闇速

けいおん!系SSを中心に、2ちゃんねるからSSスレを独断と偏見でまとめてます。
最新ニュース

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




この記事をリンクする?:


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | このエントリーを含むはてなブックマーク

憂「お姉ちゃん……出ないよ……」 

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/10(火) 09:01:16.92 ID:igYmlxKB0

うい~あいす~、うい~あい~す~
セミが騒がしく鳴くのをやめ少し静かになる夜
かわりに鳴き始めるのがこの姉である

憂「はーい、お姉ちゃん待ってね~」

唯「いちごがいい~いちご~」

憂「わかったよ~いちごね」

憂はアイスに飢える唯に急かされるように冷蔵庫へ向かい
最上段の冷凍室の扉を開けた








2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/10(火) 09:01:58.66 ID:igYmlxKB0

憂「あれ……おかしいなぁ」

唯「どしたの~うい~まだぁ~」

憂「えっとねぇ、お姉ちゃん……言いにくいんだけど」

憂「無いの……」

唯「え、アイス無いの?え゛~~~~っ」

憂「ごめんなさい、お姉ちゃん……」








4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/10(火) 09:02:49.75 ID:igYmlxKB0

唯「仕方ないな~隠し財産を出すか~」

唯はダラダラと立ち上がり、面倒くさそうに冷蔵庫の元へと歩をすすめた

憂(ちゃんと買い置きチェックしておけばよかったなぁ…)

憂「隠し財産ってなぁに?って、お姉ちゃん…」

唯「あぁ~ぎもぢぃいい~。憂も冷凍庫に頭入れるといいよ~」

憂「気持ちいいのは分かるけど、冷凍食品が溶けちゃうよ」

唯「よいではないか~よいではないか~暑い夏の楽しみの一つだよ~」








6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/10(火) 09:05:32.95 ID:igYmlxKB0

唯「憂も一緒に頭いれようよ~」

憂「お姉ちゃん気持ちよさそうだし、私も入れてみようかな。よいしょっ」

憂(お姉ちゃんの顔が近い…)

唯「うぃいいぃいい」

唯はいたずらっぽく、求愛する動物のように憂いに顔を擦りつけた

憂「お姉ちゃんくすぐったいよ~」

唯「えへへへぇ~」








7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/10(火) 09:08:47.78 ID:igYmlxKB0

唯「涼んだところで、本題の隠し財産出すよ~」

憂「お姉ちゃんに隠し財産なんてあるの?」

唯「しばし待たれよ妹よ」

唯はそう言うとおもむろに冷凍食品をかき分け
奥の方に隠してあったアイスを一本取り出した

唯「じゃっじゃーん!これが私のヘソクリだよっ!」

憂「えーそんなところに入れてあったんだ~」

憂(冷蔵庫を管理してるのは私だし、知ってたんだけどね)

憂(無邪気で明るくてお姉ちゃんかわいいなぁ~)








8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/10(火) 09:10:05.49 ID:igYmlxKB0

唯「へへ~練乳アイスぅ~とろりと甘い練乳アイスぅ~」

唯「でも一本しか貯蓄がなかった、どうしよう~」

憂「お姉ちゃんが食べてよ。私はいいから」

唯「それじゃ、憂に悪いよ~」

憂「気にしないで、お姉ちゃんが食べてる時の笑顔で私はお腹いっぱいになるの」

唯「そんな~照れるよ憂~。それじゃあさ、一緒に食べよ、それならいいよね?」

憂「一つのアイスをどうやって?棒アイスだから無理だよ」

唯「一緒に舐めればいいんだよ~!」








10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/10(火) 09:13:03.51 ID:igYmlxKB0

ドクン…憂の小さな身体の中で大きく波を打つ鼓動
おおきな鼓動は漏れて外に聞こえてしまいそうだ。一気に心拍数があがり、顔が紅潮してくる憂

憂「お姉ちゃん、冗談ばっかり~」

唯「冗談じゃないよ、一緒に食べよ、ねっねっ!溶けちゃうよ!」

憂(すごく嬉しい……だけど、なんでこんなに苦しいの……)

憂(一緒に食べたい、これが本当の気持ち…でもそうすると何かが私の中で壊れそう)

唯「んふ~、うい~照れてる?姉妹だしいいじゃん関節キスくらい」

憂(お姉ちゃん……それが駄目なの、お願い、これ以上私を困らせないで……)








11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/10(火) 09:16:53.54 ID:igYmlxKB0

唯「おいしいよ~憂い、早くしないと私が全部食べちゃうよ~」

憂「アイス一緒に食べるだけ、だけだからね…」

唯「今日の憂へんだよ~、ほーら」

憂「あっ……ん」

唯はアイスを憂の唇に当てた
アイスは紅潮する憂の唇の熱で溶け、滴りはじめてきた

唯「早く舐めなきゃ、私の手がベタベタになっちゃうよ~」

憂「ご、ごめん、お姉ちゃん」

溶け出すアイスに舌を這わせて舐めとる
甘いかどうかもよくわからない、姉と一緒のアイスを舐めている
ただそれだけで憂いは胸がいっぱいになる








14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/10(火) 09:23:21.92 ID:igYmlxKB0

憂いは興奮で頭がボーッとしたままアイスを舐めていると
アイスの冷たく硬い感触以外のものを感じた
それはとても柔らかく、くすぐったい
その感触に驚き、我にかえるようにアイスを見た
アイスの向こう側にみえるのは一緒にアイスを舐める姉
小さなアイスを二人で舐めていれば、自然と舌も当たる

唯「んっ?憂もういらないの?」

憂「んーん、ちょっと休憩してた」

憂(はぁ……お姉ちゃんの舌やわらかかったな…)

憂(アイスを舐めとるように舌をチロチロ動かす姿がオオアリクイみたいでかわいい…)

憂(もっと、お姉ちゃんと…アイスを舐めたい…)








