闇速

けいおん!系SSを中心に、2ちゃんねるからSSスレを独断と偏見でまとめてます。
最新ニュース

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




この記事をリンクする?:


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | このエントリーを含むはてなブックマーク

唯「三浦茜…?」律「誰だそれ」 

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/27(月) 09:50:44.53 ID:HJPzGbu10

自宅!

憂「あ、お姉ちゃん、おはよう。今日は早いんだね?まだ6時だけど…」

唯「ういおはよー。何かさー、夢で変な子が出てきて…」

憂「変な子…?あ、お姉ちゃん朝ご飯食べる?」

唯「うん、そうなんだよ。何かねー、軽音部のみんなでいる夢だったんだけどね。食べる食べるー」

憂「うん?」

唯「なんとっ!!私とりっちゃんと澪ちゃん、ムギちゃん、あずにゃんだけじゃなかったんだよ!!」

憂「へー…?」



4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/27(月) 09:52:56.92 ID:HJPzGbu10

唯「みんなでお茶して、部室で演奏して…名前も…。うーん~…」

憂「でも、軽音部って5人だけだよね?」

唯「うん。それは間違いないんだけど、その子が私たちと溶け込みすぎてて変な感じだったんだよね」

憂「変な感じ?」

唯「まるで、軽音部は6人が普通みたいなさ…」

憂「お姉ちゃん?」

唯「ごめんうい。やっぱり何でもないや、気にしないでっ!」

憂「?あ、うん。お姉ちゃんが良いならいいけど…」


憂は知らないみたいだけど、私はその子の名前も知っている。
いつもは起きたら断片的でしか記憶できていない夢だけど、妙に頭に残ってる。
確か名前は…

三浦 茜…?


唯「三浦…茜ちゃん…、知ってる気がする…。けど…」


また寝たら出てきてくれるかな。








6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/27(月) 09:54:55.15 ID:HJPzGbu10
通学路!


和「あら唯、おはよう。今日は珍しく早いのね」

唯「おはよー和ちゃん。ムムー!失敬な!」クネクネ

憂「おはようございます。和さん。今日は何時もより早いんですね」

和「周りに誰もいないし敬語じゃなくていいわ。生徒会の仕事が少し残っててね…。もうすぐ文化祭だし、やる事が沢山あって」

憂「あはは、やっぱり大変なんだね」

和「私達には最後の文化祭だし、みんなに良い思い出残してあげたいしね。…って、唯どうしたの?」

唯「おーっとぉさすが和ちゃん!!わたしが悩んでいることに気づいたんだね!!?」クネクネ

和「そりゃ人差し指唇に当てて上半身クネクネさせてれば何かおかしいって思うわよ…」

唯「まぁそれは置いといて和ちゃん!!ちょっと聞きたいことがあるんだけど!」

和「何を置いとくのかわからないけど。何?」

唯「軽音部って何人いたっけ?」


和「………はぁ?」








11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/27(月) 10:03:54.92 ID:HJPzGbu10
和「なるほどね。唯が昨日見た夢の中ではいつもの軽音部の5人以外にも、もう1人、別の人がいた…と」

唯「そーなんだよぉ。今でもすごーく覚えてるし…、いつもは夢見ても起きたら全然覚えてないから、何かヘンだなーって」

和「そうなんだ。それじゃ私、生徒会行くね」

唯「って、えー!??!ちょっと和ちゃん!もーちょっと考えてくれてもいいんじゃないかいぃ!というかまだ学校着いてないし!!!!通学路だし!!」

和「だって夢でしょ…それ。真剣に考えられる訳ないじゃない」

唯「和ちゃんのいけずぅ~…、これでもわたしは真剣なんですよ!」

和「そうなんだ。それじゃ私、生徒会行くね」

唯「2回目だよ!??!」


憂「(さすがに酷いような…)」








12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/27(月) 10:06:13.87 ID:HJPzGbu10
教室!


