「行っちゃったなー、とりあえず三人だけで合わせてみるか?」

紬「そうね。唯ちゃん抜きだけど、一回通してやってみましょう」

律「おーい、みおー」

澪「うん、今行くよ(とりあえず後は家でやろっと)」

律「じゃあヅラ、心して聞けよ」

桂「ヅラじゃない桂だ!…いや、今は…小太郎だ(///)」コホン

紬「ふふっ…」

澪「…なんかかわいい(///)」

律「ふふ、それじゃコタロー!心して聞けよ…1・2・3・4!」

――――――――――――――――――――――――――――――――





78 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/11(木) 01:46:02.09 ID:04W9uRa80
翌日

だけどそれが一番難しいのよ
話のきっかけとかどうしよ
てか段取り考えてる時点で全然自然じゃないよね
あぁもういいや寢ちゃお寢ちゃお寢ちゃおーっ!

律「…ここなに?」

澪「澪ラップだ」

第一訓 袖振り合うも多生の縁 完






91 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/11(木) 11:04:51.29 ID:04W9uRa80
(あの野郎~。俺のおやつのんまい棒チョコパフェ味全部持って行きやがって…)

「…ん時はびびったなー」ハハハッ

(明日学校来たらとりあえず校庭100周だな。もちろん万葉集朗読させながら…)

「―は今も練習中かな?」

(いや、古今和歌集の方がいいかな…むしろ裏をかいてふたりエッチなんかも…)

「もし―が間に合わなかったら~がボーカルかな?」ニヒヒ

(さすがに他の生徒の教育に悪いか…あぁーなんかまた腹立ってきた!)

「そ、それはやだよぉ」

(どっかで糖分補給して帰るか…あ、給料日前だった…)

「まあ唯の特訓が無事成功することを祈ろうぜ。じゃあな」

(糖分が足りないんだけどォォォォォ!…お?)

「また明日な」

「あいつは…」





92 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/11(木) 11:19:32.27 ID:04W9uRa80
澪(はぁボーカルかぁ…歌うのは好きだけど人前で歌うのはなぁ…)

「…ラ!」

澪(普通の歌ですら恥ずかしいのに…あんな恥ずかしい歌詞絶対歌えないよ…)

「おいヅラ!」

澪(は、そうだ!歌詞考え直さなきゃ…)

銀八「無視ってんじゃねーよコラ」ポコン

澪「いたっ!」






94 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/11(木) 11:24:14.52 ID:04W9uRa80
澪「うぅ~(痛い…)」

銀八「テメー、人のおやつ盗んどいてシカトこくとか舐めてんのかコラ?あぁん!」

澪「ひいっ!な、何のことですか?」

銀八「しらばっくれんじゃねーよ、ネタは上がってんだよ。お前放課後
職員室に日誌届けに来た時俺の机の引き出しからんまい棒盗んだろ?辰馬のアホが見てたんだよ」

澪「し、知りませんそんなの!っていうかあなた誰ですか?」

銀八「黙れ」ゴンッ

澪「あいたっ!」





95 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/11(木) 11:35:32.09 ID:04W9uRa80
銀八「オイオイおとぼけで通せるとでも思ってんのか?世の中そんなにあまくねーぞ」

澪「ぐっ…ひぐっ…(痛いよぅ)」グスッ

銀八「泣いて済むならポリスマンはいらねーんだよ。悪いけど俺ドSだから。余計虐めたくなるから。
とりあえず今から全裸で町内10週してこいや」

澪「ぐすっ…や、ヤダ!絶対いやっ」ポロポロ

銀八「うっせーよ。オラ、制服よこせや」ガシッ

澪「い、いやっ(お嫁にいけなくなっちゃう!)」

「なにやってんだ!コノヤロー!!」ドンッ

銀八「うおっ!」ズサー





97 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/11(木) 11:47:47.11 ID:04W9uRa80
律「大丈夫か澪?何もされてないか?」

