闇速

けいおん!系SSを中心に、2ちゃんねるからSSスレを独断と偏見でまとめてます。
最新ニュース

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




この記事をリンクする?:


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | このエントリーを含むはてなブックマーク

唯「アイスティー!」  

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/22(木) 09:50:08.69 ID:STtLYf5U0
梓「えーっと、唯先輩の家ってここらへんのはずでしたよね?」

唯「ここ↓、ここ」

梓「へぇ~、すっごい大きい…(あれ、こんな家だったっけ?)」

唯「入って、どーぞ」ガギンッ、ゴドンッ!

梓「おじゃましまーす」

唯「いいよー、あがってー」



2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/22(木) 09:51:46.18 ID:STtLYf5U0
梓「あれ、今日憂はいないんですか?」

唯「憂なら純ちゃんとどっかにでかけちゃったよ~」

唯「へへっ、あずにゃ~ん、今日はふたりきりだね~」

梓「そうですね~、みっちり唯先輩の家で特訓できますね~」

唯「え~、もう疲れちゃったよ~」








3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/22(木) 09:52:50.29 ID:STtLYf5U0
梓「なに言ってるんですか!やろうって言ったのは唯先輩じゃないですか!」

梓「たしかにさっき部室で先輩方と合わせたときは気合入っちゃって疲れちゃいましたけど」

唯「文化祭も近いもんね~しょうがないよね~」

梓「ですよね~、って、だからもっと頑張らなきゃいけませんよ!唯先輩!」

唯「はーい」









5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/22(木) 09:54:17.33 ID:STtLYf5U0
唯「あ!えーと、あずにゃん!」

梓「は、はい?」

唯「ウチさぁ…屋上あるんだけど…焼いてかない?」

梓「え?焼く…?何をですか?」

唯「焼いてかない?」









8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/22(木) 09:56:49.10 ID:STtLYf5U0
梓「焼く…この時期に焼き魚…じゃないですよね?」

唯「焼いてかない?」

梓「えっと…肌を焼くってことですか?」

唯「焼いてかない?」

梓「特訓はどうなるんですか!?…というか唯先輩の家に屋上ありましたっけ?」

唯「あるよ、ねえ焼いてかない?」








9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/22(木) 09:58:39.06 ID:STtLYf5U0
梓「わたし別にそんなことしなくてもすぐに焼けちゃうし…」

唯「焼いてかない?」

梓「日に焼けるとヒリヒリしちゃいますから…」

唯「焼いてかない?」

梓「分かりました…」








10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/22(木) 10:03:36.64 ID:STtLYf5U0
ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン

梓「ほんとうにあったんですね…屋上…」

唯「でしょ!さあ、寝そべろうよ、あずにゃん!」

梓「わざわざスク水に着替えてまで…」

唯「服着たまま肌焼かないでしょ?」

梓「それはそうですけど…ちょっとこの水着…ゆるい…」

唯「憂のだもんね~」ジー

梓「///」








11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/22(木) 10:07:17.65 ID:STtLYf5U0
唯「あずにゃ~ん、ふふふ」

梓「なんなんですか?ニタニタして…」

唯「暑いね~。オイル塗ろっか」

梓「ああ…」

唯「塗ってあげるよ」

梓「あー、ありがとうございます」









13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/22(木) 10:14:29.06 ID:vITeP0bH0
>>1
そんなんじゃ甘いよ(棒読み)









15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/22(木) 10:19:31.66 ID:STtLYf5U0
唯「」ヌリヌリ

梓「…」

唯「あずにゃん…ベトベトだね」

梓「あたりまえじゃないですか、そんなにオイルを塗られたら…」

唯「そうじゃなくて、ここ、塗る前からベチャベチャなんだけど」

梓「あ…汗…です///」









16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/22(木) 10:19:56.41 ID:Bmkkmw/h0
放課後アイスティータイム










18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/22(木) 10:23:55.01 ID:STtLYf5U0
唯「もう…あずにゃんったら」

梓「違いますってば!…あ…!」

唯「濡れまくってるよ、欲求不満なんだね、ねえ」

梓「…そんなことないです!」

唯「」さわさわ

梓「唯先輩だめですよ…」











22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/22(木) 10:28:13.16 ID:STtLYf5U0
梓「…ん…!!」

唯「どんぐらいやってないの?」

梓「やっ、やってるって…何を?」

唯「おなにい」

梓「そんな、変なこと聞かないでください先輩!」

唯「聞きたいな~、あずにゃんのそういう話」ジー

梓 (…唯先輩の視線…!!)

唯「ねえ、あずにゃ~ん」










23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/22(木) 10:32:01.72 ID:STtLYf5U0
梓「二か月…」

唯「二か月かあ~だいぶ溜まってんじゃんそれじゃ~」

                                          /
                                      {
     _________            ,.-‐┬‐┬ァ l
        ̄`ー、_   l::::::::}ヽ       l l -ニ、__l_;:='/  ',
             `ー┴‐'"´        l l \ ー─‐    i
                           l l  \          l
                           l l   \       }
                            l l           l
                            l l         ,'
                   /         ヽ ヽ       ,'
                 ./{            } }         ,'
                   ヽ、 __    ノ ノ      /
                      ¨¨¨` ーテ ´       /
                        /   l        /
                        ゝ、 j          /
                     ,. -‐'"   ̄ `ヽ      /____
                 _,.-‐'" -‐┬‐┬‐┬ュ、_,,    /       ` ー─-、
                      ̄ `ー┴‐┴‐‐'"゙ ̄    /               ̄`ー-、
                            _ ノ  /                   `ー-、











24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/22(木) 10:36:41.76 ID:STtLYf5U0
唯「交代しよっか!今度はあずにゃんが塗って!」

梓「はい…こんなかんじでいいですか?」

唯「うん!あんまりうまいから気持ちよくなってきちゃったよ」

梓 (先輩…股間に手を…)

唯「濡れてきちゃったよ…」

梓「先輩…」ゴクン

唯「これ以上やると気持ちよくなっちゃうよ、もういいよ。ヤバイヤバイ」










25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/22(木) 10:39:35.99 ID:STtLYf5U0
唯「ねえ喉渇いた…喉渇かない?」

梓「あー、喉渇きましたね」

唯「何か飲み物持ってくるよ。ちょっと待ってて」

梓「あ、私も行きます!」

唯「いいから、待ってて!ね?」










26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/22(木) 10:44:36.42 ID:STtLYf5U0
唯「おまたせ!アイスティーしかなかったけどいいかな?」

梓「はい、いただきまーす」

唯「どうぞー」ニヤリ

梓「それにしても、肌焼いてる時もお茶なんてわたしたちらしいですね」

唯「なんたって、わたしたち放課後ティータイムだからね!」

梓「…でも、唯先輩たちと一緒にお茶飲めるのも…もう…」

唯「あずにゃん…」











28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/22(木) 10:49:24.12 ID:STtLYf5U0
梓「先輩たち卒業しちゃったら、大学行くじゃないですか…」

梓「大学行って…新しい人たちと出会って…仲良くなって…」

梓「そうやって、私のことなんて忘れてっちゃう…」

唯「そんなことないから、あずにゃん」

梓「すみません…こんなこと言ってしまって…」

唯「大丈夫、私たち放課後ティータイムの絆はそんな弱くないよ!」

唯 (あずにゃん…大丈夫だよ、すぐに互いに絶対に忘れられなくなるから)










29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/22(木) 10:54:38.74 ID:STtLYf5U0
梓「そうですよね!私たち放課後ティータイムの絆は永遠ですもんね!」

唯「うん、それにね…たとえ他のみんながあずにゃんを忘れても…」

唯「私は忘れないよ、あずにゃんのこと!」

梓「唯先輩…」

唯「毎日メールもするし、電話もするし…それにあずにゃん分補給しないと…」

梓「先輩…な、なんて言い返したらいいか分からないです!///」

唯「えへへ…それはそうと、あずにゃん焼けたね!」










30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/22(木) 10:58:41.13 ID:STtLYf5U0
梓「唯先輩は…あれ、あんま焼けてないですよ?」

唯「そっかなー、まぁあずにゃんと比べちゃうとね」

梓「うぅー」

唯「ね、あずにゃん!焼けた跡見せて!」

梓「…いいですけど…」

唯「すっごい白くなってる!はっきり分かるんだね!」

梓「唯先輩…あんま見ないでください…恥ずかしいです…」

唯「この辺が、セクシーだね、エロいっ!」











33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/22(木) 11:04:07.68 ID:STtLYf5U0
梓「…やめてください…唯せんぱ…い…」

梓 (あれ、意識がもうろうとする…)

唯「曇ってきたね…中入ろっか」

梓「はい…行きましょ…あっ」

唯「あずにゃん!大丈夫!?」

梓「大丈夫です…一人で…あれ…?」

唯「全然大丈夫そうじゃないよ!私が肩貸すから、ほら!」

梓「はい…すみません…」











35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/22(木) 11:10:48.86 ID:xprzvYSP0
野獣とかした唯











41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/22(木) 12:57:38.57 ID:STtLYf5U0
保守どうもありがとう
再開します


梓 (あれ…ここ…どこ?私…縛られる…?…って!!!)

唯「」ペロペロ

梓「唯先輩!何してるんですか!!」

唯「いいでしょ?あずにゃん!」

梓「やめてください…」

唯「ね、ね、暴れないで!!」

梓 (ハンカチに…なんか薬を…ヤバい!!)










42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/22(木) 13:03:42.38 ID:STtLYf5U0
唯「」トントントン

梓「こんなの…こんなのおかしいです!!!」

唯「暴れないで…暴れないで…」

梓「ん…やめてください!ちょっと本当に…(だめ…抑えきれない…ハンカチが…あっ…)」

梓「うもう!」

唯「気持ちいい?気持ちいいでしょ?」ペロペロペロペロ

梓「う、うん…」

唯「あずにゃんのことが好きだったんだよ!」










43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/22(木) 13:06:32.41 ID:STtLYf5U0
部室

律「おー、唯!ついにやったな!!」

紬「モニターから、ここで梓ちゃんをモノにしてやるっていう唯ちゃんの気迫が伝わってくるわね~」

澪「お、おい!これはまずいだろ…」

律「なんだよ澪~、せっかく唯が意を決したって言うのに~」

澪「で、でも!これはどう見てもアウトだろ!犯罪行為だろ!」










44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/22(木) 13:10:22.26 ID:STtLYf5U0
唯『あずにゃんのことが好きだったんだよ!』

紬「もう~唯ちゃんったら、すっごく強引なアプローチね~~」

澪「いくらなんでも強引すぎるだろ!!」

律「まぁ、ちょっとやりすぎな感じが唯らしいじゃねーか」

澪「好きだからってこんなのおかしいだろ!!」

律「嫌なのか?」










45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/22(木) 13:13:43.54 ID:STtLYf5U0
澪「嫌って…」

律「お前、好きな奴にこういう風に強引に愛されるの…嫌か?」

澪 (な、なにいきなり真面目な顔で見つめるんだよ~律ぅうううう)

澪「わ、わたしは…あっ…いや…じゃ…」

紬 (第二弾も楽しみに待っててね、澪ちゃん、りっちゃん!…ってあれ…?)