15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/10(火) 09:30:47.35 ID:igYmlxKB0
15
憂はまたアイスを舐めはじめる
やはり舌があたる、唯は全く気にしていないようだ

憂(お姉ちゃん、私と舌が当たっても平気なのかな……)

憂(私は……恥ずかしくて……んっ…また当たった)

憂「お、おねぇちゃん……」

唯「どったの、顔真っ赤だよ?」

憂「え、えっとね、あのね、あの……」








18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/10(火) 09:37:47.64 ID:igYmlxKB0
憂「アイスちっちゃくてね、さっきから……舌が…」

唯「舌ぁ?冷えて痛くなちゃった?」

憂「ち、ちがうの、お姉ちゃんとたまに舌があたるの」

唯「嫌かな?」

憂「そんなことないよ。ただちょっと恥ずかしくて……」

唯「えへへへ、憂かわいいなぁ~。抱きしめたくなるよ~」

憂「お姉ちゃん…もう…」

唯「仲の良い姉妹だしね。もっとスキンシップあってもいいくらいだよ」








19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/10(火) 09:45:02.56 ID:igYmlxKB0
憂「お姉ちゃんは冗談が好きだね~。溶けるといけないから残りのアイスも早く食べちゃお」

唯「そうだね~、アイス垂れて手についちゃってるし、早く食べなきゃね」

憂「い、急がなきゃっ」


二人はアイスに急かされながら、溶けゆくアイスを仲良く完食した


唯「美味しかったね~ちょっと手あらってくるよ~」








20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/10(火) 09:50:20.28 ID:igYmlxKB0
憂「うん、いってらっしゃい」

憂(はぁ……まだ私の舌にお姉ちゃんの感触が残ってる……)

憂(また一緒にアイス舐めたいな……ダメダメそんなこと考えちゃ…)


唯は手を洗ってもどってくるとソファーに身を投げるように寝転んだ


唯「憂もおいで~」

憂「はーい」








23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/10(火) 09:55:51.26 ID:igYmlxKB0
唯「ねぇねぇ憂~」

憂「なぁにお姉ちゃん」

唯「さっき、練乳アイス食べたよね」

憂「うん、そうだけど、何かあったの?」

唯「特別なにかあったわけじゃないけど、練乳ってさ牛のおっぱいから作るんでしょ?」

憂「うん、牛乳にお砂糖を入れて濃縮させて作るみたいだよ」

唯「さすが憂、なんでもしってるねぇ~」

唯「何でもしってる憂先生に聞きたいことがあるんだけど」








24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/10(火) 10:06:26.73 ID:igYmlxKB0
憂「え、えっと、先生じゃないけど、答えられる範囲で答えるよ」

憂(この前は、ゼリー状の芳香剤って美味しそうだったからちょっと舐めちゃった……大丈夫よね?ってきかれたし)

憂(その前は、ビー玉って舐めても味しないね、どうして?ってきかれたし)

憂(ちょっと、心配だなぁ……また変なものを口にしてなきゃいいんだけど……)


唯「おっぱいの味って覚えてる?」








26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/10(火) 10:11:10.20 ID:igYmlxKB0
憂「えっ?この前飲んだ搾りたて濃厚牛乳のこと?」

唯「んーん、ちが~う。おっぱい、おかあさんのおっぱいの味のこと」

憂「小さい頃の事だし覚えてないよ。お姉ちゃんは覚えてるの?」

唯「ん~覚えているようで、いないような……とても安心する味だったと思う」

憂「へ~安心する味ってどんな味なんだろう」








28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/10(火) 10:19:44.43 ID:igYmlxKB0
唯「今もときどきね、夢々思い出すんだ~あの時の思い出、あの味」

唯「いや~あの頃は若かったな~」

憂「乳児のころの記憶があるんだね。みんな忘れちゃってるのにお姉ちゃんすごいな~」

唯「えっへん。それでね、もう一度あの味を味わいたいなと思うの」

憂「うん、だけど、どうやって?」

唯「どうしようか、誰かに貰うのは……赤ちゃんのご飯を横取りするみたいでいやだし……」

憂「そうだよね、赤ちゃんの主食だものね」








29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/10(火) 10:26:41.72 ID:igYmlxKB0
唯「う~~~~ん、どうしたらいいかな~」

憂「粉ミルクじゃ駄目かな……」

唯「粉ミルクは人工的につくったおっぱいだよ~?」

唯「私は本物が飲みたい飲みたい飲みたい!」

憂「う~ん、本物は難しいかなぁ……」

唯「あーあー私もおっぱい出れば、自給自足できるんだけどな~」

憂(お姉ちゃん……本当に出たら飲んでそう……)








30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/10(火) 10:31:10.53 ID:igYmlxKB0
唯「う~い~おっぱいってどうやったら出るようになるの?」

憂「え、え、えっと、やっぱりお母さんにならなきゃいけないと思う」

唯「お母さんになるときってどうするの?」

憂(どうしよう、真面目に答えたほうがいいのかな……)

憂(ごまかして、キャベツ畑から拾ってくるとかコウノトリさんがとか言ったほうがいいのかな)








32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/10(火) 10:38:49.22 ID:igYmlxKB0
唯「う~い~。そんな困った顔しないでよ」

唯「私も今年で18だよ。知らないわけないじゃん」

憂「う、うん。ごめんなさい、お姉ちゃん」

唯「男の人とキスしたらだよ!」

憂(可愛い……。間違ってるけど……)

憂「お姉ちゃんのほうがよくしってるみたいだね」

唯「そりゃ、長年お姉ちゃんがやってますから~」








33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/10(火) 10:46:54.08 ID:igYmlxKB0
21
唯「それでね、おっぱいなんだけど」