律「おーっす唯」

唯「あ、りっちゃんっ!早いんだね今日は!」

律「お前もな。あたしは日直だったのと、ドラムちょいメンテしたかっただけ」

唯「ふーん…、ねぇりっちゃん」

律「あー?」

唯「軽音部…、放課後ティータイムってさ」

律「ん?」

唯「…何人いるっけ?」

律「……はぁ??」

唯「ですよね。やっぱりその反応ですよね」








16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/27(月) 10:11:54.99 ID:HJPzGbu10
律「…なるほどな。6人目のHTTのメンバーか」

唯「おぉ!!和ちゃんとは違う反応だよ、りっちゃん!」

律「授業始まるぞ唯」

唯「」

律「1時間目は数学っと。そいや宿題やってねぇな…」

唯「りっちゃん酷いよ!!というかまだ30分以上時間あるよ!!教室にわたしとりっちゃんしかいないよ!!そして数学の宿題わたしもやってないよ!!!」

律「夢の中の話を真剣に考えろと言われても困るっつの…。宿題するか」

唯「はい」








17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/27(月) 10:15:04.98 ID:HJPzGbu10
数分後!

澪「おはよ。2人とも」

紬「おはようー」

唯「あぁ!!澪ちゃんムギちゃん!!!ちょっと聞いてほしいことあるんだけど!!!」

澪「どうした突然?」

律「宿題見せてくれ」

澪「そんなことだろうと思った…」

紬「私友達に宿題写させてあげるのが夢だったの~」

唯「ぶー!!!」

その後、澪ちゃんとムギちゃんに夢の事を話してみたけど、見事にスルーされましたとさ。








20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/27(月) 10:19:13.48 ID:HJPzGbu10
放課後!部室!

律「おう。…って唯だけか。そいや澪とムギはちょっと遅れるって言ってたっけな」

唯「ねぇりっちゃん。さっきの夢の話なんだけどぉ…」

律「うわ、まだそのネタ引っ張るのかよ」

唯「だっておかしいんだよ!!こんなにハッキリクッキリ覚えてるなんて!!」

律「はいはいわぁーったよ…。どうせ澪とムギはまだこなさそーだし」

律「で、ミウラアカネ…だっけか。あたしは聞いたこともないぞ。佐藤なら知ってるが」

唯「うーん…。私も実は昨日の夢までは知らなかったんだけどね」

律「その子の見た目とか覚えてんの?放課後ティータイムのメンバーってことはうちの学校の生徒なんだろ」

唯「!!!」

律「生徒じゃなければ唯の妄想確定だけどな」

唯「ぶー!りっちゃんてばまたそんなこと言う!!」








22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/27(月) 10:21:44.04 ID:HJPzGbu10
唯「…見た目はねー、んと、ポニーテールで凄く身長が高くて…、髪の毛がピンク色だったかな!」

律「ピンクて」

唯「胸がすっごいおっきかった気がするよ!!澪ちゃんよりも!」

律「ピンクて。髪の色がピンクて」

唯「あ、あと私はデビちゃんって呼んでた!!!」

律「ピンクでデビちゃんて」

唯「本当だってばぁ!!」

律「唯が真剣すぎるからちょっとは信じたいけどさぁ。さすがに髪の色がピンクの奴なんかうちの生徒で見たことないぜ」

唯「うむむ…」








24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/27(月) 10:26:21.76 ID:HJPzGbu10
廊下!

梓「ねぇ憂…」

憂「なにー?梓ちゃん。もう放課後だけど軽音部はいいの?」

梓「あ、行くけど。ちょっと気になることがあって」

憂「気になること?」

梓「うん」

純「おーっとォ!?ついに春が!?春がきたのか!?」

梓「いたの純。あとうるさい」

純「はい」

憂「で、気になることって?梓ちゃん」

梓「三浦…茜…さんって知ってる?軽音部のはずなんだけど、6人目の…」

憂「え?」

純「誰?」

梓「…2年生のはずなんだ…。同じクラスのはずなんだ。転校生で…」

憂「うちのクラスにはそんな子はいない…よね?」








25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/27(月) 10:31:55.75 ID:HJPzGbu10
純「いないね。夢でも見てるんじゃないの?もう放課後だけど」

梓「うん、夢」

純「…へ?」

梓「もう何日も連続で夢で見るんだよね。三浦茜さんって人と一緒にいる夢」

純「ちょっとちょっと、夢で出てきた人が現実にいるわけないじゃ…」

梓「みんなに忘れてほしくないって、何かそう言われてるみたいなんだ」
梓「でもうちのクラスどころか、2年生でも三浦茜さんって人はいないみたいなんだよね」


憂「…あ。何かお姉ちゃんも朝にそんなこと言ってたような…?」

梓「唯先輩が…?」

憂「うん。偶然かもだけどね。6人で演奏してたって」

梓「…」

純「あ、梓?」

梓「ゴメン、部活行って来る!またね!」ダッシュッ

憂「?うん。また明日ねー」

純「何がなんだかわからない」








26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/27(月) 10:37:28.19 ID:HJPzGbu10
部室!
澪「さて、お茶も軽く飲んだことだし練しゅ…、って梓がまだか」