紬「誰かが…唯ちゃんの家にやってきましたわ…」










46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/22(木) 13:20:50.58 ID:STtLYf5U0
さわ子「もぅ~なんでせっかくの休日に家庭訪問なんかしなきゃいけないのよ~」

唯『まだ志望校決まってませ~ん』

さわ子「って…唯ちゃん…ほんと大丈夫なの、あの子…」

さわ子「明日までにはちゃんと決めてもらわなきゃならないのに…呼んでも職員室来ないんだもん…」

さわ子「ほんと、初担任早々とんでもない子受け持っちゃったわ…」











47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/22(木) 13:27:38.65 ID:STtLYf5U0
さわ子「」ピーンポーン

さわ子「出てこないわね…留守なのかな…ってこんな家だってかしら…?」

さわ子「山中でーす!平沢さん、ちょっと志望校のこと…あれ、カギ締まってない…」

ガギンッ、ゴドンッ!

さわ子「いくらなんでも不用心すぎるわ、唯ちゃーん、いるー?」

唯「これ吸ってみなよ、あずにゃん…」

梓「せっ…先輩…あっ…ん…」

さわ子「何やってんだあいつら…」










48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/22(木) 13:31:35.22 ID:STtLYf5U0
梓「…ゆ…ゆい…唯先輩…あんっ!…え、あっ…さ、さわ子先生!?」

さわ子「」ニタニタ

唯「え?あ、さわちゃん先生!どしたの?」

梓「な、なんで他人の家に勝手に入ってきてるんですか!?」

さわ子「なーにやってんだお前らぁ。私も仲間に入れてくれよ~」










49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/22(木) 13:39:38.12 ID:STtLYf5U0
梓「な、何やってるって…こ、これは…(レイプ…だよね…?)」

唯「エクソシストごっこだよ」

さわ子「トボケちゃって(笑)」

唯「あずにゃんに憑いた悪魔を私が払ってるとこなんだよ、だから帰ってよ、さわちゃん」

梓 (先生様子がおかしいけど、先生なら助けてくれるかな…?)

唯 「ね、あずにゃん?あずにゃんからも言ってあげなよ…『先生帰って』って」










50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/22(木) 13:44:26.62 ID:STtLYf5U0
梓「先生…た…」

さわ子「なに?あなたたちばっか二人でいい思いしないでよ~」

梓「なんだこのオバサン!」

唯「帰って!!」

さわ子「何がオバサンだぁ~?この野郎…」

さわ子「おい中野、お前今年入ってきた一年で一番態度悪いって言われてるぞ?」










51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/22(木) 13:52:00.94 ID:STtLYf5U0
部室

律「な…なんでさわちゃんが…」

澪「やべえよ…やべえよ…」

紬「これは予想外だわ…面倒ね…」

律「さわちゃん、なんか暴走してるし…」

紬「このままじゃあ、梓ちゃん、唯ちゃんの前でさわ子先生に…(寝取られもいいかも~)」

澪「さっきはあんなこと言ったけど…それじゃさすがに唯が可哀想だぞ!」

紬「(そうね…お友達のためですもの!)行きましょう!さわ子先生を止めに!!」










52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/22(木) 13:59:51.58 ID:STtLYf5U0
律「おっしゃ!ダッシュだ!!」

紬「待って、りっちゃん!!」

澪「ムギ!こんなときに待ってられるか!…え!」

紬「これに乗っていきましょう」

律「ワ…ワゴン車…?」

澪「ムギ…乗れるのか?って…免許は…?」

紬「あるわ!ほら!」











54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/22(木) 14:08:59.12 ID:STtLYf5U0
紬「行くわよ!」

澪「頼む…間に合ってくれよ…」

律「ちょっ…ムギ遅いぞ!」

紬「法定速度ギリギリよ!さすがにこれ以上は…」

律「もっとスピードだせ!おう、早くしろよ」

紬「ダメ!りっちゃん!!あぁっ…!!!」

ガシャン!!










55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/22(木) 14:12:52.38 ID:STtLYf5U0
紬「前の車に当てちゃった…」

澪「やべえよ…やべえよ…」

律「おい、前の車の人降りてきたぞ…」

和「あなたたち、どうしてくれるのよ!?って…」

澪「の、和!?なんで…」











57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/22(木) 14:20:30.24 ID:STtLYf5U0
和「今から仕事よ!…ってもう、遅れちゃうじゃない!」

紬「ごめんね…車…高そうなのに当てちゃって…ベンツでしょ?」

和「センチュリーよ」

律「すまねえ和!私がムギを急かすから…」

紬「いいのよりっちゃん…当てた私が悪いんだから」

和「とにかく、車を傷つけられ、仕事も遅れてしまった」

澪「仕事って、お前受験生だろ!」

和「細かいことはいいの。この埋め合わせはちゃんとしてもらわないとね。」










58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/22(木) 14:25:02.10 ID:STtLYf5U0
和「とりあえず、免許出しなさい」

紬「え?」

和「いいから、あなたの免許渡して!」

紬「は…はい…」

和「じゃあ、車で私についてきて」

澪「免許ないのに運転しちゃいけないだろ!」

和「だから細かいことはいいの。ついてきて埋め合わせしてくれたら返すから」

紬「わかったわ」

和「あと、律、澪。あんたたちもついてきてね?」

澪「私は関係な…」

律「澪!当てた私たちが悪いんだ!」

澪「ただの同乗者なのに…」










59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/22(木) 14:36:34.94 ID:STtLYf5U0
唯の家

梓「さわ子先生…な、なんなんですか!!」

さわ子「とりあえず脱いで…そのスク水…って縛られてるわね」

唯「さわちゃん…帰って…」

さわ子「唯ちゃん…黙っててね」

唯「帰って!あずにゃんに手を出さないで!!」

さわ子「黙ってなさい!!」ドン!

唯「グワっ!!うっ…あ…さわちゃん…あずにゃんに…」

さわ子「なーに言ってるのよ!手を出してたのは自分じゃない」

梓「唯先輩!大丈夫ですか!!」










60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/22(木) 14:44:51.37 ID:STtLYf5U0
梓「最低です!自分の生徒を殴るなんて!唯先輩苦しんでるじゃないですか!」

さわ子「あれ?おかしいこと言う子ね?唯ちゃんはあなたを犯そうとしてたのに…」

梓「!!!そ…それは…」

さわ子「『犯そうとしてた』じゃなくて『犯していた』、だったわね。そういえばあなたもヨガってたわね…」

さわ子「まんざらでもなかった?唯ちゃんに犯されるの?」

梓「そ…それは…薬のせいです!」

さわ子「薬のせいでイッてただけで、別に唯ちゃんに犯されるのがよかったわけじゃないのね?」

梓「そうです…ゆ…あんなことした唯先輩なんか最低です!嫌いです!」

唯「あ…あずにゃん…」










61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/22(木) 14:53:03.95 ID:STtLYf5U0
さわ子「あら、気を失ってたわけじゃなかったのね…」

唯「あずにゃん…そんな…ごめん…」

さわ子「でも動けないくらい私のパンチが効いたみたいね」

さわ子「まぁ念のために、縛っておきましょうか」

唯「…やだ…さわちゃんやめて!!」

さわ子「もお…ちゃんと見学させてあげるから!」

唯「嫌だよお…あずにゃんに…手を出さないで…」

梓「…い、今さら何言ってるんですか!!」

唯「えっ…あずにゃん?」

梓「唯先輩だって…唯先輩がいけないんです!!」










63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/22(木) 14:58:09.00 ID:STtLYf5U0
唯「そんな…そう…だよね…」

さわ子「あら、ちゃんと分かってくれたようね」

梓「先生、あなたも最低です」

さわ子「あらやだ、梓ちゃんの縄、せっかくほどいてあげてるのに」

梓「クソくらえです!」

さわ子「ほんっと生意気ね…教師としてちゃんと指導しないといけないみたいね」










64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/22(木) 15:06:58.42 ID:STtLYf5U0
さわ子「でも先に言っとかないといけないわね、梓ちゃん…私、そっちの気はないの」

梓「そっちの気って…」

さわ子「レズよ。唯ちゃんとは違ってね…あなたもそうかしら?」

梓「私は…別に…」

さわ子「とにかく、女の子には興味ないの。自分で自分は弄るけど…」

梓「あっ…!ん…」

さわ子「敏感ね。繰り返して言うけど女の子には興味ないわ」

さわ子「まぁ他人の女性器なんかに欲情はしないわね…ペニスならまだしも…」











66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/22(木) 15:14:34.28 ID:STtLYf5U0
さわ子「クリトリスって、男で言う陰茎みたいなものって言うけど…」

梓「んぐっ…興味ないなら…あんっ…弄らないでください…」

さわ子「まぁどっからどう見ても別物よね…何もそそらない…」

梓「ん…あんっ…はぁ…はぁ…」

さわ子「息荒くなってきたわね…っていうかおとなしいわね?抵抗したりしないし!」

梓「抵抗したら殴りますよね?唯先輩みたいに」

さわ子「あら、怖がらせちゃったみたいね」

梓「この屈辱は甘んじて耐えてやるです…はぁ…先生が罪悪感に苛まれるまで…あん…」










67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/22(木) 15:21:46.11 ID:STtLYf5U0
さわ子「可愛い声出しながら強がっちゃってw」

梓「先生は…ん…教え子の女の子にこんなことする最低な人間です。良心も何もない…」

梓「はぁ…あんっ…んぐ…あっ…」

さわ子「いやね~、私は生徒指導のためにせっかくの休日を費やす良心的な先生よ!」

梓「あぁっ…バカみたい…」

さわ子「でも、たしかに何やってるの私って思うわ…レズでもないのに」










68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/22(木) 15:29:52.31 ID:STtLYf5U0
さわ子「でもね、気づいちゃったの」

さわ子「男にはペニスがあってヴァギナがない。女はその逆。」

さわ子「でも男も女も共有してるものがあるわ。アナルよ。」

梓「ん…やだ…お尻ぃ…」

さわ子「本来セックスなんてペニスとヴァギナさえあればいいのよ」

さわ子「でも、人間と言う存在はアナルに…もう一つの排泄器官に性感を求めた」

さわ子「馬鹿げた話よね。でも、そんな人間の性への探究心にロマンを感じないかしら?」











70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/22(木) 15:39:03.94 ID:STtLYf5U0
梓「痛い…もう…やめてください…」