憂「うん」

唯「どうしても飲んでみたい。だから私、キスしてみようと思うんだ~」

憂「まってまって、お姉ちゃん。本気で言ってるの?」

唯「血相変えてどうしたの?当然だよ、おっぱいの味きになるじゃん」

憂「だめだよ、ぜったいに駄目!お姉ちゃんのやることにいつも賛成してきたけど今回のは絶対に駄目!」

唯「え~~~。おっぱいでるようになったらちゃんと憂にも分けてあげるよ?」

憂「お姉ちゃん、お願いだから……そんなことしないで……」

唯「そんなに心配しなくてもいいよ~独り占めしないってば~泣かないで、ね?」








35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/10(火) 10:54:10.24 ID:igYmlxKB0
憂「そうじゃないの、そうじゃないの……やめてよお姉ちゃん……」

唯「そんなに憂に泣かれちゃうと……本当にだめなのかな…」

憂「お姉ちゃん、キスだけは駄目だからね……」

憂「約束、約束して……男の人とキスしないって」

唯「分かったよ~約束するから、泣かないで」

憂「う、うん…絶対に約束だからね……」








36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/10(火) 11:06:14.77 ID:igYmlxKB0
理を尽くして説明するより、半ば強引な泣き落としのほうが情に脆い姉には効果的だと知っている憂
繋がれた小指、結ばれた約束はその考えが正しかったことを意味する
この場はそれでおさまったように思えたが

唯「はーい、指切った!」

憂「うん、ぜったいだからね……グスン」

唯「ん~もう、憂はかわいいなぁ~」

唯「あのね、でもね、おっぱいの味をもう一度味わいたいって気持ちも分かってね?」








37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/10(火) 11:12:28.26 ID:igYmlxKB0
憂「う……うん」

唯「よかった。それじゃ今日は寝よっか、もう遅いし」

憂「そうだね、夏休みだけど夜更かしは良くないよね」

唯「憂はお利口さんだな~偉いな~お姉ちゃんも見習わなきゃ」

憂「えへへ、それじゃ私は電気消して部屋に戻るから、お姉ちゃん先に部屋にもどっていいよ」

唯「そう?悪いね~、それじゃお休みなさーい」

憂「おやすみなさい、お姉ちゃん」

憂(約束したけど……おっぱいの味をもう一度味わいたいというお姉ちゃんの気持ちが無くなったわけじゃないんだよね)

憂(疑ってるわけじゃないけど、やっぱり心配だな……)








40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/10(火) 12:34:14.45 ID:igYmlxKB0
25
翌朝、憂いは朝食を用意し、腹を出しヨダレを垂らしている姉を起こしに行く
ゴネる姉を馴れた手つきで起こし、食卓につかせた
なんらかわらない、いつもの二人の朝である

憂「お姉ちゃん、今日は部活もお休みなんでしょ?」

唯「うん~そうだよ~朝ごはん食べたら二度寝するよ~」

憂「あのね、お昼からなんだけど、夜ご飯のお買い物に付き合ってほしいの」

唯「お昼からだったらいいよ。おこしにきてね~」

憂「うん、ありがとう~わかったよ」

唯は余程眠いのかそそくさと食事を済ませ自室に戻った








41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/10(火) 12:39:40.27 ID:igYmlxKB0
26

────────お昼

憂「お姉ちゃん、お姉ちゃん」

唯「ん~…なんだい憂かい、休みの日くらい寝かせておくれ」

憂「おばーちゃんごっこはいいから。お昼だよ」

憂「御飯食べて、お買い物にいこう」

唯「あいあい~、下でまってて~、着替えていくから~」

なんとか起きた唯と一緒に軽い昼食を済ませて
近くのスーパーに買い物へと向かうことになった








43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/10(火) 12:47:02.59 ID:igYmlxKB0
27

────────近くのスーパー

憂「こう暑い日が続くとジュースやアイスがほしくなるね」

唯「うんうん、おっぱいもほしくなるよ」

憂(おっぱいの事わすれてないか……)

憂「それじゃ野菜コーナーと精肉コーナーは一通り見終わったし」

憂「氷菓子コーナーみてこよ、アイスのストックもきれてるから」

唯「アイスは私のライフラインだよ~欠かせないね」

氷菓子コーナーに向けて歩き始めると、唯はある人に目が入った








44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/10(火) 12:51:53.28 ID:igYmlxKB0
28

唯「赤ちゃんかわいいなぁ~。おかあさんのおっぱいも大きいし、いっぱいおっぱい貰ってるんだろうな~」

憂「ちょっとお姉ちゃん、声おおっきいよ、周りの人がみてるよ……」

唯「あ、ごめんごめん、無意識でポロッとでちゃった」

憂「お姉ちゃんはおっちょこちょいなんだから~」

唯「いやいや~それほどでも~」

憂(お姉ちゃんの中では、おっちょこちょいは褒め言葉なんだ……)

唯「ちょっと赤ちゃんの顔みせてもらってくるね」








45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/10(火) 13:00:01.32 ID:igYmlxKB0
29
唯「こんにちは~赤ちゃん可愛いですね~」

赤ちゃんの母親「こんにちは、ありがとう~」

唯「生まれて何ヶ月の赤ちゃんですか~?」

赤ちゃんの母親「一ヶ月とちょっとかしら。赤ちゃん好きなの?」

唯「はい、私もいつか欲しいな~っと思ってます」

赤ちゃん母親「ふふ、素敵なお母さんになってね」

唯「は~い、バイバイ赤ちゃん、元気におっきくなってね」








48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/10(火) 13:04:00.13 ID:igYmlxKB0
30

唯「憂~う~い、赤ちゃんメッチャっくちゃ可愛かった~」

憂「そうなんだ~よかったね~」

唯「うんうん、おかあさんのすんごいおっきくて、いっぱいおっぱいでるんだよきっと」

憂(やっぱり、おっぱいが目的だったのね)

唯「あー飲んでみたいなー、飲んでみたいなー」

憂「わかったよお姉ちゃん、それじゃ練乳アイスのお買い得用にするね」








49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/10(火) 13:10:27.64 ID:igYmlxKB0
31