澪「ひぐっ、りつぅ。りぃ~つぅ~!」ダキッ

律「よしよし、怖かったな。もう大丈夫だから」ナデナデ

銀八「いてて…」

律「なにもんだお前?変質者か?警察呼ぶぞ!」

銀八「いきなりぶつかってきて変質者呼ばわりか?何様ですかコノヤロー?
つーか人に名前聞くときはまず自分からって教わらなかったか?」

澪「へ、変質者に教える名前なんてありません…」グスッ

律「田井中律だ!」

澪「っておい!」





98 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/11(木) 11:53:56.79 ID:04W9uRa80
律「お前は誰だ?」

銀八「坂田ぎ…坂本辰馬ってもんだ。これでも教師だぜ、銀魂高校のな」

澪(小太郎くんの高校?)

律「教師が女生徒に手ぇ出していいと思ってんのか?」

銀八「は?そいつは男だぞ。確かにかなり前にヤフー知恵袋で『銀魂一の美人って誰?』
って質問に『ヅラだろ』って返答来てたけどな。タマも棒もついた立派な男だ」

澪(なっ…!)

律「み、澪は女だぞ!子供の時からずっと一緒だったんだからな、裸も見たことあるけど…
そ、その…タ、タマも…ボ、棒も…つ、ついてねーし(///)」

澪「は、恥ずかしいこと言うなっ(///)」ゴンッ

律「いたっ」





99 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/11(木) 11:55:11.54 ID:04W9uRa80
銀八「あれ?…ていうか今なんつった?」

律「え?だ、だからその…つ、ついてないって…」

銀八「そこじゃねーよ、その前だよ前」

律「うぅ…タ、タマも棒も…(///)」

銀八「ごめん、銀さ…じゃねーや、もっさんの言い方が悪かった。最初の一文をお願い」

律「澪は女だぞ」

銀八「澪・・・だと・・・?」





100 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/11(木) 11:59:57.60 ID:04W9uRa80
銀八(やべーよ。変装したヅラかと思ったけど、よく見たら普通に女子高生じゃねーか)

澪(な、なんか見られてる…)

銀八(元はといえばヅラがあんな長髪にしてるのが悪りーんだ。つーかこいつも髪なげーな)

澪(あれ?死んだ魚のような目…)

銀八(しかしなんでこうウザったい長髪の奴に限ってアジアンビューティー気どってんだ?
アジエンスか?アジエンス使ったら俺もそんなサラサラヘアーになれんのか?)

澪(それに銀髪…の天然パーマ…)

銀八(ってそれよりどうしよ…人違いとはいえ女子高生殴って脱がそうとしたからな…
正直に謝ったら許してくれるかなこれ?まだセーフだよねこれ?)

澪(小太郎くんの言ってた担任ってもしかして…)

「あ、せんせー」 銀八「!!」





112 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/11(木) 16:22:36.36 ID:04W9uRa80
銀八「悪りぃ、人違いだわ、じゃあな(もういいや、誰かに見られたら面倒だし逃げよっ)」ダダダー

律「あ、逃げた!どうする澪?」

澪「え、えーっと…」

「おう、律殿澪殿。またあったな」






115 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/11(木) 16:31:49.30 ID:04W9uRa80
律「!コタロー…なにやってんの?って隣の誰?」

桂「ペットのエリザベスだ。今は二人で散歩中だ」

            _____        /`ヽ
          /         `ヽ  /    ` ヽ
        /             \/        `ヽ 、
       /   >┴く      >┴く  ∨  よろしく!  /
      /    l  ・l     | ・| く.        /
/^ヽ   /    `ー ‐'     `ー ‐ '   |`ヽ、_  /
|   \ /     /´ ̄ ̄ ̄ ̄ \     l  / /`ヽ _/
ヽ   `     ├──────┤    | / /
. ヽ        \______/     |/ ̄|
  \                         /
   \                       /
     /                    /
    l                    イ
    l                    |

律(ペンギンみてー…)

澪(か、かわいい)





116 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/11(木) 16:34:40.35 ID:04W9uRa80
桂「ところで二人は何をしていたのだ?」