唯「さわちゃん…もう…やめて…」

さわ子「あら、唯ちゃん?そう、唯ちゃんはどう思う?レズビアンにとってのアナル…」

唯「え…?ただの…うんこが出る穴じゃん?」

さわ子「じゃあ、うんこが出るときスッキリしたぁ…って思わない…」

唯「うん…」

さわ子「それ、快感じゃない?」










71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/22(木) 15:47:33.03 ID:STtLYf5U0
梓「はぁ…お尻の穴で快感とか…先生ほんと頭おかしいですよね…?んっ…」

さわ子「グリグリしててはじめは痛がってただけだったけど、徐々に色っぽい息が聴こえるようになったのは気のせい?」

梓「そんな…そんなこと…ん…ある…わ…け…」

さわ子「話を戻しましょうね。でも、うんこでるとき気持ちいいのは確かよね?」

さわ子「うんこだって、この指と同じ。ペニスとも同じ。物質よ…大雑把すぎるカテゴライズだけど」

さわ子「うんこ出て気持ちいいなら、指だってペニスだって同じじゃない?」










72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/22(木) 15:57:43.41 ID:STtLYf5U0
梓「痛いし…汚らわしいだけです…ほんと糞以下の理論…です…」

さわ子「まぁ慣れてないから異物感、というかね生理的不快感があるのは仕方ないかもね」

さわ子「でも、梓ちゃん…今…その『慣れ』を身をもって感じてるんじゃないのかしら?」

梓「何を言ってるんですか!」

梓「ひゃう!!」

さわ子「お股濡れてるじゃない」











74 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/22(木) 16:04:44.59 ID:STtLYf5U0
さわ子「ここで先生から問題です。山中さわ子は中野梓さんの肛門を数分間弄っていました。
    その間、山中さわ子は中野梓さんのヴァギナを一度もさわっていません。
    しかし、中野梓さんのヴァギナは湿っていました。これは何故でしょう?」

梓「私が…お尻で感じたって言いたいんですか?」

さわ子「答えは私には分からないわ。だって梓ちゃんの身体のことだもん。」

梓「くそっ…」

さわ子「あなたは分かってるはずだわ。でも認められないだけ。」

梓「違います…絶対に…違います!!!!」

さわ子「必死ね」










75 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/22(木) 16:10:49.32 ID:STtLYf5U0
さわ子「じゃあこうしましょう。もう私はもうあなたのアナルをこの手で触らない」

さわ子「その代わり、あることをする。」

梓「なんでもこいです!」

さわ子「その意気やよし、ってところね。そのあることとは、まとな神経をしてるひとなら確実に不快感を示すでしょうね」

さわ子「感じるどころか、痛がるだけで拒絶し続ければ…あなたはまともだって認めてあげるわ」

梓「ええ、それを証明してあげますよ。変態先生。」











77 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/22(木) 16:17:43.04 ID:STtLYf5U0
さわ子「そんなこと言われなくても分かってるわ。私も、あなたと同類の変態よ。」

梓「違いますから…」

唯「ねえ…やめようよ…」

さわ子「ねえ、唯ちゃん。蝋燭ってある?マッチはもってるからいいわ。」

唯「居間の棚に…ってまさか!」

梓「垂らすんですね?私のお尻の穴に蝋を…」

さわ子「ピンポーン!」

梓「やってやるです!」










78 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/22(木) 16:25:39.60 ID:STtLYf5U0
唯「あずにゃん…さわちゃん…もうやめようよ…」

梓「変態は黙ってください!」

唯「そんな…ごめん…」

梓「眠らせて薬でイカせようとする変態が何を言っても説得力なんてありません!」

さわ子「じゃあ取ってくるわね。逃げちゃだめよ、梓ちゃん。」

梓「誰が逃げるもんですか!」

唯「あずにゃん…こんなことしなくても…」

梓「証明してやるです!私がまともだって証明して…お二人を変態って心の底から罵ってやるです!」










79 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/22(木) 16:34:12.24 ID:STtLYf5U0
唯「あずにゃん…」

梓「…」

唯「今さらこんなこと言っても許してもらえないけど…ごめんなさい…」

唯「でもね、わたし…本当にあずにゃんのこと…好きなんだ…」

唯「卒業したら離れ離れになっちゃうかもしれないし…だから…」

梓「…」

唯「そう思うと、自分の気持ちを抑えきれなくて…・」










80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/22(木) 16:38:14.08 ID:STtLYf5U0
梓「胸糞悪いです」

唯「あずにゃん…」

梓「好きだ…好きだって…好きなら何してもいいんですか!?相手の望まないことやっていいんですか?」

唯「…」

梓「唯先輩の言ってることは、ほんと糞以下の言い訳です!汚らわしい!ただヤリたいだけじゃないですか」

唯「…」

梓「何か言い返してくださいよ!何も言い返せないんですか!?」

唯「…そう…」

唯「あずにゃんとしたくてしたくて…たまらなかった…」










81 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/22(木) 16:45:08.52 ID:STtLYf5U0
唯「さわちゃんが…あずにゃんに無理やりああいうことしてるの見てて、ほんと辛かった」

梓「そうですよね…数十分前の自分がそこにいたんですからね」

唯「あぁ『私があずにゃんを好き』っていう想いは、あんなはしたないものに負けちゃったんだって…」

唯「ほんと自分を許せなくて…嫌で…うぅ…」グスグス…

唯「ごめん、こんな時も…私は自分勝手だね…もう、あずにゃんは私のこと…」

梓「」ギュッ

唯「な…何してんの…?」

梓「抱き締めてるんです」










82 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/22(木) 16:51:00.27 ID:STtLYf5U0
梓「一つ言っていいですか」

唯「はえ?」

梓「唯先輩のこと、さっき嫌いって言いましたよね…あれ、嘘ですから」

唯「え!?わたし、てっきしあずにゃんに…」

梓「無理やり、先輩が私を犯したことはまだ怒ってます」

梓「だけど、私は唯先輩のこと…大好きですから…」チュッ

唯「///」

梓「さっき散々舐めまわしたくせに何顔赤くしてるんですか」










83 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/22(木) 16:55:59.18 ID:STtLYf5U0
唯「だって…だって…///」

梓「もう、本当に先輩はずるいですね…ずるいくらい可愛いんだから…」

梓「私もそうです。変態です。女の子が好きなんだから…」

梓「で、でも…好きになったのは唯先輩だけですから…」

唯「あずにゃんは別に変態なんかじゃ…」

梓「そりゃさわ子先生みたいなのと一緒にされたくはないですけど、それでも世間一般から見たら変態ですよね」










84 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/22(木) 17:01:01.54 ID:STtLYf5U0
唯「ね、あずにゃん?やり直していい?」

梓「何をですか?」

唯「もう一度、好きって言わせてください。あんな形じゃなくて、ちゃんとした形で…」

梓「///」

唯「あずにゃん、大好き…愛してます。」

梓「…私ももう一度言っていいですか…?唯先輩、大好きです!!」











87 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/22(木) 17:06:02.10 ID:STtLYf5U0
唯「ねえ…あずにゃん…頼みがあるんだけど…」

梓「またなんですか?」

唯「縄…ほどいてください…」

梓「さわ子先生に縛られたままでしたよね…いやです!」

唯「そんなあ~」

梓「まだまだ反省が必要です!」

梓「それにしても、さわ子先生戻って来ませんね」


さわ子 (さすがに、空気読んだっつーの!)










88 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/22(木) 17:12:41.76 ID:STtLYf5U0
さわ子「まぁ…あんな空気の中蝋燭持って入っていってもね…」

さわ子「それよりどうしよう…とんでもないことやらかしちゃったわ…」

さわ子「さすがに…あれは懲戒免職ものよね…」

さわ子「ほんとにヤバいわ~…それに、私なにか忘れてるような…」

さわ子「唯ちゃんの志望校!!」

さわ子「職を失う前に、せめて最後は教師と最後の仕事をせめて果たさねば!」











90 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/22(木) 17:16:59.61 ID:STtLYf5U0
さわ子「あの~平沢さ~ん…こんなことを言っても許してもらえないけれどさっきはごめんなさい…」

さわ子「でも…最後に志望校いい加減…あれ、カギが閉まってる…」

梓「さわ子先生!」

さわ子「梓ちゃん…?あの…さっきはゴメンね…」

梓「また学校で」ニコッ

さわ子「え、あの…唯ちゃんの志望校…」

梓「また、学校で」

さわ子「…はい…」










92 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/22(木) 17:21:47.22 ID:STtLYf5U0
さわ子「結局私に残ったのはこの蝋燭だけか…」

さわ子「しかたない…今夜は…自分に垂らしてみますか…トホホ」

------------------

梓 (運がいいですね、今の私は超気分がいいですから!今回の件は黙っておいてあげましょう)

梓 (まぁ、こうして唯先輩と通じ合えたのも…あの変態先生のおかげですから)

梓「唯先輩!玄関の鍵閉めてきましたよ!」

唯「あ、ありがとあずにゃん…ほどいてくれれば私閉めてきたのに」

梓「じゃあ、晴れて恋人同士になったわけですし…やっちゃいますか」











94 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/22(木) 17:26:22.70 ID:STtLYf5U0
唯「え…あ…あの…」

梓「嫌なんですか?」

唯「うれしいけど…この状態で?」

梓「はい、唯先輩は縛られたままです」

唯「な…なにも文句は言えませんけど…あずにゃんこういうの嫌かなぁって…」

梓「何言ってるんですか、言ったじゃないですか…私は変態だって。それに…」

梓「今度は、『合意』じゃないですか…」

唯「…うん!!!!」










95 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/22(木) 17:32:39.65 ID:STtLYf5U0
梓「」ペロペロ

唯「んっ…あずにゃ~んっ!くすぐったいよ~っ!」

梓「さっきのお返しです…ってもう…動かないでください!!やりづらいです!」

唯「だって~…気持ちいいんだもん…大好きな人に猫みたいにペロペロされて」

梓「///」

唯「あずにゃん?」

梓「褒めてください」

唯「え?」

梓「こんな可愛い唯先輩を今まで犯さなかった私を褒めてください!!!」










97 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/22(木) 17:38:17.80 ID:STtLYf5U0
唯「何言ってるのあずにゃん…あずにゃんの方が可愛いよ…」