律「アイスうめえ」

唯「……」

紬「…唯ちゃん?」

唯「ハッ!!!!!!!」

律「!ぶふぉっ、いきなり大声出すなよ!」

唯「りっちゃん!!凄い情報を思い出したよ!!!!」

律「へ?」

澪「唯また夢の話か…?」

唯「夢だけど!夢じゃなかった!」

紬「夢じゃなかったー」

唯「って違う!デビちゃん情報だよ!!」

律「はいはい…」

唯「なんとデビちゃん!公園で暮らしてるんだよ!!」

律「ここにきてホームレスかよ!!!」








28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/27(月) 10:44:38.94 ID:HJPzGbu10
澪「ゆ、唯…、いい加減にしてくれ」

唯「み、澪ちゃん」

澪「別に唯の夢の中の話を貶したいわけじゃないけど、それは夢で出てきた人物だろ?」
澪「確かに具体的に覚えてるのはちょっと不思議だけど、それに私達を巻き込まないでくれよ頼むから」

紬「あらあら」

唯「…うっ…ごめんね…、そうだよね」

律「(澪はピンク髪で高身長であだ名がデビちゃんだから、勝手に見た目想像して怖いと思ってるだけだなこれ)」

唯「よしっ!うん、夢の子は忘れることにするよ。今日は朝から今まで本当にごめんね、みんな!」

律「ほいよ」


「 「 「 待ってください!!! 」 」 」


パーン!








29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/27(月) 10:47:45.93 ID:HJPzGbu10
唯「あ、あずにゃーん!」

律「よう、遅かったな。今度からはメールして…」

梓「唯先輩が言っている夢の人…、私も知っています!」

澪「!!」ビクッ

唯「あずにゃん…?」

梓「三浦茜さん…ですよね。ピンク色の髪をした女の子…」
梓「身長が高くて、でも細くて、楽器は確か…」

唯「う、うん。でも…」

梓「私も夢で見ているんです…、何度も…」

唯「えっ」

律「は?お前…」

紬「あらあらまぁまぁ」

澪「見えない聞こえない見えない聞こえない」

梓「夢の中で、確かに三浦茜さんと言う方は放課後ティータイムの一員でした。一緒にお茶して練習して…ライブもしました」

唯「あずにゃん…」

梓「おかしいと思いませんか!私と唯先輩が揃って同じ人が登場する夢…、しかも実際に存在していない人の夢を見ているなんて」








31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/27(月) 10:59:32.51 ID:HJPzGbu10
唯「あずにゃん、デビちゃんが出てる夢見たの、一回じゃないんだよね?」

梓「…はい」

澪「おい2人ともいい加減にしろよ…、偶然だよ偶然」

梓「唯先輩が何回見ているのか知らないですけど。私はココ最近毎晩夢に登場してきます」

澪「ま、まいば…!?」ビクビクゥ

唯「私は昨日が初めてなんだよあずにゃん…、何とも不思議ですなぁ…」チラッ

紬「…りっちゃん」

律「ったくしょーがないなぁ…。」

澪「律っ!?」

唯「りっちゃんーっ!!」ダキッ!!

律「うわっと!!か、勘違いすんなよ。別に信じたわけじゃないからな!」

梓「律先輩っ…」

律「そこまで気にされてちゃ練習もまともにできないだろ、唯なんか今日の授業ほとんどボケっとしてたし」

唯「それはいつものことだよりっちゃんっ!!」

律澪「いばんな」








32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/27(月) 11:05:16.01 ID:HJPzGbu10
……。


梓「夢で見た限りは2年生、しかも私と同じクラスだったような気がしたんですけど、三浦茜さんなんて方はいません…」

澪「ピ、ピンクの髪であだ名がデビちゃんだなんて…」

律「そこだよな。ポニーテールはともかく、ピンクに髪染めた奴なんて見たこともねーんだよなあ…」

唯「ピンク髪は地毛だよりっちゃん!!」

律「もっとねえよ」


みんなで色々話し合ってみたけど、結局この日は特に進展もないまま終わりました。
確かにピンクの髪してるなんて凄く目立つはずなのに、私を含めてみんな見たことないんだよねー…
やっぱりあずにゃんが言った通り実在しない人なのかな…

しかし次の日、まさかの出来事がっ!