律「ああ、この近くで澪と別れたんだけど、その後澪が変な男ともめてるのが見えてさ…」

桂「ほう(変な男…あれは先生に見えたが…)」

律「様子見ようと思って近づいたら、そいつが澪を襲おうとしてたから、撃退してやった」

桂「おお!律殿は勇敢だな(先生、見損ないました)」

律「へへっ。もう安心だと思うけど、念のため澪のこと家まで送ってやってくれよ」

澪「な!?」

桂「うむ、良いぞ」

澪「ちょ、ちょっと律!なにいって…」

律「じゃあ頼むわ!感謝しろよー澪っ」

澪「お、おい…」

桂「では行こうか澪殿」

澪「!は、はい…」





117 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/11(木) 16:37:50.50 ID:04W9uRa80
桂「…」テクテク

澪「…」テクテク

桂「…」テクテク

澪(…き、気まずい)テクテク

エリザベス『俺空気』テクテク

澪(なんか話さなきゃ…そうだ!私から…)

桂「…なあ澪殿」

澪「!はひっ」

桂「少し聞きたいことがあるのだが、いいかな?」

澪「(小太郎くんから話しかけてくれた!)ど、どうぞ」





118 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/11(木) 16:39:09.17 ID:04W9uRa80
桂「例えばの話だがな…見た目、性格、雰囲気、役割にいたるまで、
全て自分と似たような者が身近にいたらどうする?」

澪「え?」

桂「自分のポジションやアイデンティティーを侵害しかねない者が現れた時、
その人物に対してどう接していくのか、ということだ」

澪「…」

エリザベス『でも空気って大事だよね。なかったら死んじゃうし』





119 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/11(木) 16:42:41.95 ID:04W9uRa80
澪「…まずその人に…話しかけてみます」

桂「む?」

澪「もし自分に似ているなら、きっと仲良くなれるはずだから」

桂「ふむ…」

澪「私は友達に…律に、積極的になることの大切さを教えてもらったんです。
誰かの後ろに隠れて震えてるだけじゃ、いつまでも成長できないって」

桂「なるほど…」

澪「まあ中々あいつみたいに積極的になれないんですけど…でも性格まで自分と似たような人なら、自分と同じような
悩みも持ってるかもしれないし、そういう悩みを乗り越えた時の喜びも、親身になって分かち合えると思うんです」

桂「…確かに」

澪「だから最初の一歩さえ踏み出せれば、きっと友達になれますよ」

桂「うむ!そうだな」





120 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/11(木) 16:44:37.57 ID:04W9uRa80
澪「あ、それと…さっき言ったことは律には内緒にしておいてください」

桂「ん、なぜだ?教えてやれば律殿は喜ぶのではないか?」

澪「いえ、あいつはそれをネタにからかってきます。それに唯やムギに知られたら…恥ずかしい///」

桂「はっはっは、澪殿は恥ずかしがり屋だな(こんなところまで俺と一緒か…だが悪い気はせんな)」

エリザベス『一緒じゃねーよ』





121 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/11(木) 16:46:04.16 ID:04W9uRa80
澪「あ、ここです。着きました(いっぱい話せた!)」ガチャ

桂「おお、そうか…ではまたな澪殿」クルッ

澪「あ、あのっ」

桂「うん?」

澪「…今日は…ありがとうございました!」ペコ

桂「こちらこそ。楽しかったぞ、バイビ~」ピッ

澪「!(や、やった)」





126 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/11(木) 17:06:41.08 ID:04W9uRa80
桂(ふふ。俺と被るキャラが増えたというのに、不思議と悪い気がせんな)

エリザベス『桂さん嬉しそうですね』

桂「おお、分かるかエリザベス。今日はとてもいい出会いがあったのだ」

エリザベス『さっきの娘たちですか?』

桂「ああ…あんな清らかな心を持った女子達は、うちの高校では間違いなく見れんからな」

エリザベス『だろうな』

桂「ふふふ…」





127 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/11(木) 17:08:21.22 ID:04W9uRa80
翌日 銀魂高校
「アハハハハ!なんぜよおんしら?わしをどこへ連れて行くがじゃ?」