梓「手足縛られながら真顔で何言ってるですか!…もう」ギュっ…

唯「あずにゃ~ん~~~へへへ」ナデナデ

梓「あったかくて…きもちいい…」

唯「チュッ!隙あり!」

梓「もう!いきなり!?」

梓「…口…開けていてください…」

唯「…うん…」

梓「こっちのキスもしてみましょうか…」レロレロレロ

唯「うぅ…あっ…」










98 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/22(木) 17:43:20.07 ID:STtLYf5U0
梓「はぁ…はぁ…どうですか…」

唯「あずにゃんの舌…あったかかったなぁ…って思った」

梓「唯先輩の舌、甘かったです」

唯「アイスばっかり食べてるからね…へへ…」

唯「あっ…そうだ!あずにゃん、冷蔵庫からアイス持ってきて!」

唯「口移し~~~」










101 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/22(木) 17:49:20.21 ID:STtLYf5U0
梓「わ、わかりました…」

―――――――――――
唯「あずにゃん、まずアイス口に入れて」

梓「はい…へーっほ、ほへへひひへすは?」

唯「ははw何言ってるんだか分かんないw」

梓「んん~~!!」

唯「ごめんごめんw…私にもちょーだい…」

梓「」コク

唯「あーん」

梓「」ヌチャ…

唯「んっ…あ…はっ…」ペロペロ

梓「はぁっ…んっ…」ペロペロペロペロ










103 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/22(木) 17:54:26.26 ID:STtLYf5U0
唯「おいしかったね」

梓「はい!えっと…次は…こっち舐めてください!」

唯「また、ペロペロするの?」

梓「今度は頼んでるんですから、やってください!」

唯「はーい!あずにゃんのためだったら、なんだってやるから!」

梓「///…レイプだけはいやですよ…」

唯「うぅ…」

梓「もう、全部『合意』ですけど…」










105 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/22(木) 18:01:05.07 ID:STtLYf5U0
唯「でもさぁ…『合意』っていうけどさ…」ペロペロ

梓「んっ…」

唯「さすがに、部のみんなとか、他の人の前ではこういうことやるの嫌だよね?」

梓「はぁっ…そうですね…私唯先輩好き好きモードに流されて変なこと言っちゃいましたね…」

唯「まぁ私はあずにゃんが望むなら東京タワーのてっぺんでも、捕まって刑務所入ってもやってあげるけどね」

梓「うれしいですけど…残念です」

唯「お客様、かゆいとこございませんかー~?」ペロペロ

梓「ひゃぁっ!!美容室!?」










107 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/22(木) 18:06:08.43 ID:STtLYf5U0
唯「ここですか~」ペロペロ…

梓「もっもう!ふざけないでください!あっ…ん…」

唯「へへ…あずにゃんかわいいなぁ~」

梓「んんっ!ひゃぁっ!!あっ!!んんっ…!!」

唯「もしかして…イッた?」

梓「///」

唯「かわいかったよ」

梓「可愛いって言うの禁止です…」










108 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/22(木) 18:09:12.16 ID:STtLYf5U0
唯「か・わ・い・い」

梓「バカぁ!!」

唯「へへ、だってかわいいんだもん…」

梓「すぐに言いつけを破ってしまう悪い子には…」

梓「こうです!」

唯「いやん!」

唯「…あれ…縄、解いてくれたの?」










109 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/22(木) 18:12:14.10 ID:STtLYf5U0
梓「はい、唯先輩の手足を自由にしました」

唯「あずにゃん、名君じゃん」

梓「いいえ、暴君です!今から私は唯先輩を使役します!」

唯「え、何するの?なんでもするけど…」

梓「…笑わないでください…」

梓「」ゴニョゴニョ

唯「あははははwww」










110 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/22(木) 18:15:18.76 ID:STtLYf5U0
梓「もう!笑わないって言ったじゃないですか…」

唯「だってwwお尻に蝋燭垂らして…だなんてwww」

梓「はいはい、確かに私はあの時感じてました!もう…」

唯「じゃあ…さわちゃんにお尻弄られて…よかったの?」

梓「それはそうなんですけど…さわ子先輩じゃなくて…」

梓「唯先輩に、やってほしいなって思ってました」

唯「変態!」

梓「…うぅ…」










111 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/22(木) 18:20:28.92 ID:STtLYf5U0
梓「アイス持ってくるときに、ついでに蝋燭も持ってきました」

唯「ちゃっかり変態だね、あずにゃんは」

梓「もぅ!やめてください!…うぅ」

唯「じゃ…こっち向けて…」

唯「う~ん、先に私が舐めちゃお!」

梓「あ…もぅ…いいですけど…」

唯「」ペロペロ

梓「汚くない…ですか…」

唯「ちょっと臭うけど…平沢唯、幸せです!!」










112 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/22(木) 18:24:46.97 ID:STtLYf5U0
梓「あっ…んん…はぁ…ん!?指!!」

唯「だめ!さわちゃんだってやったじゃん…」

梓「あとでちゃんと手を洗ってくださいよ!そのままギター触らないでくださいね!」

唯「はーい!」グチュグチュ

梓「んむっ…あっ…」

唯「」グチュペロ…

梓「指と…舌…いい…」

唯「…そろそろいっかな?」










113 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/22(木) 18:30:30.63 ID:STtLYf5U0
唯「じゃ、火つけるよ」

梓「おねがいします…」

唯「…いろいろ…あったね…」

梓「はい、新歓から…合宿…学園祭…数えきれないですね」

唯「あずにゃん…入ったばかりの頃はちょっとツンツンしてたよね…」

梓「あれは…唯先輩たちが練習もせずにゆるゆるだったから…」

梓「あっ!そうだ!特訓はどうなったんですか!…もう…」

唯「えへへ…もう遅いよ~」

梓「もお~軽音部入ってから、私先輩たちに流されっぱなしです…」

唯「絶対…最後の学園祭ライブ成功させようね」

梓「…はい」

唯「大好き…」










114 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/22(木) 18:32:44.37 ID:STtLYf5U0
唯「じゃあ、いくよ~」

梓「…はい…唯先輩…」

唯「ん?何?」

梓「私も…大好きです」

唯「」ニコっ

梓「ハッ…ハッ…アッー!アーツィ!アーツ!アーツェ!アツゥイ!
  ヒュゥー、アッツ!アツウィー、アツーウィ!アツー、アツーェ!
  すいませへぇぇ~ん!アッアッアッ、アツェ!アツェ!アッー、熱いっす!熱いっす!ーアッ!
  熱いっす!熱いっす!アツェ!アツイ!アツイ!アツイ!アツイ!アツイ!アー・・・アツイ!」

野獣と化した唯編、完










115 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/22(木) 18:35:09.99 ID:STtLYf5U0
こんな駄作をここまで読んでくれた人、ありがとうございました。

一応前の方で、和紬律澪の伏線がほっかりぱなしになってますが
ちょっと疲れましたし飯食いたいのでひとまず休憩させてください

後で書きます。











117 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/22(木) 18:39:40.56 ID:RlqxTtku0
>>115
KYNのセリフ回収が雑杉だろ!いい加減にしろ!











126 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/22(木) 19:16:28.90 ID:STtLYf5U0
保守兄貴たちオッスオッス

そろそろ再開させてもらいます











127 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/22(木) 19:22:41.44 ID:STtLYf5U0
犯された生徒会長編

こんにちわ!平沢憂です!
今日はアルバイトをしに街へやって来ました。
同じクラスの純ちゃんも一緒です!

え、何のバイトをやってるかって?

純「あっ憂!」

憂「あ、純ちゃん!」

純「ごめーん、待たせたー?」

憂「今来たとこだよ」











128 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/22(木) 19:27:24.16 ID:STtLYf5U0
純「ここでいいんだよね、待ち合わせ場所」

憂「うん、下北沢駅前」

純「この街やたらABCマート多いよねー」

憂「だねー」

純「遅いね…先輩…」

憂「どうしたのかな…和ちゃん…」











129 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/22(木) 19:31:32.28 ID:STtLYf5U0
これは、数か月前のことです

和『AVビデオ出よう』 
憂『・・・え、、、』
和『大丈夫だってレズビデオだし、オナニーだけだから』
憂『あ、うん』
和『憂の友達一人連れて来て』
憂『わかった』


憂『AVビデオに出ない?レズビデオだけど』 
純『嫌だよ、、、レズなんか』
憂『断りにくいんだよね。和ちゃん目が本気だったし。。。オナニーだけだって言うから・・・このとおり、いっしょに出よう』
純『しょうがないな・・・』











130 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/22(木) 19:36:10.08 ID:STtLYf5U0
純「あのときは私たち大変だったよね…」

憂「撮影もそうだったけど、バレないかどうか心配で…」

純「そうだよな…いつバレるか分かんないよな…」

憂「あ、でもレズビデオってマイノリティーなジャンルだから見る人少ないしバレにくいって和ちゃん言ってたよ」

純「なら…いいんだけど…」

純「それにしても遅いな…」











131 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/22(木) 19:43:24.70 ID:STtLYf5U0
ワゴン車内

澪「本当によかったのか…?」

律「何が?」

澪「唯たちをあのままにしておいて」

律「仕方ねーし」

澪「無責任すぎるだろ!いい加減にしろ!」

紬「まあまあまあ」

澪「ムギも!お前がぶつかるから…」

律「お前こそいい加減にしろ!」











132 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/22(木) 19:48:34.05 ID:STtLYf5U0
紬「ごめん…澪ちゃん」

澪「……!!」

律「当てたのはムギだ。急かしたのは私だ…確かにお前は関係ない…」

律「だからお前は別に帰っていいぞ、澪。和にはわたしから言っておくから」

澪「…でも…心配だし…」

紬「澪ちゃん、ありがとね…私がちゃんとしてれば…」

律「ムギ…あんま自分ばっかり責めんな…」

澪 (律…ムギばっかり…おもしろくない)











136 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/22(木) 20:29:04.61 ID:STtLYf5U0
小一時間立ってないが再開!