35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/27(月) 11:16:08.98 ID:HJPzGbu10
通学路!

澪「おはよ、律」

律「……」

澪「?律」

律「……」

澪「お、おい聞いてr」

律「澪、おはよ」

澪「!な、なんだよ全く…」

律「ちょっと聞いてくれ。いや、聞き流してくれてもいい」

澪「な、なんだよ。それよりも今日の英語の宿題…」

律「三浦茜の夢みたわ…」

澪「えっ」






澪「えっ」








56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/27(月) 15:31:13.21 ID:HJPzGbu10
澪「い、いいいいいいいきなり何を言うんだ律っ!!?」

律「しょうがないだろ。出てきちまったんだからさ」

澪「わ、私を怖がらせようとしたって無駄だからな!!」

律「そんなつもりねーよ。それと三浦茜って奴、別に怖い奴じゃなかったぞ」

澪「ち、ちち違う!そういうことじゃないんだよ!」

律「じゃあなんだよ…ったく…」
律「あ…」

澪「今度はなんだ!?」

律「英語の宿題見せてくれ」

澪「…」








57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/27(月) 15:33:20.78 ID:HJPzGbu10
教室!

唯「え…。りっちゃんも夢見たの?デビちゃんの」

律「あぁ。別に見たかなかったけどなっ」

唯「ぶー、そんなこと言ってぇ!」

澪「(なんだよ2人して…そんなにデビルちゃんが気になるのかよう…)」

律「デビルじゃねーから」

澪「思っていることに突っ込むなよっ」



唯「…ムギちゃん遅いね」

……。

紬「…唯ちゃん、りっちゃん」

唯「あ、ムギちゃんおはよ~」

律「おー、ムギ。今日は珍しく遅いな。遅刻ギリギリだぜ」

紬「私も見ちゃった」

唯「…えっ?」








58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/27(月) 15:40:06.13 ID:HJPzGbu10
澪「(な、何だって)」

律「見たって、三浦茜の夢を…か?」

紬「うんうん!!そうなの!演奏の途中で目が覚めちゃって、続きが見たくて二度寝してみちゃったの~」

律「おいおい…」

唯「デビちゃん、可愛かったでしょー??私も昨日の夢にまた出てきたんだよー」

紬「うんうん」

澪「(何で…私は昨日何の夢も見てないのに…)」


律「それにしても、いよいよ偶然とは思えなくなってきちゃったよな」

唯「今朝ういにも聞いてみたけど、ういは見てないみたい」

紬「何か楽しくなってきちゃったわねっ」








59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/27(月) 15:48:15.42 ID:HJPzGbu10
2年2組!教室!
梓「(今日は一緒にお昼ご飯食べてる夢を見てしまった…。そんなに仲がいいのかな私)」ボーッ

憂純「おはよう、梓(ちゃん)」

梓「おはよ、憂」

憂「梓ちゃん、また考え事してるね」

梓「うん…。どうしても気になっちゃって」

純「また夢で出てきた子の事考えてんの?もうすぐ文化祭だってのに余裕あるねー」

憂「今朝、お姉ちゃんからも言われたよ。デビちゃんの夢見たー!?って」

梓「あはは…」

純「デ、デビちゃん…?昨日の三浦って子とは別なの?」

梓「はぁ…」

憂「あ、そろそろ予鈴だ。席戻るね」

梓「うん、ごめんね、何か今は夢の事以外何も考えられなくて」

憂「うぅん、いいよいいよ。また後でね」



純「あれ」








61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/27(月) 15:56:51.73 ID:HJPzGbu10
ガララッ(教室のドアが開く音)

クラスメイトA「ねぇ今の子見た?凄い身長高かったね!」

クラスメイトB「髪の色ピンクだったよね。転校生??外国の人かな」

クラスメイトC「染めたにしては綺麗なピンク色だったよねぇ」


梓「(え?)」
梓「ちょ、ちょっと!!」ダンッ(席を立つ音)