「テメーも男なら大人しくしな。それが真のハードボイルドってもんだぜ…」

「アハハハハ!固ゆで卵はやわらかい方が好みぜよ」

「それもうハードボイルド(固ゆで卵)じゃねーよ、つかそっちの意味じゃねえから!」

ハジ「小銭形のアニキ、じゃないや警部、ハーレーの準備が整いました」





129 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/11(木) 17:11:03.83 ID:04W9uRa80
小銭形「ごくろうハジ。そんじゃ、容疑者を署まで連行す…」

坂本「アハハハハ!今日の天気はアーメー(雨)ぜよ」

小銭形「うまくねーよ!くだらねーんだよテメー。第一まだ俺が話してる途…」

坂本「おお!中々いい船じゃの?ちょっと借りるきに」ブロロロ

小銭形「船じゃねーよそれ俺のバイク…って待って!勝手に乗ってかないで…」

坂本「風になるぜよー!…あ、船酔いしてきたぜよぼろろろろろろ」ゲロー

小銭形「うわーんママぁぁぁ!俺のバイクがァァァ」

銀八(あん時本名名乗らなくてよかったぜ。悪りーな辰馬)スタスタ





132 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/11(木) 17:20:28.11 ID:04W9uRa80
第一訓番外編:オマケって言うより番外編って言ったほうが印象いいよね  完

長々と失礼しました
時期は第一訓の出会いのあとの放課後で、両方とも学園祭数日前のつもりです

今からまたトレに行かなくちゃいけないんですが
色々申し訳ないしでつまんなかったら落としてください
もし残ってたら二訓~タイトル→1までを書かせていただきます





145 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/11(木) 20:54:02.13 ID:04W9uRa80
第二訓 友情・努力・勝利ってどの作品でもけっこうやってる

文化祭当日

澪(もう!皆クラスの出し物と軽音部の演奏と、どっちが大事だと思ってるんだ)
ガチャ
澪(一人だし…ボーカルの練習でもするか)バタン

―――――――――――――――――――――

澪「~~~ふわふわターイム♪」

澪「………ふう」
パチパチパチ
澪「!」





165 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/11(木) 23:26:53.77 ID:04W9uRa80
桂「見事な歌声だったぞ澪殿」パチパチ

澪「小太郎君…っていつからそこに?」

桂「一番のサビくらいからかな…やはり俺が入って来たことに気付いてなかったか」

澪「え?…」カアア

澪「うぅ…恥ずかしい…」グス

桂「恥ずかしがることなどない。これなら本番もばっちりだな」

澪「ほ…本番…」ガタガタ





166 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/11(木) 23:28:12.48 ID:04W9uRa80
桂「ふむ、まだ緊張しているようだな…よし!
俺がとっておきのリラックス方法を教えよう」

澪「え?」

桂「まずは前髪を…」ククリククリ

澪(前髪をゴムで止めて…!あれはもしかして子供の頃律がやってくれた…)

桂「で、後ろをまとめて…と。はーい、ポニーテール~」ジャーン!

澪「……はい?」





167 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/11(木) 23:31:12.05 ID:04W9uRa80
澪「えっと…なんでポニーテールにしたんですか?」

桂「『緊張した時は観客をじゃがいもだと思え』と言うだろう?しかし俺には
じゃがいもの真似はできないからな。だからポニーテールだ」

澪「……クスッ…ポニーテール関係ないじゃないですか…なぜか前髪もとめてるし」クスクス

桂「尻尾だけでは寂しいだろう?前髪は馬の頭だ」





168 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/11(木) 23:34:12.66 ID:04W9uRa80
澪「フフフ…ありがとうございます。ちょっと楽になりました」

桂「それは良かった。本番でもがんばれよ、客席から応援しているぞ」

澪「はい!」グッ

桂「ふふ、ではまたな」ガチャ バタン





169 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/11(木) 23:40:20.11 ID:04W9uRa80
演奏後
ワー パチパチ
澪「みんなーっ、ありがとーーー!」