律「…大丈夫だ…」

澪「…何がだ…?」

律「唯たち…たぶん大丈夫だ…」

澪「また、根拠もないことを…」

律「さわちゃんだって…まぁああ見えて良識あるし…梓だってしっかりしてるし…」

澪「それはそうだけどさ…あれはそんなこと言ってられる状況じゃなかっただろ」

律「…信じるしかないだろっ…」

澪 (いつもそうだ…律はいい加減で…)











137 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/22(木) 20:32:27.96 ID:STtLYf5U0
下北沢某ビル

憂「もしかと思って先に撮影所来たけど…やっぱり和ちゃんいないね…」

純「はぁ…ねえ…憂…」

憂「えっ、純ちゃんもう脱いじゃったの?」

純「だって…ここ来たらこの前の撮影のこと思いだしてムラムラしちゃって…」

憂「うぅ…私もそうだけど…」

純「ね、憂も脱ぎなよ」











138 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/22(木) 20:34:47.14 ID:STtLYf5U0
憂「え…?わたし、純ちゃんに脱がせて欲しい…」

純「もう…甘えんぼさんなんだから…普段のキャラとは大違いよ」

憂「だってぇ…」

純「はいはい、ばんざーい、して」

憂「ばんざーい!」

純「はい、いい子いい子。よくできましたね」

憂「へへへ」











139 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/22(木) 20:38:02.55 ID:STtLYf5U0
純「いっつも思うけどさ…憂って見かけによらずおっきいよね、おっぱい」

憂「そうかな~、純ちゃんとあんま変わらないと思うけど…あ、ホック前ね」

純「はいはい。いや、絶対おっきいよ。むしろ見るたびでっかくなってく。」

憂「…なんだか恥ずかしいよ~」

純「いや、ちっちゃいいより全然いいって!」











140 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/22(木) 20:42:07.99 ID:STtLYf5U0
憂「…純ちゃん…」

純「なぁに?憂?」モミモミ

憂「こうして、毎回純ちゃんにこうやって揉まれてると…たしかにおっきくなっちゃうかもね」

純「なぁーんだ、私のおかげか!」モミモミ

憂「…え…あんっ…」

純「おっきくのなるのいや?おっぱい…」モミモミ

憂「嫌っていうか…肩凝るって聞くし…」

憂「でも、純ちゃんに揉まれるの…気持ちいいから好きだよ」










141 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/22(木) 20:48:59.64 ID:STtLYf5U0
純「なぁ憂…こういうの、唯先輩にやってもらいたいか?」

憂「…やめてよ、純ちゃん…いっつも言ってるよね?」

純「ごめん…憂見てるといじめたくなるんだ」

憂「嫌だよ…だって純ちゃん、言って自分で傷ついてるんだもん…」

純「…」

憂「しかたないよ…お姉ちゃん、梓ちゃんのこと好きなんだもん…」

純「それでいいの?憂は…」

憂「一緒に住んでるんだもん…分かるよ…どれだけお姉ちゃんが梓ちゃんのことを好きか…」

憂「私じゃ勝てないよ」










142 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/22(木) 20:54:12.66 ID:STtLYf5U0
憂「梓ちゃんもお姉ちゃんのこと好きだし…もう、時間の問題だよ」

純「…」

憂「キスして」

純「…いいよ」

憂「あ…んっ…」レロレロ

純「んんっ…」レロレロ

憂「ねえ、純ちゃん…純ちゃんはお姉ちゃんじゃないから」

憂「お姉ちゃんの代わりじゃないから」










143 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/22(木) 20:58:47.95 ID:STtLYf5U0
純「わたしね…憂…唯先輩のことを好きな憂をずっと見てきたから」

憂「不安なのは分かるよ…でも、お姉ちゃんはお姉ちゃん、純ちゃんは純ちゃん」

憂「お姉ちゃんは純ちゃんにはなれないの。純ちゃんは私にとって純ちゃんなの」

純「憂…」

憂「私は純ちゃんを求めてるの」

憂「不安になったら何度でも言ってあげる…抱きしめてあげるから」

憂「私が甘えてくなったら甘えさせてね」ニコッ










144 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/22(木) 21:01:59.41 ID:STtLYf5U0
和「ついたわよ」

律「…どこだ…ここは…って憂ちゃん!?それとお友達の…」

純「あ、鈴木純です。」

紬「あらまあ」

澪「な…なんでは、裸なんだ~」

和「あなたたち、撮影前からいちゃつくのは構わないけど本番もちゃんとやってね」

憂&純「はーい」










145 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/22(木) 21:06:31.57 ID:STtLYf5U0
澪「撮影って…」

和「アダルトビデオ」

律「なにぃ!?」

和「大丈夫、レズビデオ。マイノリティーな性癖だからあまり見られないし身元バレしないわ」

澪「そ、そういうことじゃないだろお…」

紬「和ちゃん…さすがに私たちでもやれることとやれないことが」

和「あの車…高いのよね…センチュリー…」










146 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/22(木) 21:12:00.49 ID:STtLYf5U0
律「高いっつったって…ちょっと当たっただけだろ…修理費くらい払うから…」

和「まぁここまでは最後の力を振り絞ってなんとか運転できたけど、着いた瞬間お釈迦にになってしまったわ」

律「嘘つけ!」

和「ほんとよ」

紬「わたしが全額払うから…」

律「だめだ!ムギにだけ全てを負わせられない!」

澪 (まただ…こういう時だけいいカッコしやがって…)











148 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/22(木) 21:18:41.19 ID:STtLYf5U0
和「まぁ2000万くらいはしたわね。保険おりてもけっこうな負担ね。」

和「それを、チャラにしてあげようと思うの。ビデオ一回で。すごくいい話でしょ?」

澪「そんな!無茶苦茶すぎるぞ!」

和「いいじゃない。女同士よ。更衣室で裸見せ合ったり、胸触ったり…あの延長線上と考えればいいのよ…」

紬「わかったわ…私出る」

律「…ムギ一人晒せないから私もやるわ。でも澪は関係ない…ただ車に乗ってただけだから」

和「そう、残念ね…澪がいると絵的にはもっといいんだけど…」










149 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/22(木) 21:21:54.64 ID:STtLYf5U0
律「私たちじゃ不満か?」

和「そんなことないわ。律もムギもすごくかわいいわ。」

澪「お…おい…」

律「心配するなって、大丈夫だから」

澪「なにが大丈夫だ、バカ律!」

和「あら澪、律が心配なの?」










150 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/22(木) 21:25:41.32 ID:STtLYf5U0
澪「そ…そんなことないぞ!ただ、ここまで来て私は関係ないなんて言われるのが不快なんだ」

律「なんだよ、お前!せっかく人が助けてやったのに…」

澪「そんなことお前に頼んでない!」

律「くそっ、バカ澪!お前も出たきゃ出ろ!」

澪「あぁ、出てやるとも!」

紬「まあまあまあ」

和「ま、三人出てくれるみたいね…それに越したことはないわ」










151 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/22(木) 21:33:28.39 ID:STtLYf5U0
和「3人はどういう集まりなんだっけ…?」

律「ジャズ研…」

純 (おい!)

和「同じ部活ってことね、えっとカチューシャのあなたは…」

律「3年で、私が部長です…楽器はドラム」

和「色白の彼女は?」

紬「私も3年で、キーボードやってます」

和「黒髪の彼女は?」

澪「3年で…ベース…」

和「みんな同じ年ね」











153 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/22(木) 21:37:06.69 ID:STtLYf5U0
和「えっとじゃあ…オナニーでもしてもらおっか?」

澪「え?お、な、に」

和「自慰行為よ、保健体育でやったでしょ」

澪「ここ…でか?」

紬「私、公開オナニーするのが前からゆめだったの~」

ピーポーピーポーピーポーピーポー










156 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/22(木) 21:42:57.31 ID:STtLYf5U0
和「えっ何それは?」

紬「え、なんか悪いことをした人たちがぁ、みんなの前でオナニーをしなきゃいけないみたいな」

澪「そんなこと、やりたかったのか?」

紬「え、あ…うん」

和「じゃあいいわ、やってもらいましょう。ちょうど悪いことしたんだし…道路交通法違反。」

紬「え?…やるの?ここで?」

和「前から夢だったんでしょ?みんなの前で公開オナニー」

律「ムギ!!」

紬「いいのよ…りっちゃん…私、やるわ…」










157 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/22(木) 21:48:08.88 ID:STtLYf5U0
和「じゃ、下脱いで」

紬「わかったわ…」

紬「んんっ…あんっ…」グチュグチュ

和「なんかやり慣れてるわね」

紬「あんっ…んっ…はぁっ…」

律「もう、いいだろ?なぁ?」

和「イクまでやってもらうわ」

紬「はぁっ…んっ…あっ…あんっ…あはっ…んっ!!!!」ピューッ

和「あら、オナニーで潮ふいちゃったわ」











160 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/22(木) 22:05:32.71 ID:STtLYf5U0
和「寮でエッチビデオ見たことある?」

律「寮ねーし」

和「そうよね…じゃあ合宿とかで」

律「ねーし…ってか女はそういうの見ないだろ?」

和「あら、AV見る女性もいるわよ。私はレズものだけだけど」

和「なんなら今から見てみる?」











162 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/22(木) 22:11:01.47 ID:STtLYf5U0
『あんっあんっキマシタワー!祥子お姉さまっ!!』

『祐巳っ!祐巳っ!祐巳っ!祐巳っ!祐巳っ!祐巳っ!』

和「どうかしら」

律「別に…どってことねーし」

和「このビデオには愛がある?そう思わない?」

紬「分かるかもしれない…」

和「実際にこの二人の女優は愛しあってるわ」

律「…」










163 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/22(木) 22:15:10.22 ID:STtLYf5U0
和「体だけの関係ってのはあるけれど」

和「愛だけの関係ってありえなくない?」

律「いきなり何聞くんだよ?」

和「プラトニックとか純愛とか言いますけど、好きならしたい。これって真理じゃない…」

律「何が言いたいんだよ…」

和「律、好きならしたいのよ…たとえ相手が男でも女でも」

澪「…」










165 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/22(木) 22:23:45.01 ID:STtLYf5U0
和「それはそうと、ちょっとは興奮してきたんじゃない…」

律「ま…多少はな…こんなもん見せられちゃ…」

和「そろそろ…、カラミ入れましょうか」

律「ちょっと待てよ…心の準備が…」

和「さっきも言ったでしょ。更衣室でじゃれるようなのの延長みたいなものよ」

和「それにムギ一人晒せないって大見得を切ったのは誰?」

律「…しかたねーな…やるよ…」










166 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/22(木) 22:27:55.16 ID:STtLYf5U0
和「憂、純、相手してあげて!」

純「よろしくお願いします、ムギ先輩」

紬「あらまあ」

純「さっきムギ先輩がイッたとこ…かわいかったですよ」

紬「やだ///」

律「お、憂ちゃん!」

憂「律さん…なんかすみません、巻き込んでしまって…」

律「いや、気にしないでいいよ」

憂「大丈夫です。そんな変なことしませんから」










167 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/22(木) 22:33:05.41 ID:STtLYf5U0
純「けっこうおっきいんですね、おっぱい」

紬「好きなの!」

純「はい!好きなんです、おっぱい!…揉んでいいですか?」

紬「…いいわ」

純「はーい!」モミモミ

紬「…けっこういいわね…誰かにやってもらうのも…」










168 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/22(木) 22:41:39.05 ID:STtLYf5U0
純「ムギ先輩かわいいのに…告っちゃえば男でも女でもイチコロですよ!」モミモミ