クラスメイトA「わ!?」

梓「今言ってた!!!その!!そのピンクの子!!どこ!?」

クラスメイトB「あ、梓ちゃん?」

クラスメイトC「どしたの急に…」

梓「今言ってた子だよ!身長高くて、転校生かなって…!」

クラスメイトA「え?え?」

クラスメイトB「そんな子いた?」

梓「(ちょ…)」








62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/27(月) 16:02:16.27 ID:HJPzGbu10
クラスメイトC「?そろそろ先生くるよー」

梓「そんなことは良いから!!その子どこにいるの!?」

クラスメイトA「その子ってどの子?」

梓「今言ってた身長高くて髪の色がピンク色で…」

クラスメイトB「そんな子いたっけ?ピンク?」

クラスメイトA「ちょっとよくわからないんだけど」

梓「え…あ…?(数秒前に貴女達自身で口にした単語でしょうがぁああ…っ)」

クラスメイトC「変な梓ー。」

クラスメイトB「何かあったの?」

梓「ご、ごめん。なんでもない」

憂「…梓ちゃん…」

純「ありゃ重症だわ…」








64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/27(月) 16:09:46.58 ID:HJPzGbu10
放課後!部室!

梓「…と。言うことがあったんです」

律「いきなり、と。言うことがあったんです。とか言われてもわからないぞ」

梓「理解してください」

唯「つまり、どういうことなんだい!りっちゃん隊員!」

律「わかりません!!」

梓「…みんなの夢で登場した女の子が実際に存在する…だなんてことは」

律「ありえねーけどなそんなの」

紬「段々ファンタジーっぽくなってきたわ!こういうの好きよ!!」

唯「でもさぁ、あずにゃんが言ってた今朝のことがよくわからないよ」

梓「はい…、それは私もよく…」
梓「確かにクラスメイトの子達は、三浦茜さんの名前は直接出さなくとも、彼女の特徴を良く捉えた言葉を発していました」
梓「でも…」

唯「あずにゃんが話しかけた時には、もう覚えてなかったんだよねぇ」

梓「そこですよね…」

澪「(私だけその子の夢を見てないせいか話しに入れない)」








65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/27(月) 16:16:38.07 ID:HJPzGbu10
紬「もしかしたら、もうすぐ…」ボソッ

律「どしたー?ムギ」

紬「んー。やっぱり何でもないっ」

唯「えぇーっ!それは酷すぎるよムギちゃん!」

紬「…まぁまぁ、お茶にしましょう?」

澪「お、おい練習はっ!?」


梓「はぁ…。頭いたい…」








68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/27(月) 16:25:15.91 ID:HJPzGbu10
次の日!

2年2組!教室!

梓「(今日は一緒に買い物行ってる夢見ちゃったよ…)」

担任「えー。突然だけど転校生です」


「えっと…、は、初めまして。三浦 茜って言います…。宜しくお願いします」ヘコヘコ



梓「」

純「」


憂「…アレ?」

梓「こ、こここれは一体…」

担任「んー、急だったから席はまだ用意してないけど、一限目が始まるまでには用意するから、ちょっと待っててね」

茜「は、はい。わかりました」

梓「(夢で見た子とそのままだ…!名前も…声も…!)」









70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/27(月) 16:35:29.50 ID:HJPzGbu10
授業前!

梓「あの…」

茜「あっ…」

梓「三浦…茜さん、だよね。私中野梓…」

茜「は、はいっ!よろしくお願…」

梓「よろしくね」ジー

茜「…はい」

梓「敬語じゃなくていいよ」

茜「は、う、うん」

梓「…」ジー

茜「…うっ…」

『……』

純「(何この空気…。クラスの人達が誰も近づけないっ!!そしてこの子デカ!!本当に高校2年生なのっ)」

憂「いきなり友達作れて、茜ちゃんも幸せだね」








73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/27(月) 16:48:02.72 ID:HJPzGbu10
梓「一限目国語だけど、教科書あるよね?ノートも」

茜「う、うん。昨日教科書とか全部受け取ったから。ノートはメモ用紙でも使うよ。ありがとう梓さ…、梓」

梓「(メモ用紙?)…うん。何か困ったことあったら言ってね。それと…」

茜「…?」

梓「放課後時間ある…かな。案内したい所があって」

茜「放課後?う、うん。今日は草むしりのバイトないし、時間あるよ」

梓「(…草むしり)」








77 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/27(月) 17:03:45.49 ID:HJPzGbu10
放課後!部室!