唯「本物のおっぱいってスーパーに売ってないよね~」

憂「うん、売ってないよ~。そうだ、練乳のチューブタイプがあるからそれでも買ってみる?」

唯「ほしいかな……。でも本当は本物がいいんだけどね……」

唯「しちゃおっかな……」

憂「しちゃおっかなって何、お姉ちゃん」

唯「あーあー何でも無いよ~練乳買って早く帰ろ」

憂(お姉ちゃん、約束のこと一応覚えてるみたいだけど……怪しいなぁ)

二人は会計を済ませて、茹だるような暑さの中を帰路についた








50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/10(火) 13:20:08.08 ID:igYmlxKB0
32
────────────────帰宅

家に着くと二人で打ち合わせがあったかのように暑かったね~と声を揃え笑った
二人で買ってきたものを冷蔵庫にしまい、麦茶の入ったコップを二つと練乳を持ってソファーに腰掛けた

憂「お姉ちゃん、はいこれ」

唯「えっと、麦茶にこの練乳入れるの?」

憂「ちがうよ、練乳はそのまま吸っていいよ。おっぱいのかわりだよ」

唯「一人で全部…いいの?」

憂「いいよ、お姉ちゃん、昨日からおっぱいのことで頭がおっぱいでしょ」

唯「憂もおっぱいでいっぱいじゃん」








52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/10(火) 13:25:20.35 ID:igYmlxKB0
憂「ねぇお姉ちゃん、吸ってみて」

唯「なんだかそう言われると恥ずかしいなぁ…」

唯はフィルムを外し、蓋を開けて銀紙をはがして
口先を細くして吸い始めた

憂(お姉ちゃん幸せそう……)

唯「ぷっはー。ちょっと吸口が硬いけど、美味しい。でも……」

憂「でも……?」

唯「こんなに甘くはなかったと思うんだ、おっぱい」

憂「そうなんだ、おっぱい」








57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/10(火) 13:33:42.87 ID:igYmlxKB0
唯「もっと酸味があったよう……もっと水っぽかったような……おっぱい」

憂「よく覚えてるね、私は全然憶えてないよ~おっぱい」

唯「私も曖昧な記憶だから、本当にそうだったかわからないんだけどね、おっぱい」

憂「そうなんだ~。少しでも覚えてるだけでびっくりだよ。おっぱい」

唯「この記憶を頼りにすれば本物のおっぱいに近い味を再現できるかな~おっぱい」

憂「牛乳と水と練乳と……酸味はヨーグルト?混ぜていくと再現できるのかな、おっぱい」

唯「うん、さっきから気づいてると思うんだけど……おっぱい」


唯憂「語尾におっぱいつけるのはやめにしない?」








60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/10(火) 13:44:49.23 ID:igYmlxKB0
唯「それじゃ適当にまぜてみよっか」

憂「うんうん。なんだか理科の実験みたいだね」

突然始まった、本物のおっぱいの味をつくる実験
頼りになるのは冷蔵庫の中身と唯の舌の記憶
果たして混ぜあわせるだけで再現できるのだろうか

──────30分後
唯「い、いちおうできた……憂、飲んでみて」

罰ゲームのジュースのような物を姉に言われるがまま飲む憂
液体を舌の上で転がし、鼻に抜ける香りや空気と混ぜあわせた風合いを試す

憂「日切れした水っぽい牛乳のような味……かな」

憂「これがおっぱいの味、お姉ちゃんの言う安心する味なのかな」

唯「味はそれっぽいような、でもなにかが違うような……」








61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/10(火) 13:50:43.16 ID:igYmlxKB0
試行錯誤を重ねたが、おっぱいの味は再現はできなかった
決定的に何かが違う、でもその何かが分からない

唯「思っていた以上に再現は難しいね」

憂「似た様な味ならできると思ったけど、簡単じゃないみたいね」

憂「でもね、お姉ちゃんが真剣になって味の調節してる姿格好良かった」

唯「えへへ~そうかな~」

憂「うんうん、部活してるときみたいに輝いていたよ」








62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/10(火) 13:58:42.74 ID:igYmlxKB0
夕食とお風呂を済ませた二人は仲良くテレビを見ることにした

憂「これ今はやってるドラマだよ~」

唯「あ~クラスの友達が毎週楽しみにしてるって言ってたな~」

憂「途中からだけど見てみよう」

そこに写っていたのは恋愛ドラマだった
どうやらそのドラマは最終回
恋愛ドラマの最終回といえば、高確率であるのはキスシーン

唯「うう゛、い゛い゛は゛な゛し゛だっだ」

憂「最終話しかみれなかったけど、とっても良いドラマだったね」

唯「ねぇ憂、あの二人、キスしてたよね?」








64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/10(火) 14:02:20.94 ID:igYmlxKB0
憂「うん。愛し合う二人がキスするって素敵だよね」

唯「あの女優さんもおかあさんいなるのか~」

憂「え?あ、うんそうだと思うよ~」

唯「私もおかあさんになりたいな~赤ちゃんかわいいし、おっぱいのみたいし」

憂「お姉ちゃんはまだ早いよ~ことし18でしょ」

憂「もう少し大人になってからでもいいと思うよ」








66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/10(火) 14:08:02.01 ID:igYmlxKB0
唯「愛さえあれば年なんて関係ないよ!」

憂「お姉ちゃんってロマンチストなんだ~」

唯「うん、ロマンは大切だよ。飽くなきおっぱいへの探究心こそロマンだよ~」

憂「あはは…やっぱり、おっぱいのことで頭がいっぱいなんだ」

憂(このままだと本当におっぱい飲みたいが為だけに、男の魔の手にかかりそう…)

憂(大好きなお姉ちゃんは絶対守らなきゃ……どうすればいいのかな……)








68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/10(火) 14:14:07.01 ID:igYmlxKB0
唯「憂、ごめんね。約束やぶるかもしれない」