ヒッカケ 澪「!」バタン
ザワザワ キャー

澪「いてて…ん…!いやあああぁぁぁぁぁ!!」
ピーッ カシャ
律桂「!」

観客1「あのボーカルの人縞々のパンツはいてたー」クスクス

観客2「無駄にチチでかいくせに中身はガキんちょアルな」

観客3「ワタシミタイナ大人ノ女ニハマダマダホド遠イネ」





172 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/11(木) 23:54:05.71 ID:04W9uRa80
よくじつ!
律「みんな、昨日はお疲れさん!」

唯紬さわ子「おつかれさまー」

律「唯はー初ライブにしては中々のものだったよー」

唯「いやー」テレ

律「澪は~ファンクラブまで出来たらしいぜ!」

唯紬「すご~い!」

澪「モウオヨメニイケナイ…」

律「……」





173 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/11(木) 23:55:32.02 ID:04W9uRa80
学園祭終了後
ガチャ
律「ふぅ…これで全部か」

桂「おう、律殿」

律「ようコタロー…ってお前、なんか当たり前のようにいるな」

桂「あっはっは!名目上はコーチだからな。他の皆はどうした?」

律「まだ学園祭の片付けしてるよ。私はちょっと別にやることがあって…」ヒラッ

桂「ん?何か落としたぞ」ヒロイ

律「わ!そ、それは…」

桂「……これは澪殿が転んだ時の写真…まさか律殿にはそっちの気が…」

律「うん…澪を見てるといつもハートムラムラしちゃうの…って違うわ!」ビシッ





174 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/12(金) 00:02:50.46 ID:7lXPBY1p0
律「写真部のやつらが撮ってたからさー、悪用されないために没収してきたの」

桂「やはり校内にもいたか」

律「校内にもって、やっぱり他にもこれ撮ったやついるの?」

桂「ああ。しかしそちらの方は全て俺が回収して始末しておいた、安心してくれ」

律「んなこと言って~ホントはまだ持ってんじゃないのか?」

桂「実は保存用と観賞用に一枚ずつ、実用用に4枚ほど残してあるが
それ以外は全て捨てた。安心してくれ」

律「安心出来ね―よ!どんだけ持ってんだよ!実用用ってなに?何に実用するの?」

桂「はっはっは、引っかかったなジョークだ。ロシアンジョークだ」

律「どこがロシアン?って言うか冗談に聞こえないぞ」





175 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/12(金) 00:14:58.48 ID:7lXPBY1p0
桂「大丈夫、本当だ。なぜなら俺は……律殿のほうが好みだからな」

律「なっ?」

桂「演奏前に緊張した澪殿を励ます気遣い(ムギから聞いた)、皆を先導しつつも水面下で支える優しさ。
普段がさつなのことを別にすれば聖母のようだ。尊敬に値する」

律「なななな?」カァァ

桂「そんな素敵な律殿のことを、俺は支えていきたいと思いました。アレ、告白?」

律「…そ、それも冗談なんだろ?」ドキドキ

桂「冗談じゃない」

律「!」

桂「ロシアンジョークだ」ニコッ

律「…」トビゲリッ 

桂「痛いっ!」






177 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/12(金) 00:29:08.37 ID:7lXPBY1p0
律「乙女心をもてあそびやがって…もうお前なんて知るかっ!」スタスタ

桂「ぐ…り、律殿ぉ」

律「…まあでも…澪の写真を回収してくれたことは感謝するよ。じゃあな」ガチャ バタン

桂「…律殿……」

桂「…」ゴソゴソ

桂「…この写真…しばらく実用は控えるか」





179 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/12(金) 00:34:15.40 ID:7lXPBY1p0
帰り道

律「じゃあ私はここで!ちゃんと澪のこと送っていけよ、ヅラ」

桂「ヅラじゃない桂…小太郎だ!」

澪「じゃーな律」

律「じゃーな澪っ!」





181 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/12(金) 00:47:00.37 ID:7lXPBY1p0
澪「…で、その時律がパイナップルの真似をしてくれて…」

桂「ほうほう(ポニーテールよりそっちの方がよかったかな?)」

澪「本番ですごくリラックスできたんです」

桂「はっはっは、律殿はその頃から気遣いが上手だったのだな」

澪「……はい…」





183 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/12(金) 01:10:54.16 ID:7lXPBY1p0
澪(考えてみれば、重要な場面ではいつも律に助けられっぱなしだ…)

エリザベス『俺もいるよ』

澪(それに色んなこと教わったし…)

桂「言葉使いのことといい、澪殿は律殿から強く影響を受けているのだな」

澪(…生かすなら今だ!)