梓「こんにちはー…」

律「お、梓良い所に。聞いてくれよ、ついに澪も三浦茜の夢見たってよ」

澪「ひぃいいいいいいいいいいいいっ!!!」

律「…たまに意味わかんないとこで悲鳴あげるよな澪」

唯「あずにゃん分補給ううううううううっ!!」ドタドタ!!抱きっ

梓「にゃぁあっ!?ゆ、唯先輩ちょっと!!今日はっ…」

唯「!…えっ」パッ
唯「あ、あずにゃんその子…!」

紬「今日はお客さんがいるのよね~」

律「へ?」

澪「お、お客…さん?」








79 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/27(月) 17:08:18.08 ID:HJPzGbu10
茜「どうもこんにちは~…」

律「」

澪「」ガクッ

紬「うふふ」

唯「デビちゃんじゃないかぁあああああああああああああっ!!!!!」抱きっ

茜「ひゃあああああぁあああっ!?!?な、なな、梓!?これはどういう…!?」

梓「あはは…」

唯「夢だけどおおぉぉ!夢じゃなかったぁああっ!」モッフモッフ

紬「夢じゃなかったー」

律「まじかよ。昨日見た夢のままじゃねえか……なぁ澪」

澪「」


律「あれ」








81 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/27(月) 17:17:26.37 ID:HJPzGbu10
律「と、言うわけで放課後ティータイムの6人目のメンバーが加入してくれた訳だが」

茜「えっ」

唯「夢の通りだね、りっちゃん!!」

律「まさか本当に転校してくるなんてなぁ。しかも夢の通りに2年生で、梓と同じクラス…」

紬「運命だとしか思えないわねっ」

梓「私も何だか嬉しくてつい…、クラスの誰よりも先に話しかけちゃいました」

茜「あの、皆さん?」

唯「同期が増えて良かったね!あずにゃんっ!」

梓「はいっ!」

茜「ちょっとあの…。話が見えないんですけど…」








82 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/27(月) 17:27:43.31 ID:HJPzGbu10
説明後!

茜「は、はぁ…皆さんの夢の中で私が…」

唯「そうなんだよデビちゃん!最初は私だけかと思ってたんだけど、あずにゃんは何度も見てるって言ってて!」

律「夢の中であたしらと一緒に演奏もしてたんだぜ?」

茜「え、えええ…演奏??」

紬「あらあら。うちは軽音部よ?」

茜「それは梓から聞きましたけど…、私演奏なんて」

紬「あらあら、そんなに難しい物じゃないわ?」

唯「そうだよ!私なんて高校入ってからギター始めたんだし!」フンス

梓「唯先輩はちょっと特殊な気がしますけど…」


澪「」

律「まだ気を失ってたのか」








83 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/27(月) 17:39:46.91 ID:HJPzGbu10
……。

茜「あのあの…唯センパ…イ?」

唯「んんんん!?なんだいデビちゃんっ!!」

茜「そのデビちゃんって言うのは何なんですか?」

唯「デビちゃんはデビちゃんなんだよっ!!」

茜「そ、そう言われても…。私そんな風に呼ばれたことないですし、名前にデもビもついてないんですけど」

梓「知らない方がいいこともあるよ茜…」

茜「あ、梓?」

律「(夢でデビちゃんのあだ名の由来話してた気がするけど、こりゃ言わない方がいいな)」

紬「あらあら」

澪「ムギさっきからそればっかだな」

紬「澪ちゃんに言われたくないもん!」

澪「…」

紬「…」








85 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/27(月) 17:52:48.36 ID:HJPzGbu10
梓「そういえば…楽器」

唯「デビちゃん、夢ではグルングルンしたラッパみたいなの吹いてたけど」

茜「ラ、ラッパ?」

律「あー、何ていったっけあれ。トランペット?」

紬「あれはユーフォニアムだわ。うちの学校にも吹奏楽部に置いてあるわね」

茜「あ…」

梓「随分珍しいの使ってましたよね」
梓「軽音のライブでユーフォニアムって何だよ…って、夢なのに突っ込み入れた気がします」

律「あー、確かに。ライブしてる時ちょっと浮いてたかもな」

茜「あ…あります」

唯「お?デビちゃん?」








86 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/27(月) 17:55:25.70 ID:HJPzGbu10
唯「お?デビちゃん?」