紬「そうかな…うん…でも、正直言うとどういう距離感を保てばいいか分からないの」

純「え、好きな人…とですか?」

紬「私…今までどんな人ともある程度距離を保って生きてきたから…」

純「え、でも仲いいじゃないですか。軽音部のみなさん」

紬「うん、りっちゃんも…澪ちゃんも…唯ちゃんも…梓ちゃんも…初めてなのかもしれないね、みんなみたいな存在は」

紬「でもね…友達としての距離感は分かるわ。でも、それ以上近い距離って…」

紬「怖いの」










169 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/22(木) 22:47:42.25 ID:STtLYf5U0
純「分かるかもしれない…」

純「実際に、今私は友達だった子と付き合ってるんです」

純「でも、実際に付き合ってみると…付き合ってるとき以上に不安で…」

純「そういう私の不安を感じ取って、相手も不安にさせてしまって…」

紬「うん…友達より近い距離を選ぶってことは…友達としての距離を失ってしまうことだと思うの」

紬「だから…私は踏み出せない…」











171 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/22(木) 22:54:17.15 ID:STtLYf5U0
紬「だから私ね、純ちゃんすごいと思うわ」

純「え?」

紬「踏み出したんだもん」

純「そんな…踏み出す前よりも苦しんでるだけですよ」

紬「でも、私には眩しく見える」

紬「愛が友情に勝るもの、だなんて思わない。でも、自分の中の愛を尊重して、それと共に前に進める」

紬「それってすごいことだと思う…私にはそれができないから…」

純「ムギ先輩…」










172 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/22(木) 23:02:59.37 ID:STtLYf5U0
純「貝合わせ…やってみませんか?」

紬「貝合わせ?なんですかそれは?」

純「お互いのヴァギナを合わせてこすりつけるんです」

純「私、コレ好きなんです…これやってる間はほんと私のためだけにそばにいてくれる気がして…」

純「コレ、ムギ先輩とやってみたいんです…あ、浮気心とかそういうんじゃなくて…」

紬「なんだか恥ずかしそうだけど…やってみたいです!」










173 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/22(木) 23:10:04.63 ID:STtLYf5U0
紬「こんな感じ?」

純「そうです、こうです」

紬「わたし、毛濃くない?」

純「そんなこと、ないですよ…カワイイです」

紬「///」

純「股と股を広げあって、あそこを擦りつける…かっこだけ見たら滑稽ですよね」

純「なんか…私の悩んでることなんてこれくらい馬鹿らしいですよね…そう思いませんか」

紬「バカらしくないわ、純ちゃんも、貝合わせも」

純「ムギ先輩…ありがとうございます…」










174 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/22(木) 23:16:28.21 ID:STtLYf5U0
律「憂ちゃん、さわちゃんの言ってたとーりだな」

憂「え?何がですか?」

律「おっぱい。確実に唯よりは大きいわな…これ…」

憂「最近よく言われるんです…律さんも…おっぱい大きい人好きですか?」

律「うーん、好きっていうかさー…私胸ないからあこがれちゃうよな~」

憂「ふふっ…」

律「あっわらったなー!!」

憂「ごめんなさい、でも、なんか律さんらしいなーって」










176 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/22(木) 23:23:00.86 ID:STtLYf5U0
律「私らしいって?」

憂「元気で、明るくて、ユーモラスで、お調子者で…」

律「いい加減で、無責任で、いい恰好つけで…」

憂「そ…そんなこと…」

律「ごめんな…憂ちゃん…でもそう思われてるのさ」

憂「でも律さんのことを悪く思ってる人なんていませんよ!」

律「分かんない…でも見切りつけられてるんだろうな…いい加減」










177 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/22(木) 23:29:52.20 ID:STtLYf5U0
律「なぁ憂ちゃん…抱いてくれよ…」

憂「なんで…そんな自暴自棄なんですか…」

律「別に自暴自棄なんかじゃないし…それにそれはこういうお仕事だろ?」

憂「嫌です!確かに…こんなアルバイトしてる私が言うのも変だけど…」

憂「今の律さん抱くのは嫌!」

憂「見切ってるのは…律さんの方じゃないですか…なんで勝手に決め付けるんですか…!!」










178 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/22(木) 23:36:12.29 ID:STtLYf5U0
律「憂ちゃん…」

律「…そうだよな、バカなのはいつも私だよな」

----------------

和「ねえ…澪…いつまであなたはそうしてるの?」

澪「だって…」

和「出るっていったのはあなたでしょ?とりあえず上着脱いで?」

澪「やだ」

和「やだって…あなた…」

澪「ミエナイキコエナイ」

和「なんだ、あなた…根性無しね」










179 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/22(木) 23:40:35.25 ID:STtLYf5U0
和「こんなんじゃ商品にならないのよ」

澪「…」

和「こっちの事情も考えてよ」

和「もう…服着たままでいいから」ズルッ

和「舐めて」

澪「…やだ…」

和「え、クンニもできないの?そんなんじゃ甘いわよ?」










180 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/22(木) 23:46:00.06 ID:STtLYf5U0
澪「和…やだよ…嫌なものは嫌だ!!」

和「やらないの?舐めてよ、怒ってんの?」

和「あのさあ…」

澪「…!!」

律「おい、調子こいてんじゃねーぞ!このメガネ!」

律「レズのくせによー!なにが舐めろだァ!?お前が舐めろよ!うまいんだろー?ほら舐めろよ!」

澪「り…律ぅ…」











182 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/22(木) 23:50:16.03 ID:STtLYf5U0
和「あら…あなたが舐めさせてくれるの?なら、遠慮なく…」

律「おい、和…お前言ってたよな?」

和「何を?」

律「好きならしたい、って」

律「じゃあ、好きじゃないならしたくないだろ!なぁ澪!」

澪「…の…和は友達として好きだけど…そういうことがしたい好きじゃない!!」

和「澪…」










183 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/22(木) 23:58:09.38 ID:STtLYf5U0
和「私は、そういうこと関係なく、あなたとしたいわ…澪」

律「おい!まだ言うか!澪は、嫌がってるんだぞ!!」

澪 (そうか…ばかなのは私か…)

律「お前の理屈を…澪に!澪に求めるなァ!!」

澪 (いい加減で、無責任で、いい格好つけで…)

律『お父さんがね?緊張した時は客をジャガイモだと思えと言ってたの』

澪 (でも、いつも私を笑わせて…助けてくれるのは…)

律『でも私はジャガイモのマネはできないからパイナップル!』










184 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/23(金) 00:03:00.76 ID:Mxqj0zX10
澪「和、そういうことをするなら私は好きな人としたい」

和「澪…」

澪「だから、ごめん…律、帰ろ?」

律「あ…うん…」

和「ちょっと待ちなさい!」

紬「和ちゃん、私じゃだめかしら?」

和「ちょっと…ねえ…」

紬「舐めろよ」










185 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/23(金) 00:08:52.45 ID:Mxqj0zX10
澪「律…ちょっと頼みごとがあるんだけど…」

律「私も…ちょっと頼みが…」

澪&律「手をつないで帰らないか!?」

澪「ちょっと…」

律「なんだよw」

澪「ははwww」

律「はははwww」

澪「好きだぞ」ボソ

律「なんか言ったか?」

澪「ううん、なんでも!」

澪 (はっきり言えるようになるのは…まだかな?)

律 (でも…いつかは…)

紬「プロなのに松葉崩しも分かんないの?」

犯された生徒会長編 完










187 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/23(金) 00:14:24.40 ID:+HIXWZYN0
追いついた
たまげたなあ……

これはひどいwww










188 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/23(金) 00:14:19.83 ID:Mxqj0zX10
見てくれた兄貴たちオッスオッス!
はじめは淫夢四章のプロットを丸々使ったパロディにするつもりでしたが…
肉棒もない雌共を雄野郎たちの濃厚な物語に当てはめるのは無理がありましたw
完璧な淫夢パロを期待して読んだ人すみません…

えっと…書き疲れました。
澪律のエロとかは書かなくてもいいかなー、って思ったけど
後日談で書いてもらいたいという声があれば明日書きます。
最後に拙い作者でありましたが、ここまでどうもありがとうございました。









193 :ID変わったけど>>1:2010/07/23(金) 00:49:18.73 ID:Mxqj0zX10
和「まったく私も舐められたものね」

紬「舐めたのは和ちゃんですけど」

和「誰が上手いこと…」

和「次の一歩を踏み出そうとする律の手助けを…ねえ…」

紬「いけませんか?」

和「普通に足止めすればよかったんじゃない?なんでレイプするのよ」








194 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/23(金) 00:55:14.23 ID:Mxqj0zX10
紬「いや、犯された生徒会長編とか言っちゃったし…」

和「うわあ…」

紬「でも、私…いやじゃなかったわ…意外とよかった」

和「私は嫌だったわ…犯されて感じるとか…決してM性感じゃないですから」

紬「あら、犯すのはよくて?」

和「なんのことよ?」

紬「澪ちゃんのことよ。すっごい無理矢理やろうって感じがしたけど…」

和「レイプするつもりなんてありませんでした」
  
和「あれはあなたとすごくしたい、っていう意思表示」








195 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/23(金) 00:59:27.39 ID:Mxqj0zX10
紬「もう、なんでそんな性的に歪んじゃったんですか?」

和「あら、あなただってビアンのくせに?」

紬「そうじゃなくて、愛とか関係なくやりたい!なんて思うようになったの?」

和「これ…話さないといけないの?」

紬「なになに!気になるわ!」

和「ふられちゃったのよ、あまり遠くない昔の話」








196 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/23(金) 01:04:20.67 ID:Mxqj0zX10
紬「誰に?」

和「な…なんとなく察しがつかない?」

紬「私の知ってる人ですか?」

和「あえて…名前は出さないわ…ある幼馴染の女の子ね」

紬「ふむふむ」

和「死ぬか生きるか、ってくらい思い悩んで告白したの」

和「そして『和ちゃんは友達だよぉ!』って、悪気のない笑顔でね」

和「悲しいとか、そんな死ぬか生きるかとか…そんなこと考えるのが馬鹿馬鹿しくなるような笑顔だったわ」









198 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/23(金) 01:11:05.34 ID:Mxqj0zX10
和「向こうの性格もあって、まぁ友達として続いてはいるけど…」

和「でもその結果としてね、誰かに愛を求められなくなった自分が生まれたの」

紬「怖くなっちゃったの」

和「つまりはそういうことね。そして性欲だけが残って以上発達した、と」

紬「和ちゃん、男の子に生まれなくてよかったね」

和「そうね、間違えなくそう思うわ」








199 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/23(金) 01:15:19.95 ID:Mxqj0zX10
紬「ねえ、私たちお似合いだと思わない?」