憂「お……お姉ちゃん?」

唯「あの時の味が忘れられないの、優しくて、暖かくて、安心出来るあの味が」

唯「昨日から寝ても覚めてもずっとおっぱいのことばかりで、何も手につかないの」

唯「だから、ちょっとキスしておっぱいでるようになりたいの」

憂「お姉ちゃん……言ってること無茶苦茶だよ」

唯「無茶苦茶なのは分かってる、だけどね、時には間違いだと分かっていても手に入れたいものがあるの」

憂「お姉ちゃん……本気なの……?」

唯「もちろんだよ~憂。憂には迷惑かけないからいいよね……?」








70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/10(火) 14:29:47.84 ID:igYmlxKB0
おねえちゃん…おねぇええちゃん…おねええちゃあああああん

まるで親と引き裂かれる子どものように激しく、
心からのそこからの悲しみが篭った声で泣いた
憂の心のダムが決壊したようだ

憂「おおねえちゃんだめだよぉ……ヒックヒック」

憂「約束やぶっちゃだめだよ……ヒックヒック」

唯「おっぱい飲みたいの、ただそれだけなの」

唯「分かってよ、憂、ねぇいつもの聞き分けのいい憂にもどってよ」








71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/10(火) 14:37:31.38 ID:igYmlxKB0
憂「お姉ちゃんはおっぱい飲めたら、約束守ってくるんだよね?」

唯「うん、目的がおっぱい飲むことだから」

憂「私がお姉ちゃんにおっぱい飲ませる」

憂「だから、約束破らないで!」

唯「それだと、憂が……キスしちゃうってことでしょ?」

憂「大好きなお姉ちゃんの為ならいくらでもするよ。なんだってするよ」

唯「それはだめだよ、あのね憂。私のことを思って言ってくれてるのは分かるよ」

唯「だけど、私は私、あなたはあなた、姉妹だからってそこまでしてもらう義理はないよ」

唯「私がしたいからする。それを憂に止める権利はないよ」








75 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/10(火) 14:48:10.87 ID:igYmlxKB0
憂「お姉ちゃん……あんまりだよ……お姉ちゃん」

憂「毎日お姉ちゃんの為に、朝早くに起きて朝ご飯作って、お弁当作って、遅刻しないように起こして御飯食べさせて、登校して」

憂「学校が終わったらまっすぐ帰って、お風呂洗って、夕ごはん作って、食器洗いして、洗濯して」

憂「お姉ちゃんの宿題を手伝ったり、一緒にギターの勉強したり……寝る時も電気の消し忘れないかと布団直して」

憂「私の全てはお姉ちゃん中心に回ってるの。お姉ちゃんが全てなの」

憂「お姉ちゃんが他人にとられるなんて考えられない」

憂「お姉ちゃんが他人とキスしたりするなんて絶対にあっては駄目なの」

憂「お姉ちゃんの望むことは何でも叶えてあげたい、お姉ちゃんの望みが叶うことそれは私の幸せなの」

憂「お願い、私だけのお姉ちゃんでいて、これからも、ずっとこの先も、お姉ちゃんが全てなの」

憂「おねぇええちゃあああああああん」








76 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/10(火) 14:50:47.93 ID:iDvwm7C20
ずっと憂のターンww








78 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/10(火) 14:57:52.43 ID:igYmlxKB0
憂に圧倒され、なだめることしかできない唯
この場をどうしていいかも分からない
ただ、強く抱きしめて、憂が落ち着くのを待った

唯「落ち着いて憂、とにかく落ち着いて」

唯「お姉ちゃんが悪かったところもあったと思う」

唯「憂が私について悪いと思うところがあったらなおす」

唯「憂も悪いところがあったんだから、私と一緒になおす」

唯「そうしよう、落ち着こうよ、憂」








81 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/10(火) 15:03:38.13 ID:igYmlxKB0
憂「お姉ちゃん……。キスしないって約束破らない?」

唯「今はしないよ。だけどね、いつか兄弟でもお別れの日が来るの」

唯「こうやって毎日、憂と過ごすのは本当に楽しい。掛け替えない一時だと思うよ」

唯「それでも、私もいつかは結婚すると思うし、憂とはずっと一緒にはいられない」

唯「だからね、その時までは憂とずーっと一緒にいるよ」

唯「いつか別れが来るかもしれないけど、私たちは仲良し姉妹」

唯「離れ離れになっても心は一緒。永遠に二人は仲良し姉妹」

唯「それは憂も分かるよね」

憂「うん……」








82 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/10(火) 15:08:57.67 ID:igYmlxKB0
憂「ねえ、お姉ちゃん」

唯「うん?憂も言いたいことあったら気兼ねなくいってね」

憂「お別れの日までずっと一緒だよ」

唯「もちろんだよ」

憂「おっぱいのことはもういいの?」

唯「うん、やっぱり憂のほうがだいじだもん」

憂「おねえちゃあああああん」

唯「おやおや憂ちゃんってこんな泣き虫だったかな」

憂「おねえちゃああああん」


いつかは来るであろう別れの日、その事についてしっかりと向き合えた初めての日だった
そして、姉妹の絆の強さを再確認した日だった








83 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/10(火) 15:11:57.70 ID:igYmlxKB0
───1週間後

「あのー、付き合ってもらえませんか?」

「君いくつなの?」

「15です」

「いいよー、どこかいこっか。どこか行きたいところある?」

「どこでもいいですよ」








89 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/10(火) 15:25:46.84 ID:igYmlxKB0
今日はカラオケ行っておしまいだった……

この前もボーリング行っておしまい、その前もお茶のんでおしまい

付き合うって難しいな……



近頃、一人でフラフラしている男性をとびっきりの美少女が付き合ってと誘い
ボーリングで高得点を叩き出し圧倒し、カラオケでプロ顔負けの美声を披露する、という噂が流れている








90 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/10(火) 15:34:35.76 ID:igYmlxKB0
証言者A
見た目は美少女なんすけど、なんつっていいんすかね、すごすぎてこっちが尻込みしちゃうんすよ
カラオケいったんすけどね、90点台後半乱発、マジありえねーし、次歌える雰囲気じゃねーし