茜「ユーフォニアム…。家に、ですけど、お父さんの形見でとってあります」

梓「お父さん亡くなってるんだ…」

律「何か…スマン」

茜「あ、生きてます。傭兵してて、死んだらコレを形見にでもしてくれガッハッハって言ってました」

澪「そ、それは形見とは言わない!!」

律「お。澪起きてたのか」

澪「おいバカ律。さっき喋ったぞ」








87 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/27(月) 18:07:20.21 ID:HJPzGbu10
茜「で、でも私、演奏はできないんです」
茜「ユーフォニアムも殆ど手をつけてませんし…困ったら質屋に入れるつもりだったし…」

律「いい機会だし、ちょっと触ってみたらどうだ?確かにうちのバンドと組み合わせにくい楽器ではあると思うけどさ」

紬「そうね…。面白いかもしれない。何より夢の中での私達はとっても楽しそうに演奏していたもの!」

唯「うんうん!いいよいいよUFOニアムー!!」

梓「違うものになってますよ唯先輩」

茜「で、でも…」

律「丁度もうすぐ文化祭だし、茜の初披露は文化祭のライブになりそうだな」

澪「ぶ、文化祭って…。ほとんど余裕ないぞ、もう」

唯「大丈夫!!デビちゃんならできーるっ!!私達がついてる!!」

梓「絶対根拠ないですよねそれ」

茜「(まだ転校初日なのに色々起きすぎて頭が…あぁ…)」








88 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/27(月) 18:17:21.49 ID:HJPzGbu10
……。

律「で、だ!」

唯「で、だね、りっちゃん!」

律「茜、軽音部の部長として真面目に聞きたい」

茜「は、はい」

律「夢の中の茜はあたしらの夢で出てきた茜だ。それは今あたしの目の前にいる茜じゃない」

茜「……」

律「ここまで勝手に入部したものとして扱っちゃってきたけどさ…。無理強いはしたくない」
律「楽しくやれなきゃしょうがないだろ?茜が嫌なら入部しなくてもいいぜ。他に希望してた部活があるなら尚更だ」
律「だからさ…、別にあたしらに同情する必要はない。正直に答えてほしい!」

茜「り、律先輩…」
茜「(何だかちょっとカッコ良く思えてきた…)」

律「あ、あたしらはさ、あまり上手くないけど…。でも絶対、部活は楽しいと思うから!」

茜「……」

律「軽音部に入ってくれないか?茜」









91 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/27(月) 18:30:25.83 ID:HJPzGbu10
唯「……」ドキドキ

梓「……」ドキドキ

紬「……」ドキドキ

律「……」ドキドキ


澪「」


律「何でだよ。この数分で澪に何があったんだよ何でボーっとしてんだよ。というかお前そんなキャラじゃないだろ」

澪「ちょ、ちょっと原点回帰をな」

紬「(澪ちゃんなりに場を和ませてるつもりなのかしら。でもそれは逆効果よ、ふふっ)」


茜「…クスッ」

律「ん?」

紬「(えっ)」

茜「私、軽音部に入ります。初心者の私にどこまでできるかわかりませんけど、先輩達と一緒にやってみたいです」
茜「梓もいるし…ね!」
茜「(売店も近いし…ね!)」








94 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/27(月) 18:41:48.27 ID:HJPzGbu10
梓「茜…」パァァ

唯「やったぁ!!!デビちゃん!すっごく嬉しいよぉー!!」抱きっ

茜「ゆ、唯先輩っ、恥ずかしいですって!」

澪「頑張ろうな、茜」

紬「(澪ちゃんに良いトコ取りされた気がするけど…、良かったわ)」

律「サンキューな、茜」

茜「い、いえこちらこそ誘ってもらって嬉しかったですっ、本当に」

律「へへ…。よーし、そうと決まれば…」

澪「おう、早速…」

唯律「ムギ(ちゃん)!お茶をたのもーっ!!!!」

紬「はいはーい♪」


澪「…お、おいなんでだ!流れ的に練習だろ」








95 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/27(月) 18:50:28.66 ID:HJPzGbu10
唯「だってこれが放課後ティータイムだしぃ?」