澪「あのっ、小太郎くん!」

桂「ん?」





184 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/12(金) 01:17:44.91 ID:7lXPBY1p0
澪(せ、積極的に…小さいとこから一つづつ…)

桂「どうした澪殿?」

澪「わ…私のこと…澪って呼んでくれませんか?」

桂「ん?すでに呼んでいるではないか?」

澪「そ、そうじゃなくて、敬称なしで呼んで欲しいんです。澪って」





185 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/12(金) 01:31:07.28 ID:7lXPBY1p0
桂「…うーむ…」

澪(な、悩んでる…もしかして嫌だった?)

桂(相手を敬称で呼ぶのは俺の最後のアイデンティティー…しかし…)

桂「分かった。では行こうか澪」

澪「!は、はい」

桂(くだらない事にこだわるのはもう止めだ。これからはニュー桂として歩いていこう)

桂(この果てしない、人生という名の道を)

第二訓:友情・努力・勝利ってどの作品でもけっこうやってる   完





189 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/12(金) 01:38:32.61 ID:7lXPBY1p0
長々とお付き合いありがとうしました。
タイトル繋げるのは番外編でやろうかと思ったけど
すぐには無理っぽいです。
だから本当にうざいと思ったら遠慮なく落としてください
ではおやすみなさい。





213 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/12(金) 12:39:51.48 ID:7lXPBY1p0
超番外編:NANAより大事なANAがある

※けいおん14話未視聴者注意

さわ子「は~。昔の服探してたら時間かかっちゃったわよ」スタスタ
ガチャ
ふわふわ時間~♪(ふわふわ時間~♪)
さわ子「フフッ」

川上さん「!キャサリン!」

さわ子「ん?…あ、ジャニス!あんたなんで?」ダキッ

川上さん「ここのマネージャーやってんの」

観客「ヘ~、アンタモキャサリンテ言ウンダ」

さわ子「え?」

観客「名前ト言イキャラト言イ私トキャラ被ンジャネーカ。次カラ本編出ルタビ慰謝料ヨコセヨ」





214 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/12(金) 13:05:03.30 ID:7lXPBY1p0
超番外編2:一度した約束は死んでもまもれ!

高杉「この世界は、俺達からあの人を奪った」

西園寺世界「え?」

高杉「だったら俺達は、この世界に喧嘩を売るしかあるめぇ
あの人を奪ったこの世界を、ブッ潰すしかあるめーよ」

世界「私じゃないよね?ワールドの方だよね?」

高杉「なァ、ヅラ。お前はこの世界で何を思って生きる?お前から誠を奪ったこの世界を
どうして享受し、のうのうと生きていける?俺はそいつが腹ただしくてならねェ」

世界(私だー)ガーン

誠ちゃん「殺られちゃったなーオイ殺られちゃったよ~」





215 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/12(金) 13:22:54.34 ID:7lXPBY1p0
桂言葉「高杉さん…私とて何度この世界を更地に変えてやろうかと思ったか分りません」

世界「私を更地に!?どうやって?」

桂言葉「けれど彼が…それに耐えているのに。殺されて一番この世界を
憎んでいるはずの彼(誠)が耐えているのに、私達に何ができますか?」

世界「ちょっと台詞変えただけでなんでこんなに会話成り立ってんの?」



桂小太郎(映画版…ずっとスクリーンの外でスタンバってました…)

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

銀時「はーい、新約紅桜編は通常verと言葉verのどちらかが選べます。皆見に来てねー」





216 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/12(金) 13:57:13.69 ID:7lXPBY1p0
第二訓番外編:サンタさんはなぁ、お前らが寝静まるのを外でずーっと待ってんだよ