和「振られたもの同士だから?」

紬「うん」

和「あのねえ…ストレートもバイもゲイもレズも」

和「生まれてから振られることなく生涯をまっとうできる人なんてそんなにいないわよ」

紬「それは、そういうデータがあるのですか?」

和「ソースは私よ」








200 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/23(金) 01:19:08.30 ID:Mxqj0zX10
和「まぁそうであってほしい、という願いね」

和「あぁ…世の中にこういう苦しみを知らない人間がいると思うだけで嫌になっちゃうわ」

紬「でもね、和ちゃん…付き合ったって苦しいのよ?想いが通じ合ったって」

和「ソースは?」

紬「私じゃないけど」

和「じゃあ信用できるかしらねえ…」










201 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/23(金) 01:23:17.94 ID:Mxqj0zX10
紬「ちょっとそれ、いくらなんでも失礼ですよ!」

和「だってなんかムギ、うさんくさいんだもん」

紬「うさんくさいの…?私…?」

和「お嬢様なのに世話好きで…周りと溶け込めてるのに、妙に世間知らずで…」

和「なんか珍しい生き物ね」

紬「ガーン」

紬「え、あれ?私、溶け込めてる?」








202 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/23(金) 01:29:59.46 ID:Mxqj0zX10
和「溶け込めてるわよ…少なくとも私よりは友達多いと思うけど…」

紬「じゃあ、和ちゃんとは?」

和「溶け込めてなかったら、こんなとこ二人で来るはずないでしょ!!」

和「もう…なんだか落ち着かないわ…この内装…」

紬「え、かわいいじゃない?」

和「ピンクピンクピンクピンクピンクピンク」

和「誰よもう…エッチなムードと言えばピンクだなんてはじめに考えた人!」








203 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/23(金) 01:34:24.90 ID:Mxqj0zX10
紬「まあまあまあまあまあまあまあまあ」

和「ムギ、上機嫌ね」

紬「私、おっきなハート型のベッドで寝っ転がるのが夢だったの~」

和「やっすい夢ね」

紬「夢だったんだもん…」

和「はいはい夢を笑ってごめんなさい」

紬「好きな人と一緒に寝っ転がるのが…」








204 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/23(金) 01:39:54.51 ID:Mxqj0zX10
和「ねぇ…本当に私の好きなの?」

紬「イエス」

和「肉欲しかないブサイクなメガネ女でも」

紬「少なくともブサイクではないわ」

和「お世辞がお上手」

紬「けっこうなご謙遜で」

紬「好きよ」








205 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/23(金) 01:44:04.67 ID:Mxqj0zX10
和「ねえ…さっきの話…あれも本当?」

紬「なんの話ですか?」

和「想いが通じ合っても辛いっていうの…」

紬「本当よ…たぶん…」

紬「でもね、そういう辛さも含めて幸せだと思うの」

紬「ほら、辛に一本棒をたせば、幸!」

和「ほとんど辛いじゃない」

和「でもまぁ…悪くないかもね…」








206 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/23(金) 01:47:02.56 ID:Mxqj0zX10
和「ねえムギ…そろそろ…」

紬「我慢の限界ですか?」

和「はい、そうでございます」

紬「よろしい、すきにしたまえ」

和「では遠慮なく」ペロペロ

紬「…んっ…和ちゃん…太ももばっかり…」

和「さっきからずっと気になっていたのよ!」








207 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/23(金) 02:00:13.76 ID:Mxqj0zX10
紬「まさか和ちゃん、好きなおかずは先に食べちゃうタイプですか?」

和「あらまあ大正解」

紬「そういや唯ちゃん、ケーキのイチゴ食べられたって怒ってたわね」

和「ムギの太ももは生クリームみたいだわ」

紬「和ちゃんらしくない比喩」

和「無駄にユーモアきかせた結果がこれね」









208 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/23(金) 02:05:33.46 ID:Mxqj0zX10
和「じゃあ口の代わりに舌と手を動かすとしますか」ペロペロ

紬「んっ…はずかしいわ…マジかでアソコ見られるの…舐められるのはいいけど」

和「舐められるのはいいのに?」

紬「だって、お世辞にもこれきれいな形してるとはいえないでしょ~いやよ、そんなもの見つめられるの」

和「冷静にみればそうね…じゃあ目、つぶろうか?」

紬「それよりも…貝合わせ…してほしいな」

和「またまた大胆な…」









210 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/23(金) 02:15:59.87 ID:Mxqj0zX10
和「でも私、嫌いじゃないわよ…貝合わせ」

和「エッチってだいたい攻めと受けのコミュニケーションだけど、これはその原則からはずれるからね」

紬「盾と盾がぶつかりあってるのよね」

和「これ以上平等なプレイってないと思うわ」ぐちゅぐちゅ

紬「いいわよね~」ぐちゅぐちゅ

和「こうやって、キスもできるしね」レロレロ

紬「…んぐっ…あん…キスもそういえば攻めと受けがないわよね」

和「でも舌は突起物だし、一方がひっこめちゃえば攻めと受けになるわよ」

紬「じゃあ貝合わせ最強ね」

和「そうなるわね」

和「女に生まれてよかったわ…」








211 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/23(金) 02:23:55.11 ID:Mxqj0zX10
紬「でしょ?私もそう思うわ~」

和「なんか久しぶりに充実したわ」

紬「エッチが?」

和「そう、エッチが。幸せってこういうこと…なのかな?」

紬「え~結局エッチなの?そこに答えを見出しちゃうの?」

和「えっ何言ってるの?…違う違う……そう、エッチよ」

和「ほら見なさい、『幸』って字…よく見るとHが二つも隠れているから」

紬「苦しいよ…和ちゃん」

ムギ和編完









213 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/23(金) 02:27:41.10 ID:Mxqj0zX10
えっと、律澪は明日必ず書きます…とりあえず寝かせてください…
スレが落ちてなかったらここに書きますし、落ちたら…まぁそんときはそんときで…

ではスレを読んでくれた兄貴たちに感謝をしつつ、おやすみさせて頂きます









220 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/23(金) 07:38:57.13 ID:Mxqj0zX10
自分、IDチェックいいすか?

じゃあ続き書くから(棒読み)









222 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/23(金) 07:51:06.04 ID:Mxqj0zX10
澪「ちがう!そのhはちがうんだ!」

律「はぁ!?何が違うんだよ!」

澪「そんなこと私に聞くな!でもおかしいだろ!」

澪「だいたい、hourをホワーだなんて発音する外人いないだろ!」

律「いや…でも、hついてるし…せっかくあるんだから発音してやんねーと」








223 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/23(金) 07:56:21.11 ID:Mxqj0zX10
澪「なんか律儀だな…でも、このhは発音しないんだ、だから発音としてはourと一緒なんだ」

律「じゃあ、このhはいらない子なのか?」

澪「うん…まぁ…この場合ではいらない子だな」

律「可哀想だな」

澪「可哀想って言うか…仕方ないだろ!文句あるならイギリス人に言え!」

律「まったく、めんどくせーな…発音問題」








224 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/23(金) 08:04:32.69 ID:Mxqj0zX10
澪「その気持ちはわかるな」

律「英語ってさー、なんか暗号解読みたいなもんじゃん?」

澪「長文読解とかはそうだな。自分の文法知識と語彙から、文の意味を導き出すんだから」

律「でも、発音問題ってそれとは別物じゃん?」

澪「そうだな…私たちは英語を言語というよりは、記号として勉強してるようなもんだからな」

律「そうそう、だからhは発音しないとか、rは巻き舌だとか、気にしてねーっつーの」

澪「実際配点低いしな」








225 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/23(金) 08:10:05.08 ID:Mxqj0zX10
律「あー、いちいちきりないぜー…やってられないよ」

澪「頑張るんだ律…分からないところはなるべく教えてやるから」

律「そだな…んにしても…あっついなあ…」

律「なぁ澪…」

澪「なんだ?」

律「お前結構さ、面倒見がいいっていうかさー…頼れる女だよな?」

澪「何を言い出すんだ、いきなり」








226 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/23(金) 08:15:09.09 ID:Mxqj0zX10
律「いや…こうして私の勉強に付き合ってくれたりとかさ…」

澪「まぁ人に教えることで、自分の実力がつくってのもあるし…」

律「梓が部の雰囲気になじめなくて辞めそうになったときも、お前だけがそんな梓の気持ちをくみ取ってたし…」

澪「あれは…見てれば分かるし…気づかないお前らがおかしかったんだぞ」

律「なー、なんかすっげーよな」

澪「褒めてどうする気だ?」

律「おっぱい…揉ませてください」








227 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/23(金) 08:20:43.44 ID:Mxqj0zX10
澪「うつけ」ドカッ

律「いて―っ」

澪「自業自得だ」

律「いやー、でも私~、澪ちゅわぁんすっご~いとほんとに思ってますよ~」

律「ただそのバイオレンスなところは直してもらえると、もっといいかな~」

澪「でも、律以外は私殴らないぞ」








228 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/23(金) 08:26:33.06 ID:Mxqj0zX10
律「たしかに…そうだよな」

澪「むしろバイオレンスなのはお前だろ」

澪「唯殴るし、梓にヘッドロックするし…ムギもぶっちゃったんだろ?」

律「あれ?そーですね」

澪「それに、私はお前が変な言動をするから殴ってるんだ。正当な理由だろ?」

律「それだったら、私だって…まぁツッコミの一環と言いますか…正当ですよね?」

澪「まぁ、正当じゃない理由でいちいち人を殴るような奴とは付き合えんしな」

律「だな」








229 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/23(金) 08:30:07.48 ID:Mxqj0zX10
律「なぁ…澪?じゃあお前っていつ頃から私を殴るようになったんだっけ?」

澪「最初から…じゃないよな、そんな仲じゃなかったし」

律「人なんかとても殴れないくらい内気で恥ずかしがり屋さんだったもんな」

澪「うるさいな」

澪「うん…でも、いつごろだったかな…」








230 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/23(金) 08:41:46.61 ID:Mxqj0zX10
澪「律が私にちょっかいかけてくるのは、今も昔も同じだろ?」

律「うん、だっておもしろいんだもん」

澪「小学生のころは、内気だったけど…だんだん難しい年頃になっていくじゃないか」

澪「いろんなことでイライラしてたなあ…まぁなるべくコントロールしようと努めてたんだが…」

律「私に対しては全開でしたよね」

澪「なんだろうな…律に対しては遠慮なかったよなあ…」









231 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/23(金) 08:48:09.84 ID:Mxqj0zX10
澪「律なら、どんだけ酷いこと言っても大丈夫っていうか…」