証言者B
突然話しかけられておkしたんですよ。そしてどこか行く?と聞いたら、どこでもというんで、とりあずサテンでもいこかって話になったんです
とりあえず、日常の話題に振って話してたんですよ。そこからなぜか経済の話に発展しましてね
しかも細かいことまでよく知っていて、私の知識じゃとても相手できなくて、うなづくのがいっぱいっぱいでしたね

証言者C
かるーいノリと可愛い笑顔にころっと落とされて、二つ返事で付き合って
近くにボーリング場あるし、しめた!いっちょ俺の実力を見せてやろうと思い、はりきったんですよ
それが運の尽きでした。あの子はハウスボールで250越え、大恥かいてきましたわ








92 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/10(火) 15:43:38.12 ID:igYmlxKB0
唯「近所にさー、たまに凄い美少女がでるんだってー」

憂「えー聞いたこと無いよ。なにそれ?」

唯「噂なんだけどね、大きめの帽子を深々と被った女の子なんだけど」

憂「うんうん、それから」

唯「とっても可愛い女の子でね、男の人に付き合ってと言うみたいなの」

憂「へ~、変わってるねその人」

唯「変なのはそこだけじゃないみたいなの。頭よくて運動神経も抜群」

唯「噂によると、ホームランバカスカ打ったり、法学部の学生を言い負かしたこともあるんだって」








93 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/10(火) 15:52:38.70 ID:igYmlxKB0
唯「そんな頭が良くてかわいい女の子がなんでそんなことするのかなーって不思議なの」

憂「うーん、暇つぶしかなぁ?」

唯「暇つぶしなのかな、暇つぶしで遊んでるだけなのに有名になるっておかしくない?」

憂「おかしいかもしれないけど、かわいい女の子だからじゃないかな?」

唯「かわいい女の子だからか~。それで沢山の男の人をタジタジにして遊んでるってこと?」

憂「そうだと思う~。あんまり褒められた遊び方じゃないと思う」

唯「そうだよね~。でも一度あってみたいなとも思うよ~」

憂「うんうん、楽しいかも知れないね~」








94 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/10(火) 15:58:36.91 ID:igYmlxKB0
憂(なんだか、まずいことになってる……)

憂(近所で行動するのはやめよう)

憂(うん……それじゃどうしようか……)

憂(近くに共学の学校があるし、そこの人にこえかけてみようかな……)

憂(夏休みだし、いつなら話せるかな、部活が終わる夕方頃にいけば会えるかな)








95 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/10(火) 16:09:26.99 ID:igYmlxKB0
──────翌日夕方

憂達の通う学校から一番近くにある共学の学校の校門に憂は立っていた

憂(よし、図書館で見たPerfect恋愛マニュアルで予行演習はばっちり)

憂(恋文も用意したし、あとは部活終わって誰かが出てくるのを待つだけ……)

憂(あっきた……一人で歩いてるし丁度いい)

憂「あのー、あの」

普通の男子高校生「何か用ですか?」

憂「付き合ってください」

普通の男子高校生「え、急すぎてよくわからないんだけど……」

憂「あの、ずっと好きでした」

普通の男子高校生「気持ちは嬉しいよ。でも、彼女がいるんだ。ごめんなさい」








96 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/10(火) 16:21:38.25 ID:igYmlxKB0
憂「そうですか、お時間取らせてごめんなさい」

憂(うん、次がある次。Perfect恋愛マニュアルにもくじけちゃだめって書いてあった)

憂(次はいっぱいきた、坊主だし野球部の人かな?次こそは)

憂「つきあってください!」

野球部ABCDEは呆然として立ちつくしている

野球部A「どいつをご指名かな?」

憂(誰でもいいです。付き合ってください)

野球部C「誰でもいいってどういうこと?」

憂「言葉の通りだれでもいいんです」

野球部ABCDEは混乱してる

憂「あの、駄目ですか?」

野球部A「よくわからないけど、誰でもいいとか言われても困るよ。俺たち疲れてるから帰るわ」

野球部ABCDEはその場から去っていった

憂「どうしてだろう……何がいけなかったのかなぁ」


憂の猛攻はこの後も続いたが、警戒されて誰一人付き合ってくれなかった








100 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/10(火) 16:30:30.80 ID:igYmlxKB0
こんな奇妙なことをしてたら、すぐ噂が立つ
携帯電であらゆる方向に話は拡散し
やがて、唯の元にもその噂はたどり着く

唯「昨日部活行ったときに話してたんだけどね~」

憂「うんうん」

唯「前にすごい美少女がでるって噂の話したよね」

唯「私たちの学校の近所の学校に出たらしいの」

唯「でね、誰彼かまわず付き合ってっていってるらしいの」

憂「そうなんだ~」








101 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/10(火) 16:36:31.60 ID:igYmlxKB0
唯「ここまではこの前と似た様な感じだけど、ここでその美少女について新情報」

唯「その子は帽子を取るとどうやらポニーテールらしい」

唯「お淑やかな感じで、茶色がかった髪で、ポニーテール」

唯「ちょうどね、憂みたいな感じだね。憂……みたいな……?」

唯「憂……そんなことないよね、これはただ似ているだけだよね」

唯「うちの憂に限ってそんなことないない、あるわけなーい」

唯「だ…よね……」








103 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/10(火) 16:46:15.20 ID:igYmlxKB0
憂「ごめんなさい、お姉ちゃんに嘘つけないや……」

憂「この前の噂も、今回の噂も、きっと私のこと」

唯「冗談だよね、憂……。憂にこんなことする理由がないよね」

憂「お姉ちゃんの希望を叶えたかったの……」

唯「もしかしておっぱいのこと……?」

憂「うん……考えてたの」

唯「もうそんなこといいのに……」

唯「この前の部活の時に、キスでおっぱいでるって言ったらみんなに笑われたよ」

唯「それで、どうやったらおっぱいでるか、あずにゃんが真っ赤な顔して教えてくれた……」

唯「私が勘違いしてたばかりにとんでも無い事いってんだって、ようやくその時分かった」








105 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/10(火) 16:51:50.05 ID:igYmlxKB0
唯「どうすればおっぱいでるか正しい理解ができたから……」