桂(雨は夜ふけ過ぎに~雪へとかわるだろう~♪)

通行人1「そろそろグラサン変えるかなぁ…でもコレ思い入れ有るんだよなぁ」

桂(実際には雨も雪も降っていないわけだが…ホワイトクリスマスなど幻想の領域か…)

通行人2「あ!先生、あの家の前にサンタさん居るネ」

桂(しかし寒いな…気を紛らわすために年賀状の文章でも考えるとするか)

通行人3「落ち着け神楽、サンタさんはあんな貧相な顔してねーよ。アレはな…」

桂(軽音部の皆にも出さなくては…よし!最初の一文は…)

銀八「ただのヅラだ!」

桂(サンタのコスプレ)「クリスマス会、ずっと外でスタンバってました…よし、コレにしよう」






217 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/12(金) 14:11:28.88 ID:7lXPBY1p0
桂(しかし律殿も薄情だな…折角のパーチーに俺を呼んでくれんとは…)
ジャンジャーン!エアギター
桂(まあ部員だけでやるパーチーに部外者の俺が参加するのも気まずいかな…)
エアドラムー!チャンチャーン!ダカダカダーン
桂(しかし招待状くらい送ってくれてもいいだろうに…)
マンボーノマネー
桂(…楽しそうだな)

桂「……グスッ」





218 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/12(金) 14:28:07.63 ID:7lXPBY1p0
数時間後 ガチャ
桂「!」

澪律紬和さわ子「お邪魔しましたー!」

桂(まずい、速く隠れねば)ササッ

唯「寒いね~憂」

桂(アレ、隠れる必要なくね?いや、やっぱり今見つかったら恥ずかしい)

憂「あ、雪」

桂(ん?雪?)

唯「あ、ホントだ。ホワイトクリスマスだね」

桂(おお、さすがだクリスマスよ!良いものを見せてもら…)

桂「…くしゅん!」





219 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/12(金) 14:34:03.11 ID:7lXPBY1p0
桂(…今日はもう帰ろう)ズズッ

唯(あ、アイスきれてる…買いに行こっと)タタタ

桂「…」テクテク

唯(ん?あれは…)

唯「おーい、澪ちゃ~ん」

桂「!澪じゃない!か…」

唯「え?」






221 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/12(金) 14:51:27.62 ID:7lXPBY1p0
桂「…サンタクロースだよ(桂裏声)」

唯「え?澪ちゃんでしょ?なんでまたさわちゃんの持ってきた衣装着てるの?」

桂「違うといっている。この姿を見てもまだ分らんか?本物のサンタクロースだ」

唯「ええ!?サンタさんて本当にいたの?」

桂「当たり前ではないか。ほら、証拠にプレゼントをやろう」ガサゴソ

唯「なになに?何くれるのー?」ワクワク

桂「はーい」ジャジャーン

唯「おお…ってなにこれ?」

桂「俺の手作りんまい棒、混捕駄呪(コーンポタージュ)味だ。うまいぞー」

唯「うーん、嬉しいけど甘いものの方が良かったなぁ」

桂「はっはっは。そう言うと思って、ちゃんと甘めに作ってある。唯殿は甘いものが大好きだものな」

唯「おお!ありがとう」





222 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/12(金) 15:02:50.93 ID:7lXPBY1p0
唯「あれ?…でもサンタさん、なんで私の名前知ってるの?」

桂「!」

唯「私自分の名前言ったっけ~?」

桂「…じ…」

唯「じ?」

桂「実は超能力者のアルバイトも兼業している。だから他人の名を知ることくらいならわけないのだ」

唯「サンタさんで超能力者?すごい!」

桂「ははは、そうだろう!おっと、そろそろ次の子供の家に行かなくては。また来年会おう」

唯「がんばってねサンタさん!」

桂「バイビ~」スタスタ





224 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/12(金) 15:13:08.33 ID:7lXPBY1p0
唯(ふぅ。本物のサンタさんてソリには乗ってないんだなぁ……あれ?)ヒロイ

唯「これさっきのサンタさんの落し物の…年賀状?」

唯「サンタさんでも年賀状書くんだ…どんなこと書いてるのかな?」ピラッ

『クリスマス会、ずっと平沢邸の外でスタンバってました。今年もよろしく 桂小太郎』








228 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/12(金) 15:21:19.60 ID:o8YazrdEO
終わっただと
>>1乙!