澪「何しても私のもとから離れていかないだろうな、っていう安心感があったよな」

律「どんだけ都合のいい女なんだ、私は」

澪「いや、そう言いたいわけじゃないけど…てか、お前の私だろ、それは!」

律「なんだそれは…人聞きが悪いな」

澪「テスト前は泣きついてくるし…文芸部入りたかったのに、無理やり軽音部入部させるし…」








232 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/23(金) 08:54:12.55 ID:Mxqj0zX10
律「いや…それに関しては…」

澪「弁解の余地なしか?」

律「確かに過度に頼り切っているのは確かですが…」

律「それとは別にですねえ…こっちも必死なんですよ」

澪「何に?」

律「澪ちゃんと何かの理由をつけて、一緒にいたいって…」








233 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/23(金) 08:58:33.88 ID:Mxqj0zX10
澪「///」

律「あの~澪しゃん?」

澪「///」

律「なんか言い返してくれないと…こっちも…」

澪「///」

律「恥ずかしい…///」

澪「///」

律「///」










234 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/23(金) 09:03:31.35 ID:Mxqj0zX10
澪「」

律「」

澪「」

律「…あのですね…澪しゃん!」

澪「!」

律「好きです」

澪「…この…タイミングでか?」

律「いや…このタイミングでと思ったんだが…」

澪「ロマンチックじゃないかな~…って」

律「そうですね…君を見てるといつもハートDOKI☆DOKIな澪さんには、全然ロマンチックじゃないですよね」

澪「…ドキドキはしたけどな…まぁいつものことだけど」








235 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/23(金) 09:08:00.16 ID:Mxqj0zX10
律「…おい…澪…」

澪「私も…言わなきゃだめか?」

律「…言ってくれると…うれしい」

澪「律、好きだ…」

律「うわぁ…感激…」

澪「」

律「?…澪?」

澪「」

律「固まってら」








236 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/23(金) 09:11:07.85 ID:Mxqj0zX10
澪「おっと…いかんいかん」

律「戻ってこられたか」

澪「予想以上に衝撃が強くてな…言うのも言われるのも…」

律「分かります」

澪「言葉になった瞬間…なんか変わってしまったな…すべてが…」

律「ところで澪…おっぱい揉ませて!」

澪「死ね」ゴン!








237 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/23(金) 09:16:05.57 ID:Mxqj0zX10
律「なんだよ~いってえな~…」

律「恋人同士が誰もいない家の中で二人きり…いや、もう…辛抱ならないんだよ!」

澪「ちょっと…律…バカ…」

律「いやなのか…?私はしたくてたまらないぞ…?好きだから?」

澪「…もう…」

律「嫌なら…いいけどさ…それだと後味悪いし…まぁ、意思表示くらいはさせてくれよ…」

澪「私も…嫌じゃない…でも、反射的に殴ってしまった」








238 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/23(金) 09:22:50.11 ID:Mxqj0zX10
澪「だって…あの空気で…いきなり『おっぱい揉ませて』だもん」

律「ロマンチスト秋山澪としては、そんなのは許し難くついカッとなって…ですか?」

澪「でも…いいぞ…律…」

律「じゃ…遠慮なく…」モミモミ

澪「…あんっ…や…はぁっ…」

律「おい、澪…服の上からじゃなくて…直接…」モミモミ

澪「はんっ…あっ…脱げってことか…?」

律「嫌ですか~?」モミモミ

澪「んっ…もぅっ…風呂入った時に見られてるんだから…勝手にしろっ!…」








239 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/23(金) 09:30:41.00 ID:Mxqj0zX10
澪「…脱ぐぞ!」

律「あ…タンマ…私に脱がせて!」

澪「…バカりつぅ…」

律「やってみたかったんだよ…下着大人っぽいんだな…」

澪「縞パンで恥かいたからな…」

律「あれはあれでよかったけどな…」

澪「バカっ…!」








241 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/23(金) 09:34:10.46 ID:Mxqj0zX10
律「おっくくて…きれいだな…」

澪「はずかしい…」

律「それでは」モミモミ

澪「あっ…もうっ…いきなりっ…んっ…」

律「マシュマロみたいにふーわふわ♪」モミモミ

澪「ふざけるなっ…んふっ…あっ…」

律「さっきより感じてるなぁ…おっし!じゃあ」モミモミ

澪「おいっ…ちくびっ…舐めるな…あっ…」

律「」ペロペロ









242 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/23(金) 09:40:05.10 ID:Mxqj0zX10
律「お嬢ちゃん、いいおっぱいですな~」ペロペロ

澪「んっ…気にしてるんだぞぅっ…はっあんっ…」

澪「目立つし…律の控え目な胸が羨ましい…」

律「こっちはこっちで気にしてるんだぞ!もぅ!」

澪「やめろ!歯立てるのやめて!」

律「大丈夫!噛まないから…そーっと、そっと」

澪「あんっ…もぅ…」








243 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/23(金) 09:44:16.10 ID:Mxqj0zX10
澪「なぁ…んっ…律ぅ…」

律「ん?」ペロペロ

澪「お前ばっかりっ…ずるいぞぉ…私も…律の胸…」

律「嗜むほどもありませんが」

澪「いいんだっ…律のがいいんだ…」

律「そこまでいうなら…ほれっ」

澪「りつぅ…」モミモミ








244 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/23(金) 09:50:48.63 ID:Mxqj0zX10
律「んっ…澪の手おっきいな…ほら、つかむほどもないだろ?」

澪「確かに」

律「だから…ほら…もうっ…いいじゃんっ…んっ…」

澪「感じてる律かわいいな」モミモミ

律「…もう…っ」

澪「ねぇ…律ぅ…こういうのはどうだ?」








245 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/23(金) 10:02:49.00 ID:Mxqj0zX10
律「澪のおっぱいが…わたしのと…」

澪「こうやって抱き合うの…どうだ?」すりすり

律「いいな…これっ…」すりすり

澪「こうやってっ…律と密着するのって…たぶん初めてだよな…いつも一緒にいたけど」

律「これは近づきすぎだけどな…」

澪「キスして」

律「喜んで」チュっ








246 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/23(金) 10:09:48.42 ID:Mxqj0zX10
澪「んっ…はぁ…あんっ…」レロレロ

律「あはっ…んっ…んっ…」レロレロ

澪「はぁ…はぁ…よかった…」

律「…なぁ澪…時間って、Hしてる私たちだよな?」

澪「…?わけわからんぞ?」

律「いや、ホワーのこと!」

澪「hourか」









248 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/23(金) 10:14:03.88 ID:Mxqj0zX10
律「Hしてるour」

澪「つまらんぞ…それに、ourは所有格、『私たちの』だ」

律「いいじゃん、細かいことは!」

澪「なんだよ!…もう…」

律「ふわふわ時間ですね、これって」

澪「意味分からん!」

澪律編完








249 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/23(金) 10:19:26.77 ID:Mxqj0zX10
オッスオッス…これで完結ということでいいっすか?
唯梓派なので、なんか他のキャラのカラミは自分でもうまく乗れず…
せいいっぱいやってみましたが力不足なのは否めないです
もはや淫夢関係なし

>>164兄貴が見事に自分の言いたかったことを拾ってくれて感動した…
とにかく読んでくれた兄貴たち、オッツオッツっす!しゃぶるよ









253 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/23(金) 12:41:36.08 ID:7d7OsfjxO
純憂編も完結させて差し上げろ










この記事をリンクする?:


[ 2010/08/15 20:00 ] けいおん!SS | TB(0) | CM(6) | このエントリーを含むはてなブックマーク


5人はどういう関係なんだっけ?
[ 2010/08/16 00:29 ] [ 編集 ]


ジャズ研
[ 2010/08/16 10:52 ] [ 編集 ]


(大嘘)
[ 2010/08/16 23:49 ] [ 編集 ]


え、なにこのSSは(ドン引き)
[ 2010/08/17 13:00 ] [ 編集 ]


ああ^~いいっすねぇ~
[ 2010/08/17 22:54 ] [ 編集 ]


最後が寒かった(小学生並みの感想)
[ 2010/10/03 23:38 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

yamisoku

Author:yamisoku
けいおん系SSばっかりです。


ひさびさに左上更新してみましたw


とはいえ特に書く事もありませんが(笑)


このブログも開設から1年以上経過するんですね…


とりあえず「けいおん!!」のアニメが終わるまでは頑張って更新し続けたいと思います
2010年7月24日


TOP絵、リンク&RSS、まとめ依頼、募集中!↓


このブログについて

アクセスランキング
お世話になっているサイト様
SS
戯言ニュース
ニュー速VIPコレクション
はみ出者が見てたm9(^Д^)
糞虫の館
エレファント速報WLVS
世界一かわいいよ!
SSちゃんねる
SS速報

VIP
犬速VIP@わんわんおwww
ぐる速
ヒロイモノ中毒
フライドチキンは空をとぶ
ねとねた
hyukkyyyが見る2ちゃんねる
なんでも(=´∇`=)ちゃんねる
あじゃじゃしたー
じー速

ニュース
世界って広くね(;゚Д゚)
未定なブログ
とりのまるやき
Hyper News 2ch
デジタルニューススレッド
仰天ニュース( ;゚Д゚)
危ないニュース<キ`Д´>
日本語でおk
アゲハント最高!!
心ニュース
痛ニュー速報!
そら速
事故物件.com

まとめ
やる夫.jp
ニュースレ倉庫
New discovery
Newgle

日記
侮ログ
幸か不幸か家族計画
笑ってほのぼのとして軽く泣けるはなし(と不思議話と怖い話)
ムズ痒いブログ
出逢い系ちゃんねる

アニメ・ゲーム
To LOVEる -とらぶる- 考察
ゲハ速
てるぽんFLASH!
萌えるニュース
も・え・つー☆
あみみ

動画
YouTubeニコニコ日和

画像
ヴィブロ
気まぐれブログ
ナナ速
クマ速報

18禁画像
zipでやるお( ^ω^)
がぞー速報
画像スレとらのあな
エロの向こうがわ
セクシーニュース24
エロ画像速報
萌画VIP
ピーチ速報
zipからきました
AV女優おっぱいこれくしょん

18禁動画
えろどうが~無料エロ動画~
有料アダルトサイト比較


アンテナサイト
ショボンあんてな(´・ω・`)
2chnavi
2chまとめ
ブーンあんてな
まとめアンティーナ
もきゆ(´ω`*)あんてな


にほんブログ村 ネットブログ 2ちゃんねるへ

相互RSSサイト様
【SS宝庫】みんなの暇つぶし
たん速
ドルジ速報
マジキチ速報
ニュース2ちゃんねる
茶速
テラワロスVIP
音楽業界を目指す学生

相互リンク申請中


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アクセスランキング ブログパーツ