唯「憂が今回なにしようとしていたか分かる……」

唯「噂だと皆断られたりしてるって話が多いけど、そういうことはしてないんだよね?」

憂「してない……してないよ、お姉ちゃん」

唯は返事を聞くと、泣きながら憂に抱きついた
つよく、つよく、憂を守るように








108 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/10(火) 17:00:45.76 ID:igYmlxKB0
唯「もうだめだよ、こんなことしちゃ」

唯「幸い、憂いかもしれないと思ったのは私だけ」

唯「噂って放っておけば尾ヒレがついて元の話と違った方向へ流れるから」

唯「美少女の特徴も色んな話がでてきて、自然とあやふやなものになるし」

唯「きっと、時間が経てば忘れ去られていくよ……」

唯「だから、今からは昔の憂にもどって、いつも通り過ごそう」

憂「お姉ちゃん……ありがとう……」


憂「あのね、お姉ちゃん。こんな時におっぱいの話なんだけど……」

憂「今までしようとしてきた方法と違う方法で出すことが可能かもしれないの」








110 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/10(火) 17:09:01.82 ID:igYmlxKB0
唯「どういうこと?そんなことができるの?」

憂「今までの方法は男性ありきの方法でしょ」

憂「それとは違ってね、私とお姉ちゃんでもできるの」

唯「ごめんね、憂。全然わからないよ~」

唯「簡単に説明してくれる?」








111 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/10(火) 17:17:15.84 ID:igYmlxKB0
憂「おっぱいをね、授乳と同じ刺激を継続的に与え続けると出るようになるんだって」

憂「個人差があるから、出る人と出ない人がいるから万人向けというわけじゃないの」

憂「すぐには出るようにはならないかもだけど、挑戦してみる……?」

唯「なんでそれを早く行ってくれなかったの……」

憂「私も最近しったから、びっくりしてるの」

唯「そっか、やってみ……よっか」








112 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/10(火) 17:27:28.88 ID:igYmlxKB0
憂「どうする……?お姉ちゃんと私、どっちが出るようにするの?」

唯「自分のを飲むのは大変そうだから、憂のがいいかな」

憂「うん、わかったよ。いいよ、お姉ちゃん……」

憂は後ろに手を回し下着を外し、ゆっくりと上着をめくった

憂(姉妹だけど、やっぱりはずかしい……)

唯「憂のおっぱい綺麗……いただきます……」

唯(柔らかい……、舌先をはねる憂の頭頂部が舌をくすぐる……)

憂「んっ」

唯「大丈夫?痛かったらいってね」

憂「大丈夫……続けて」

憂(頭がボーッとする……もっと触ってほしい、もっと吸ってほしい……)








113 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/10(火) 17:38:42.68 ID:igYmlxKB0
憂「お姉ちゃん……私なんだか熱くて……」

憂「お願いお姉ちゃん……おっぱいばかりじゃなくて……キ……スもしてほしい」

唯「私もそう思ってたの……憂……とキスがしたい」

憂「お姉ちゃん……きて…」

触れる唇と唇、その先は本能のままにただ素直に求めるがままに
舌と舌を絡める、憂いが唯の舌の上をなぞり、唯が憂いの舌の裏を入念に探る
憂の舌は唯の歯茎に向かう、一本一本葉の付け根を辿り、歯茎の最下部をくすぐるように
歯茎の程良い硬さを堪能した憂の舌は唯の門歯を通り過ぎ上顎に向かう
舌を奥まで伸ばし、上顎を愛を込めてなであげる
上顎をくすぐられた唯は思わず、憂の上着の端を握った








114 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/10(火) 17:40:09.57 ID:SaRD6Jhb0
この流れは・・・ゴクリ








115 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/10(火) 17:47:12.63 ID:igYmlxKB0
唯「っはぁはぁはぁ……」

憂「すーっ、はぁはぁはぁ…」

唯「憂……キス上手……」

憂「お姉ちゃんも誘い上手………」

憂「舌が勝手にお姉ちゃんの気持ちいい部分を探そうとするの……」

唯「うん、口の中が憂で満たされて、最後は我慢出来ないくらい気持ちよかった……」

憂「お姉ちゃん……舌だして……」

唯「これでいいかなっ……」

憂いは唯の舌先で舌先に触れあいを楽しんだ、そこから唇を使って舌を吸いあげる
唯の小さな舌は憂の口の中で唾液を吸い上げられる

唯「あたまが真っ白になりそう……舌をすわれるってこんなに気持ちいいなんてしらなかった……」








116 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/10(火) 17:55:00.53 ID:igYmlxKB0
憂は唯のうなじから手櫛をいれて指先に髪を絡める
繰り返すと唯のふっくらとした耳が顔をだす

憂「お姉ちゃんの耳かわいい……」

憂はゆっくりと唇を耳に近づける

唯「あったかい空気が近づいてくる……あっ……」

憂は耳たぶを唇で挟みながら愛撫する
続いて耳たぶの下から螺旋を辿り耳の穴へと舌を運ぶ

唯「そんなところ、いれたら……あっ…ん…ん…」

理性より快感がまさった瞬間だった








117 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/10(火) 18:00:32.38 ID:igYmlxKB0
憂「お姉ちゃん……の髪だと首筋隠れるよね……」

憂「キスマークつけていい?」

唯「あまり大きいのはだめだよ……」

憂「うん…わかったよ」

唯の首筋に舌先が触れチュルっと音と同時に首の皮が憂の口の中に吸い上げられる

唯(痛くすぐったくて気持ちいい……はぁ……)