この記事をリンクする?:


[ 2010/03/30 12:00 ] クロスSS | TB(0) | CM(5) | このエントリーを含むはてなブックマーク


ズラ
[ 2010/03/30 15:26 ] [ 編集 ]


奥村弁護士のHPから、男女参画会議で「エロゲー単純所持罪」が検討するよう求めているとの事。 川端文部科学省や原口総務大臣、児ポワーキングチームは漫画アニメゲームを児ポに入れるか検討している様
昨日の参議院法務委員会で千葉景子法務大臣が、「国際会議に出る前に、児童ポルノ法の目鼻がついていないとまずい」
[ 2010/03/30 16:22 ] [ 編集 ]


NANA的キャサリンクソワロタwwwwww
[ 2010/03/31 11:24 ] [ 編集 ]


おもしろいww
澪がアスラン言うのは中の人ネタか?
[ 2010/03/31 21:40 ] [ 編集 ]


ヅラは当初、正統派イケメンキャラだったのに…本誌での出番は削られるばかり…
[ 2010/04/07 16:41 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

yamisoku

Author:yamisoku
けいおん系SSばっかりです。


ひさびさに左上更新してみましたw


とはいえ特に書く事もありませんが(笑)


このブログも開設から1年以上経過するんですね…


とりあえず「けいおん!!」のアニメが終わるまでは頑張って更新し続けたいと思います
2010年7月24日


TOP絵、リンク&RSS、まとめ依頼、募集中!↓


このブログについて

アクセスランキング
お世話になっているサイト様
SS
戯言ニュース
ニュー速VIPコレクション
はみ出者が見てたm9(^Д^)
糞虫の館
エレファント速報WLVS
世界一かわいいよ!
SSちゃんねる
SS速報

VIP
犬速VIP@わんわんおwww
ぐる速
ヒロイモノ中毒
フライドチキンは空をとぶ
ねとねた
hyukkyyyが見る2ちゃんねる
なんでも(=´∇`=)ちゃんねる
あじゃじゃしたー
じー速

ニュース
世界って広くね(;゚Д゚)
未定なブログ
とりのまるやき
Hyper News 2ch
デジタルニューススレッド
仰天ニュース( ;゚Д゚)
危ないニュース<キ`Д´>
日本語でおk
アゲハント最高!!
心ニュース
痛ニュー速報!
そら速
事故物件.com

まとめ
やる夫.jp
ニュースレ倉庫
New discovery
Newgle

日記
侮ログ
幸か不幸か家族計画
笑ってほのぼのとして軽く泣けるはなし(と不思議話と怖い話)
ムズ痒いブログ
出逢い系ちゃんねる

アニメ・ゲーム
To LOVEる -とらぶる- 考察
ゲハ速
てるぽんFLASH!
萌えるニュース
も・え・つー☆
あみみ

動画
YouTubeニコニコ日和

画像
ヴィブロ
気まぐれブログ
ナナ速
クマ速報

18禁画像
zipでやるお( ^ω^)
がぞー速報
画像スレとらのあな
エロの向こうがわ
セクシーニュース24
エロ画像速報
萌画VIP
ピーチ速報
zipからきました
AV女優おっぱいこれくしょん

18禁動画
えろどうが~無料エロ動画~
有料アダルトサイト比較


アンテナサイト
ショボンあんてな(´・ω・`)
2chnavi
2chまとめ
ブーンあんてな
まとめアンティーナ
もきゆ(´ω`*)あんてな


にほんブログ村 ネットブログ 2ちゃんねるへ

相互RSSサイト様
【SS宝庫】みんなの暇つぶし
たん速
ドルジ速報
マジキチ速報
ニュース2ちゃんねる
茶速
テラワロスVIP
音楽業界を目指す学生

相互リンク申請中


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アクセスランキング ブログパーツ