律「変に着飾ってもしょうがないって、な?澪」

澪「はぁ、全く…」

梓「仕方ないですね…。まぁどっちにしろ茜は楽器を家に置いてるらしいから今日は練習できないし…」

茜「明日絶対持ってくるよ!」


唯「うーん、座る場所は…、とりあえずあずにゃんの隣でいいねっ!ちょっと狭いけど!」

茜「あ、ありがとうございます」


律「みんなー!!ティーカップは持ったかー!?」
「それではーっ!新メンバーと新たなる放課後ティータイムの門出を祝してー!」

唯律紬茜「カンパーーーーーーーイッ!!!」

梓澪「かんぱーいっ」








96 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/27(月) 18:53:25.77 ID:HJPzGbu10
とりあえずキリの良いとこまでやったぜ…
ずっとカタカタしてたせいで指が痛いから休む








99 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/27(月) 19:12:07.03 ID:q5Q8CXw+0
乙、マジで乙











この記事をリンクする?:


[ 2010/10/04 20:00 ] けいおん!SS | TB(0) | CM(4) | このエントリーを含むはてなブックマーク


三期に出てくる子か
[ 2010/10/09 09:38 ] [ 編集 ]


続かないのか
[ 2010/10/18 15:07 ] [ 編集 ]



三浦茜って、釣りなんだったって、どっかのサイトで言ってた。


[ 2011/02/01 06:45 ] [ 編集 ]


このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2015/09/29 08:51 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

yamisoku

Author:yamisoku
けいおん系SSばっかりです。


ひさびさに左上更新してみましたw


とはいえ特に書く事もありませんが(笑)


このブログも開設から1年以上経過するんですね…


とりあえず「けいおん!!」のアニメが終わるまでは頑張って更新し続けたいと思います
2010年7月24日


TOP絵、リンク&RSS、まとめ依頼、募集中!↓


このブログについて

アクセスランキング
お世話になっているサイト様
SS
戯言ニュース
ニュー速VIPコレクション
はみ出者が見てたm9(^Д^)
糞虫の館
エレファント速報WLVS
世界一かわいいよ!
SSちゃんねる
SS速報

VIP
犬速VIP@わんわんおwww
ぐる速
ヒロイモノ中毒
フライドチキンは空をとぶ
ねとねた
hyukkyyyが見る2ちゃんねる
なんでも(=´∇`=)ちゃんねる
あじゃじゃしたー
じー速

ニュース
世界って広くね(;゚Д゚)
未定なブログ
とりのまるやき
Hyper News 2ch
デジタルニューススレッド
仰天ニュース( ;゚Д゚)
危ないニュース<キ`Д´>
日本語でおk
アゲハント最高!!
心ニュース
痛ニュー速報!
そら速
事故物件.com

まとめ
やる夫.jp
ニュースレ倉庫
New discovery
Newgle

日記
侮ログ
幸か不幸か家族計画
笑ってほのぼのとして軽く泣けるはなし(と不思議話と怖い話)
ムズ痒いブログ
出逢い系ちゃんねる

アニメ・ゲーム
To LOVEる -とらぶる- 考察
ゲハ速
てるぽんFLASH!
萌えるニュース
も・え・つー☆
あみみ

動画
YouTubeニコニコ日和

画像
ヴィブロ
気まぐれブログ
ナナ速
クマ速報

18禁画像
zipでやるお( ^ω^)
がぞー速報
画像スレとらのあな
エロの向こうがわ
セクシーニュース24
エロ画像速報
萌画VIP
ピーチ速報
zipからきました
AV女優おっぱいこれくしょん

18禁動画
えろどうが~無料エロ動画~
有料アダルトサイト比較


アンテナサイト
ショボンあんてな(´・ω・`)
2chnavi
2chまとめ
ブーンあんてな
まとめアンティーナ
もきゆ(´ω`*)あんてな


にほんブログ村 ネットブログ 2ちゃんねるへ

相互RSSサイト様
【SS宝庫】みんなの暇つぶし
たん速
ドルジ速報
マジキチ速報
ニュース2ちゃんねる
茶速
テラワロスVIP
音楽業界を目指す学生

相互リンク申請中


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アクセスランキング ブログパーツ