憂は吸い付いていた首筋から唇を離すと、きれいなキスマークがついていた








118 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/10(火) 18:07:47.22 ID:igYmlxKB0
憂は、お姉ちゃん、というと強く唯を抱きしめた

憂「お姉ちゃん大好き……はぁ…はぁ…」

唯「私もだよ、憂……おっぱいの続きしよっか……」

憂「うん……」

唯(憂のおっぱいがいとおしい……いつまでも吸いつづけたい)

唯は憂の胸を下から手で覆うように持ち上げてはもみ上げ
唇で頭頂部を挟みながら吸い続けた

憂「お姉ちゃん、気持ちいいよ……おね…えちゃん…」


この日から唇で愛しあうのが姉妹の日課となった








119 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/10(火) 18:16:47.63 ID:igYmlxKB0
────────2ヶ月後

憂(ちょっと胸がはるなぁ……効果がでてきたのかな)

コンコン、憂の部屋を叩く音がする、と思った瞬間にはドアは開いてた

唯「う~い~今日もしよっか、上着めくるよ」

憂「いつも楽しそうだねお姉ちゃん」

唯「そうだよ、いつおっぱいでるかと思って楽しみなんだ~えへへ~」

憂「今日も、お願いします」

唯「まかせて憂、きっとおっぱいでるようになるから」

唯「きっと、練乳もでるようになるよ」

憂「お姉ちゃん……出ないよ……」


あっ…………








120 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/10(火) 18:23:43.53 ID:igYmlxKB0
それは二人にとって予想外の出来事だった

唯「憂……かもしれない……」

憂「どうしたのお姉ちゃん?」

唯「憂、服…脱がしてくれる」

憂「うん…わかったよ」

憂は恐る恐る上着を脱がして下着を取ると
おっぱいの先端から汗が流れたような後があった








122 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/10(火) 18:33:55.27 ID:igYmlxKB0
唯「もしかしら、かもしれない……」

憂「お姉ちゃん……飲んでみていい?」

唯「うん、憂ならいいよ」

憂は好奇心と興奮を抑えるようにゆっくりと唯のおっぱいに口を付けた
吸うごとに微量ながら口の中に液体が入ってくるのがわかった

憂「お姉ちゃん……これおっぱいだよ。本物のおっぱいだよ」

唯「私のおっぱいは憂のおっぱいにくらべてあんまり刺激してないはずなんだけどな~」

憂「私のを刺激している行為が、お姉ちゃんの脳も刺激して同様の効果をもたらしたのかな」

唯「よくわからないけど、出てよかったよ~」

憂「おめとう、お姉ちゃん。さっそく味を確かめてみて」

憂は指先で唯のおっぱいをすくい取ると唯の口先にまで運んだ
唯はその滴を舌先で器用に舐めとった

唯「この味だ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」



────────おわり─────────








123 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/10(火) 18:42:43.00 ID:RTnHsdJh0
終わった…だと?








124 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/10(火) 18:46:44.13 ID:ttGB/z/X0


良き唯憂であった












この記事をリンクする?:


[ 2010/08/30 20:00 ] けいおん!SS | TB(0) | CM(1) | このエントリーを含むはてなブックマーク


オオアリクイって可愛いのか・・・
[ 2010/08/31 11:04 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

yamisoku

Author:yamisoku
けいおん系SSばっかりです。


ひさびさに左上更新してみましたw


とはいえ特に書く事もありませんが(笑)


このブログも開設から1年以上経過するんですね…


とりあえず「けいおん!!」のアニメが終わるまでは頑張って更新し続けたいと思います
2010年7月24日


TOP絵、リンク&RSS、まとめ依頼、募集中!↓


このブログについて

アクセスランキング
お世話になっているサイト様
SS
戯言ニュース
ニュー速VIPコレクション
はみ出者が見てたm9(^Д^)
糞虫の館
エレファント速報WLVS
世界一かわいいよ!
SSちゃんねる
SS速報

VIP
犬速VIP@わんわんおwww
ぐる速
ヒロイモノ中毒
フライドチキンは空をとぶ
ねとねた
hyukkyyyが見る2ちゃんねる
なんでも(=´∇`=)ちゃんねる
あじゃじゃしたー
じー速

ニュース
世界って広くね(;゚Д゚)
未定なブログ
とりのまるやき
Hyper News 2ch
デジタルニューススレッド
仰天ニュース( ;゚Д゚)
危ないニュース<キ`Д´>
日本語でおk
アゲハント最高!!
心ニュース
痛ニュー速報!
そら速
事故物件.com

まとめ
やる夫.jp
ニュースレ倉庫
New discovery
Newgle

日記
侮ログ
幸か不幸か家族計画
笑ってほのぼのとして軽く泣けるはなし(と不思議話と怖い話)
ムズ痒いブログ
出逢い系ちゃんねる

アニメ・ゲーム
To LOVEる -とらぶる- 考察
ゲハ速
てるぽんFLASH!
萌えるニュース
も・え・つー☆
あみみ

動画
YouTubeニコニコ日和

画像
ヴィブロ
気まぐれブログ
ナナ速
クマ速報

18禁画像
zipでやるお( ^ω^)
がぞー速報
画像スレとらのあな
エロの向こうがわ
セクシーニュース24
エロ画像速報
萌画VIP
ピーチ速報
zipからきました
AV女優おっぱいこれくしょん

18禁動画
えろどうが~無料エロ動画~
有料アダルトサイト比較


アンテナサイト
ショボンあんてな(´・ω・`)
2chnavi
2chまとめ
ブーンあんてな
まとめアンティーナ
もきゆ(´ω`*)あんてな


にほんブログ村 ネットブログ 2ちゃんねるへ

相互RSSサイト様
【SS宝庫】みんなの暇つぶし
たん速
ドルジ速報
マジキチ速報
ニュース2ちゃんねる
茶速
テラワロスVIP
音楽業界を目指す学生

相互リンク申請中


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アクセスランキング ブログパーツ